de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'しょくぶつ写真館' (Page 4)

二人のキャロウェイ息子


いつぞやの週刊ゴルフダイジェストに「プロが選んだNo.1コースはここだ!投票箱」!?
のような記事がありまして。それはいくつかのカテゴリー別ランキングだったわけだけど、
その中の「戦略的で難しいコース」というランキングでは小樽カントリー倶楽部が男女ともに1位。
ふむふむ。なるほどね。と。
で、続く男子2位では大洗ゴルフ倶楽部。そして女子の2位にはなななな、なんと。
室蘭ゴルフ倶楽部だったりしたから驚きました。
2001年の日本女子オープン(優勝は島袋美幸)の舞台だったのは何となく知っておりましたが、
でもまさか。
もう15年も前のことですからね。きっとこの白鳥コースに投票してくれたのはそれなりのベテラン?
なんて思ったらコメントは表純子だったのでやっぱりなるほどね。でありました。
その室蘭GCはたしか昨年経営交代があったんじゃないかと思うのだがそんなことはとりあえずよくって、
とにかくまたまわりたいっす。白鳥コース。
ちなみに旧経営陣は、新日鉄住金・日本製鋼所・日鉄住金セメント・栗林商会の四社。
室蘭という街そのものを支えてくれている、名だたる企業による共同経営だったのでありました。

ってわけで、とってもいいもの見せてもらっちゃったね。
[The Open ~全英オープン]
第145回全英オープンはロイヤルトゥルーン・オールドコース。
線路沿いのホールは11番(でしたっけ?)。ありゃ凄い。素晴らしい。
にしても最終日はホントにあっという間の18ホール。最後まで釘付け状態と相成った次第。

にしても。
ミケルソンは十分に凄いんだけど、ステンソンは更に十分+十分+十二分の凄さくらいの凄さ。
スウェーデン人選手での初メジャー制覇にして20アンダーはタイガー超えの全英レコード。
(ちなみに72ホールトータル「264」は全英に限らず四大メジャーを通じての最少だったみたい)
なんちゅうか、まるでもう神憑ってたましたよね?ショットもパッティングも。
特にあのややこしいバック9で5バーディ。・・の中でもやっぱり最終ホールのロングバットは超圧巻でした。。
大会前には友人が亡くなったんだそうで、その友へ捧げられた素晴らしいプレーの数々。
その創造性と技術力、そして圧倒的な集中力。どれもこれもが十分に凄いミケルソンを上回っておりました。
(ミケルソンだってノーボギーの6アンダーですからね。この完璧さでまさか3打差もついてしまうとは・・)
そう言えばステンソンがあんなにドライバーを多用するのを初めて見ました。
毎度のスプーンも冴えに冴えてたけれど、低くティーアップされたドライバーはもっと冴えわたっておりました。
いやはや、どれにもこれにも感動した次第です。

ところでフィル・ミケルソン(Mickelson)とヘンリック・ステンソン(Stenson)。
奇しくも(というほど全然珍しいことじゃないけれど)お二方とも姓に-ソン(son-息子)-をもちます。
ミケルソンはマイケルさんの息子さん(の系譜)だろうと思われるけど、はて。
ステンソンはステン・・!?さんの息子さんとなるのでしょうか。
ちなみに北欧系ではソンがセンになってる苗字のが多いんじゃないかと思ったりもしますが・・
例えばノルウェーのスーザン・ペターセンはPettersen、ピーターのソンが北欧チックにセン・・
ってかペターセンは女性だけどあくまで苗字の系譜的なお話なので・・でなんだっけ?まぁいいや。
何にせよ放映中はこの二人が圧倒的に映しだされていたわけでCallawayはしてやったり!?
だったと思います。
キャディバッグやキャップのロゴはもちろん、映るクラブがすべてキャロウェイ。(パターもオデッセイ)
まことにキャロウェイ孝行な二人です。そして歴史に残る最高の最終組ペアリングでありました。
ふぁっふぁっふぁっふぁ(バルタン星人ふうに)

と。そう言えばキャップのことでちょっと。。

ジョンストンのキャップ。
8位に大健闘した英のアンドリュー・ジョンストン。
キャップの後頭部側のTitleistのロゴ上には”BEEF”という刺繍が見えましたね。
このヒトがパットを沈めるとギャラリーが「びー」とか何とかややブーイングっぽい声。(クーチャーの「くー」的な)
なるほど、あれは「ビー(フ)」だったんすね。
ところで解説の戸張さん。執拗なまでにジョンストンのことに触れてましたっけ。
凡そラウンドとは関係なさそうな(髭とか体型とかウェアの)ことばかり。
よほどああいう個性的なタイプ(に見える)選手がお気に入りなんでしょうね。

ミケルソンのキャップ。
いつものKPMG(彼のスポンサー。大手会計事務所)キャップでしたが、
右側即答部には何やらダブルクリップ風のものが・・・
恐らくサイズを縮める(強風で飛ばされてしまわないように)しぼり的につけてたんじゃないか・・
などと想像してみてましたがどうなんでしょう。

ステンソンの・・キャディさんの・・キャップ。
以前から度々触れてる「HUGO BOSS」。あたしゃあのキャディさんのキャップが欲しいです。
フロントに大きく「BOSS」とステッチされた(たぶんNEW ERA製?の)あのキャップです。
とは思うけどやっぱし手には入らんのでしょうな。

などと、しょーもない与太話ばかりをだらだらと。
改めてリザルト。3位には、J.B.ホームズ。
4位にはお見事スティーブ・ストリッカー。カッコよすぎる49歳でした。
5位Tにはガルシア、マキロイ、ハットン。9位TにはDJなジョンソン、ケルドセン、ハース。
そしてそして18位Tには我らがミゲル・アンヘル・ヒメネス翁がひそかにいたりしてこちらも感動。

☆ヘンリック・ステンソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 9.0 ※Obanキヨシ・ツアーリミテッド60X
・Callaway XR16 #3W/#5W 14/17
・Callaway APEX UT 18
・Callaway レガシーブラック #3~PW ※MODUS120-X
・Callaway マックダディ3 52(ミルドS)/58(ミルドC)
・ODYSSEY ホワイトホットXG #7Hプロトタイプ
・Titleist ProV1x

ちなみに全英ではスプーンが、Diabro Octaneツアーだったみたいです。
また、クリーク・UTはなくて2番アイアンから!?
アイアンはご存知、2011年の国内モデル、シャフトもMODUS120でウェッジが52/58と
何やら国内のプロっぽくもない?

☆フィル・ミケルソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16SUB ZERO 8.5 ※FUBUKI J60X
・Callaway BIG BERTHA816 #3W 14
・Callaway APEX(HY) 18
・Callaway APEX UT 21
・Callaway APEX PRO #5~PW ※KBSツアーV125-X
・Callaway マックダディPMグラインド 56/60/64
・ODYSSEY PMプロトタイプ
・Callaway クロムソフト

さすがはミケルソン。64度だなんてたまりませんわ。
ドライバーは国内未発売のUSモデルだったでしょうか。

唐突にバラ。
またまた咲いてくれました。今度はコンスタンツェ・モーツァルトです。
初日。

モーツァルト初日

ふむ。なかなか凛としてると言うか、しゃきっとしてるじゃありませんか。ね。

で翌日。

モーツァルト翌日

お見事。満開。内側もこんもり盛りあがってかっこいいです。

そして翌々日

モーツァルト翌々日

おおっと。。暑さのせいもあってかややへたり気味。

うちのモーツァルトは今時期だとつぼみが開いてからせいぜい4日くらいでしょうか。
翌々日の写真のその翌日かそこらには大きな花びらをいくつも落としながらあっけなく散りました。。
とほほ
とは言うものの四季咲きは何度も楽しめるから嬉しいわ。

二人のキャロウェイ息子 はコメントを受け付けていません。

国内限定発売のFGPが素敵


週末週明けの異様な暑さもいまは一段落。
(もうあんな暑くならんでええよ)
とか思ったら拙宅のプリンセス・ドゥ・モナコ様はもう終わってしまいました・・。とほほ
猛烈な暑さの直前。

きょうモナコ - コピー

これが夕方あたりのピーク。

きょうモナコ夕方のピーク

また次回を楽しみに待ちたいと思います。とほ

祝!復帰
[日本プロゴルフ選手権(日清カップヌードル杯)]
は明日開幕です。とりゃ!
嬉しいね。我らが石川遼が復帰してくれます。
そしてそして、ある意味もっと楽しみなのが伊澤利光の復帰。
デカヘッドドライバーに苦しめられた彼ですが2012年以来のツアー復帰。
たしか福岡は博多駅前あたりにレッスンスタジオを構えている彼ですが・・
トレーニングも飯塚かどこかでやってたはずなので奥さんの実家がそのへんなんでしょうか
・・・アマチュアに指導することを通じて自分のスイングの見直しにも役だった。
のようなことを春先の番組(徳光さんがパーソナリティ)で言っておられました。
とにもかくにも同世代選手の活躍に期待です。

辛そうでした。。
[全英オープン]
男子ゴルフの全英ももうまもなくですがこちらはテニスのウィンブルドン。
錦織圭は同大会初のベスト8進出をかけてチリッチと対戦。
(いつぞやの全米決勝で錦織のメジャー制覇を阻んだ強烈なサーブの彼?)
ではあったけど、わき腹痛は相当に悪化していたようでそれはそれはとても辛そうでありましたね。
素人が傍目に見ても「それ、無理でしょ・・」と思うほど。。
なんせサーブがまともに打てなくて、ゆるゆるでしたもの。
たしか第一セットはわずか14~5分で終わったんじゃなかろうか。
なんて思うけどまぁともかく。
そう言えば五輪。彼は松山英樹の辞退にも触れていたようで
「松山くんが出ないというのを見てぼくもあんまり出たくないな、と。。
ちょっと会えるのを楽しみにしていたので(笑)。」
てなコメントをしてたそうだから何だか興味深いです。
五輪に出る出ないはともかく、とにかく無理せず治してほしいです。後半戦もまだまだ続くので。

[WGC-ブリヂストンインビテーショナル]
などと、そんな錦織圭の五輪出場にも影響を与えるほどの!?松山英樹の五輪辞退。
彼の正式な辞退理由(治安と虫さされの強いアレルギーへの不安)や、
コメント(ゴルフ選手としての五輪出場へのモチベーション的なこと)などは、
どれもまったくもっとその通り!と思ってしまうわけで、個人的にも勝手に大いに共感する次第。
そもそも急遽復活の五輪ゴルフ(それも4日間の個人ストローク戦)ってなんだかなぁ。
だいたいにしてこんなに不安要素だらけの五輪開催ってどうなんだ!?などとも思ってしまう。
(お国の事情はともかく、警察がストライキしてる都市で五輪開催はさすがにね・・・)
例えば蚊を理由にサッカー選手が辞退した。とか、治安を理由に誰それが辞退。。
出るも出ないも個人の選択なんだから別にいいのにねって思うけど、でもその一方で
「四年間このために頑張ったのだ」という意識(を強くもててる種目?)があるのも当然なので
やっぱり出るも出ないも個人の選択。としか言えまへんな。
とか言って、もちろん楽しみなのは楽しみ(特に吉田沙保里と伊調馨の四連覇達成は是非見たい)だし、
ゴルフだって、自ら望んで(進んで手を挙げて?)行ってくれそうな池田や片山は当然応援しちゃいます。

などと話は逸れまくっておりますが。
そんな中、松山。不調なりにも最終日はどうにか盛り返して-3(トータル+9)の42位T。
パターもいつものキャメロンに戻ってましたがドライバーは4日間使い続けたみたい。
にしてもニュードライバー(スリクソンZ565?)はぶっ飛んでおりました。
曲がりは大きかったもののアイアンもずいぶん飛んでたみたい。
いよいよ世界トップ10クラスと互角の飛距離に近付いてきたってところでしょうか。

んで優勝は全米OPを勝ったばかりのDJ。ダスティンなジョンソン様。
こちらもすっかりモード突入でしょうか。
(デイの自滅!?ととれなくもないけれど、でもやっぱりジョンソンの追い上げは見事でした)
五輪について、米国選手の辞退の明言はいまのところまだない!?かと思うので
(放映権利的な、またはスポンサー的事情等々色々あるのかもしれません)
このままいけばスピースもダスティンもババもファウラーも出てくれるのではないでしょうか。
そして2位にはやはり全米を2位だったスコット・ピアシーで再び連続の2位。
ジェイソン・デイ、チャペル、スピース、クーチャーが3位T。松村49位T、塚田陽57位。

[長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ]
谷原秀人が優勝。よしよしよし。好調クロンパが2位。
3位Tの今平周吾。最終ホールがめちゃくちゃラッキーだったけどそれも実力です。
近日中のツアー初優勝に期待したいところです。

[Cambia ポートランドクラシック]
ブルック・ヘンダーソンが大会連覇でお見事過ぎです。
2位には上位やや久々(ヨコハマ以来のトップ10)なステーシー・ルイス。
3位にはも少し上位久々(ANA以来のトップ10)!?のスーザン・ペターセンでOK。
そしてそしてシャイアン・ウッズが今季初トップ10(ってか過去にあったかな?)で6位T。
横峯さくらも今季初トップ10の10位T。上原も今季最高位の19位Tでフィニッシュ。

[バラクーダ選手権]
優勝はグレッグ・チャーマーズ。
豪州のベテラン42歳はツアー初優勝でお見事でした。
2位にはゲーリー・ウッドランド。3位にはコルト・ノスト。
岩田寛は残念ながら予選カット。

[アルストム・オープン・ド・フランス]
こちらはもっとベテラン。タイの英雄46歳のトンチャイ・ジェイディーが優勝でツアー8勝目。
今季の欧州はアジア人選手が大活躍。同一シーズンのアジア人選手勝利数がすでに7勝目!?
だそうだけど、こんな大きなナショナルOP勝利はまた格別でありませう。
2位にはフランチェスコ・モリナリ。3位にはやや爆発しきれなかったマキロイ。
4位には今季好調のカブレラ-ベロ。カイマー、ストーン、サリバンが5位T。
アクレサンダー・ノレンがいつしか(?)8位。
願わくば川村昌弘あたりには何れ欧州のナショナルOPを勝って欲しいもんでありやす。

いまさらもう一回。
[クイッケンローンズナショナル]
を改めて見てみましたよ。
勝ったビリー・ハーリーⅢは海軍兵学校出身にして元軍人というプロゴルファー。
イージス艦にも乗ってたらしいからなんかだ凄い。。
そんな彼は一昨年のグリーンブリアクラシック(今年は残念ながら洪水で中止)で
3日目まで首位に立っていたのだが最終日に崩れてしまって(結局カブレラが勝った)・・
ということで、この時期にとっても強いヒトなのかも。
3位Tにはビル・ハースとジョン・ラーム。ラームは先の全米OPでローアマ。
(ってか予選通過したアマチュアは彼だけなのです)
アマチュアはそれを以て終了。翌週のこの大会からプロデビュー。にしていきなり3位。お見事。
そして5位でフィニッシュしたのはアーニー・エルス。
今年のマスターズではで60cmから6パット(でしたっけ!?)してしまった彼ですが、
この大会ではなかなか好調なパッティングを見せておりました。
なんて思いつつ、ふと彼が手にしているパターに目がいってつい見入ってしまいました。
「ありゃ?これってもしや・・・」
そう思ったパターは、やっぱり私の大好きな大好きなSeeMoreパター。おお、Yeah!

そう言えば最近何かの番組でもこのパターのCMを見かけたような気がして。。
そんなことを思い出しながら、どれどれ。と久々に同社のウェブサイトをのぞいてみましたよ。
おおっと、そうしたらすっかりリニューアルされてるじゃありませんか!
クイッケンローンズでのエルスの活躍もしっかりとアピールされておりました。
そしてそして、日本限定発売のFGP(FGP TOUR JAPAN Limited)も紹介されていてしばしうっとり。
シーモア好きの私としては喉から手が出るほど欲しくなっちゃう代物だけれど、さてどうしたものか。
刻印もさることながら赤いシャフトがかっこいいね。
FGPとFGPマレットが各50本ずつの限定発売。いやはやいやはや(私はマレットがほしい)
うりゃ

もう一つ。[ISPSハンダグローバルC]も改めて見てみましたよ。
なかなか豪華なメンツだなー・・・などと今更ながら改めて思いました(呑気だね)。
2位のグリージョ、5位Tのシュワーツェル、9位Tにはハリントンとデュビッソン。
彼らはこの翌週・・
グリージョ ⇒WGCで14位T。
シュワーツェル ⇒WGCで7位T。
ハリントン ⇒フランスオープンで30位T。
デュビッソン ⇒フランスオープンで66位・・あらら
ってな感じで休む間もなく活躍してしまうわけです。
で、中でもチャール・シュワーツェル。やっぱりスゲーなぁ。なんて思ったよ。うへへ
彼の飛距離だとほとんどのパー4が何だか狭そうで。
せっかくぶっ飛ばしても2打目が妙な距離になっちゃってある意味で苦労してました。
今年の舞台は朱鷺の台CC(石川県)。ってんですか。
どこぞのパー3ではグリーンの中にぽっかりバンカーが口を開けてたりして面白いっすね。
せっかくワンオンしても、例えばボールとピンとの間にバンカーがあったらウェッジとか持つんでしょうか。

再び[全英オープン]。
錦織の棄権負けは残念に過ぎますが、違う意味で衝撃だったのはノバク・ジョコビッチの敗退。
グランドスラムは30連勝だったそうですがサム・クエリーという選手に敗れたのでした。
ちなみに(私は初めて聞きましたが)「年間ゴールデン・スラム」という称号もあるそうで、
所謂、グランドスラム四大大会に加えて同年の五輪に優勝することを言うのだそうです。ほほぉ
これは男子ではまだ誰も達成できてなくって・・・え?女子はいるの?
と思ったら、あのシュテフィィ・グラフが成し遂げてたんだそうでそりゃ凄い。
ってか滅茶苦茶強かったもんね。彼女は。
年間ではないけれどセリーナ・ウィリアムズもキャリアのゴールデンスラムは達成しておるそうで。
と言うわけで、なかなか負けそうになかったジョコビッチでしたが、まぁ彼も人間だった(当たり前)
・・という余談でございます。

国内限定発売のFGPが素敵 はコメントを受け付けていません。

またまたバラった


バラが咲きました!!よ。
また。
もうまもなくだな。。なんて思いつつ福岡行脚から戻った数日前。
お、いよいよだね。
などと思う間もなくありゃりゃりゃっとあっさり咲いちゃった。

毎度のプリンセスドゥモナコ。

おととい早朝もなこ

これが一昨日は早朝のこと。
その数時間後・・

おととい数時間したモナコ

その翌日。

きのうモナコ

ってな具合にメキメキと実力を発揮。素敵なヤツだぜ!!
てな冗談はともかく、ここらへんは四季咲きの魅力でありませう。
えへぇ

さて週末は・・(海外)
[BMWインターナショナル・オープン]
欧州のビッグトーナメント。いやはやステンソンってば見事に優勝。10年ぶり同大会2勝目。
ツアーは通算10勝目(意外と勝ち星は少ない)。
2位Tにはトービヨン・オルセンとダレン・フィチャート。
アフィバーンラトとガルシアが5位Tでこちらもお見事。
前勝者のララサバルは9位Tまで。
ジャコ・バン・ジール、トンチャイ・ジャイディなどは38位Tでありました。

[クイッケンローンズナショナル]
ビリー・ハーリーⅢが優勝。お見事。
そして2位には「え?もしかして勝つ!?」などと少しわくわくさせてくれちゃった御大ビジェイ・シン。
もっとお見事!
5位にもアーニー・エルスでなかなかにお見事でした。

[ウォルマートNW アーカンソー選手権]
やっぱりかー・・・なリディア・コが今季3勝目。
2位Tにはモーガン・プレッセルとキャンディ・カン。
アリヤのお姉さんのモリヤ・ジュタヌガーンなどが4位T。

で今週。
[WGC-ブリヂストンインビテーショナル]
初日。あれ?もうブリヂストン!?こんな梅雨時に?
そうですそうです。もうブリヂストンなのです@ファイアストーンCCは南コース。
今年もしっかり7400ヤードでパー70。いやはや。
そんな世界ゴルフ選手権も今年はリオ五輪の関係で前倒し。ほぼ一月早い開催となりました。
例年、夏休み前後ってな印象なのでかなりの違和感。
ちなみにいま時期の名物と言えばご存知(でもない?)グリーンブリアクラシックですが
残念ながら洪水の影響で中止が決定しております。
そんな初日、首位にはウィリアム・マクガートで-6。覚醒したか!?
-3の2位Tにはつい数日前まで日本(石川県)にいたエミリアーノ・グリージョ。OK
同じくジミー・ウォーカー、そして風格すら漂いはじめたジェイソン・デイ。
松山英樹はE、18位Tグループでまずまずのスタート。
ドライバーが左に曲がり気味だったけどよくぶっ飛んでおりました。
と思ったら今週はZR30にかわってSRIXON Z565を投入。
更にパターがオデッセイ。おお。
それもセンターシャフト。(ミルドコレクション#2というモデルみたい)
もっと驚いたのはどこぞのティーショットでロングアイアンを使ってましたが、
バックフェースの感じがどうにもSRIXONっぽくなく何だこりゃ?と思ったら
テーラーメイドのM2ツアーの#3だったそうです。(代わりにクリークを抜いたのでしょうか)
と言ったわけでこのヒトにしてはかなりのセッティング変更。
塚田陽亮は+8、松村道央+9。2日目以降の奮闘に期待。

[長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ]
2日目。いいなー千歳。北海道でゴルフしたいっす。
首位にはクロンパと谷原。2打差に木下稜介(知りません)と小西健太アマ。
こちらは東北福祉大の方だったでしょうか。
推薦出場の今田竜二は残念ながら前週のISPSハンダに続いて予選カット。

[バラクーダ選手権]
裏PGA。というか堂々とPGAツアー競技です。
初日、首位にはM・レアード。2位にはG・チャーマーズ、ビジェガス、ウッドランドなど。
岩田寛は47位T。

[アルストム・オープン・ド・フランス]
2日目途中?ってかこちらは例年通りの開催スケジュール。
なのだがブリヂストンと丸被りとなってしまいました。。
首位にはベルン・ウィスバーガー。昨年のこの大会の勝者。さすがです。
2位Tにはミコ・イロネン、ルーカス・ビエルゴール。
ジャイディー4位Tあたりで見事。先週日本に来ていたデュビッソンが29位Tくらい。
マキロイ(こっちに出てたのね)、カイマーなどもここ。
同じく先週日本で9位Tだったハリントンは53位Tあたり。
おっとダニー・ウィレットは112位Tあたりだけど大丈夫かな?

[Cambia ポートランドクラシック]
こちらはUSLPGA。やはり一月くらい前倒し?
ちなみに今週の国内女子はお休みだったでしょうか。
初日、やっぱり昨年勝者のブルック・ヘンダーソンが首位。
上原彩子が5位Tでお見事。横峯さくら26位Tあたりでしょうか。

またまたバラった はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ