de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'レビューdeどお' (Page 2)

禁断の・・・


本年もよろしくお願いします。

拙宅から臨む初日の出。
と言っても数日前の日の出。
最近は御手洗いが近く、深夜や早朝に起きてしまうのだ。
これもそんな折にたまたま拝んだ日の出だったりするのです。

さてさて。気がつけばいつしか2018年。平成も30年ですか。
おお、平成も30年なのか。。
自分にとっては昭和の方が長く、平成なんてつい最近のことだろ。
なんて錯覚してたりするのだが、おっと、どっこい。
私にとっても平成の方が全然長くなっちゃいました。
何やら感慨深いわ。

そんなこんなで今年も脈略なく書きます。

そう言や、昨年放送されたブラタモリ。
「工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?」が面白かったです。
いつぞや、むろさんとホエールウォッチングに赴いたのだが
・・むろさんもde-do.comの中で室蘭八景として触れてますね
あの時の金屏風、銀屏風の荘厳さと言ったらそれはもう。。絶句でした。
室蘭に住んでいても、なかなか室蘭をあっちから見る機会はないですもんね。
いやはや、まことに絶妙な自然に形作られた室蘭だったりするのです。
世界遺産にでも、どうでしょう。。

んでやっぱり脈略なく。
昨年と言えば、沖縄に行ったことは書きましたが。
その時の写真をもう数枚。

美らオーチャードゴルフ倶楽部

わたしのゴルフクラブたちもついに沖縄上陸!
いやー。そりゃわざわざ沖縄ですからね。そりゃゴルフだってわざわざするでしょう。
ってわけで、訪れたのは絶景の美らオーチャードゴルフ倶楽部さん。
以前、大京オープンが開催されていた、旧・ユニマット沖縄ゴルフクラブ?ですかね。
そんな沖縄での初ラウンドでしたが、風は強いわ、グリーンは速いわ、まるで手も足も出ず。
久々の大叩きと相成りまして候。ですわ。

石川遼のドラコン地点

2ホール目だったでしょうか。左に曲げた2打目を探してたら偶然に見つけました。
そう。確かに以前、石川遼ってばよくドラコン大会にも出てましたもんね。
にしても、351ヤードとは・・。

そんな石川遼も今年は国内に専念してくれるようでうれしい限り。
選手会長まで引き受けたそうだから、その心意気たるや推して知るべしってところでしょうか。

んで。ドラコンと言えばドライバー。
昨年暮れにいくつか話題の新作モデルが発売されたのでした。

タイトリストVG3


チーターテクノロジーってんですか。(クラウンが穴ぼこだらけ?)
何だかよくわからないけど何やら気になったので発売と同時に調達しちゃいました。
でへへ
ってか、最近ドライバーの飛距離に悩みがちだったde-do#2にいいのかも。
なんて思ったりもしたのだが。

続いてこちらは国民的モンスターブランドのゼクシオ様。ゼクシオ10(テン)。

こちらはよく行く練習場に併設されてる工房でお借りしたもの。
そんな2本を並べての打ち比べと相成りまして候。

VG3は9.5度モデル。
シャフトはフジクラのスピーダー569EVO4。写真真ん中の黒いシャフト。
対するゼクシオもロフト9.5度のMiyazakiモデル。Waena(ワエナ)のS。写真右のシルバー。

そんな2本。結論から申しますと、どっちも「よく飛ぶ」っす。
ってなんじゃそりゃ!?
でも本当にそういうこと。特にゼクシオは本当に「よく飛ぶ」のでした。
飛びの”芯食い”体験。とはよく言ったものですが、いやはやまさしく。
練習場の打席に据え付けてある、何ちゃって計測器によれば・・
H/Sは分かり易くあがり、わたし如きでも42m/sオーバー。飛距離も240Yd超。おお・・
ところが芯食い的ミート率はさほどで、いまいちでした。
やっぱり少し軽いのかなー。なんて。
あとはやっぱりあの音。いわゆるゼクシオサウンドってやつでしょうか。
甲高い独特な澄んだ音は練習場でもなかなかに目立っちゃいますが、爽快感の一語です。

対してVG3。
ゼクシオとは対照的に低音のこもった「もこっ」って感じ。これがチーター!?
でもこれはこれで好きな音ですね。
距離はさすがにゼクシオ様には及ばないものの230Yd前後。
でもミート率はこっちの方がよかったです。コントロール性もそれなりにいい。
何より、そのフォルムが美しい。。
誰かがどこかで書いてたような気がするけど、往年の名器910Dっぽかったりもします。

ちなみにde-do#2ですが、ゼクシオを数球打ってみて
「これ反則。禁断。。」
そう呟いておりました。
そう。de-do#2の方が私よりはるかにゼクシオの恩恵を享受できてるようでした。
そしてVG3については「ヘッド軽すぎ・・」で反応はいま一つ。あらら!?
すかさず手持ちの915D2のヘッドとシャフトを各々スワップ。
つまり、
・915D2+Speeder569 EVO4(S)
・VG3(2018)+TourAD BB5(S)
の2本が即席で組み上げられたわけだけど、前者の方が断然好みだったみたい。
後者はやっぱりわかりやすくH/Sが上がったのだが振り感がやっぱりどうも。。
だったようだが、今後もそれぞれの組み合わせで試すのだそうだ。
あーこりゃこりゃ。

にしても、ゼクシオ様。
実はこれまで自分は一度も打った(振った)ことがなく、今回が初体験でした。
セブンもなければエイトもナインももちろんなし。
初のゼクシオが今回の10(テン)だったけれど、まさしく衝撃でした。
9.5度(リアルロフトはもっとあるんでしょうけど)であんなに高く球が上がるのか。。
初速の違いってこんなに分かり易くでるのか。。とかとかね。
もうちょっと贅沢を言うなら、カスタムモデルのスピーダー569EVO4装着モデルが試打できたら
もっとよかったなー。

手前がゼクシオ10。奥はVG3。

なんて。
そんな手動さんも気がつけば齢五十の大台に突入です。(そりゃ平成だって30年なんだもの)
ゴルフは一向に上手くならないけれど、今後衰えゆく体力を思えば、
これらの軽くて高性能なドライバーは十分に使う価値あり。
そうつくずく痛感した次第です。

とりゃ!

禁断の・・・ はコメントを受け付けていません。

ヒヤヒヤしたけど19勝目


お見事でした。3年ぶり2度目の日本オープン制覇!

そんなお見事さに深い感銘をうけたのでバラでも贈呈いたしませう。。

もう数週前のものですが、咲き始めのプリンセス・ドゥ・モナコ。
かわいいっす。

こちらは、やっぱりそれくらいの頃のアブラカダブラ。

毎度お美しい。。咲く度に様相が変わって不思議なヒトですわ。

[日本オープン]
そんな次第で、最終ホールはながーいバーディパット。よくぞあそこまでタッチを合せました。
「もしかして男子もアマが勝っちゃうの!?」
てなプレッシャー(があったか否かは知らんが)の中、
池田のあのほっとした表情が印象的でした。
一方2位に惜敗しちゃったけど金谷拓実(東北福祉大)がもっとお見事でありました。
このヒトはたしか一昨年の日本アマでも、当時最年少ローアマを獲得したのでしたっけ。
と、そんな当時の日本オープンを振り返ると・・・

[富士通レディース]
テレサ・ルーが優勝、今季5勝目。渡邊彩香2位。
新垣比菜アマは12位Tでまたまたローアマ。堀琴音は30位T。

・・のようなことを小平が勝った日本オープンの日に書いておりますが、
なんとまぁ、寄寓にも再びこの大会を制したのはテレサ・ルーで大会2勝目。
今季はこれで3勝目。国内通算は15勝目だったりするそうだからお見事でした。

[CIMBクラシック]
3日目。怒涛の追い上げを見せた松山英樹だったけどパット・ペレスも凄かった。
同じくらい伸ばしちゃったから差は縮まらず。
さらに最終日。伸びない松山に対してペレスは3つくらい伸ばして盤石の24アンダーで圧勝。
ツアー通算3勝目でお見事。
そんな中、キーガン・ブラッドリーが久々の2位。
笑顔の愛くるしいザンダー・シャフリーってば好調のまま3位T。
松山英樹はやや不満の残る(本人的には?)5位T。
ってか新シーズンも上々の滑り出し。とか思ったりもするけれど、
妥協しない彼はきっとそうは思わないのでしょう。
(「まぁ、いいゴルフでした、次につながります」くらいで流さないところが彼が彼たる所以)
10位Tにはピーター・ユーライン。ツアー昇格の2戦目。
前週セーフウェイでは予選落ちだったけど今週はお見事でした。

[LPGA KEB ハナバンク選手権]
アレクシス(レキシー)・トンプソンが逆転優勝。今季2勝目。
2位パク・スンヒョンとヤニ・ツェンでOK。

・・てなことを書いたのはやっぱり一昨年のこと。
優勝はコ・ジンヨン。6位Tにミンジー・リーとチャーリー・ハル。
そして今年のレキシーは・・26位Tあたりでフィニッシュ。

[イタリアオープン]
ただいま最終R真っ最中?
マーカス・フレイザーが首位!?かと思ったらロス・フィッシャー?
いやいやマット・ウォレスだろ。ん?キラデク・アフィバーンラトか!
てな感じで大混戦。
地元のフランチェスコ・モリナリは伸び悩んで21位T前後?ヒメネス翁は大健闘で7位Tあたり。
マネーランキングトップのトミー・フリートウッドは12位Tかそこら。

[SAS選手権]
こちらも最終日が始まった模様。
前日首位に並んでたのはジェリー・ケリーとコリン・モンゴメリー。
そしてフィリップ・プライス?
そう言えばこないだ国内初上陸したチャンピオンズツアー(JAL選手権)はモンゴメリーが勝ったのでした。
一方のケリー。ふと気が付けばシニアデビューしてたのかーなんて思ったらもう2勝もしてたのだ。
いやはや。
そして今年も賞金王をほぼ手中におさめつつあるランガー先生は20位Tあたり?

とか何とか。懲りずにまたまた「勝手に(試打)したのかい」。

まずは、毎度おなじみTitleistはVokeySM4が2本。

手前はブラックニッケル。いや、オイルカンだったのかも。
メッキが落とされてるようにも見えて何だかよくわからんけれど、まぁともかく。
その奥はツアークローム。どちらもロフト60度でバンス7度のUSもの。
(国内モデルでは左用にしかこのバンス設定ってなかったのかも?)

そんな2本のウェッジですが、シャフトが違ってたりします。
手前のはTRUE TEMPERのXP115(R300)、奥のツアークロームにはMODUS Wedge115を挿してます。
何れも35.00インチ。バランスはD4(重量は462g)とD3(466g)くらい。
特に調整はしてなくて、まんま挿してもらってます。
そして、言うまでもないけれどフィーリングはまったくの別物。
Modusはこれまでも使ってたこともあり(ウェッジ専用なだけあって)やっぱりしなりを感じやすい。
対してXP115も、しなり自体はきちんと感じるけれどやや先端側。そして手元にしっかり感。
打ちたい球によって色々使い分けすると面白いかもです。
(と言っても60度にさせることと言えば用途も限られちゃうけど)
ロブるならMODUSの方が抜き易くて、ショットならP115の方が飛距離も当然にでます。
そんなMODUS一辺倒な手動ではあるけれど、ちょっとXP115にも(そして新しいDG120にも)
心惹かれてたりする昨今。あーこりゃこりゃ。

続きまして。

ラズルダズルはCS-01W。以前ちらっと紹介したのは58度でしたがこちらは50度(バンス13度)。

シャフトはMODUS120のS。
いやー、これいいっすわ。って今更だけど、久々に引っ張り出して改めてその良さを実感。
あまりの良さの勢いそのまま、先日もラウンドに初投入したのだけど、とっても役立ってくれました。
やっぱりこのハイバンス、ってかワイドソール?
下手に打つと「へたくそ―」と揶揄してくれるのです。(ホントか?)
上手く打つと(バンスが使えると)心地よく球を拾ってくれる。(ホントです)

なんかそんな感じ。わたしには。。

と、そんなラウンド投入の舞台となったのはこちら。

越谷ゴルフ倶楽部さん。表記はKOSHIGAYA GOLF CLUBさん?
関係ないけど、PGMグループのゴルフ場でラウンドするのってたぶんこれが初めてかも。
受付ではTポイントカードを提示するのですね。ほぉ・・。

にしても、なんと申しましょうか。それはもうまったくもっての河川敷コースでございます。

ちょーフラット。池の多さにも驚かされました。
下手くそ手動はまんまと3発くらい池に入れちゃうのだった。。

そんな河川敷初挑戦のクラブセッティングです。

DR TourBURNER TP with ALDILA TOURRED 55S 10.5度
FW RBZ Tour #3w with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#3UT RC BBD 506V  純正S 21度
#4UT RC BBD 506V with GS85-S200 24度
#5~#9 VR Pro Combo with MODUS120-S
PW VR Pro Combo(US) with MODUS120-S
GW RazzleDazzle CS-01W with MODUS120-S 50度(バンス13)
AW VokeySM4(US) with MODUS120-S 54度(バンス11)
SW VokeySM4 with MODUS wedge115 60度(バンス7)
PT Scotty Cameron Futura 5S

河川敷だけあって風も強くて2打目、3打目が届かないことしばし。
そんなグリーン周りからラズルがよく拾ってくれましたわ。
DRは久々のバーナーTP。アルディラに挿しかえてからはこちらもラウンド初投入。
前半はいい感じだったのだが、後半は徐々に重さのせいか振りきれなくなって・・。
あーあ。。

美しい夕日。

ってか、この日はめちゃくちゃ混み合ってて、すっかり日暮れにかかりました。
途中途中の待ち時間の長さに集中力は完全に途切れ・・そもそも集中力ってないけれど。
そこに加えてとどめを刺してくれたのが招かれざる珍客の来襲!?
終盤に差し掛かり(日も暮れて少し冷え込んできたりもしたので)
さっさとあがろうぜー。なんて話してたら、そこに犬。イヌっすよ、犬。dog.
おいおい、ここはゴルフ場だろ?って。
(山岳コースなら野生のキツネやイノシシなんかは見かけたりもするけど)
首輪つけた犬なんだもの。それもややイカレてる風なのだよ。
そんな変な犬がティーボックスに走り寄ってきてワンワン言ってウロウロ。もう意味不明。。
その数十秒後、遠くに飼い主が見えて何やら叫んだ。そしたらその変な犬はやっと消えたのだが。。
おいおい、河川敷を散歩させてたのか。リード放すなよー!
(ってかゴルフ場の敷地内じゃねーの?)

とか何とか、まぁとにかく。
そんな河川敷ラウンドにぐったりしつつ(困惑しつつ)日暮れを帰途についたのでした。
同伴いただいた方もぐったり。。

追伸
夏休みの作文からおまけ。

阿蘇です。。かっこいい。

ヒヤヒヤしたけど19勝目 はコメントを受け付けていません。

勝手にしたのかい


夏休みの作文。の続き。

毎度の熊本空港です。今回のお出迎えは・・

井関農機。いいねー。
ちなみに井関農機さんの本社は愛媛。熊本には工場があるっす。(たぶん)

毎度の大力茶屋さん。

いつもいつもの、美味し安しの大力茶屋さん。まったくもってThanks.

で、美味し。。
と言えば「地かろ」という炭火焼の地鶏屋にも久々に行ったのでした。
(写真はないっす)
炭火の上の網を囲って、皆で焼きながら食べる。なかなか美味いのです。
(そしてなかなかに熱いのだ)
やっぱり何と言っても天草大王が美味しいけれど、わたしゃニンニク焼きも好き。
アルミに包まれ(オイルがたっぷり)、でも口内の火傷には注意。
そして、今回なぜか最も人気だったのが(我々の仲間内で)「イカ」!?
え?イカなの。イカなのさ。
何故だかイカがやたらと美味く、何皿かお代りもしてましたっけ。
詮無い話。

ってわけで、いつもの通りで此度も大半を大牟田で過ごしたのだが、
あちーこと、あちーこと。ホントにあぢかった。。
とは言え、それまで東京では、そんなに真夏的日差しを浴びることもなかったので
やや帳尻合わせにはなかったかも。

[日本女子オープン]
圧巻。
記録ずくめの大会連覇は畑岡奈紗。連覇は樋口久子以来二人目?とか言うから
いやはやいやはや。ホントびっくり。
(ってか樋口さんは四連覇と二連覇を含む全8勝)

にしても。
あんだけやることなすことすべてが上手くいったら、ゴルフってどんだけ楽しいんだろう。。
などと空しい妄想をしてしまうほどの圧巻プレーの連続でありました。
SRIXONキャップを被った褐色の肌の選手が、びっしびっしとピンをさす
(絶妙なアプローチでピンそばへ寄せ、胆なロングパットはカップに次々と吸い込まれ)
と、その様は。。
それはまるで松山英樹!?プラヤド・マークセン!?
いやいや、よく見ればそれはやっぱり畑岡奈紗(?)。
ってか、彼女って松山を1/2スケールくらいに圧縮した感じがしますよね。
しませんか。そーですか。

まぁでも。ホントにいいものを見せてもらいましたわ。
そして、そんな畑岡に劣らなかったのは小倉彩愛アマ。こちらも単独3位でお見事。
アプローチもパットも本当にすごい。素晴らしいっす。

と、そんな素晴らしづくめの今大会だったけど、2日目でしたっけ。
ちょっとだけ「?」と思ったたのは葭葉ルミのバンカー。(7ホール目の+6)
解説も戸惑ってたけど、いったいあれは何だったんでしょう。
ってか、ほんとにただ出なかった・・落とし所がシビア過ぎて・・なだけなんだろうけど、
にしてもだからと言って。
次から次へと、あんなに簡単にポンポン打つもんなんだろうか。。
初日は8位Tスタートだったし2日目も二つくらい伸ばしつつの、突然の・・
というところも含めてのゴルフなんすよねー。そう、そういうこともまったくゴルフです。

とか何とか、そんな悲喜交々のナショナルオープンは記念すべき第50回メモリアル。
第一回が・・おっと、それはつまり手動さんの生まれた年ってことか。
なるほどね、つまりわたしもそういう歳ってことですね。
あーこりゃりゃ。

まぁとにかく。本当に素晴らしいプレーの数々に心から感謝です。

[トップ杯東海クラシック]
優勝は小平智。今期は好調だったけど勝てそで勝てない歯がゆい感じ。
と思ったらやっと勝ちました。ツアー通算5勝目かな。
それより何より2位の時松隆光。今朝も「ゲームの決断~宮里道場プレミアム」で、
あの=美スインガーの=高柳愛実にレッスンしてましたっけ。
いやー、ほんとマジで彼女のスイングって美しい!!
ってな話じゃなかったです。

9位Tには今平周吾。こちらは5大会連続のトップ10入りとか?で2勝目が待たれますな。
そしてそして、中里光之介が35位Tでパチパチパチ。
今年はここまですべて予選落ちだったから本当に良かった。
ってか、この選手もいつぞやの「宮里道場」でやっぱり高柳愛実にラウンドレッスンしてたのでした。

[ウェブドットコムツアー選手権]
石川遼。
首の皮一枚で何とか予選通過はしたものの。はて、最終日はどうなりましょうか。。
頑張ってほしいっす。

[マッケイソン・ニュージーランド女子オープン]
最終ラウンドは中断してるんでしょうか。。
いつしかブルック・ヘンダーソンが首位に。そしてシャイアン・ウッズが9位Tに。
と、シャイアンと言えば、伯父さん(タイガー)はやっぱり引退しちゃうんでしょうか!?

日本人で唯一出場している上原が35位T。
このヒトえらいよねー。地味にコツコツと。気がつけばシード確保だもの。
宮里藍も引退しちゃったから来シーズンからは日本人選手は野村と二人だけ?
(畑岡がQTを通れば3人か)

夏休みじゃないけれど。。
そう言えば先日のこと。知人を案内がてら久々に深大寺へ足を延ばしたのでした。

境内にある石碑(歌碑)の一つ。清水比庵という歌人の句だそうです。

んで、こちらが深大寺そば。

さっぱりとした出汁。なかなか美味しゅうございました。
と、ふと思うのだが。。
こんだけ深大寺に行っていて、ここ(寺周辺の蕎麦屋一帯)で蕎麦を食べたのって・・・
実は初めて!?(いや、二回目かな)
というくらい全然食べてないっす。うへへへ。
まーどっちでもいいや。蕎麦は大好きです。富士そばだって大好き。どこでもOKっす。
(もちろん、うどんも大好き)

さて、ふと思きつきで勝手に試打会。
普段バッグには入れてない、つまり単なるコレクションと化してる押し入れの肥やし的クラブを
数本ひっぱりだしては、一人勝手に(孤独に)試打会してみたよ。という切なくも儚いお話。
あえて名付けて
「『勝手に試打会』したのかい(会)?」
「あーそうかい」
と言った感じ。(どんな感じだ)

まずはロングアイアンです。

変なアングルですまぬ。見辛いと思いますが。
左からタイトリスト716AP1の#4。真ん中がM2ツアーの#3(US)、右端はVaporFlyProの#4。
AP1は38.5インチでMODUS120です。ロフトは21度。
M2は、DRやFWで大ブレークしてますが、何気にアイアンもあったりします。
(これはひと世代前かな)
ちなみに、この3番。確か松山がマスターズあたりで使ってたんじゃなかろうかと思うけどうる覚え。
ロフトは18.5度。シャフトはMODUS105で38.75であわせてます。
ヴェイパーは純正のままで。MODUS120は、やはり38.75インチでロフトは21度。

って感じで軽めのM2から打ち始めたら(色々体調理由はあるもののの、にしても)
まー飛ばないったらありゃしない。
むきになって振ったら無残に引っ掛けちゃうし。いやはやっす。
どれもいっときは、ちょこちょこ打ってたりしていて(ヴェイパーは何度かラウンドでも)
もう少し上手く打ててたと思うけど、でもひっさびさに打ってみたらダメっした。でへへへ
今回は計測してないけど以前測った際はどれも190Yd弱くらい、方向もほどほどだったのですが。。は
とか何とか、空しい言い訳はともかく。

今回この中ではAP1がいっちゃん打ち易かったですかね。
引っ掛けさえ気をつければ上がり易さも実戦向き。
対してM2ツアーは(自分には)無理。ティーアップ前提なら何とか使えそうだけど、
そもそもシャフトが自分には合わない感じで・・。(って、余ってたMODUS105に思いつきで挿した自分が悪い)
ヴェイパーは以前からずっといい感じ。打感の独特さも、中弾道も、どれも好きです。

そんなこんなで、またたまに引っ張り出してはこういったロングアイアンも打ってみたいと思います。
もちろんラウンドで使うことはちょっとなさそうだけど、練習ではたまに打ってたいですわ。

そんな次回の「『勝手に試打会』したのかい」は(って、まだするのかい?)、
ウェッジあたりをお伝えできればと。

そんな次第で、夏休みの終わりはこちらの風景で。

きれいだよね。大牟田を流れる堂面川沿いをふらふらと歩いた際のもの。
夕日が溶け落ちて、なかなか素敵な景色でありました。

勝手にしたのかい はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ