de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '未分類' (Page 35)

ヒメネス・パテック・亀次郎


ミゲル・アンヘル・ヒメネス=葉巻の似合うかっこいいおっさん
欧州ツアー(UBS香港オープン)で優勝。ツアー最年長優勝記録を更新したんだそうで。
いやはや素敵です。

L・ドナルド圧勝。やっぱ格が違うってことか。でも本当に横綱相撲でしたね。
[ダンロップフェニックス]
2位には松山英樹。なんつーかスケール感が違うんでしょうね。
サンクロレラから今回まで全部トップ10入りしてたりするからいやはや恐れ入ります。
いつプロになるのかはともかく、今後も楽しませて下さい。
4位Tの藤田もこれで世界ランキング50位圏内ほぼ確実?
A・キロス6位T。J・ブリクスト10位T。石川遼22位T。

佐伯三貴が勝ったー。
[大王製紙エリエールレディース]
やったね。とってもっても安定感のある強い内容でした。
来年の今頃はきっと賞金女王争いをしてることでしょう。

おいおい、サダムパテックかよ・・・・とほ。
[マイルチャンピオンS]
でも武豊の久々のG1勝利はちょっとだけ嬉しかったりして。
(カズ然り、武然り、同世代のこういう方達の活躍は素直に嬉しいです)
これで残すは(JRAのG1で勝ってないのは)朝日杯のみか。
完全制覇に向けて頑張って。

亀次郎・・・という風船で川から海まで行こうとしたのは今日の[ザ!鉄腕!DASH!!]。
次から次へと(亀の形をなしている各)風船は割れていき、そして最後は・・・・
でも笑ってしまった。なんかTOKIOっておもろいっす。

ヒメネス・パテック・亀次郎 はコメントを受け付けていません。

あーりーくりすますぷれぜんと


笑福亭鶴瓶がCMに出ている太田胃酸のロコフィットGL(漢方薬)。
手動は膝が悪いので一瞬「お、これいいかも」って思ったけど
特に肥満というわけでもないからなー(昔ほど痩せてもないけど)。

膝は片方だけわりと若いころから何故だか悪く、特に膝の皿は異常に過敏?になってて
何かがちょっと触れるだけでも「びりり」っと嫌な痛みが走るのです。
そんな膝なのに先日みたいなこと(「痛いやつ・・・」参照)があったりするから余計に痛い。
おいおい、そんなガラスの膝(って武藤敬司じゃないけど)でゴルフなんぞしていいのか!
とも思ったりもするけれどでも全然大丈夫。OKです。
(ちなみにラウンドの際は膝にはサポーターつけてます、お薦めはREGUARD(アルケア社製))
ただ、階段にせよ坂にせよ「下り」が本当に辛いのよねー。とほほ

中国の10月の輸出伸び率が何パーセントか増加・・・とは言え目標には届いてないんだと。
そりゃねー、中国に限らず(我が国は言うに及ばず)欧米だってどこだって厳しいのはみな同じか。
ごく単純に言ってしまうと「売買差」をとることで維持していくのがこの仕組み(世界)の前提だから
日本が成長を謳歌した頃だって、中国やその他の安い労働力を活用しつつ
お金のある国にはたっくさん物を買ってもらってたわけでから。
それを今どきは中国がするようになったってことなんだろうし、
それが何れはアフリカや南米etcなんかも同様に・・・・!?ってことになると「あれれ?」
もうその売買差をとる先がなくなっちゃうぞ。ってね。
そうすると世界はどうなるのでしょうか。
そんなことは存じないけれど、まぁなったらなったで何とかなる人(国)は何とかなるんだろうし、
仕組み(世界)の在り方や枠組み自体がそれなりに変わるんじゃなかろうか・・・
とは単なる想像。

さてさて。先週末に書こうと思ってた[アーリー・クリスマスプレゼント]です。
ほぼ思いつきでde-do#2へプレゼントを買ったのだけれど、何となくそれを
「クリスマスの前倒しってことで・・・」として贈呈したってわけ。
プレゼントはODYSSEYのパター。(WHITE DAMASCUS #5)
でどー2号は以前からこれを欲しがってたんだど最近価格が少し下がったこともあり
よし!この機に。と決断。
でも本当に綺麗だよね、ダマスカス鋼(木目状の鋼)って。
パッティングもこれで向上間違いなし!?・・・・かは本人次第ですね。ははは

にしても。
まだ概ね暖かい毎日だけれど、そうは言っても来月で今年も終わるんだよね。
はぇー。ほんと早いわ。
なんだか加速度的に年をとっていってる感じも妙に納得でございます。
そもそも「膝が悪くて・・・」とか言ってる時点でその納得感も高まらざるを得ず、ってか。

あーりーくりすますぷれぜんと はコメントを受け付けていません。

いくつかの残念

10月 14th, 2012 Posted in 未分類 Tags: , ,

[日本オープン]
平塚哲二は残念だった。昨日からショットが不安定だったのか・・・でも本当に残念だった。
パグンサンのパッティングは終始安定していた。でも最後のパーパットが嫌われた。
宮里優作は何かの糸が切れたように最後はトリプルを叩いてしまった。
地元のギャラリーの大きな拍手に、何となく俯いてばつが悪そうだった。
そして勝利した久保谷健一は淡々と受け答えをしていた。
スタート時の6打差は自身の思いとはほぼ関係なくいつしかひっくり返ってしまっていた。
+8が優勝スコアだなんて、何だかとんてもない超絶の難易度高の大会だったけど
でも見る側としてはとてもとても見ごたえのある素晴らしい大会でもありました。
何はともあれ久保谷は見事去年のリベンジを果たしたわけだね。
おめでとうございます。

[富士通レディース]
穴井詩(くどいけど「あないらら」ね)は残念だった・・・・・あ~あ。
勝ったのは成田美寿々って子!?
かっこいい顔立ちしてますよね。(なぜだか現役時代の貴乃花を思い出してしまった)
声も低くてしぶいいい声でした。

いくつかの残念 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ