de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Page 1034

むろランディングBOY誕生(第二話)

7月 22nd, 2010 Posted in 題名の無い連載小説 Tags: ,

「おはようございまーす!」と、朝の挨拶をして、室井三郎の1日が始まった。
そこまで書いて手動は手を止めた。
「きーきききき・・・・」
意味もなくクルル曹長風に笑ってしまう。

手動。手動米乃舞。でどうまいのぶ。
世間に認識されているこの名前は嘘偽りなき本名である。
恐らく大半の読者はペンネームくらいにしか思っていないのであろう。

それにしても、でどう、でどうまいのぶって….。
どうなんだろう、こんな名前って。

幼少の頃から幾度となく思ってきた、この名前の奇妙さだが
そんな疑問もせいぜい5分かそこら考えると
「べつにいーか、誰に迷惑かけるわけじゃなし」
で終わる。
これは名前に限ったことではなく、手動にとって大抵のことは「5分」でタイムアウトするのだ。
諦めが早い。良いのか悪いのかはわからない。
とにかく5分しか悩んでいられないのだ。

それにしても手動。
しゅどう?マニュアル?
つまり手が動く、ってか?
おいおい・・・・冗談じゃないって。

物書きを生業にしてまだほんの2年。
でも手はまったく動かず筆は進まない。
実績はおろか図抜けた才能など微塵も感ぜられない手動だからこそ、がりがりがつがつと量を書くべきだろう。
手動自身、そのことはよくわかっている。
でも書けない。
「なぜ書けないのだー」と、やはり5分も考えればそこで終わってしまう。
「まぁ、いっか・・・」

他人が見れば明らかな転身ミスであろう。
以前は鉄鋼系機械メーカーに勤務していた。
でもいいのだ。とりあえず好きだし。
「もの書きやってるっす」
と言い切れるそんな自分が大好きなのだ。
そう、手動はナルシスくんなのだ。
きーきききき・・・・
と再びクルル曹長のように笑ってしまう手動。

これからは電子書籍が流行るらしい、とは知人の松玉宏松の一言だった。
一瞬心が動いた。
でもすぐに気付いた。
書籍で売れてない自分がなぜに電子書籍なら売れるのだ!と。
やっぱ紙、紙。やっぱ文芸春秋あたりにどっかーんと連載してみたいじゃん!ねぇ?
って。

そんな不純な、いやある意味で純粋すぎる自分が大好きな手動、
まぁとにかく、そんな不埒な間の抜けた思いから着想した「室井三郎シリーズ」。
今度こそ、きっかけをつかもう。自信がある。何だかわからないけど今度はいけるぞ。

主人公である三郎のキャラクターはごく自然にイメージできあがっていた。
とにかく「うじうじしたやつ」。ここだけは譲れない。(なんでだ!)
けれどその先が続かない。
続かないどころか、そもそもこの小説のタイトルすら浮かんでないではないか。
あらあら。
でもきっとまた5分も考えれば「何か浮かぶんじゃねーのー」と舐め切る手動である。

しかし、そんな彼の舐め切りから生まれた「三郎」という架空の男が
まさか、そお遠くない将来にあんな空前絶後の惨劇を自らにもたらすなどとは
もちろん知る由もない手動であった。

おっと。タイトルが閃いたぞ。
むろランディングBOY。
我が故郷、室蘭にランディング(着地・着陸)した「うじうじした」男の物語。
うん、これでいいだろう。(意味わかんねーけど)

きーきききき・・・・
再び手動は笑いを漏らした。

むろランディングBOY誕生(第二話) はコメントを受け付けていません。

第1話

7月 21st, 2010 Posted in 題名の無い連載小説

「はぁ・・・ なんかいいことないかな・・・」

霞のような白い煙のたちこめる狭い喫煙所の中で、2本目の煙草に火をつけて、
どこか外国の綺麗な青いビーチの写真がついているカレンダーを見ながら、
今日も室井三郎は「なにか・・・いいこと・・・」と1人呟いている。

彼は人生で何回この言葉を呟いたのだろうか。
時には天を仰ぎ、時にはうなだれながら、何度と無くこの言葉をため息まじりで
呟く三郎は決して不幸なわけではない。

普通のサラリーマン家庭に生まれ、普通の義務教育をうけて、いじめたりいじめられたり
することもなく、不良や非行にはしることもなく、普通に受験勉強をして
普通の国立大学に入学し、親のコネで普通の企業に勤めることができた。
学生時代は普通に女子にもモテてたし、普通に恋愛をして普通に結婚することもできた。
そう簡単に倒産する企業ではないし、毎年2回ボーナスも支給され、年功序列で昇給し
家族には社宅も用意してくれる。

この不況のご時世。第三者からみればとても恵まれた環境であることも三郎は理解しているし
いま自分が置かれている環境に不満はない。

しかし、三郎の心は満たされていない。

最近、胃袋が飛び出るほど、大笑いしたことがあるだろうか?
最近、声も涙も枯れるほど、大泣きしたことがあるだろうか?
最近、夜も眠れなくなるほど、ドキドキワクワクしたことがあるだろうか?

「俺って、いつから笑ってないんだろう?」

ヤニで茶色くなった天井をみながら、無意識に3本目の煙草に火をつけた直後に
業務開始のチャイムが鳴った。 あわてて煙草をもみ消し、職場へ駆け足で戻り
「おはようございまーす!」と、朝の挨拶をして、室井三郎の1日が始まった。

第1話 はコメントを受け付けていません。

やっぱり多摩川は・・・

7月 20th, 2010 Posted in 最近のできごと Tags: , ,

お久しぶりです。でどー(de-do)2号です。

しかし、梅雨があけて、本当に暑いですねー。
東京暑い。熱帯?亜熱帯?
むろさんの町、室蘭は少しは涼しいのでしょう。この時期は、羨ましい限りです。

今日は、以前日記に書いた”多摩川”について書きます。

熱帯魚が蔓延る、その名も東京のタマゾン川。
今年は、「コクチバス」が異常に増えているそうです。
※.コクチバスは、ブラックバスの仲間です。オオグチバスのほうが、有名かもしれません。

多摩川では、2007年に初めて確認されたコクチバス。突如、最近稚魚が大量に調査用の網にかかったのだそうです。
もともと居ない魚なので、誰かが放流しちゃったのかな・・・・。

バスの放流は、かなり昔から問題になっていて、バス釣り愛好者が放流して釣り場を増やしているということもありました。
今は、放流は”NG”ってことが、叫ばれているので、よほどのお○○出ない限り放流しないとは思うのですが、ホントのところは分かりません。

このままだと、ほんとに在来種がいなくなってしまいます。
稚魚が大きくならないうちに、駆除できればよいのですが・・・。

バス釣り愛好者のみなさん
多摩川のバスを釣って下さい。
けしてリリースしないようにお願いします。

やっぱり多摩川は・・・ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ