de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '最近のできごと' (Page 3)

ほくりく

2月 5th, 2018 Posted in 最近のできごと Tags: ,

毎日寒いっす。
寒いんだけど、そんな先日のこと。
ふと行ってみたのが石川県は金沢。
金沢が「ふと」行くような距離感なのか!?と問われればそこはまぁヒトそれぞれ。

de-do#2が「金沢に行きたい」と言ったので「はぁ・・」と行ってみた。
にしても、どうしてまたこんな冬に。
と思ったりもしたけれど、それはつまり冬じゃなければダメなのだ、ということだから
「ああ、そうかい」とお伴してみた次第です。

降り立ったのは北陸新幹線の金沢駅。

鼓門(つづみもん)とか言うらしいけど何やらすげーです。
北陸新幹線に乗ったのは今回が初めて。
ってか新幹線自体が(九州で一瞬乗ったのを除けば)もう随分と久しぶりだったりするのだ。
飛行機と車移動が専らと化してしまった昨今のわたしには、
二時間半の電車乗りっぱなしはちと長い。
だいたいにしてゴルフを絡めない純粋な観光っていったいいつ以来なのだ!?

てな戯言はともかく。駅からタクって最初に向かったのは兼六園です。

問答無用の兼六園です。

ここは偕楽園(水戸)、後楽園(岡山)と並ぶ日本三名園とかなんでしたっけ。
わたしはどれも行ったことがなかったので、齢50直前にしてやっと名園1/3クリア。

と言っても園は園。庭は庭。さほど見るところもなく(自分が興味なかっただけ)
そそくさ美術館側方面へ。
と思ったのだが、その建物を見て行き先を変更。

県立の歴史博物館。なんともしぶい建物。
昔は兵器庫だったんだそうだけど。
何にせよここは静かでいい。休憩室もきれいなガラス張りでくつろげました。

その後再びぶらぶらと。
坂を下って香林坊へ出て出鱈目に歩いてたら木倉町に。。

いやはや、これはこれは何とも味わい深いいい感じの通り。
時間があればここらへんでちょっと飲んでみたかったかも。

その後も適当に歩いて、長町は武家屋敷通りに出ちゃった。

この日は天気も良く歩くのも楽ちんでした。
なんつって、久々に歩いたらまんまと膝が痛くなったりしたが。

その後もぶらりぶらりと歩きつつ大きな通りに出たら武蔵ヶ辻?黒門小路。
この日のお宿はホテル日航金沢。
駅にも程近いのでバスかタクシーで戻るつもりだったのが、
いつしかホテルも遠くに見えて結局ずっと歩き通しで戻って来ちゃったのだ。

ホテル客室から臨む日本海。まことに素晴らしい景観です。

と、日本海と言えば・・。
思うに。自分が新潟と福岡の間の、日本海沿いのどこかの町って。。
この金沢がたぶん初めてだったのかも。
などと詮無いことを思いつつ、はて。明日はいずこ。

そんなことすらわかってなかったりする私は、本当にただついて来ただけのヒト。。
でへぇ

ほくりく はコメントを受け付けていません。

ビオスの丘の囁き


慌しくあちらこちらを行ったり来たりの昨今だったけどフィナーレは沖縄。
主な用事は知人の結婚式にお呼ばれされて。だったのだが、
まぁそれはほとんどついでみたいなもので「じゃあついでに」とちらほら観光。
いやはやくたびれました。

どこかのビーチで戯れてるお子様。

たぶんリザンシーパーク(谷茶)のビーチ。
誰のお子さんかは存じませぬ。

そんな沖縄だけど。
はて。。最後に訪れたのは一体いつだったろうか。
思えば20代から30代にかけての若かりし時分は、ほぼ毎年遊びにお邪魔しておりまして。
ってか、ただひたすら海を見ちゃオリオンビールをぐびぐびやって、だらだらするだけ。
そういう意味では遊んですらなかったのだが。
と。数えてみれば恐らくもう7~8回目の沖縄じゃないかと思われるのです。

まったくの思いつきで立ち寄った「ビオスの丘」です。

いくつか観光したけれど、ここが一番面白かったです。
園内の池を遊覧船で回れるのだが、そのガイドの語りのまた面白いこと。
一々皮肉っぽくてかなりクール。イケておりました。
私はああいうのが(自分がそういうヤツなので)大好き。
それはともかく、写真はその遊覧時に池のほとりで踊っておられた女性。
ガイドの話によれば、ここは「テンペスト」(仲間由紀恵が主演したドラマ)
の撮影にも使われたところだそうだから、そのドラマのイメージなんでしょうか。

[ヒーローワールドチャレンジ]
松山英樹の圧勝で幕を閉じた前回大会から早いものでもう一年が経ちました。
そりゃもう師走ですものね。(はぇー)
今更ながら昨秋からの松山英樹の快進撃はまさに圧巻でありましたな。
なとと、それを思うにつけトーマスとケプカってば天敵かよー。
と思っちゃうくらい、彼の勝利をいくつも阻み続けてくれちゃって、
こういうのがまさに良きライバル関係ってことなのでしょう。(ホントか)

んで優勝はリッキー・ファウラー。やたー。
最終日はスタートから怒涛の7連続バーディーで前半だけで8バーディー。
後半も3つ伸ばして終わってみれば「61」。いやはや見事な逆転優勝でありました。
(ってか「黄金のラフ」じゃないんだから・・)
このヒトの、あの何とも簡単そうに見えてしまうほどの潔いパッティングに毎度しびれます。
2位にはチャーリー・ホフマン。
3日目が終わった時点では(優勝は)余裕でコイツだろ。とか思ってたのだが。
なんでもこのヒトは3日目終了時に首位にいると、なぜか勝てない(と内藤雄士が解説してた)
のだそうで、どうにも逃げ切りベタなヒトらしい。
言われてみれば、確かにひっくり返されてるシーンが多いかも。

そしてそして9位Tにはタイガー・ウッズでよしよしよし。
四日間よくぞ無事に・・・というか、随所にマン振りなんかも見られたりして
昨年のこの大会時よか、よっぽどいい感じに見えました。
アプローチもずいぶん普通になったしアイアンショットは相変わらずピン刺しまくりで。
ドライバーだって楽々300Yd以上は飛ばしておりました。
今年は何試合出てくれるのかわからんけれど、やっぱりメジャーには出てほしい。
特にやっぱりマスターズには出て頂きたいっす。

と、そんなタイガーと言えば。。
悪癖の骨董品収集!?が過ぎちゃってこんなものを調達したのでした。

NIKEはTWフォージドウェッジ!

発売されたのは2004年とからしいから、それはそれは大昔の代物。
しかしながら程度もなかなかによく、調達後そそくさとリシャフト。
余ってたMODUS125を挿してみたのだが、まぁ可も不可もなく。。
またしてもコレクションが増殖してしまったという詮無い話。

沖縄観光名所をもう一個。

辺戸岬。
わたしは昔からここが大好きで大好きで大好きなのだ。
何故だか知らんけど、ここで浴びる突風と断崖からの景観がとっても好きなのです。

ビオスの丘の囁き はコメントを受け付けていません。

不思議な・・


・・コマーシャルのこと。
明日海りお(宝塚の女優さん)が出てるCMなのだが。
歌も踊りもかっこいいのだが、だからと言ってそれは何についてのCMなのかがさっぱりわからず
見るたびに「うーむ。。不思議・・」と思っちゃう。
そんなCMだけど私が見るのは「三井住友VISA太平洋マスターズ」の中継だけでのことで、
何やら年に一度の風物詩!?と化しつつありますわ。

で。
先日室蘭に行ってきました。の続き。

登別はクマ牧場(クマ山)を訪れた際の写真から
くったらこ(倶多楽湖)

あいにくの曇り空。その美しさはややわかり辛いのだが。
白老にあるこのカルデラ湖である湖は、摩周湖に次ぐ透明度の高さで有名(なのかな)。
ちなみに摩周湖の透明度は、世界でもバイカル湖に次ぐもので世界2位なんだそうな。
と、そんな倶多楽湖。栄養に乏しい湖でほとんど生物は生息してなかったそうだけど
支笏湖などからヒメマスが移植され以降も養殖されてるそうです。
ほほぉ

クマ山からの下山途中。
ロープウェーから、行きかう(上ってくる)ロープウェーを。。

この時の登別温泉周辺は、紅葉がまことに美しく絶景の連続でございました。

唐突ですが。これ何でしょうか。

上から見ると・・

水どりでした(種類は知らん)。
こちらは、サケのふるさと千歳水族館からの写真でした。

と。そんなしばしの北海道滞在の翌週は九州。
やっぱり唐突だけど、その後の福岡現地セットです。

バッグの中は。。
DR TourBURNER TP with ATTAS4U(6S) 9.5度
#3w BURNER 2008 Fw(ツアーロフト) with ATTAS4U(6S) 13.5度
#3w BURNER 2008 Fw(ノーマルロフト) with 純正RE*AX SUPERFAST(SR) 15度
#2UT BURNER 2008Rescue with Aldila TOURRED75HY(R) 17度
#5 Callaway Xhot with XP95(S200)
#5~PW TaylorMade 200steel with GS95(S200)
GW Callaway Callaway MACKDADDY2 with NS-WV105 47度
AW Callaway Callaway MACKDADDY2 with NS-WV115 52度
LW Callaway Callaway MACKDADDY2 with NS-WV115 60度

大した代り映えもあるわけもなく。。
FWはどっちを使おうかと比較の意味もあって練習場へ2本持参。
(結局ツアーロフトの方を選んだのですが)
あと、ウェッジは以前から現地セットに置いていたVokeyだったけど、
今回それらに変わってマックダディ2.
キャロウェイも一度使ってみたいなーというちょっとした願望もありまして。
シャフトは以前そのVokeyに挿してた日本シャフトのWV105/115を
そっくりそのままMD2たちに挿しかえてみた次第。
フィーリングは・・まぁまぁでしょうか。
まぁ慣れってものもありますからね。

ちなみにこの翌日はちょっとしたコンペがありまして(台風がかすめた直後)実戦初投入。
場所は毎度の司菊水GCさん。今年はもう2度目。
そんなマックダディの活躍を期待しつつ、ではあったけどそうそう上手くいくわけもなく。
アプローチがまるでダメ。さっぱりダメ。
それより何よりアイアンはもっとダメでいやはやまいった。
100を切るのがやっとの大苦戦。あー下手糞!

にしてもアイアンはかなりショックでした。
「え!?軽い・・」。
調子こそ、NS950に比べればよほど振り易いのだが何だか軽く感じちゃって。
少なくともこっちのGS95は、これまでも年に何度か使っていて、とってもいい感じで打ててたから。
今年の室蘭での現地セット(NS950のコバートフォージド)がまるで打てなかった問題と相まって
なかなかのショックでありました。

いやはや、ゴルフ(道具)って難しい。。

不思議な・・ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ