de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'レビューdeどお' (Page 3)

昨今のあれこれ(1)


どーも。でどー1号どす。
昨今のあれこれ。四方山だらだらです。

昭和の森GCにはその後もちょこちょこ、ほぼ月一くらいで行けてると思います。
(と言っても、一人予約でたまたま潜り込めるとき限定です)

こちらは先日伺った際のもの。

桜が綺麗。ってかほぼ満開。
この頃にして既にこうなのだから、まもなく散っちゃいます。いやもう散ってるか。
早いよ、さくら。

休憩。クラブハウス2階のレストランから。

んで、昨今のクラブセッティング。

DR Titleist915D2 with Speeder569EVO4(5S) 10.5度
#3w RBZ Tour with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#3UT X2hot(US) with 純正ALDILA 19度
#4UT RC BBD 506V with GS85-S200 24度
#5~PW VR Pro Combo with MODUS120-S
AW Fourteen RM-12 with MODUS120-S 50度(バンス08)
AW Fourteen RM-12 with MODUS120-S 54度(バンス10)
SW Fourteen RM-12 with MODUS120-S 58度(バンス12)
PT Scotty Cameron STUDIO SELECT NEWPORT2(2008年モデル)

ウェッジはフォーティーン。たまにはね、と投入してみました。
とってもひろいやすい。けれどこの時は短い距離が合わずに悉くオーバー。
グリーンの上につけちゃって下りのパットで往復ビンタを連発。いやはや。
UTのX2Hotは久々に復活。Attas挿したりALDILA挿してたりと、色々変えてみたけれど
結局純正に戻してとってもいい感じ。あらら。
とは言えこの日はショットはDRもアイアンもダメ。パットもさっぱりでここでは久々の100叩き。
悲しいわ・・

さて、そんな昭和の森GCですがもう一つのお楽しみはクロちゃん!?
この写真は、たぶん2月に行った際のものかと。

この時もにゃーにゃー言ってかわいかったのだが。。
けれど桜の頃には姿が見えませんでした。
あれれ?と思ってスタートホールのホールマーシャルさん(風?のお姉さん)に聞いたら
「実は・・先日とある方たちに引取られまして。。」とのこと。
あらら。それってつまり。。まぁそれ以上の詮索も無用でしょう。
といったわけで、↑の写真がわたしにとって最後のクロちゃん。
たいへん残念。仕方ない。でも色々あってのことでしょうから。

昨今のあれこれ。

タバコ。
ここ2年近くはアイコスと普通のを併用?してたのだが最近プルームテックにかえまして。
変えたと言って、別に普通のマイセン(古いねー、メビウスか)をやめたとか言うこともないけど
気が付いたら全然吸わなくなっていて、自分でもちょっと意外でしたわ。
写真上がグロー(Glo)。KENT?いつぞやコンビニで買ったのだが箱を開けてすらおらず。。
左がアイコス。白が2代目(バイブついたやつ)?ネイビーが初代。
右がプルームテック。写真のフレーバーはレッドクーラー(アップルミント?)。
ちなみにプルームテックは2台持ちでもう一方にはレギュラー挿しておりますわ。
ブラウンアロマ(カフェモカ?)ってのも一瞬吸ったけど自分はダメ。
気持ち悪くなった・・。

そんなプルームテックだけど、自分にとってはタバコの概念が完全に覆された(否定された?)
感じがして色んな意味で感慨深いのです。
従来の
「吸おう」⇒「火をつける」⇒「何度か吸う(適宜灰を落とす)」
⇒(見た目にも終わりが近づくのがわかって)「消す(捨てる)」
対して、
「吸おう」⇒「吸いこむ」⇒(見た目に終わりはわからず)
⇒「もういいや」⇒「口から離す」
だけです。
ほんの束の間、手から離すのでもひょいとポケットにだってしまえちゃうし。
これってゴルフのときなんかは本当にいい感じ。
何よりニコチン吸ってるんだけどタールを出してないから凄い。臭くないのが何ともありがたい。

昨今のあれこれ。
先月、厳冬(大寒波)の室蘭を訪れたわけだけどその際に現地のゴルフクラブをちょっといじくった。
従来現地置きしてたもの。

アイアンはNIKEのCovert2.0 forged。ウェッジも同VRフォージド。パターも同METHOD Midnight 007。

だったのだが、なんせアイアンってば純正NS950のS。
年に何回使うのだ。とは思いつつ、でも使う時にはやっぱり妥協できない違和感が辛いので
ちょっと変えてみることに。
Covert2.0 forgedは、当初むろさんにお下がりに。なんて思ったりもしたのだが、
直前になって買い手がついてそちらに譲ることになりまして。
まぁそんなこんなで今後のセッティングがこちら。

アイアンはやっぱりNIKEのVR_S forged。シャフトはMODUS120のR。
ウェッジも同VR-PROフォージドでやはりシャフトはMODUS120のS.
パターも同METHOD MATTER M5-10。

なんだよ。結局またNIKEかよ。
そーだよ、NIKE様なんだよ。でへへへ

昨今のあれこれ。
ドライバーなどあれこれ。

左の不思議な構図。なぜかCobraのウェッジ上に置かれてるNIKEはVaporFlyの4番アイアン。
シャフトはAttaHYの85R。めっちゃいいのよ。この組み合わせ。
カーボンだから当然っちゃ当然なのだが、とにかく球が上がります。飛距離も180は楽にでます。
ありがたい。
その隣。こちらはX2hotのPro。3Deepの#2wです。他のDRに挿していたALDILA TOURREDを移植。
チップは1インチカット。このALDILAはRbzでばっちり嵌って気に入ってずっと使ってます。
さらに右隣はONOFFのAKA2015モデル。シャフトにはLABOSPECのHASHIRI60。
つかまるヘッドにつかまるシャフト。先ず右に曲がることはないっす(ってか曲げられない?)。
んで右端がテーラーメイドのM2。初代のUSモデル。シャフトも純正のFUJIKURA PROのR。
何だか微妙で?心地よい振り心地。
まぁそんな感じ。

そーいえば先だって。テーラーメイドとヤマハと試打させてもらいましたわ。
テーラーメイドはM3とM4のドライバー。
M3は何だかさっぱり。シャフトの純正KUROKAGEも何だか自分には微妙。
対してM4は思いがけず純正FUBUKIが良かったです。
ってかホントに曲がらないので=そこがヒトそれぞれで好みが分かれそう=素晴らしい。
素晴らしいと言えばミルドグラインドの黒塗りが良かったかも。柔らかな打感です。

んでヤマハ。こちらはRMXの118と218。やっぱ118がいいなー。
弾きは昔よか強くなった(進化した?)けど、でもやっぱりかっこいい。音もいい。
シャフトはより取り見取りでEvo4やDiamanaのRF、TourADのIZなどなど。
昨今のものを一通り打たせていただきまして感謝。
個人的には118にDiamanaRFがいいかなー。なんて思った次第です。
他にも018(TOURMODEL)アイアンでは初めてDynamicGold 120を打つことができました。
何だか走らないMODUS120?みたいな感じでいまいちDGっぽくなかった気もしたけど、
DGを語れるほどのユーザでもないので単なる独り言。
そしてそして、その日の試打の一番の掘り出し物!?がUD+2(inpres)のスプーン。
メーカーの方が後ろでにこにこ。「これ、飛ぶだけじゃなくめっちゃ上がりますよ」。
少々柔らかいシャフトだったけど頼りなさはなく、普通に打てたのだけど
そしたらほんとに、めっちゃくちゃ高く上がって200と少し飛んでおりましたわ。
うへへへ
「お客さんには、純正シャフトだとちょっとアレでしょうから。。
少ししっかりしたシャフトを仕込んだら全然使えそうですね」って。
いやはや、ホントにその通り。マジメにほしくなっちゃいました。

などと話は彷徨い続けているけれど、次の昨今のあれこれは。。
パターあれこれ。

パターはずーっと下手糞のまま。ほんとに下手なのよ。でっへっへ。いやはや。
今年は都内以外でも福岡や千葉などで何回かまわってるのだが、またも100叩き病を発症。
原因の大半はやはりパター。
じゃあ練習しろよ!
はいはい、します。しますよ。たまにはね。
ということで調達したのがパターマットです。
その上に並べてるパター。左からテーラーメイドのSPIDER。ツアーレッドのセンターシャフト。
打感も振り感もなんだかおもちゃみたい。
でもスパイダーの昔ながらの良さはそのまま。ひき易い、出しやすい、方向性◎。
その隣はNIKEのMETHOD Midnight 006。
その昔、マキロイがこのプロトモデルを使って人気になったんじゃなかったっけ。
さらに隣はSeeMore。DB4のRST2。久々に引っ張り出したけどやっぱり打感が心地よい。
んで右端。最近のラウンドはほとんどこれ。Scotty Cameron。2008年のSTUDIO SELECT NEWPORT2。
どれも33インチ。たまには練習するっす。

昨今のあれこれ。

なぜか脈絡なく「靴」。ビルケンシュトックです。
実はビルケン、de-do#2がむかーしから(学生の頃から?)の大の御贔屓でたくさん所有してます。
自分は正直その手のテースト(フォルム?)が好みじゃなかったのだけど、
このモデルだけは「いいねー」って思っちゃった。
ある日、de-do#2がこれを履いてたから「男物はないのか」と聞いたら
「男物というかユニセックスだけどサイズはあるんじゃないか」とのことだったから
おねだりして買ってもらいました。でへへへ
履き心地は最高。というか独特。土踏まずの盛り上がりが何とも言えないっすね。
マジ疲れないわ。

昨今のあれこれ。
その艶やかな褐色の肌。。続き。
では、いただきましょう。

ちなみにコーヒーカップはいつぞやの金沢で調達したものらしい。

「ぱくっ」

たいへん美味しゅうございました。

昨今のあれこれ(1) はコメントを受け付けていません。

タイガー復活


先日雪が降りました。
それから数日を経たのだが・・・

毎度の打ちっぱなしはご覧の通りのあり様。
集球の溝も埋まってしまってるのか、打ち放題は選べず。
でも一球打ちで300近く打ちこんでしまったりして。

雪の日の夕方。

あーあ。
これ、駅前です。
あ、ビックカメラなんてできちゃったりしたのです。昨秋のことなれど。

この日は仕事先の会社さんも、任意ながら早く帰ってよし、の許可。
雪国地方では信じられないことですが、そういう前提じゃない地域だとなかなか大変。

拙宅ベランダに急造されたミニ雪だるま。


by de-do#2

そんな雪の降り積もる数日前。今年初の昭島ラウンドです。
度々お世話になってる昭和の森ゴルフコースさん。

OUT1番ティーボックスの横にネコの小屋がありまして。

以前も紹介したクロちゃん。
(という名前であることをコース案内のおばちゃんが教えてくれた)
お元気で何より。かわいいっす。

んで、毎度の下手糞手動さんのクラブセッティング。

DR TourBURNER TP with ATTAS4U(6S) 9.5度
FW RBZ Tour #3w with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#4UT RC BBD 506V with GS85-S200 24度
#4 Callaway Xhot with XP95(S200)
#5~PW VR Pro Combo with MODUS120-S
AW VokeySM4(US) with MODUS120-S 50度(バンス12)
GW VokeySM4(US) with MODUS120-S 54度(バンス11)
GW RazzleDazzle CS-01W with MODUS120-S 58度(バンス15)
PT Scotty Cameron STUDIO SELECT NEWPORT2(2008年モデル)

この日はドライバーがさっぱりで。右にすっぽ抜けてばかり。
ここはほとんどOBがないのが幸い。
どうにか粘って拾って88。まぁよしとしよう。

ゴルフの帰りは昭島アウトレットヴィレッジパークに立ち寄りまして。
THE NORTH FACE店内のコーヒースタンドでコーヒー買いました。

ほんとは上島珈琲をあてにしてたのだが、閉店しちゃってた。

唐突ですが。
昨年いつぞや、ひっそりと孤独に寂しく行われた勝手に試打したの会。

併設の中古ショップでde-do#2が数本借りたドライバー。
インプレスリミックスドライバーと、オノフKURO。



inpresXのRMX。ヤマハ初のカチャカチャモデル。
初代は2013年だったと思うのでもう5年前になるのですね。
シャフトはTourADのMT。
オノフKUROは、いつぞや試打会で試打させてもらった2014モデル。純正スムースキックのS。
やっぱいいなー。オノフは。
そう言やいつか試打したHASHIRI60が装着されてたのはとってもよかったなー。
とか思いだしたりして。

こちらはM2。初代(2016)っすね。

シャフトは純正のRだったかSRだったか。

少々軽軟なれど、少しゆったり目に振れば大きな飛びが得られました。
いいなー、これ。何れ調達したいです。
でも(M3、M4もぼちぼち発売されるんだと思いますが)なかなか値落ちしないっすね。

引き続きまして、わたしの大好きなNIKEのVictoryRed ProComboアイアン。
左は和物の8番。右はUSモデルの8番。

んでこちら。左はUSの5番。右が和物の5番。
ん!?なんか違うのか?

違うのだ。USはスプリットキャビティ。和物はポケットキャビティ。

それがなんなんだ。何でもねーよ。

シャフト。USは純正のDG-S300。和物はリシャフトのMODUS120S。

とかとか、今はなきNIKE(のゴルフ道具)だったりしますが、
そんなNIKEを大好きにさせてくれた張本人はやっぱりタイガー様。

[ファーマーズインシュランスオープン]
タイガー・ウッズが久々のフル参戦。嬉しいったらありゃしない。
3日目終わって3アンダーは39位タイ。
マスターズが照準とのことなので、焦らずじっくりといっていただきたいっす。

タイガー復活 はコメントを受け付けていません。

禁断の・・・


本年もよろしくお願いします。

拙宅から臨む初日の出。
と言っても数日前の日の出。
最近は御手洗いが近く、深夜や早朝に起きてしまうのだ。
これもそんな折にたまたま拝んだ日の出だったりするのです。

さてさて。気がつけばいつしか2018年。平成も30年ですか。
おお、平成も30年なのか。。
自分にとっては昭和の方が長く、平成なんてつい最近のことだろ。
なんて錯覚してたりするのだが、おっと、どっこい。
私にとっても平成の方が全然長くなっちゃいました。
何やら感慨深いわ。

そんなこんなで今年も脈略なく書きます。

そう言や、昨年放送されたブラタモリ。
「工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?」が面白かったです。
いつぞや、むろさんとホエールウォッチングに赴いたのだが
・・むろさんもde-do.comの中で室蘭八景として触れてますね
あの時の金屏風、銀屏風の荘厳さと言ったらそれはもう。。絶句でした。
室蘭に住んでいても、なかなか室蘭をあっちから見る機会はないですもんね。
いやはや、まことに絶妙な自然に形作られた室蘭だったりするのです。
世界遺産にでも、どうでしょう。。

んでやっぱり脈略なく。
昨年と言えば、沖縄に行ったことは書きましたが。
その時の写真をもう数枚。

美らオーチャードゴルフ倶楽部

わたしのゴルフクラブたちもついに沖縄上陸!
いやー。そりゃわざわざ沖縄ですからね。そりゃゴルフだってわざわざするでしょう。
ってわけで、訪れたのは絶景の美らオーチャードゴルフ倶楽部さん。
以前、大京オープンが開催されていた、旧・ユニマット沖縄ゴルフクラブ?ですかね。
そんな沖縄での初ラウンドでしたが、風は強いわ、グリーンは速いわ、まるで手も足も出ず。
久々の大叩きと相成りまして候。ですわ。

石川遼のドラコン地点

2ホール目だったでしょうか。左に曲げた2打目を探してたら偶然に見つけました。
そう。確かに以前、石川遼ってばよくドラコン大会にも出てましたもんね。
にしても、351ヤードとは・・。

そんな石川遼も今年は国内に専念してくれるようでうれしい限り。
選手会長まで引き受けたそうだから、その心意気たるや推して知るべしってところでしょうか。

んで。ドラコンと言えばドライバー。
昨年暮れにいくつか話題の新作モデルが発売されたのでした。

タイトリストVG3


チーターテクノロジーってんですか。(クラウンが穴ぼこだらけ?)
何だかよくわからないけど何やら気になったので発売と同時に調達しちゃいました。
でへへ
ってか、最近ドライバーの飛距離に悩みがちだったde-do#2にいいのかも。
なんて思ったりもしたのだが。

続いてこちらは国民的モンスターブランドのゼクシオ様。ゼクシオ10(テン)。

こちらはよく行く練習場に併設されてる工房でお借りしたもの。
そんな2本を並べての打ち比べと相成りまして候。

VG3は9.5度モデル。
シャフトはフジクラのスピーダー569EVO4。写真真ん中の黒いシャフト。
対するゼクシオもロフト9.5度のMiyazakiモデル。Waena(ワエナ)のS。写真右のシルバー。

そんな2本。結論から申しますと、どっちも「よく飛ぶ」っす。
ってなんじゃそりゃ!?
でも本当にそういうこと。特にゼクシオは本当に「よく飛ぶ」のでした。
飛びの”芯食い”体験。とはよく言ったものですが、いやはやまさしく。
練習場の打席に据え付けてある、何ちゃって計測器によれば・・
H/Sは分かり易くあがり、わたし如きでも42m/sオーバー。飛距離も240Yd超。おお・・
ところが芯食い的ミート率はさほどで、いまいちでした。
やっぱり少し軽いのかなー。なんて。
あとはやっぱりあの音。いわゆるゼクシオサウンドってやつでしょうか。
甲高い独特な澄んだ音は練習場でもなかなかに目立っちゃいますが、爽快感の一語です。

対してVG3。
ゼクシオとは対照的に低音のこもった「もこっ」って感じ。これがチーター!?
でもこれはこれで好きな音ですね。
距離はさすがにゼクシオ様には及ばないものの230Yd前後。
でもミート率はこっちの方がよかったです。コントロール性もそれなりにいい。
何より、そのフォルムが美しい。。
誰かがどこかで書いてたような気がするけど、往年の名器910Dっぽかったりもします。

ちなみにde-do#2ですが、ゼクシオを数球打ってみて
「これ反則。禁断。。」
そう呟いておりました。
そう。de-do#2の方が私よりはるかにゼクシオの恩恵を享受できてるようでした。
そしてVG3については「ヘッド軽すぎ・・」で反応はいま一つ。あらら!?
すかさず手持ちの915D2のヘッドとシャフトを各々スワップ。
つまり、
・915D2+Speeder569 EVO4(S)
・VG3(2018)+TourAD BB5(S)
の2本が即席で組み上げられたわけだけど、前者の方が断然好みだったみたい。
後者はやっぱりわかりやすくH/Sが上がったのだが振り感がやっぱりどうも。。
だったようだが、今後もそれぞれの組み合わせで試すのだそうだ。
あーこりゃこりゃ。

にしても、ゼクシオ様。
実はこれまで自分は一度も打った(振った)ことがなく、今回が初体験でした。
セブンもなければエイトもナインももちろんなし。
初のゼクシオが今回の10(テン)だったけれど、まさしく衝撃でした。
9.5度(リアルロフトはもっとあるんでしょうけど)であんなに高く球が上がるのか。。
初速の違いってこんなに分かり易くでるのか。。とかとかね。
もうちょっと贅沢を言うなら、カスタムモデルのスピーダー569EVO4装着モデルが試打できたら
もっとよかったなー。

手前がゼクシオ10。奥はVG3。

なんて。
そんな手動さんも気がつけば齢五十の大台に突入です。(そりゃ平成だって30年なんだもの)
ゴルフは一向に上手くならないけれど、今後衰えゆく体力を思えば、
これらの軽くて高性能なドライバーは十分に使う価値あり。
そうつくずく痛感した次第です。

とりゃ!

禁断の・・・ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ