de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'レビューdeどお' (Page 4)

たそがれの通り


とりとめなく。
どうして地上波民放はどこも(テレ東を除いて?)16時からずっとニュース・・
のような情報番組のような、なんだかなーな感じの・・・
番組ばかりなのでしょうか。などと先日(平日)部屋にいて思いました。
何か面白いのやってないのー?
なんてテレビの番組表を見てみたけれど驚きの横並び感。
とは言え自分の若かりし頃じゃあるまいし、今更アニメや時代劇の再放送なんて誰が見るんだ。
って話なんだろうし、だいたいテレビなんてもう誰も見ないよってな時代なのでありませう。

で。ちょっと所要ありまして今年の初室蘭です。
思いのほか暖かで助かりました。

久々のむろさんくす=室蘭Thanks.=むろさん、くすっ・・。でした。
2年ぶりの再会。色々と互いの近況を語りあい楽しいひとときを過ごせました。
そんなせっかくの再会なれど、わたしは前日の飲み過ぎが祟りわずか生ビール1杯だけ。
(あとはひたすらウーロン茶・・・泣)
次回またゆっくりやりましょう。昨今はむろさんも色々忙しく大変そうだったけど、
わたしの方もたくさん愚痴聞いてもらっちゃって助かった。どーもでした。

唐突に中島某所にてぼんやりと。

中通りでたそがれてみた

知人が買い物に行ったのでそれを待ちながら。
中通り(少々めんどくさく言うなら道道919号でしょうか・・・)のコンビニの
ベンチに腰をおろしてぼんやりと通りを眺めておりました。
拡張後のこの美しくなった通りも、もう何年も見てるのだけどまだどうにもピンと参りません。
いつ来てもなんだか知らない通りな気がしてしまって。。
ベンチに腰をおろし黄昏ゆく空を見ては、自分の黄昏!?にも思いがいたったりして、
あー久々に飲みすぎたわぁ。
などと、どっぷりアンニュイ感が身体中にまとわりついておったのでした。

さてさて今年の北海道初ラウンドです。
此度は伊達CC。3年ぶり?2度目です。
ここは思いだすのも辛い・・・それはそれは悲しみ深き思い出のコース。
なのだけど色々あって行ってきました。
平日の午前だったこともあり、すいすいすいと快適ラウンド。
スコアは、おいおいおいっと99。
最後のPAR5のパーパットは冷や冷やものでしたがどうにか捻じ込んで100叩き回避。
御同伴いただきました皆さまには心から感謝。
ラウンド後のシーフードカレーもなかなか美味しく合せて感謝。

ふと気付けばマスターズが開幕。
いやはや、時の経つのは早い、早過ぎです。もうマスターズ。
ってか桜が散りはじめてるじゃないの。

[マスターズ]
初日。松山英樹は-1。13位Tとまずまずの好スタート。
期待のジェイソン・デイも・・・あららっとイーブンパーは21位T。
あれれ?朝テレビでちらっと見たときには-5くらいまでにいってたぞ。
と思ったら最後の4ホールで5つ落としちゃったみたい。
なるほど、さすがは難攻不落のオーガスタ。わからんね。
ちなみにベルンハルト・ランガーも同じく21位Tで素晴らしい。
-6と絶好のスタートをきったのがジョーダン・スピースで単独首位。
すごいね。オーガスタの申し子!?タイガー以来の連覇いっちゃうでしょうか。
トム・ワトソン先生。+2は43位Tでいやはやご立派です。
どうした!?ファウラーは+8の81位T。まさか同伴のアマチュア(中国の選手)より叩くとは。
何にせよ、何が起こるかわからないのがマスターズ。残り3日も楽しみです。

先々週を駆け足で。
[プエルトリコOP]
3日目終わって首位にはイアン・ポールター。だったけど。
終わってみれば優勝はトニー・フィナウ。滅茶苦茶飛ばすヒトですね。
スティーブ・マリーノとのPOを制したみたい。

[WGC-デル・マッチプレー選手権]
ジェイソン・デイが圧巻の優勝。
マッチはこれで2度目の優勝です。とっても素晴らしい。
決勝はウーストハイゼンとでしたが、準決勝でマキロイを下した時点で既に勝負あり?
デイが終始圧倒しまくって終わりました。
3月のPGAツアーは、アダム・スコット2勝、デイ2勝で、豪州勢が席巻したのでありました。

[KIAクラシック]
リディア・コが優勝。今季初勝利。そして翌週も勝っちゃうわけだけど。
宮里藍が単独3位でお見事です。野村16位T、横峯60位T。

そして先週も駆け足で。
[ヤマハレディースOP葛城]
優勝はイ・チヒ。これで国内ツアーも通算20勝の大台に。
そのお陰!?かは知りませんがこの優勝で地元韓国ツアーの永久シードが付与されたそうで。
にしても。毎度思うけど本当に美しいスイングの持ち主です。
変な力みは一切感じられず身体を自然に回す、まさに私にとっての理想的なスイング。
身長も高くてシルエットも素晴らしい。プレーも小気味よくアプローチやパットも
決めてしまえばすぐに始動しはじめてリズムも宜しい。
いやはや、このヒト昔から好きなのよね。
で2位には毎度の申さん。こちらは対称的にやや時間をかけるタイプ。
ちょっとテレビで見るには?な感じです。
そして3位Tにユン・チェヨン。この人はヤマハ招待選手で国内は2回目だったそうだけど、
綺麗な顔立ちで可愛らしいヒトですね。
もう一人の3位Tはディフェンディング王者の渡邊彩香。残念ながら一歩及ばず。
でもさすがでありました。

[ANA INSPIRATION]
前週勝ったと思ったら連勝しちゃった。それもメジャー。
優勝はリディア・コ。いやはやとんでもない強さ。これでメジャー2勝目。
3日目を5位Tで終えた宮里藍でしたが残念ながら最終日は18位T。でも大善戦でした。
野村26位T。大山36位T。

[シェル・ヒューストンOP]
優勝はジム・ハーマン(37歳)。ツアー初優勝だそうでおめでとうございます。
2位にはヘンリック・ステンソン。3位にはダスティン・ジョンソン。

[ミシシッピ・ゴルフリゾート・クラシック]
こちらはチャンピオンズツアー。
おお、ミゲル・アンヘル・ヒメネス翁が見事に優勝でツアー通算3勝目。
2位にはスコット・ダンラップ。3位Tにはマガート、パーニスJr.など。
ランガー先生もしっかりちゃっかり6位Tでフィニッシュ。

エスコルチア。3月末の頃です。

3月末のエスコルチア

いやー、かわいいっす。

で、ちょっと早いけど【桜花賞】っす。
◎ ジュエラー
○ シンハライト
▲ ラベンダーヴァレイ
△ ソルヴェイグ
△ メジャーエンブレム
△ レッドアヴァンセ

脈絡なく此度の北海道のお伴です。

(161)BEST OF WANDS HISTORY / WANDS
いつぞや中古で買ったCDです。
オープニングの「世界が終るまでは・・・」から唸っちゃいました。
「Secret Night ~It’s My Treat~」までは分かりましたがその後はもう分からず。
「錆びついたマシンガン・・云々」なんかは既にVoすら違うのでしょうけど、
にしても声質も歌い方も(ビブラートのかけかたも)よく似てますね。
この中で一番すきなのは「Jumpin’ Jack Boy」ですが、
久々に「恋せよ乙女」なんてのを聴いてみてこれもこれでなかなかの名曲やなー。
などとこちらにも唸ってみたりしたのでした。

(162)Greatest Hits / ベリンダ・カーライル
大好きなベリンダ。ご存知元ゴーゴーズのベリンダ様です。
こちらも「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」から唸りまくりました。
こちらも久々に聴いたけれど、いやはやたまらんね。

も一回エスコルチア。それから約一週間が経過。

4月初旬のエスコルチア

いやー、やっぱりかわいいっす。

たそがれの通り はコメントを受け付けていません。

ミステリー


【高松宮記念】
だったのだね。今日は。
まるで知らないでいて、直前で気付いてちょろっと買ったわけだけど、
そしたらやっぱりはずれました。でへへ
勝ったのはビッグアーサー(福永)。2着ミッキーアイル(松山)。

打ちっぱなしに行ったのです。
90分打ち放題。昨今の課題であるところのUTをたっぷり打ちこんでみました。
UTをウッドっぽく打とうとする癖がついてたようでその修正に取り組んでます。
とりあえず右足の爪先をクローズ気味――
やや八の字に開いてたのを右だけ爪先が真正面を向くように閉じただけ。
つまり腰が捻転をし過ぎないようにしたってわけ。それだけのこと。
そうすっと効果てきめんで、巻き巻きフックが抑制されていい感じにストレート化しました。
とは言え、滑りの良い練習マットの上でのこと。
わずかなダフリも禁物なのでまだまだやな・・・と思った次第。
(主に190Ydくらいのパー3でのティーショットを想定)
うりゃ。

で。軽く汗をかいて練習終了。
そうしたらその日はMYSTERY(和宏エンタープライズ)さんが試打会をやっていて、
どうぞどうぞ、と言ってくれました。
こちらは所謂、大阪の地クラブメーカーだったかと思いますが、雑誌なんかでもよく見るし、
興味もなくはなかったので、じゃあすんまへん。とちょっと打たせてもらったよ。

アイアンはMC-11ってマッスルから。
シャフトがMODUSの130か何かだったみたいであたしには重くて。。3球かそこらでギブ。
次に913なるハーフキャビティ。
シャフトも普段使ってるMODUS120だったこともあってとってもよかったです。
柔らかいインパクト、操作性もよさげ。見た目ほど難しくはなく幸せ系!?のアイアンでした。

ユーティリティ。
C-HT811。カタログにも記載の通りでまったく癖のない(バルジが抑えられた)フェース。
構えやすいんだわ、これ。
営業さんの推奨によりシャフトはスチール(KBSのなんか?)でした。
おお、いいじゃん。いいなー。そう思いましたよ。
KBSはアイアンだとなんだかなーな私ですが、UTだとあり?
ってかKBSの何シリーズか聞いておけばよかったわ。
引き続きC-HT911。こちらはフルチタンのUT。
お尻がもこっと盛り上がっていて見るからに優しそう。打ったらその通りで扱い易かった。
シャフトはオリジナル?FSPのHB55のSでした。少し軽かったけどむしろ力まず振りきれていい感じ。

んでFW。
C-HT511。これもフルチタン?
シャフトはおそらくMX-FW(やっぱりFSP)だったかと思われます。
これは悪い病気の巻き巻きフックですぐにギブ。
(爪先を少し開くとこんなことになる)
打感は弾きのいい爽快感。違うシャフトで打ってみたかったです。

最後にドライバー。
なのだが、実は何を打たせてもらったのかがまったくわかってないのだす。。とほほ
たぶんC-445のHi-ImpactかTourLimitedか、
恐らくそのどっちかじゃなかろうかと思うんだけど。
とりあえず、RegioF-MB(金色)がささってたのがあったのでいつものつもりで
「じゃあそれで」
と手にしてみたら、これがTYPE-65でまるでダメ。
あたしの非力と、タメのなさでは右抜けまくり。
じゃあこっちは。。と取り替えてもらったのがRegioF-M(赤)。
こっちはは走り系だったでしょうか。打つのは初めて。
一球目。シャフトの特性に素直に反応してしまったのか見事にだふってトホホ。
私にはありがちな現象で、手元が硬いとトクダウンしちゃってけっこうやるヘボ。
もう一回挑戦。今度は見事につかまりました。こっちならTYPE-65でも何とかOK。
ってかシャフトの試打させてもらってんじゃないんだから。。
最後は。
横で見ていたMゴルフ(この試打会を主催してる工房さん)のY氏
――以前何度かリシャフトお願いしたことのある腕利きクラフトマンな方
が「こっちは?」と奨めてくれたのが PLATINUM SpeederのSPD6(S?)。
こちらがドンピシャで、見事につかまってノーストレスで素晴らしい。
非常に滑らかなしなり。打ち易かったですわ。
ってわけでやっぱりシャフトの試打になってしまいました。
まぁ何れにせよ。シャフトがどうであれヘッド単体の性能がよかったのは確か。
(ということで)

ミステリーさん、ありがとうございました。

[プエルトリコOP]
最終Rがぼちぼち始まった頃でしょうか。
3日目終わって首位にはイアン・ポールター。
考えてみたらポールターがこっちってのもどうかと思うけど、
彼はマッチプレー巧者だからWGCの方に出て頂きたいところです。
2位Tにはジョナサン・バード、スティーブ・マリーノ、トニー・フィナウ。

[WGC-デル・マッチプレー選手権]
4日目、ウーストハイゼンにスピースが負けました。ありゃりゃ
マキロイはザックなジョンソンを下し、デイはスネデカーを撃破。
んで準々決勝。ウーストハイゼンはダスティンなジョンソンを下し、
ダークホース?ラファエル・カブレラ-ベロはR・ムーアを撃破。いいね。
デイはケプカを下して、マキロイはカークを破りました。
最終日がまことに楽しみ。
引き続きSRIXONのキャップが目立ちます。シリーズ?
その後、また気付いたところでは、
J.B・ホームズ
アニリバン・ラヒリ
なんかもスリっておりました。(ラヒリは正面がHeroでSRIXONは横ですが)

[KIAクラシック]
3日目終わって首位にはリディア・コ。野村7位T。宮里藍15位T。

[アクサレディス]
今週こそ勝つかな。勝ちました。キム・ハヌル。
お姉さんが初優勝をとげた大会で堀琴音は3位Tフィニッシュ。よかったよかった。

タイトルにミステリーと書いてみて。
昔、高校時分の頃。友人からある曲に歌詞(歌メロ)をつけてくれと頼まれて、
「MYSTERY」というタイトルで詞をつけたことがありました。
その友人のバンドはその曲でヤマハのコンテストに出場したんだと思うけど、
何とかって賞をもらってたんじゃなかろうか。(その友人はギター上手いのだ、とても)
と思われます。なつかしい・・・
つい思い出しました。

ミステリー はコメントを受け付けていません。

永久保証のてのひら

2月 3rd, 2016 Posted in レビューdeどお Tags: ,

マメは買ってきましたか?
年の数だけ豆を食べるといい。なんて言うけれど・・
毎日納豆食べてるんであたしゃそこまではいたしませんが。

で。
最近はめっきりCDの購入も減り・・
ってかダウンロードで配信全盛のこのご時世にあってまだCDかよ。
って話だけどまだCDなのだ。いーのいーの。

そんな中。最近のお気に入りはこちら。

最近聞くのは

左が
(158)いつかきっと / ナオト・インティライミ
で右は
(159)トリセツ / 西野カナ

いい曲だよね。ってかすごい曲だ。「トリセツ」って。
もう去年のことだけど、仕事で車を運転してたらラジオから流れてきたこの曲。
聞くともなく傾けた耳に飛び込んでくるその歌詞にすかさず感動。
ぐっときたのと同時にちょっとぞっとしたりもしたけれど、まぁとにかく。

♪ずっと大切にしてね。永久保証の私だから・・・♪

そうですそうです。大事にしなけりゃいけませんわね。
何にせよちょっと衝撃的ですらあるけど、今もちょくちょく聞いております。
是非カラオケでもチャレンジしたいわ。
とにかく Kana Nishino さんは天才作詞家だと思うわけです。

んで「いつかきっと」です。
こちらはこの曲が目当てじゃなくカップリングの「てのひら」が聞きたくて。
東京新聞のCM(ところが変われば中日新聞のCM?)で流れていて、
サビがどうにも耳に残っちゃってまんまとしてやられた!?わけです。
なんか槇原敬之を若返り!?させた風に聞こえるんだけど他の曲を知らないのでたまたまかな。
とにかくいい感じの曲。関係ないけどナオトさん。愛嬌溢れる可愛い顔してますな。
(ってアルバムジャケットが帯で隠れちゃってるよ)

♪未来を握りしめたこのてのひら・・高く高く空にかかげる。
 昨日より強くなれた気がして。想いのしわが今日も刻まれていくよ~♪

さてさて唐突なれど。

創作どら焼き

de-do#2の創作料理(ってか創作菓子)!?
ある日の夜「どら焼き食べる?」と聞いてきたから「食べる!」と即答。
(どら焼きって子供の頃からの大好物よ)
そしたらさささっとホットケーキを焼いてくれて、残ってた餡子(別でつかって残ってた大納言)
をちゃちゃちゃっとケーキに挟んでパタンと折ったら、はい。完成。
何事もアドリブを得意とするde-do#2的な至高の一品。もちろん美味かったです。

というようなフライング気味のバレンタインケーキ(!?)もいただいたのでそのお返しを。。
ってわけでもないけれど、普段お世話になってる御礼もかねて何かプレゼントでも。
などと殊勝なことを思い立ったので、ふらり一人でアウトレットへ行ってみた。

アウトレットです

けしてジャーナルスタンダードさんが目当てってわけじゃないんだけどちょいと撮ってみた。
もちろんジャーナルも覗いたし自分の趣味でマンシング/ルコック(デサント)やらAIGLEやらと
色々物色してみたのだが「かっこいい!」と思うのはやはりどれも予算上限を軽くオーバーしちゃから
諦めてもう帰ろっかなー。と思ったその刹那。
目に入ったのが「DENHAM」というショップ。ロゴのハサミがちょっと気になって。
なかなかお洒落な逸品ぞろい。特にデニムがかっけーっす。(ってかそういう店なんでしょうね)
オランダ発とからしいけど、衣類にほとんど興味をもてなくなったあたしのような輩には
そのへんのことはさっぱり存知まへんわ。
まぁとにかく。やっとこれなら。というニットに出会えたから買って帰りました。
(もちろんde-do#2に、です)
サイズが欧州風の規格なのか、XXSとかXSとか何だか今一つピンとこなかったけど、
店員のお兄さんに背格好等データを伝え色々相談した結果、
女性のM相当はこのへんか?ってことになって手を打ちました。
ぱん!ぱん!

(160)amore / 米倉利紀
何ともおなつかしい作品。1995年の発売とあるからもう20年前か。いやはや。
あたしゃいっときこのヒトがとっても好きで・・
「きっとできない じっとしない」や「強情なくちびる」のころ
・・よく聞いてたのですわ。
特に「adesso」というアルバムのオープニング「なんてことだ!!」がすんげー大好きで。
という時期がありつつその流れで買ったアルバム。
久々に引っ張り出して聞いたけどまるで古めかしさを感じません。
「すべての微笑みで」という曲ではKATSUMIが作詞を担当していて何とも時代を感じますわ。。

そんな大好きだった米倉利紀だけどその後はとんと聞いてまへん。
最近はどうなんでしょう・・・
などと久々に聞きたくなって最新作を調べたら、ななな何と。
「switch」というアルバムが本日節分に発売!!だそうです。

Come on in. 福!!

永久保証のてのひら はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ