de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '題名の無い連載小説' (Page 3)

第六回【それぞれの道】


室井は詰め腹をきらされた。
室蘭のとある海岸に構築されたデータセンターの片隅・・・
サーバやNW機器を冷却するためによく整備された
(実は外気を取り込むつもりで構築したのだがどう考えても潮風を取り込んでしまい
錆の原因になりかねないためすべて隣の某製鋼工場から動力源を引かざるを得なくなった結果としての)
空調に身を震わせながら、
「ったく。少し考えりゃわかるだろ!」
などと、あまりと言えばあまりの、有り得ない設計ミスによって構築された
このデータセンターを恨みながら、そのと隣の動力源をフル活用させ、
おかげで異様に冷えた一室で一人ごちていた。
今は、このセンターで作業服をまとい一作業員として働いている。

あれは・・・・あれはけして室井の責任ではない。とは言え。

部下数名を連れ立ち、ちょっとした一区切りの記念に「打ち上げだー!」とばかり
中島町~母恋~中央町とほぼ5~6軒を梯子し、部下数名は泥酔した上、
晩秋の冷たい太平洋(イタンキ浜)へ「わーい!」などと駆け出したのだそうだ。

皆、幸いにして一命はとりとめた。だが・・・
室井も言い逃れはできなかった。監督責任不行き届き、と言われれば返す言葉もない。
事故の実情を探るためパンドラプラス本社から派遣された調査員による実況見分で、
梯子した何軒目かのクラブのママが
「ええ。。そりゃもう、室さんったら大はしゃぎで・・・
ハウンドドッグの「ブリッジ」を大はしゃぎで歌ったかと思えば、お店の女の子にも・・・そりゃええ、かなり。。。」
と意味深なコメントから裏が取られ即座に責任問題となったのだ。

室井自身は、最後の店で部下達とは別れ、どういうわけだか地元の工業大学の独身寮の付近で寝ていたらしい。
とは、警察から連絡をうけ迎えにきてくれた幸子の話で知った。
どうやらその後部下数名は
「ここまで頑張って俺達を引っ張ってくれた室井さんのために海に駆け出そうぜ!」
となったというのだが、ホントか?

あれから一年半が過ぎた。移動という十字架を背負い、ラーメン屋の夢を捨て、そしてこの地に帰ってきた。
必死に働いた。死ぬほど働いた。いや、2~3回死んだんじゃないか、と思えるくらいに働いた。
そして愛帝のフレームワークは400人月という自社開発としては膨大な規模であったにも関わらず
わずか10名のプロジェクト(加えて地元大学の学生アルバイトがテスターとして3名)で、
なんと10カ月足らずで無事完成にこぎつけたのだ。

社内表彰もされ、報酬も3倍になった。特別賞与には2000万が支給され即座に家を建てた。(伊達に)
古くから世話になっている心の師と仰ぐ先輩のために離れも建てた。
ところが完成を間近にした頃、本社の重要な管理機能の一つである次世代戦略室室長までをも兼務することになる。
(結果その家にはまだ10日くらいしか寝泊りできていないが)しかし勢いは増すばかりだった。

コンプライアンスがなんだ!会計基準がどうした!セキュリティなんて嫌いだ!
嫌いだ!嫌いだ!嫌いだ!

と激しく悶絶しつつも、必死になって度重なる出張にも耐え、
役職的にタクシーだって使える身分でありながらも、大好きな山手線に地味に乗り
そして決まって先頭車両からぱちぱちと進行方向にカメラを向けたのさ。パチ。パチ。
悪いか。

「この会社には無駄な仕事が多過ぎるーーーっす!」
と社内のお偉どころを次々説得にまわった。お偉方もそんな室井の熱心な説得に感じ入り
ついに社内改革着手の一歩手前まで話は進んだ。
室井の元同僚である山本は出張で上京する室井と時間が許せばよく飲みに行っていた。
「俺たちの友情は変らないぜ」なんて・・・・愛想とは裏腹に山本は冷ややかな目で見ていた。
(「けっ、すっかり仕事人間じゃねーか」)

室井もうすうすそんな雰囲気を察してはいたが気にも留めなかった。
「変ればわかる」
そんな信念が室井には芽生えていた。

たかだか打ち上げ、されど打ち上げ。酒は恐ろしい。
打ち上げでの泥酔は、そんな、そんな活躍の真っ只中のことだった。
「わーい」と叫んで海へ向かった部下達に恨みはない。いや、むしろ感謝すらしている。
一人ひとりが身を粉にしてくれた結果が今の自分を育ててくれた、とも言えることを室井は理解している。

渡乗男(ワタリノルオ)と渡減意地(ワタリゲンイジ)は実の兄弟である。
彼らが地元採用された当時は、室井よりかなり年長ではあったが忠実な部下としてよく働いてくれた。

が。
この事件と移動をきっかけに手のひらを返したような態度になった。
今はこの二人がデータセンターの管理者であり、室井の上司だ。

「ばっかじゃねーの・・・・」「権利だぁ!?あぁーん?」
「死んでもやれよ、ゆるさねーぞ」

などなど、凡そ今時の社会人が取るような言動や態度ではない。
室井は作業着のポケットの中で硬く拳を握りながらも、笑顔で「わっかりやした~」と対応した。
偉い。偉すぎる。

 

兄のラーメン店はその後どうしてるのだろうか・・・・
成田で見送って以降、あまりの多忙さに連絡もろくにとってない。
ただ、室蘭で立ち寄るいくつかのラーメン屋で室井はよく思うのだ。
「このラーメンや、兄ちゃんの美味しいラーメンを、いや、日本中のうんめーラーメンや色んな食べ物を
写真にとってとってとりまくって、そしてブログに書きてー!」
と。
そんな思いはいつしか固い決心へと変わっていった。

 

山登下子・・・・。
実質国内の通信インフラを寡占している巨人「MYYDocca」への「愛煩(あいぼん)」という
猛烈アタロー的なスマホの供給が成立し、パンドラプラスの経営基盤はより強固なものとなった。
それに並行し、マルチプラットホームのOSである「愛想(あいそ)」は国産OSとしては初めて、
従来のPCからスマホ、ゲームや音楽プレーヤなどネットに繋がるデバイスであればすべてに対応する
愛をふりまく素敵で強固なOSである。
一方アプリ分野においても「無我宙(ムガチュー)」が爆発的なスピードで利用者を獲得し
モバイルゲーム&SNS分野ではもはや敵なしとなった。
ついには、プロ野球球団までもつにいたり、そして今はきたるべき開幕始球式に向け
渡辺を相手に投球練習に汗を流す日々である。

下子は子供の頃、運動神経が抜群であった。
中学の頃は体力測定のソフトボール遠投で測定不能な距離を投げた。
(およそ250Mは投げたはずである、ボールは中学校のグランドのネットを大きく超え
隣の工業高校のグランドに落ちていたのだそうだ)
100M競走も圧巻だった。
これも計測不能だったが自身が走りながら「1、2、3・・・」と数えた限りでは
7秒から8秒の間、と言ったところだった。
「ボルトー!かかってこんかい!」である。
(でも今は20秒くらいです)

それはともかく。順風満帆に見えている日々の中でも下子は「何かが違う」。
そう感じていた。
下子が会長職に退いたのもほんの数日前のことだった。

今はもっぱら自らが主催する宗教法人「あいあい」の活動に精力的である。
信者は少なく見積もっても15億人になると言われ、一方で「いやいやいや、概算で280人くらい?」という話もある。

数はともかく、先だっても奈良県の山奥で信者数名と修験道合宿をした。
気分は役小角だった。
下子自身はもちろん、皆皆がキャンプ用具を持ち込み、カレーやバーベキューをし、
フォークギターをつま弾きながら「翼をください」を輪になって歌った。
あ、翼をください・・・と言えば山本潤子がNHKで歌ってたっけ。
(下子は「赤い鳥」はほとんど記憶にないがハイファイセットと紙ふうせんは大好きで、
中でも「フィーリング」(ハイファイセット)と「冬が来る前に」(紙ふうせん)はカラオケでの十八番でもある)

ちなみに下子は、ギターは独学だが超絶的な技法を駆使して演奏ができる。
ナルシソイエペスから声がかかったこともあったし、リッチーブラックモアからも声がかかった・・・
と自身は妄想していたほどだ。
「イングヴェイー!かかってこんかい!」である。

さらにヴォーカルはより圧倒的で、なぜだか勝手にマリアカラスを自称・・・するだけはしていた。
「ホイットニー!エンヤー!ガガーー!誰でもかかってこんかい!」である。

そんなこんなで下子は経営の全権をCOOでありCFOであり(始球式の練習相手でもあり)運転手でもある
渡辺に委ね、プロゴルファーへの道を歩むことを決意した。
「村口史子さんや藤井かすみさんにできて、私にできないわけはないわ。ムフフフ」
だってさ。

あれから一年半・・・・いま二人の運命は大きく旋回し始めた。
のだ。

コメントは受け付けていません。

第5話「揺れる想い」

7月 24th, 2010 Posted in 題名の無い連載小説

「むふふ。やっぱりラーメン屋をやるなら醤油に拘りたいな♪」

室井三郎は喫煙所でニヤけながら、次の煙草を吸おうとおもったが、もう無い。
兄貴の一郎からラーメン屋の引継ぎ話を聞いてから、何本吸ったのだろうか・・・
三郎自身もヘビースモーカーでニコチン中毒であることは自覚していて、
50歳くらいで肺ガンでポックリ逝ければ本望だと思っている。

「ちっ・・・煙草なくなったか・・・仕事に戻るか・・・」

職場に戻ってくるとなにやらザワザワと騒がしい。システムトラブルだろうか?
「戻りました!何かあったんすか?」
三郎が誰となく職場のメンバーに問いかけた瞬間、ビデオを一時停止したように
全員が三郎のほうを向いた状態で固まっていた。

何だ?三郎は何が起きているのかさっぱりわからない。
「ちょちょちょっと、なんなんだよ?この空気。気持ち悪いんだけど・・・」
と、自席について隣に座っている同僚の山本文夫に小声で聞いた。
「いいから、まずはお前のPC見てみろよ」と山本は三郎のモニタを指さす。

              [新着メッセージがあります]

三郎は恐る恐るボタンをクリックしてメールをチェックした。

-------------------------------

     室井三郎 殿
                               株式会社 パンドラプラス
                               代表取締役社長
                               山登下子

                   辞  令

     平成22年8月1日をもって、新規開発プロジェクトのチーフリーダー

     として室蘭への転勤を命ずる。

 

                                      以 上

--------------------------------

「なんだよこれ!!」

静かな職場に三郎の大きな声が響いた。「おい山本!どういうことなんだよ!?」
山本に聞いたところで何にもならないことはわかっているのに、三郎は山本を睨んだ。
「俺に聞くなよ。室蘭に行けってことなんだろ」 山本は冷静に答える。
三郎の動揺は止まらない。気持ちを落ち着けるために喫煙所へ行こうと席を立つと
職場のメンバー全員、まだ三郎のことを見ている。
三郎にはみんなの目線が冷ややかに突き刺さるようで、凄く嫌だった。

「まぁまぁ落ち着けよ。チーフリーダーってことは昇進ってことだろ。良かったじゃねぇか」
山本の気休めの言葉は三郎の耳には届かない。

「意味わかんねーよ!」
職場では物静かで明るくて優しいイメージの三郎が感情的に怒りの声を上げて
さっき戻ったばかりの職場から立ち去り喫煙所へ駆け込んだ。

「くそっ!!」
シャツのポケットの煙草を取り出そうとしたが、さっき全部吸い終わったばかりで煙草がない。
灰皿にたまったシケモクを4・5本取り出し、フィルターまで火がつきそうなくらい
思いっきり煙を吸い込んで、冷静を取り戻そうとしていた。

せっかくラーメン屋への道が見え始めたところで、まさかの室蘭転勤。
動揺するなというのも無理な話だ。
しかし、室蘭という町は三郎にとって思い入れの深い町でもある。

三郎は室蘭で生まれ、室蘭の小学校、中学校、高校、大学と青春の全てを過ごした町だった。
昔は鉄の町として繁栄していたが、不景気をあおり衰退・過疎化の一途をたどり、閑散としている。
妻の幸子は三郎の幼馴染みで、室蘭生まれの室蘭育ち。
大学在学中に学生結婚をして、このまま室蘭に骨をうずめるつもりだったのだが、大学卒業を
しても、地元に就職先はなかった。 欲をださなければ地元の土建業者やコンビニのバイトでも
夫婦2人で食いつないでいくことは可能なのだが、探せど探せど自分の希望する職種と給料に
あった企業はみつからず、「室蘭に未来はない!」と地元を離れることを決意。

就職を機に地元室蘭を捨てて、東京にやってきたのだ。

三郎としては「いまさら室蘭?」と思っているが、幸子はきっと喜ぶだろう。
三郎と幸子の親も還暦を過ぎて現役を引退し、毎日庭いじりをしながら
退屈な年金生活をしている。 盆と正月に帰省するたびに「あなたたち、もうそろそろ・・・」
と、暗に「孫の顔が見たい」と「帰ってこい」と言っている。

素直に辞令に従って室蘭に行けば、大歓迎されるし、子供を作って親を安心させることもできる。
自分以外の境遇を考えれば、これ以上ありがたい話は無い。
ただ・・・自分自身の夢であるラーメン屋を諦めなければならない。

自分の夢に突き進むか・・・

家族のために夢を諦めるか・・・

吸えるシケモクも無くなり、喫煙所の隅でしゃがみこんで頭を抱えながら
三郎は人生の決断を迫られていた。

 

「ねぇ渡辺。彼、室蘭に行くとおもう?」
「さぁ今の状態ではすぐに辞表をだしそうな気がしますが・・・」
「そうかしら?渡辺もまだまだ見る目が無いわね。彼は行くわよ。室蘭へ」
「そうでしょうか・・・」

パンドラプラス社の社長室にある監視モニターを見ながら
山登と渡辺はカモミールティーを飲んでいた。

コメントは受け付けていません。

第四話「女王、現る」

7月 23rd, 2010 Posted in 題名の無い連載小説

セミナーでの講演を終えた山登下子は自社へ戻るマセラッティの中で深く溜息をつく。
それは疲労でもある一方で充足の溜息でもある。
「ふぅ~~~」
今日も2000名近くの聴衆の心を鷲掴みにした、そんな充足感に浸っているのだ。

自らが起業しここまで成長させたパンドラプラス社、
今ではIT業界新興の筆頭と自他ともに認める企業である。
社名のパンドラプラスとはパンドラの箱とラプラスの悪魔をかけあわせたものだ。

山登下子、やまのぼりくだりこ。
やまのぼりはともかく、くだりこって….。
どうなんだろう、こんな名前って。

幼少の頃から幾度となく思ってきた、この名前の奇妙さ。
ただの一瞬だって親のこの思いつき以外の何物でもない
ふざけた名前を呪わなかった日はない。
42歳になろうとしている今でさえ、その怨念に似た気持ちに変わりはない。

下子は、所謂大手のコンサルティングファームやITベンダーなどへの勤務経験はない。
ましてやMBAなどがあるわけでもなく、唯一もっているのは日商簿記の3級だけだ。
だって、大学だって高校だって出てないもーん!
なのである。

とにかく、ここまで来た。
再び今日の講演での聴衆たちの恍惚とした表情を思い浮かべてしまう。

「ビジネスを勝ち抜くために唯一必要なもの・・・・それは愛です」
「愛なきビジネスなど不毛以外の何物でもありません」
「我がパンドラプラス社の誇る愛帝BOXは、皆さんの企業活動に必ずや愛をもたらすでしょう」
「ストラテクジックにしてタクティクス、エキセントリックにしてシュールでクールでエコロジー」
「ERPもSCMもどんとこい、ウェブも愛ならモバイルも愛、SISでTSS、LTEは素敵だな、あんたの心はクラウドふーわふわ」

「皆さんのIT投資をひたすら愛帝BOXに注ぎましょう、大いなるリターンをもたらします」
「よろしいですか、皆さんが今後構築するビジネスモデルには愛、愛が必要なのですよ!」
「ご興味のある方、どうかお帰りにでも私の近著『愛のままに我儘に、信じなくても愛あらば』を手にとってみて下さい」

「皆さんに幸多からんことを・・・」
(うぉぉぉぉー、やんややんや、わいわいがやがや×2000名くらいが恍惚)

下子はふと運転手の渡辺に声をかける。
「北海道の、北海道のあそこ何て言ったっけ?」
渡辺は正面を見つめたまま返事すらしない。
数秒後「室蘭、ムロラン、だったでしょうか」
「そお、それ、そこ。 ムロランだったわね。」
「はい、先だって下子様が
『釣りができて』『温泉とゴルフ場が近くにあって』『涼しいけどさほど雪の積もらない』
『晴れ間より霧がかっている』『工業用地のような場所』
で開発拠点を構える、とおっしゃって物色していた際に候補に挙がった、
あの北海道の町はムロランでした」

下子はスモークガラス越しに外を見やる。
視界には明治大学があった。

「今、愛帝BOXのフレーム設計の責任者の彼、あいつ何て言ったっけ?」
「・・・・」
「毎日何十本も煙草ばかり吸ってるちょっとうじうじっとした、いまいちセンスのなさそうなあの男、わからない?」
「・・・・室井、確かむろい・・・とか言ったと思いますが」

「むろい・・・そうね、そんな名前だったわ」
パンドラプラス社の喫煙所には監視用にWebカメラが取り付けられており、
下子はそのカメラ映像を移動中の車の中でもよく覘いていた。
喫煙率の高い社員を徹底して観察、それが彼女の趣味でもあり人事評価の一環でもあった。

「その室井とかって男をそのムロランの開発拠点責任者にするわ」
異動が決まれば5年は戻れない、それがパンドラプラス社の暗黙の了解だ。

「渡辺、明日にでも室井に辞令をだしておいて」
「承知しました」
運転手の渡辺が即座に答えた。
COOでありCFOでもある、下子の参謀にして運転手である渡辺の口元は
心なしか歪んで笑っているかのようにすら見えた。

コメントは受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ