de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'しょくぶつ写真館' (Page 5)

ベストやねん!


なんて書いちゃうと、やっと80台でまわれたぜー。
てなことをついつい書きたくなってしまうけれど残念ながらそういうことはございません。
まったくございません。だいたいラウンドすら行けてないっす・・

タイトルはこちら。。
(164)ベストやねん / ウルフルズ
ってなCDが久々に発掘されたのでちょっと聞いてみた次第。
デビュー15周年の記念ベスト(2007年発売)だったみたい。
「バンザイ」「ガッツだぜ!!」「それが答えだ!」などなど名曲多数です。
なかでも私は「ええねん」が大好き。
そして、特に好き。というのでもないのだが妙に印象深い曲が「借金大王」。
むかし仕事の先輩が、酔うとカラオケでこの曲をよく歌っておられたのでした。
それは当時の彼と私にとって、かなり切実な問題でもあったので、
酔っていい気分で歌っていても、この曲のときだけは一瞬酔いも覚めた(緊張した)ような・・・
まぁ懐かしい思い出ですわ。

[全米オープン]
「この先はさっぱり読めませんが、D・ジョンソンかガルシアか、ウェストウッドあたりの
 「メジャー勝てそうで勝ってないヒト」の中から優勝者が出たりするかも。」
などと思いつきを書いたら見事にダスティン・ジョンソンが勝ってくれちゃってびっくり。
(馬券もこんな感じで当ってくれるといいのだが)
悲願のメジャー初制覇。よかったよかったよかったです。
とか言うほど滅茶苦茶好きってな選手でもないのだが、やっぱり飛距離は魅力です。
(誰かが「ボールが痛そう」って解説してたけどまさにそんな感じの変形具合)
そして、どうにもメジャーに手が届きそうで届かない感じが「気にさせる選手」でもありました。
今回もどこかのグリーンでパッティングのアドレス前にボールが動いた云々でハラハラしたけれど、
(結果1打罰だったけど)とにかく文句なしの優勝です。
そんなメジャー制覇もすごいけど、このヒトは2008年のツアー初優勝以来、
何気に毎シーズン勝ち続けてるはず。。
ということも実は驚愕だったりするのだが、わたしの勘違いだったらすんまへん。

にしても、あのボール動いちゃったかも問題はなかなか波紋を広げておりました。
放送途中にもマキロイやファウラーの「嘆き」(ツイッター)の綴りが映しだされてましたっけ。
マキロイは・・
This is ridiculous..No penalty whatoever for DJ.Let the guy play
without this crap in his head.Amateur hour from @USGA
と嘆き、
スピースは・・
Lemme get this straight..DJ doesn’t address it.It’s ruled that he
didn’t cause it to move.Now you tell him he may have?Now?
と嘆き、
そしてファウラーは・・
you boys! The fact that the @usga thinks that DJ caused the ball to move is completely
ridiculous! Laughable!
などと呆れ返っておりました。(スペルミスもほぼこんな感じのまま?)
まぁとにかく勝ててよかったです。DJ。

☆ダスティン・ジョンソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・TaylorMade M2 10.5
・TaylorMade M2 #3w 16.5
・TaylorMade M1 #5w 18.0
・TaylorMade PSiツアー #3~#9
・TaylorMade ツアープリファードEF 54/60
・Titleist ScottyCameron GSSニューポート2
・TaylorMade ツアープリファードX

ちなみに全米OPでは・・
・TaylorMade M1 460 11.0
・TaylorMade M1 #3w 17.0
・TaylorMade ツアープリファードUDI #2
・TaylorMade ツアープリファーMB(2014) #3~#9
・TaylorMade ツアープリファードEF 52/60
というセッティングだったそうです。

2位Tにはシェーン・ロウリーとスコット・ピアシー、ジム・フューリック。
フューリックもピアシーもナイスでした。特にピアシー、しぶくてかっこよかったわぁ。
ブランデン・グレイス、ガルシアが5位T。何気にケビン・ナが7位だったりします。
ジェイソン・デイ、ザックなジョンソンは8位T、宮里優作ちゃん23位Tと大健闘。
2発のイーグル(とその後のダンス)を見て、何故だかいつぞや水巻氏が解説で語っていた
「案外彼は米ツアーとかに行ってた方がもっと早く勝てたのかも知れない」。
という言葉をふと思い出したりいたしました。
そして今回からドライバーがPINGでしたね。皮肉にもそのドライバーだけが不安定だった!?
ように見えたりしたけれど単なる気のせいでありましょう。(というか結果論)

[マイヤーLPGAクラシック]
テコンドーの達人キム・セヨンが優勝。今季2勝目。
2位にはPOで負けちゃったけどカルロタ・シガンダ。
レキシーとコが4位T。野村9位T。B・ヘンダーソン21位T、スーザン・ペターセン25位T。
ミシェル・ウィが56位T。早く復調してほしいわ。

[ニチレイレディス]
終わってみれば申さん大会3連覇。いやはやいやはや。
勝みなみアマは惜しかったけど、なんか滅茶苦茶「上にいるべくして、いる」風な雰囲気でした。
かっこよいね。
9位Tには同じくアマチュアの小倉ひまわり選手。こちらもお見事でした。
そう言えばこのヒトはいつぞや「ゴルフの翼」という番組で川合俊一とラウンドしてましたっけ。
屈託のない笑顔とはきはきした物言いがとても感じのいい方でありました。

んで本日の2枚目。
(165)GOOD TO BE BAD / WHITESNAKE
言わずと知れたホワイトスネイク様。ってかデビッド・カヴァーデール様でしょうか。
こちらも何かの拍子に偶然見つけて「え?こんなのオレ持ってたの」ってな有様だったけど
持ってたんだから仕方がない。どれどれ、と聞き返したらまったく聞き覚えもない・・・。
こりゃ、いつぞや小人あたりがこっそり置いてってくれたんだな!?
などとわけのわからぬ空想をしたような気もするけれど、まぁとにかく。
あらためて聞いたら、なんだーかっこいいじゃん!と再認識。
中でもタイトル曲の「GOOD TO BE BAD」はかっこよい。
他にも「ALL FOR LOVE」がいいっすね。ギターソロがなかなか泣けます。
ちなみにこのアルバムは再結成後!?の初のスタジオアルバムだったようですが詳しくは知りません。
(カバーデール・ペイジ(ジミー・ペイジね)の際に一度解散してたらしい)
そもそもこのバンドはデビ・カヴァとその他バックバンド。
的な印象が強いので解散とか再結成とかいうのも何だかピンときませんわ。
わたしの中では一とき在籍したジョン・サイクスの頃の
「スライド・イット・イン」から、バカ売れした「白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス」
くらいまでが辛うじてバンドと認識できてた頃でありましたけれどまぁいいや。
(とにかくジョン・サイクスが大好きで大好きで大好きだったのです)
話は戻ってこのアルバム。
ギターはダグ・アルドリッチという方で、こちらは長く在籍してたみたい。
かっこいいギターを弾かれる方でありますね。(ルックスもかっこいい?)
と、アルドリッチなんて名を聞くと、いっときこのバンドにもいたトミー・アルドリッジ・・
なんかも思い出したりするけれど、当然無関係なんだろうと思われます。
タイトルは直訳すると「悪くなることは良いことだ」!?てなことになるのでしょうか。
たぶん「ワル(クール?)になるのもいいもんだー」くらいの感じでしょうか。

唐突にアガパンサス。
一昨年の今頃調達したものだったと思うけど今年も辛うじて咲きました。

アガパンサス

この傾きがなんとも実に儚げ。というか気だるそう。。

この傾きが絶妙

ベストやねん! はコメントを受け付けていません。

54度が旬


毎度の植物公園バラシリーズ。今回は・・・

ゴールドバニー

ゴールドバニー。黄色のバラもかわいいねぇ。
フランス御出身。フロリバンダ系。中輪四季咲き。お見事なイエローです。

[日本ツアー選手権]
塚田陽亮(ようすけ)がツアー初優勝!ぱちぱちぱち。
なんて、そりゃもちろん名前は知ってましたけどこれまであまり注目したことなかったりして。。
でも今回改めて見てみて、よーくわかりました。その凄さが。
素晴らしいビッグドライブの持ち主にして、ナイスパット連発な選手だったのですね。
なるほど。なるほど。2勝目もすぐかも。
2位にはマイケル・ヘンドリーと谷原秀人。
イーグルで追いついた時は勝つのは谷原?なんて思いましたけどゴルフは最後までわかりまへんわ。
今回応援していた谷口徹。最終日はやや精彩を欠き残念ながら10位T。
にしてもこのメジャー、何故かしらツアー初勝利がこのメジャー制覇。的な人が多い気がします。
藤本、小平、竹谷、梁(りゃん)、そして塚田。みな日本ツアーの初優勝がこの大会。
(藤本の前年のJ.B.パクもそうかな?)

☆塚田陽亮☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・SRIXON ドライバープロトタイプ 9.5
・Callaway XRプロ 14
・SRIXON ユーティリティプロトタイプ(#2UT) 
・SRIXON アイアンプロトタイプ #3~PW
・Cleveland 588RTX CB  52
・AKIRAプロトタイプ H-158  58
・ODYSSEY ワークスビッグTブレード
・SRIXON Z-Star XV

GolfStyle(vol.87)の撮影当時はどれもプロトタイプってことだったのでしょうが、
このツアー選手権の優勝時では、ドライバーはZ565、アイアンはZ765。となってたみたいです。

[ザ・メモリアルトーナメント]
ウィリアム・マクガートが勝利。こちらもツアー初優勝です。
2位にはPOで敗れたジョン・キュラン。3位ダスティン・ジョンソン。マキロイは4位T。
カナダのアダム・ハドウィンが11位Tと大健闘。

さて、この大会には出場すらしてないけれど・・・
☆チャド・コリンズ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 10.5
・TaylorMade RBZツアー #3w 14.5
・Adams IDEA a7 UT 19.0
・MIZUNO MP-32 #4~#8
・Fourteen RM-22 44/47/52/56/60
・ODYSSEY ホワイトホット2ボール
・Titleist ProV1x

なぜにチャド!?と言っても特に深い理由はなし。
ただウェッジの編成が面白い(PWはおろか#9がない)なー。と思っただけ。
もちろんフォーティーン契約の選手です。

[ヨネックスレディス]
こちらもやっぱりツアー初勝利だったりするポラニ・チュティチャイ。
小さな(細い)身体で見事なゴルフでありました。
2位には上田桃子。3位藤田光里。応援している蛭田みな美アマは単独8位で見事ローアマ。素晴らしい。

[ショップライトLPGAクラシック]
優勝はアンナ・ノードクイスト。こちらもツアー初優勝・・・
なわけはなく、それどころかこの大会2連覇。通算6勝目。
2位には野村敏京。宮里美香が6位T。横峯14位T。宮里藍22位T。上原31位T。

[ノルデアマスターズ]
優勝はマシュー・フィッツパトリック。こちらはツアー2勝目。
2位にはイェンセン、3位コルサーツ。地元勢ではステンソンとヘルグレンが4位Tで最上位。
昨年の勝者アレクサンダー・ノレンは12位Tでした。

[プリンシパル・チャリティー・クラシック]
優勝はスコット・マッキャロン。こちらもツアー(シニア)初勝利!?
2位にはわれらがヒメネス翁とB・アンドレード。

さてさて。
塚田陽亮のクラブセッティングで触れたところの「GolfStyle(vol.87)」。
今月(隔月刊)は国内男女のセッティングでございます。
ほとんど病気?のようにパラパラめくっては楽しいったらありゃしない。
で。ちょっと眺めていてふと思ったのが「54度」。つまりウェッジです。
女子は以前からぼちぼち見かけたけれど、ここにきて男子も使用者が随分増えた気がいたしますわ。
ちょっとだけ挙げてみると・・
武藤(PWと60度の間)、マークセン(PWと58度の間)、ケネディ(50と60度の間)、
永野(Wと60度の間)、手嶋(PWと60度の間)、W.J.リー(50と60度の間)、竹谷(PWと60度の間)、
呉アジュン(PWと58度の間)、貞方(PWと60度の間)、D・オー(46度と60度の間)
・・ってな感じで、ざっと挙げただけでもこんなにいました。
もちろん52/58がいまだに主流ではあるんでしょうけど、こういうのは時代や環境に応じたトレンド!?
みたいなのもあるんでしょうからたまたま今時期だけなのかも知れませんが。
上述のコリンズじゃないけれど、UTはロングどころかミドルのアイアンまで寝食しつつあるわけで、
そうすると6番までUTになって、8番からウェッジ型になっちゃって、旧来からの概念におけるアイアンは
「アイアンですか?バッグに7番の一本だけっす!!」
みたいな近未来が予想されたりはしないでしょうか。(しませんか、そうですか・・)
そうそうトレンドと言えば。
再びフォーティーンのウェッジが国内ツアーを席巻!?なんて予感もしたりします。
プロトタイプ使用者はもちろん、RM-22なんかもけっこうな選手がバッグに入れてるようです。

ところで54度と言えば、かくいう手動も54度は大好きです。
VokeyのSM4をなぜか2本!?バンス8度(WV115)の和物と、バンス11度(MODUS120)の洋物。
後者は35.5インチとやや長めにしてあって、これは以前「ゲームの決断(宮里道場PREMIUM)」
に出ていた野上貴夫を雰囲気だけ真似たもの。(些細だけどでも飛ばないわたしには大事な工夫)
それはともかく。
正直なところ自分のレベルだとSWに58度はほとんど使うことがなくって(使えない、とも言えるけど)
むしろ数ラウンドに一回くらい無性にロブりたくなる!?ので60度のがバッグインしたくなったりします。
バンカーなんかも54度を少し開けば全然簡単に出せるし、グリーン周りも寄せるのが楽。
(とは言え、寄せはピッチ&ランばっかしなので専ら46度か50度しか使わないんだけど)
まぁそこらへんはどういう球筋でいきたいか。(高さとかスピンとかスイングタイプとか入射角とか)
人それぞれなのであります。
うぎゃ

54度が旬 はコメントを受け付けていません。

唐田えりかで・・・安田記念


タイトルの「唐田えりか」さんとは、とある損保のCMに出演している女性。
CMでしか見たことはないけれど何やらとっても可愛らしい素敵な女性です。

アジサイ

そこらへんのアジサイ

そこらへんで咲いてたので撮ってみました。綺麗です。
にしても。もうそういう季節なんだわね。

先だって。
深夜に「ボーダー」という映画を見るともなく見てしまいまして。
おお、アル・パチーノとロバート・デ・二―ロじゃないの!?
え!?そう言えば昔もこの二人が共演して話題になった映画があったっけ・・・
そう。それは「ヒート」なる作品でした。
当時(95年か96年か)、劇場まで観に行ったはずなおだが、とにかく何やら残念な。。
そんな記憶しか残っておりまへん。(そもそもああいうのは共演とか言うのかね?)
だから中身のことよりも「たしかヴァル・キルマーも出てたよなー」(トップガンのアイスマンね)。
とか何とか、そんなことの方が印象に残ってたりする始末。いやはや。
そんなヒートはともかく。深夜たまたま観た(結局最後まで見続けてしまった)その「ボーダー」。
こちらの作品では、お二人はバッチリと見事に共演されておられました。
まぁ内容的にどうなのか!?はともかくだけど
・・どうしたってこのレベルの2人が並んじゃうとね・・何かと難しいよね
デ・ニーロもパチーノもどっちも大好きな役者さんなので久々に見られてよかったわ。
とまぁ当たり障りない感想。
うりゃ

で。何やら残念な。。
と言えば、かのモハメド・アリが亡くなったんだそうで。享年74歳。
わたしの世代では、そのボクシングの強さについては成績以上のことは存じませんが。
(何せ、アリがまともにボクシングをしてるところってほとんど見たことがねーのです)
ただ、世紀の凡戦!?などと揶揄されたアントニオ猪木との異種格闘技戦は覚えてますね。
試合後半、アリは本当に嫌がってたんですよ。猪木のあのアリキック(寝ながらのローキック)を。
ボクシング以外にも人種問題等、色々と話題の多かった方だったと記憶してますが、
とにかく物凄く強かった世界ヘビー級王だった。。
ということで間違いなかろうかと思われます。
ちなみにアマ時代(本名カシアス・クレイ?)は1960年ローマ五輪でライトヘビーの金メダリスト。
でもあったとか思われるわけです。

【安田記念】
◎ モーリス
○ コンテントメント
▲ ダノンシャーク
△ クラレント
△ ロサギガンティア
△ フィエロ

[日本ツアー選手権]
いやはや、ほんとに難しそうなコース&風@宍戸ヒルズ。
3日目終わって首位にはJ.B.パクとパク・サンヒョン。アンダーパーはこの二人だけ。
1打差Eパーの3位に谷原秀人。更に1打差には藤田寛之とアダム・ブランド。
個人的には7位Tの谷口徹に頑張ってほしいわー。

[ヨネックスレディス]
首位にはポラニ・チュティチャイ。
彗星のごとく登場して前週のリゾートトラストで2位!!
ってわけでもなさそうで、ステップアップツアーでは勝ってるみたいです。
今季レギュラーはこれが6戦目。米のアリヤ・ジュタンガンと言いちょっとしたタイ旋風?
2位には馬場ちゃん。嬉しいわぁ。ひっさびさですね。このポジション。
3位には上田桃子と地元でホステスでもある若林舞衣子。
何気に応援している蛭田みな美アマは、藤田光里と並んでの5位Tに。頑張って。

[ザ・メモリアルトーナメント]
ありゃりゃ。松山英樹が今季2度目(ってたったの・・)予選落ち。
棄権はたくさんあったけど予選カットは本当に珍しい。
一昨年優勝のこの大会でもあり、尚更意表を突かれた感が。
まぁともかく。首位にはブレンダン・スティールとマット・クーチャー。
ミスタートップ10なクーチャーもここ数年勝ててはないからそろそろでしょうか。
3位Tにはエミリアーノ・グリージョとゲーリー・ウッドランド。
岩田寛は怒涛の5連続バーディーで予選通過。62位T。
リッキー・ファウラーも少々元気なく予選カットでした。

[ショップライトLPGAクラシック]
初日。宮里藍が首位発進。わぉ!
同じく-7にはアンナ・ノードクイストとポーラ・レト。
野村4位T。横峯15位T。上原26位T。宮里み)59位T。
ぜんぜん関係ないけれど。
今季はミシェル・ウィもスーザン・ペターセンも元気がないですな。

[ノルデアマスターズ]
ただいま第3R中。首位にはマシュー・フィッツパトリック。
今季はマスターズでの7位T(松山と同じ)が光るものの、ほかはいま一つ。
2位には地元アレクサンドル・ビョーク。
3位Tにはスコット・ヘンリー、アンドリュー・ジョンストン、ロス・フィッシャー、コルサーツ。
きたきたきた。昨年この大会の勝者、地元アレクサンダー・ノレン。ただいま7位あたり。
同じく地元のヘンリック・ステンソンは10位Tあたり。

[リージョンズトラディション]
なんて、もう数週前の大会だったりして。
チャンピオンズのメジャー初戦。なのだが完全に忘れておりました。とほほ
それも、よりによってベルンハルト・ランガーが勝っちゃったりした大会だったのに。。
(どうにもメジャーって感じの大会名じゃない気がして見落としがち)
というわけで優勝はランガー先生。いやはや今季も好調。
アンカリング禁止もどこ吹く風。胸から少しだけグリップを離してるだけだけど、
コロンコロンとボールはカップに転がり落ちておられます。
2位にはオーリン・ブラウン。3位Tにはトリプレット、シンデラー、アーマーⅢ。
ジョン・デイリーは38位Tあたり。
ちなみに今週のチャンピオンズは、プリンシパル・チャリティー・クラシックです。

脈絡なく。。

最近のペコちゃん

昨今のペコちゃん。夏らしい装いに。

んで再びタイトルについて。
ほんとは「大地真央だし・・・」にしようかとも思ったのだけど、
寸前に損保のCMを見ちゃったもんだから、あっさりと変更。
特に大地さんに深い思い入れはなく、何となく語呂がいいかな、と思っただけでした。
そんな大地真央だけど、最近は朝ドラマで二百年続く老舗材木商のおかみさん(で主人公のお婆様)役。
ってか大地真央がばあさん役かよー。何だかなー。。
などと同ドラマのピエール瀧ふう!?の言い回しと共にふと思ったりした次第です。
とは言え。そんな大地真央も実はもう還暦だったりするんだそうだから、あらららら。
あの美しい容姿にして60歳!?
無理な老け役作りはしてるけど、あの美しい顔立ちと肌の質感はとても還暦のそれ・・・とも思えず。
とにかくこの方は、超・宝塚級!?ってな感じがします。
その顔立ちの造詣の完璧さと言うのか、圧倒的な整い方とでも申しますか。
とにもかくにも大変お美しい方でございますな。
話は全然違うけど、わたしが子ども時分のじいさんばあさんってなイメージみたいなのと、
昨今の高齢者の方が有する見た目や雰囲気みたいなのとでは、
軽く10歳かそころのずれ?というのか隔たりがあるような気が致しまふ。
でへぇ

唐田えりかで・・・安田記念 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ