de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '最近のできごと' (Page 3)

むろさんくす~2016(前編)


ホントにひどい台風だったんすね。。
ということを実際に北海道を訪れてみて痛感した次第。
とかとか思ってたその矢先、今度は稚内や利尻なんかでも凄い大雨なんでしたっけ。
何だかたまんないですね。。なんなんでしょ、いったい。
乾く暇もなく雨、雨、雨。いやはや。
とにかく、くれぐれもご注意いただきたいです。

てなわけで。
週末をまたぎつつ、またまたちょこっと行ってまいりましたよ@室蘭City。
此度もちょっとしたお仕事に絡めつつ圧倒的な私用・・・飲んでばっかりでしたけど。

[フジサンケイクラシック]
最終日は中継も見ておらず(自分もゴルフしてたから)結果だけあとで知ったわけだけど。
どうにかこうにか2位Tを死守したんですね、石川遼は。お見事お見事。
最終日はスタートでいきなりのボギー発進。どうなることかと思ってたわけだけど、
(スタートから数ホールだけホテルでチラ見してたのでした)
どうにか粘り抜いたのですね。よしよしよし。
優勝はチョ・ミンギョ(ミンギュ?)。ツアー初勝利。
タイトリストな彼は、ドライバーが新モデルの917D2だったみたいです。

[ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント]
いやー。やっと勝ってくれました!穴井詩。あないらら。
スポンサーが主催する大会での見事なツアー初優勝。よしよしよし。
申ジエ(2位)、イ・ボミ(3位)をよくぞ振り切りました。
そんな国内女子ですが、今週末はメジャーの日本女子プロ(コニカミノルタ杯)。
舞台は、あの(室蘭至近の!?)登別カントリー倶楽部。
今週ははるばる観戦に行く方もそうでしょうが、選手やツアー関係者などで
室蘭や登別のホテルは予約でいっぱいなんじゃなかろうか・・・なんて思うけど。
さて、そんな登別CCですが、手動は昨年初めてこのコースを訪れたのでした。
メジャー開催ということもあって、早々にコース改修に着手しておりましたっけ。
テレビ観戦は少々残念だけど、あのコースが映し出されるのは楽しみです。

[ドイツバンク選手権]
飲んでは寝過ごして。。という怠惰な週末・週明けだった手動。
テレビ中継なぞまるで見ることすらできなかったわけだけど、まぁともかく。
終わってみれば優勝はローリー・マキロイでややびっくり。おお、久々やね。
こういうヒトが「やっぱり強い」ってことを主張しれくれると楽しめますな。
2位にはポール・ケイシー。勝てば7シーズンぶり(2勝目)とかだったらしいけど残念。
3位ジミー・ウォーカー。4位アダム・スコット。
5位Tにはポイント首位のP・リードとJ・ハーン。そしてファビアン・ゴメス。
ゴメスと言いグリージョと言いアルゼンチン選手は引き続き大活躍中。
松山英樹はデイなどと並んでの15位T。次戦のBMWの結果を待たずに最終戦出場が確定。
3年連続のツアーファイナリストだなんて、お見事に過ぎますな。

[オメガ・ヨーロピアン・マスターズ]
優勝はアレクサンダー・ノレン。テレビ中継ではアレックス・ノーレンってな表記でしょうか。
まぁともかく。ノレンは今季2勝目にして通算6勝目。実は(?)強いのだ。
2位にはPOで敗れたスコット・ヘンド。
3位には全英ではBEEFとしてにわかに注目を浴びたアンドリュー・ジョンストン。
そして、いぶし銀のリー・ウェストウッドが4位Tで何やら久々。

[マニュライフLPGAクラシック]
優勝はキャロライン・マッソン(ドイツ)。米LPGAでは初勝利でしょうか。
2位にはミンジー・リー、イ・ミヒャン、カリン・イシェールの3名。
アリヤ・ジュタヌガーン、リディア・コ、スーザン・ペターセンなどが5位T。
宮里美香26位T。宮里藍70位。

[ショーチャリティクラシック]
カルロス・フランコがツアー初優勝。パラグアイのヒトらしいけど知りませなんだ。
2位Tにはやっぱり!?なランガー先生。今年の賞金王もこのヒトで間違いなさそうね。
もう一人の2位Tはマイケル・アレン。
トム・ワトソンは26位T。最終日が67歳の誕生日だったというワトソン先生だけど、
見事に67でまわったそうであっさりエージシュート達成。
と思ったら初日(まだ66歳?)にも65でまわってたようで2度びっくり。いやはや。

[アルファクラブCUP・シニアオープン]
こちらは国内シニア。ファンケルに続き室田さんが優勝。今季2勝目。
2位には鈴木亨。3位田村尚之。うーん・・・早く勝ってほしいっす。
4位Tには友利、白浜、崎山、米山の4選手。
今週のコマツオープンも楽しみだったりします。

さてさて。そんなのらりくらりのまったり室蘭滞在だったわけだけど、
久々にお邪魔したのは室蘭ゴルフ倶楽部の白鳥コース。
運営元がかわってからは初めてのラウンドです。

台風の爪後はこんな風に刻まれてたのでした。

白鳥スタートホール手前の枝は折れまくり

スタートホール手前の通路沿い。凄い枝の折れっぷり・・です。

こちらはどこかのホールのティーボックスから。

白鳥コース遠くにうっすらと風車

遠くにうっすら風車が見えます。何気にあの風車はターゲットにも最適!?

そしてかわいそうな倒木です。

白鳥後半どこかのホールの倒木

桜の木、でしょうか。
にしても遠くの空が幻想的で素敵。ある意味室蘭らしい色とも言えます。

で。そんなこんなの此度の手動クラブセッティング。

此度のクラブセッティング@白鳥

知人宅に置きっぱの現地常備セット。
せいぜい年に3~4ラウンドくらいしか使わないので、普段使わないものの寄せ集め風!?
まぁね。どうせ下手だから何使っても大差はないんだけど・・・でも。でもね。
アイアンのNS950GH(S)は、さすがにいまのわたしにはどうにも辛いのです。
全然タイミングが合いまへん。。

DR TOUR BURNER(2008) with 純正RE*AX SuperFastのR 10.5度
FW Vスチール(2008?) #3w with N.S.GT600FW(S) 15度
FW SQ2マッハスピード #5w with N.S.GT600FW(S) 19度
#3 VR_S Covert2.0 forged(US) 20度
#4 VR_S Covert2.0 forged(US) 22度
#5~PW・AW VR_S Covert2.0 forged with 純正N.S.PRO 950GH(S)
AW VR forged with 純正N.S.PRO 950GH(S) 50度
SW VR forged with 純正N.S.PRO 950GH(S) 56度
PT METHOD MIDNIGHT 007

Burnerは安定感抜群。今回もよく飛んでおりました。
(さすがに純正シャフトが柔らかくてややフック気味だったけれど)
意表をついて?さらにいい感じだったのがSQ2。
後半は谷越えのパー3。180ydちょっとかそこらだったかな。
ピン横にぴたりとナイスオン。もちろんパー奪取。
ってかこの日の最初で最後の唯一のパーでかえって悲しいわ。
そんな有様だからして、久々の白鳥ではあったけどまたしても100叩き。

でも久しぶりに回ってみて改めて思いましたよ。
やっぱりこのコースは素晴らしいなー。と心から。
本当にいいコース。広くて難しくて綺麗でやっぱり難しくって・・・。
そして歩きのラウンドはやっぱり相当にしんどいなー。
てなことも再確認できた次第です。

むろさんくす~2016(前編) はコメントを受け付けていません。

史上最大の・・・


「・・侵略」
と言ったらウルトラセブンの最終回。
「・・作戦」
とくればジョン・ウェインやヘンリー・フォンダなんかが出演していた映画。

で、それが何!?と聞かれれば、いえいえ別に何でもねーのです。。という詮無い話。
なのだけど、あえて少々大袈裟に言うならば私のゴルフキャリアにおける
「・・・ヘボゴルフ」
とでもなりましょうか。

しばしの夏季休暇と多少の仕事を兼ねて再び九州は福岡へ上陸。
東京が37度になりそう!とか言ってたあたりの日。
「37度なんてまっぴらごめんだずぇ!」
なんつってそんな日の早朝に移動したわけだけど、辿り着いた福岡南西部はまるで普通に37度。
うへ・・・
周辺の佐賀や久留米じゃ38度か39度か、それくらいだっただろうか。。
まぁにかく「暑いんですけど。。」どころじゃねーのです。暑過ぎるんですけど。。
そんな灼熱の中、バカ手動はのこのことゴルフに行っちゃったのだ。
でへへへ

此度は熊本ではなく福岡空港から。
天神は西鉄福岡駅で乗り換え・・・。乗った車両は何故かワンピース仕様でありました。

西鉄のワンピーストレイン

ワンピーストレイン?
ところでこの彼はルフィってんでしょうか。全然わかっておりませんがご容赦を。

などと、間抜けなゴルフ話のその前に。
[リオ五輪]
いやー錦織くん。残念ながらマレーには勝てませなんだ。。
今日は何とかナダルに勝ってほしいです。
で、残念と言えばやっぱりわたし的には福原愛ちゃん。
強過ぎでしょ?あの準決勝の相手は。。
てなことはともかく、団体戦は頑張ってほしいです。
伊藤美誠でしたっけ。すごいよね、この選手の爆発力は。
年齢は福原愛の一回り下とからしいから何やら時代を感じますな。。

そして男子ゴルフは最終日。まもなく最終組もスタートでしょうか。
とりあえず首位にはジャスティン・ローズで-12。(3日目終了時点)
1打差2位にはやっぱり来た来た。ヘンリック・ステンソン。
3位には日本でもお馴染(でもない!?今年のパナソニックで2位T)のマーカス・フレーザー。
4位Tにはババ・ワトソン、エミリアーノ・グリージョ。(今年は世界各地で大活躍)
そしてスウェーデンのもう一人の代表デビッド・リングマース。
スウェーデンって強いね。
今日スコアを伸ばしてるベルント・ウィスバーガーもそこらへん。
以下、イロネン、ハリントン、クーチャー、ブルディ、そして今年大活躍のカブレラ-ベロ。
ベルギーの飛ばし屋トーマス・ピーターズやキラデク・アフィバーンラトなんかも伸ばしてますな。
改めてこうやって見てみるとそれなりに妥当な!?順位に思えてちょっと不思議。
ってかやっぱし。ふだん欧州ツアーを主戦場にしてる選手たちの適応力の高さが目立ちます。
そんな中、我らが池田勇太も伸ばしていて15~6位前後。
そしてそしてやっと目覚めた!?片山晋呉は今日5つ伸ばして現在55位Tあたりでフィニッシュ。
お疲れ様でした!

と、もう過ぎ去った先週のリザルトです。
[トラベラーズ選手権]
優勝はラッセル・ノックス。ツアー2勝目は今季2勝目。
でかーいパターだね。なんて思ったらやっぱりSeeMoreのFGP(ミニ・ジャイアント)。
シーモアパターの公式HPによれば日本未発売モデルながら9月初旬には国内入荷?だそうですわ。
いいね。シーモア。
2位にはジェリー・ケリー。49歳。お見事です。
そう。お見事と言えばそりゃやっぱり5位Tのジム・フューリックでしょ。
なななな…なんと。ツアーレコードの「58」。1イーグルに10バーディー。。いやはや絶句。
石川遼の中日クラウンズ(2010年)以来、58なんてスコアはもうお目にかかれないかも!?
なんて思ってたけど、過去に「59」のPGAタイ記録をだしたフューリック自らが更新してしまいました。
ふぁっふぁっふぁ

☆ラッセル・ノックス☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Cleveland クラシックXL 9.0
・Callaway ビッグバーサ #3w 16度
・Cleveland ランチャーFL #5w 19度
・Cleveland ランチャーDST UT 20.5度
・Cleveland マッシー UT 23.0度
・SRIXON Z545 #5
・SRIXON Z745 #6~#9
・Cleveland 588RTX2.0 48度
・Cleveland 588RTX  54度/60度
・Titleist ScottyCameron ツアーラットコンセプト2
・SRIXON Z-Star

トラベラーズでのDRはテーラーメイドのM2だったと思いますが
シャフトはALDILAのTOUR BLUE65(TX)のまま。
んでパターがSeeMoreのデカ頭。短いパッティングにとってもよさげ。
うりゃ

[ポール・ローリーマッチプレー]
スコットランドで行われたこの大会。
終わってみればベスト4の3名(ノレン以外)をイングランド勢が占めました。
決勝はアンソニー・ウォールとアレクサンダー・ノレンで41歳のウォールが優勝。
これがツアー2勝目?なんと16年ぶりの勝利?だったらしいからお見事です。
3位決定戦はジェームズ・モリソンとオリバー・フィッシャー。こちらはモリソンが勝利。

[meijiカップ]
今年も舞台は札幌国際カントリークラブ(島松コース)。
いいなー。北海道に行きたい!!
んで優勝はお約束のイ・ボミ。2位にもほぼお約束のハヌル。
いやはや、圧倒的強さのお二人でございます。
3位には鈴木愛。4位Tに渡邊彩香。堀琴音が14位T。
地元北海道の小祝さくらアマは43位Tでした。

[スリーエム選手権]
こちらはチャンピオンズツアー。
ミゲル・アンヘル・ヒメネス翁とジョー・デュラントのPOはデュラントが勝利。
ランガー先生はきっちりかっちり3位T。

てな次第で「史上最大のヘボごルフ」。悲しみは深すぎます。。

久しぶりにお邪魔したのは九州ゴルフ倶楽部小岱山コース。
たぶんこの日の最高気温は38度。そりゃもう・・スタート前にして汗ぼたぼた。
悲惨な物語は出だしの1番ホールのティーショットから。
ぐだぐだ言い訳はしませんが・・・ちょっとした肉体労働を数日行った直後のラウンド。
暑さももちろんあったけど筋肉痛が思いの外に己の身体の回転を抑制してしまっていたらしく。
(って、おもっきり言い訳してますな。わたしは)
なんと2連発OB。捻転不足にまるで返ろうとしない右腕。
ドライバーショットは物の見事なド級スライスでOBゾーンが待ち受ける右の斜面へ。
さすがに3度目の暫定球は、DRを諦めて仕方なくUTを持ったわけだけど、
まさかまさかのそれすらもド級スライス。。。(あぶなくOBしそうだったけど何とか残ってた)
なんじゃこりゃ。。。何が起きてるの!?
そんな意識朦朧と焦燥とうんざりの中、どうにかあがった1番は「13」。
13ですからね、13。
その後もティーショットは曲がりっぱなしで2番も「8」なら3番も「8」。
5番かどこかで焼け石に水バーディーはとるものの時すでに遅し。
前半だけで5つかそこらボールがなくなって後半でもさらに3つ。バカ。有り得ませんわ。
そんな悲惨なヘボゴルフは終ぞ修正されることなく前半60後半61で終了。
それはそれは悲しみ深いラウンドだったわけ。とほほほ
なんじゃそりゃ。
にしてもハーフだけでフューリックの18Hよか打っちゃってるんだもん。下手過ぎです。
ってか暑過ぎ。(でも同伴者はそれなりにラウンドしてたからやっぱり言い訳にならんよね)
そんなやってられんわ的な休憩に注文したのが天ざるそば。

小岱山のランチは天ざるそば

せっかくだから「南関そうめん」でもよかったか。。なんて後から思ったりもしたのだが、
茫然自失の酸欠頭ではそういう余裕もなかったのでした。。。

そして翌日にまた行くバカ。
急遽、取引先の方からお誘いをうけて行ってきたのは司菊水ゴルフクラブ。
こちらも今年初めてです。
この日の気温も順調に36度くらい。
とは言え湿度がやや下がってたのか時折吹く風は前日よか少しだけ爽やか。
ah・・・前日みたいなことになったらどうしよう。。そんな不安がよぎるスタートでしたが。
そうしたら前日とは一変。出だしから3連続パー。4番ではバーディー。
あれれれ?何が一体どうなってんの?ってくらい普通以上にいい感じ。
これが前日の自分と同じ身体なのか!?と疑いたくなるほど意識もしっかり。
身体の捻転もきちんとできておりました。
てなことはほんの束の間でお約束のトリも打ったりするのだがどうにかこうにか前半41。
いいね、こりゃついに80台突入だー。
とか思ってのぞんだ後半。好事魔多し。またやっちゃうのだよ、この大バカは。
一転。のらりくらりとパーとダボ、パーとトリが交錯し続けて。
悲しみの最終18番。池越えを狙った3打目のUT。
それはまるで前日のようなド級のスライスでコース右端へ。あれれ・・・
探し回ったけど結局ロストボール・・・。嘘!?
終わってみれば「49」。よりによってきっちり「90」に届く「49」。
何やっとんねん。こいつ。
ってな感じで調子がいいならいいなりで、やっぱり呆れてしまう史上最大のヘボゴルフ。

そんなヘボゴルフのお伴はいつもの現地セットでございます。

此度のクラブセッティング

DR TourBURNER TP with ATTAS4U(6S) 9.5度
#2UT BURNER2008Rescue with Aldila TOURRED75HY(R) 17度
#3UT BURNER2008Rescue with GS85(S00) 19度
#5 Callaway Xhot with XP95(S200) ←ロフト23度で実質の4番として使用
#5~PW TaylorMade 200steel with GS95(S200)
AW MIZUNO MP-T5 with XP105(S200) 50度
SW VokeySM4 with NS1050(R) 58度
LW VokeySM4(US) with DG(wedge) 62度
そしてパターは
TaylorMade WHITE SMOKE IN-74

50度は本番初投入。締まった小顔は扱い易くほとんど寄せはこれ一本。
62度はおまじない。2日間で1度だけ使ったけれど当然にして恩恵はなし。。
あー、こんなしょーもないウェッジ入れてる場合じゃねーだろ。。
どうせなら43.5インチくらいの短弱DRをもう一本仕込もうぜ。なんて思いました土佐。
でへ

とか何とか。他にも色々あったりで思いがけず楽しい夏季休暇となりました。
帰りは新大牟田から新幹線で博多(から福岡空港)まで。

新大牟田駅です

考えてみたら九州新幹線って初めて。

九州新幹線のつばめです

右にかすかに写ってるのが「つばめ」。
車内はきれいな木目調でいい雰囲気。カッコ良かったです。
博多まで・・ほんの30分ほどの・・快適な旅でありました。

史上最大の・・・ はコメントを受け付けていません。

暑いんですけど。。

8月 4th, 2016 Posted in 最近のできごと

暑いんですけど。。
なんて言ったところで夏なんだから仕方ない。

そう割り切れるほど成熟した大人になれてもいない悲しみ深い手動さんは
「暑いんですけど。。」
誰に言うともなく、そう一人愚痴ってしまうわけだ。
あち・・

さて、暑いと言えば先だって。
今週初めくらいだったかに室蘭の鉄工職人さんでもある知人と、次の鉄脚その他の試作について
電話で話をしたのでした。

「危険だな・・・(この暑さが)」

などと知人は電話の向こうで、そう静かに語っておられたよ。
それも聞けばなるほどで、何でもその時は(その前後数日?恐らく今週いっぱい?)
「最高は28度」とかだったそうで、且つ猛烈な湿気だったみたい。
そりゃ室蘭なヒトからしたら死活問題だよね。
なんて冗談のようでさっぱり冗談にならない話をしたのでありました。
ましてそれが工場のなかで溶接作業なんかしてたりしたら、尚更に大変。
本当に本当にお疲れ様です。

ってなわけで、この暑い夏をどう乗り越えるか・・・についてのヒントは先日の
エダマメか・・」に書いた通りでやっぱし冷えたビールと枝豆。
それが何よりの重要事項。(少なくとも私にとっては、だけど)

と、その「エダマメか・・」で触れたFACTORY Edge&Edgeさんのマルチトレー(bean)。

Edge&Edgeのマルチトレー

次回は違う種類のマメたちをとりわけてみます

うへへへ。ホントに枝前盛り付けてみちゃいました。
(枝豆たっぷり茹でちゃったから3つの穴すべてを埋め尽くしてみたりして)
第三種ビールがすいすいと進んだのは言うまでもなく。。
んごっんごっ。。

さてさて暑さ対策の第二弾。ってわけでもないけれどちょっとだけアロマ。

マッチ棒的アロマなhibi

お手軽アロマはお香マッチ。hibiという名のマッチ(お香)です。
これはレモングラスの香り。(他にも色んな種類があるみたい)

箱を開けるとこんな感じのhibi

たまたまのぞいた雑貨ショップで売られてたのでついつい衝動買い。
マッチのようにこすって火をつけて・・すると自然に炎は消えてお香が立ち上ります。

一本焚き終わるとこんな感じのマッチなお香hibi

約10分のショートタイムアロマ。束の間のリラクゼーションでありました。
ちなみに・・
マッチの台座に敷いてる板(角材)だけど、これは宮崎県産ケヤキで作られた鍋敷き(の初期試作品)。
ごつくて硬くて、何やら男前に過ぎる!?なかなかな逸品。
はともかく。
果たしてこのマッチ棒的アロマが暑さしのぎになったのか・・!?
はわかりまへん。でも、こおいう匂いをたまに嗅いだりするのもちょっとした気分転換にはいいかも、
なんて思った次第です。

とか何とか。
言ったところで暑さはこれからが本番(勘弁してよ・・)。
夏バテには十分注意してまいりましょう。

暑いんですけど。。 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ