de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'しょくぶつ写真館' (Page 2)

どこさ行った!?


太陽。お日様。日光。日照。Sun。。
「元始、女性は太陽であった」by平塚らいてう。

などと、さっぱりわけがわからんけれど、それは毎度のこと。
つまり。もう随分とお日様を拝んでねーですな。。という話。
テレビのニュースだったか何だったかでは
「今週の日照時間は、わずか『6分』。。」
なんて言ってたような気もするけれど、そうか、そうなのか。
私の知らぬ間に『6分』もお日様は出てたのか。
と言うくらい太陽を浴びた記憶がないのですわ。ホントに。
いやはや。秋の長雨なんて言うけれど、もちっと何とかならんもんでしょうか。
真面目な話。そろそろ身体のどこか(特に脳みそ)がカビてしまいそう。。
とほほ

そんな日照不足の影響は、わが身のカビ問題より何よりも豆苗さまに影響し・・・
その後食してみたけれどやっぱり何だかいま一つ・・でありました。

数日間ありがとう。

さよならとうみょう

貴殿の成長を楽しみに水を換え続けられた日々は幾分の幸せでありました。

切断後の根。

切り落とされたとうみょう

ディスポーザの藻屑と消えました。さよなら豆苗。

そして、あり合わせで作ってみたのはカレー炒め(無難?)。

とうみょうカレー炒め

ソーセージとピーマンも和えてみました。
結論から言うとソーセージとピーマンだけのカレー炒めで全然OK!!
って別に・・・豆苗がどおこおってことじゃなく、やっぱり豆苗は豆苗だったのだが。
でも何だかね。やっぱり日照不足の発育不良!?細くて細くて噛み辛くて食べにくかったです。
歯応えもいまいち。
うーん。やっぱり人間であれ植物であれ生き物に太陽は必須なのでありますな。
などと自然の真理めいたことを心の奥底から痛感した次第。

[ツアーチャンピオンシップ]
PGA2015~16シーズンもいよいよフィナーレ。
絞り込まれた30名の精鋭が(残念ながらジェイソン・デイは腰痛で棄権しちゃったけれど)
しのぎを削っておられます。
そんな中、初日松山英樹が首位発進。2日目終わってもまだ3位Tだから素晴らしい。
首位ダスティン・ジョンソンとの4打差はけして小さくないけれど、どうか頑張ってほしいです。
と、そんなダスティンと言えば。。
前回のBMWからパターがスパイダーにかわってますね。(ジェイソン・デイ風の!?)
このヒトは長くキャメロンのピン型だったので少々違和感もありますが、
カップに入りまくってるから合ってるんでしょう。

[ポルシェ・ヨーロピアンオープン]
こちらは2日目途中でサスペンデッド。
暫定ながら2位と6打差の単独首位にはアレクサンダー・レビ。
2位Tにはマーティン・カイマー、ロス・フィッシャー、ロバート・カールソンが並びます。

[アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ]
ただ今第3R中。首位にはパチャラ・コンワットマイというタイの若人だけどよく知りません。
2位には小池一平。ANA6位T、フジサンケイ2位Tと好調の片岡大育は5位Tグループ。

[ミヤギテレビ・ダンロップOP]
こちらも第2R中。首位にはやっぱり(?)申さん。
2打差2位には香妻琴乃ががんばってます。初優勝なるでしょうか。
3位Tにはイ・チヒ。「ゴルフの真髄」のゲストだった三ヶ島かなは21位Tあたり。

で。。
そんな豆苗さまの発育問題を抱えていた(?)私にはもう一つ別の悩み。。
なんて大袈裟な話じゃないのだが、まぁ毎度のアレですよ。
性懲りもなく毎度のクラブセッティング問題です。
実は最近。「なんかもうこれでいんじゃね・・」的な、やや自暴自棄!?ともとれなくもない、
でも一方で、ああ、ホントに何だかとりあえず今はこのクラブで合ってるのかも。。
などとと思えるようになってきまして、何だ。そりゃそれで良かったじゃないか。
となるはずなのだが、そうなったらなったで浮き彫りになるのが
「これだけがどうしても下手」
という、わかりやすい浮き彫り問題に直面しちゃったり。
早い話がFWが下手。。って話だけれど原因も何となくはわかってたりするからもどかしい。
(以前のようにくるっと回れなくなって、腰を止め気味&やや手打ちで打ち込み傾向)
とかとか思いながら悶々としておる昨今です。

話は変わって「ゴルフ侍、見参!」。
一緒にラウンドする方の半数以上はこの番組見てるらしく必然話題にもよく上ります。
「トーナメントの中継は見たり見なかったりだけど「ゴルフ侍」は毎週見る!」
そういう方が多い。もちろん私だってほぼ毎週見ております。
そんな「ゴルフ侍」。私はこの番組中の1ホール目が終わったところのクラブセッティング紹介コーナー?
が好きで好きで好きなのです。

そしてそのコーナーを眺めては、その侍のプレーぶりと重ね合わせてしみじみ色々考えさせられちゃう。
やっぱりクラチャンクラスの方々は、そのセッティングにも十分な合理性(と同時に拘り)が見てとれて、
ホントに毎度毎度深く唸ってしまう次第です。

そんなわけで今回はお勉強がてら最近登場した何人かのお侍さんセッティングを挙げさせていただきます。
うりゃ

☆木村勝巳さん☆のクラブセッティング。
・BRIDGESTONE J815 9.5 ※Speeder661 EVO-S
・BRIDGESTONE J15F #3w 15
・Titleist 915H #2UT 18
・Titleist 915H #3UT 21
・Titleist 915H #4UT 24
・SRIXON Z745 #5~PW ※MODUSツアー120-S
・Titleist Vokey TVD 52
・Titleist Vokey TVD 56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・BRIDGESTONE ツアーB330X

佐久間肇プロとの対戦だったでしょうか(ってかこのヒトがこういうのに出るのは何だか意外だった)。
舞台は真名CC(千葉県茂原市)のこぶしコースでありました。
にしてもカッコよいセッティング。ロフト差の階段が美しいです。

引き続きまして。
☆富澤良二さん☆のクラブセッティング。
・Fourteen ゲロンディー CT-315 10.5 ※TourAD GP-6S
・Callaway Xhot #3w 15
・Callaway Xhot #5w 19
・Callaway XR #4UT 22
・Titleist 816H1 25
・Titleist VG3 #6~PW ※NS950GH-S
・AKIRA プロトタイプ TV-150 50
・AKIRA プロトタイプ H-554 54
・AKIRA プロトタイプ H-558 58
・ODYSEY メタルX ミルド#7
・SRIXON Z-Star XV

いやはや。やっぱりカッコよいセッティング。
舞台は東京五日市CC。中山徹との対戦だったかと思われます。
ちなみに中山徹プロのお姉さんは、あの中山律子さん。
って知りませんか?
あーそうですか。。
プロボウラーとして大活躍された中山律子さん。CMとかにも出てたと思います。
須田開代子さんなどと一世を風靡し女子ボウリングブームを巻き起こしたのでありました。
などと幼少当時のおぼろげな記憶だけど、ませガキのわたしには十分印象的な美貌でございました。
でへぇ
ってかその当時は「ボウリング番組」がやたらあちこちで放送されてたと思うのです。
その人気は昨今のp★リーグ的なそれとはまた違くて、とにかく凄い人気だったのだ。
などど話は逸れまくってるけれど#5アイアン替わりの816(25度)がかっこいいです。
ショートゲームへの戦略性みたいなものを勉強させられます。

そして最後は。
☆白石順一さん☆のクラブセッティング。
・TOUR WORLD TW727 9.5 ※VIZARD YC-65-S
・Titleist 915F #3w 15
・ONOFF フェアウェイアームズ TypeS #5w 17
・TOUR WORLD TW727 #3UT 19
・TOUR WORLD TW727 #4UT 22
・TOUR WORLD TW727V #5~PW ※MODUSツアー105-S
・TOUR WORLD TW727  52
・TOUR WORLD TW727  56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・Titleist ProV1x

増田哲仁との対戦は上総富士GC(千葉県君津市)の西コース。
ちなみに増田哲仁さんって「歩くように打つ」のレッスンプロ系な方ですよね。
それはともかく。白石順一さんのDR。なんと42.5inchの超短弱仕様!?だそうです。
紹介介ナレーションを聞いていて「ホンマかいな?」とか思っちゃったけどホントなんでしょう。
(じゃあ隣に並んでたスプーンって何インチにしてるんでしょう?)
にしても、仮にその長さだとしてあのティーショットの方向性(ラインだし)には納得。
それでいてあの飛距離なら・・短尺DRに大いなる興味がわいてしまいます。

とか何とか。やっぱり皆様とても素敵なセッティング。
体力なり?年齢なり?そしてクラブごとの意図がはっきりと表れた構成。
どういう距離をどう打ちたいのか。。みたいなことが想像できそうです。
そんな中でも特にウェッジ編成は参考になります。
PWの下に52度を入れながらも、その下には56度。4度ピッチです。
大抵のプロのように52⇒58と開いてないのがこれまた見習うべきポイント!?
もちろん富澤良二さんのように上の本数が減らせるなら50⇒54⇒58のような3本体制も理想的。
(PWのロフト差との関係もあるから一概には言えませんが)

うーん。とっても勉強になりました。
ってわけで、私のFW下手はどう解決を図るべきなのか。
答えは簡単。「使えないなら抜けよ」です。。
でへへへ

コメントは受け付けていません。

巧妙なとうみょうの功名

9月 22nd, 2016 Posted in しょくぶつ写真館, すすめ!の学問 Tags:

最近、スーパーの野菜売り場で「とうみょう(豆苗)」をちらほら見かけますけれど。。
そんな私も最近食べ始めたクチだから、実は豆苗が何たるかをよくはわかってはおらず。
その漢字から「豆の関係者・・だよね」程度には思ってはいたのだが、何だかすっきりしないので
改めて調べてみましたわ。
そうしたら、「豆苗研究会」という村上農園さんのサイトに詳しい解説がありまして、
なるほどなるほどなるほどね、と深く激しく理解した次第。

そんな「豆苗研究会」に「豆苗はこんな野菜」という記述があったのでちょっと引用させていただきます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////
豆苗は「えんどう豆」の若い葉と茎を食べる緑黄色野菜です。
えんどう豆は多彩な「顔」で食卓に登場します。用途によってさまざまな品種が栽培されており、
若いサヤごと食べるのが「サヤエンドウ」と「スナップエンドウ」。
未成熟の「実」を食べるのが「グリーンピース」。
みつ豆や甘納豆に使われる完熟した豆が「赤エンドウ」や「青エンドウ」です。
豆苗が甘く、ほんのりと豆の香りがするのは、そのためです。
/////////////////////////////////////////////////////////////////

ほほぉ。なるほど、そういうものなのですね。
なんだかエンドウ豆ってすごい!(ってか、この豆苗の栽培技術が凄い!)
でももっと凄いのは。
買ってきて葉と茎を食べたあと切り落とした豆近くの茎にある脇芽を成長させて、
それを再び収穫(再生栽培)できちゃうというから感動するじゃありませんか。ね。
いやはや。

ってわけで、まるで理科の実験よろしくわたしも再生栽培に挑んでみたりしましたよ。
以下は、そんな激しく過酷な挑戦の日々の記録・・・ってか、毎日ただ水をかえるだけ。

1) 豆苗を切り取って食した翌々日くらい。

とうみょう1

2) 1)の翌々日

とうみょう2

3) 2)の翌日

とうみょう3

かなりもさもさと茂ってきましたな。

4) 3)の翌日

とうみょう4

5) 4)の翌日

とうみょう5

6) 5)の翌日

とうみょう6

7) 6)の翌日

とうみょう7

ううん・・・。ほぼ生長もとまった感じ。ここ数日の曇りや雨続きで日照不足は否めません。。
買ってきた時のようなわっさわっさ感には及ばないけれど、でもまぁよしとしましょう。
まもなく食してみるつもり。

ちなみに。その次にもう一回再生させても食用には難しいらしいので今回食べたら捨てます。

コメントは受け付けていません。

数センチが分けること


打ちっぱなしもそうそう行か(行け)なくなった手動です。てへぇ
どうせ練習なんかしたって上手くなんかならねーよ。
などと少々やさぐれ気味だったりもするけれど、別にそういうことでもなくって例の五十肩。
加えて色々忙しくってね。

とか何とか先日のこと。
久しぶりで毎度のアコーディアガーデンに行ってみたわけ with de-do#2。
受付待ちの間、エントランスをうろうろしてたのです。
以前はブリヂストンやキャスコくらいしかなかった試打クラブ群だったわけだけど、
いつしかスリクソンなんかもさり気なく置かれてたりしたので、興奮して借りちゃった。
やった!
「波動で飛ばせ」でお馴染。松山英樹がドライバーをパコチーン!とひっぱたいてるあのCM。
SRIXONのZ765(またはZ565?)ドライバー。
ちなみに松山英樹はZR-30の長年のヘビーユーザ?なわけですがこの765のリミテッドモデルは
まさにZR-30風だそうですわ。(なかなか松山が新モデルに変えてくれないから!?)
だからいっときはこの765にチェンジしてたんじゃないかと思うけど、
でもいつしかまたZR-30に戻ってたりもして。

それはともかく。
どことなくゴルフ熱も低下しつつあったりする手動さん(お金もないし)。
ゴルフショップから脚も遠のいちゃってたぶん今年は一度も行ってないんじゃないか・・と。
(ボールやグリップの消耗品くらいならウェブで済ませちゃうからね)
けれどこの新Zシリーズは何故だか興味がありまして。
たぶんプロトタイプ当時から多くの契約プロが手にしてたりとか・・
今年の日本ツアー選手権を制した塚田陽亮もコレで優勝したんじゃなかったっけ?
・・毎週読んでる雑誌のレビューもちょっと気になってたり。とかとかとか。
そんなこんなで機会があったら是非一度打ってみたい。
そう思っておったところだったのだ。
うりゃ

で。今回お借りしたのはこの2本です。

SRIXON_今回試打したDRとUTです

左はZ765ドライバー。右はH65ハイブリッド(#3)。

シャフトはこんなでした。

SRIXON_今回試打したDRとUTのスペックです

[Miyazaki Kaula MIZU(水)]、読みはミヤザキ「カウラ」の水。
って感じで合ってますでしょうか。
そんな試打DRのシャフトはSだったから、中調子・61gでトルク3.4。
(SRだと中調子・58gでやっぱりトルクは3.4)

さっそくZ765ドライバーから。

SRIXON_565を借りたつもりが765

おお、かっこよい。
ありゃ?これって565じゃないの?
なんて間抜けな話。実は565を借りたつもりでいた私です。でへへへ
にしもてこのルックス。打ってみてどんな邪念を後付けで持つよりも
とにかく私にとってのクラブ選びの最重要事項は・・
そりゃパッと見てかっこよいことですね。
うへへ

などと冗談はともかく。ホントにてかてかしちゃって美しいのです。
見てるだけでも波動が伝わってきますな。(嘘です)

SRIXON_765を上から見ると

構えてみたら。。

SRIXON_765を後ろ側から

うん。やっぱりかっこいい。

・潤いの打感
そんなZ765ですが、とりあえず打ってみて。。
球は上がらず・・・おじぎしたとかじゃなくライナーというか低中弾道。
スピン少なさそう。って私でもわかるくらいだからほんとにそんな感じ。
シャフトはSでも意外と振れちゃってましたが私にはSRでもよかったかも、です。
まさに滑らか中調子。滑らかってのか癖がないってのか何てのか。
私みたいにタメない人でも間は上手く取れてたと思うし、切り返しも慌てず急がずのいい感じ。
ごくごく素直に振り切れるって風でありました。
にしても、45インチの割にはちょっと長くね?とか思ったのだが、なーんだ。
やっぱり実測は45.5インチ(※60度法計測)だったみたい。
ロフト角もリアルで9度(※)だそうだから、なるほど私じゃいっそう球は上がりまへんな。
(※)マーク金井さんの試打インプレッションを参照下さいませ。

そしてそして。今回最も気に入ったのはその打感。
少なくとも私のような洋物安価系ばかりを打ってきた人間にとってはまっこと感動の吸いつき。
まさに潤う打感(どんなや)。こうも打感って違うのかい。いやはや感動でした。
肝心の飛距離もまずまず、と言うか飛ばない私にしては十分でした。
打席についてる計測器によればH/S40.5で240yd弱。
平均はH/S39前後で230後半くらいだったからOK。チーピンも出辛そうで実用性も十分。

・ハイブリッド
やっぱり見た目のかっこよさにひかれて借りました。

SRIXON_かっこいいからUTのH65も借りてみた

うん、やっぱりかっこいい。

SRIXON_H65を上から見たら

ってか、なん世代か前のテーラーメイド風のクラウン?に見えなくもなかったりして。

で、実際に打ってみて。
うーん・・こっちは私はいま一つ。同じ系統のシャフトなんだろうけど何だかダメ。
打ち込み気味に打とうとする私が下手なだけです。どうかご容赦を。
とは言うものの、だふって多少打点をバラつかせながらも球はほぼストレートに190yd前後。
楽に飛んでくれました。(#4なら私でももうちょっといい感じに打てたのかも)

何はともあれ。とても有意義な試打でした。
いいわー。スリクソン。って今更過ぎるけど。
好きな人がずっとこれを使い続ける(信頼し続ける)気持ちがほんのごくわずかながら
想像できそうな気がいたしまふ。

[日本シニアオープン]
初日。首位には-6でファウラー!!
めでたくライダーカップに選出されたあのリッキー・・・じゃなくってピーターね。
2打差2位Tには秋葉真一、米山剛、そして急遽ファンになっちゃったプラヤド・マークセン。
御大・青木さんは+7の91位Tだけどお見事過ぎます。

[ANAオープン]
初日。9バーディノーボギーで単独首位に立ったのはまたまた石川遼。
素晴らし過ぎます。ぜひぜひ大会連覇やっちゃって下さい。
今月のゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストは重永亜斗夢。こちらは1打差2位Tに。
先週までゴルフの真髄のゲストだった大堀裕次郎は10位T。
舞台は名門・札幌ゴルフ倶楽部の輪厚コースです。あー一度でいいから回ってみたい。

・れんほーさん
今や名の由来さえよくわからない政党の代表に蓮ほーさんが選出されたのでした。
昨今の彼女の語りやその表情、志を強く抱いているであろう少し遠くを見るような眼差し。
そして眉間の深いしわ。
何だかかっこいいです。何やら演歌歌手風のオーラさえ感じてしまいます(!?)。
私の同世代でもある彼女には何だか頑張っていただきたい。
などとニュースを見てたらふとそんなことを思っちゃったのだ。

そんな蓮ほーさんのことはともかくだけど。
昨今は何かと揚げ足鳥が飛びまくり。。
特に何かを伝えるサイドにその香がぷんぷんと漂ってるように見えちゃって。
いやはや、切ないじゃありませんか。
あんまり本筋(その人の生業とか)以外のことで、生業そのものを潰すようなのもちょっとね。。
立法府の方々におかれましても、どうか揚げ足鳥は可能な限りほっといて(無理か)
生業としての本音(真っ当な政策とかね)が見聞きできるようになるといいのにね。
なんて詮無いことを思ったような思わなかったような、そんな初秋のひとときなのでありました。

・練習場の続き
試打を終えて普通に練習しました。9月になって少し涼しくなったから汗をかいても心地よい。
そんな中、隣のde-do#2の練習をぼんやり見ておりました。
de-do#2も多忙等々いろいろあって、昨今は打点も少々バラツキ気味。苦労してる様子です。
改めて後ろからも眺め直して、ふと思うことあって一つだけ偉そうにアドバイス。
「10cmくらいでいいからヘッドをまっすぐ引いてみて」と。
言われたde-do#2は半信半疑な様子だったけど打ったら効果てきめん。以前からの素晴らしいショット。
10cm真っ直ぐ引く。色々なレッスンものであちこち言われてることだと思うけど、
別にこれだけが効果を及ぼすと思ったわけじゃないのです。
インパクトの瞬間に色んな意識が入り過ぎてるように見えたので(結果ヘッドアップしたり少し開いたり)
一見関係ないポイント(この場合は始動)に、意識を集中(=ってか逸らすと言い換えてもよい)したら
いいんじゃねーべか。なんて思っただけです。
なのだけど、それでいい感触を取り戻せたりでもした気になれたらそれも自然と習慣づいてしまうので、
まぁつまり。始動よければすべてよし。ってことでありますわ。
どりゃ

唐突だけど。
プリンセス・ドゥ・モナコ様を後側から見るとこんな感じです。

きみには何が見えてるのだ!?

きみには何が見えてるのだ!?

バラ目線な写真。とでも言うべきか・・
はたまた単に奇妙な目線とでも言うべきか。。

コメントは受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ