de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Page 888

トリカブトの仲間 in 釧路湿原


こんにちは、でどー2号です。

撮りためていた植物写真 第2弾 

釧路湿原で撮影したものですが、ちょっと種類に自信がありません。 

が、特徴などを考慮すると 

トリカブト(毒がある植物で有名ですね。昔、殺人事件がありました・・・。)の仲間だろうとの結論になりました。 

さっそく写真を 

 
トリカブトの仲間

トリカブトの仲間

 

キンポウゲ科トリカブト属 

種類は特定できず 

キンポウゲ科トリカブト属は、30~40種あるそうです。 

アップもどうぞ 

トリカブトの仲間 アップ

トリカブトの仲間 アップ

 

殺人事件を知っている年代のでどー2号とっては、”毒”があることだけがインプットされていましたが、普通に、自生していることを知って驚きでした。 

また、園芸店で購入できるもの・観賞ようのものもあるようですので、これまた驚きです。 

おまけに、展望台で撮った釧路湿原の写真をアップしておきます。 

ちなみに、展望台の横から湿原に降りていく道があります。 

釧路湿原 展望台より

釧路湿原 展望台より

 

釧路湿原と言えば、日本最大の湿原ですね。ラムサール条約にも登録されています。 

昔、湿原を農地化する試みもあったというから驚きです。 

それに、日本最大の淡水魚 「イトウ」 が生息しているんです。 

イトウはサケ科の魚です。子供のころに、釣りキチ三平で知りました。それ以来ファンです。 

じゃーん 

幻の魚 イトウ

幻の魚 イトウ

 

関係ないけど、いつの日か、「イトウ」を釣るのが夢・・・のでどー2号です。 

トリカブトの仲間 in 釧路湿原 はコメントを受け付けていません。

ナン多過ぎ

5月 14th, 2010 Posted in すすめ!の学問 Tags:

日本は大きな壁にぶつかってる、多数の方が眉間にシワ寄せそうおっしゃる。
そうなのかも知れないしそうじゃないかも知れない。
私にはよおわからんです。すまん。

人も生きてりゃ世も変わる。でも大して変わってもないかー。

欲しがりません、勝間なんか。もとい、勝つまでは。

借金してでも欲しがります。だって皆が持ってるんだもーん。

特に要らないなー。別になくても死なないし。(老後が不安だからね…貯金でもするわ)

たかだか数十年の中での流れでもこんなである。
どれでもいいよ。飽きたらまた違うことに向かっていくんだし。

必要なもの、なきゃ困るものは当然売れる。
なくても困らないけど誰かが「売れるぞ」と企んだものはどうか。
マスメディアが大々的に伝えたらとにかく売れるのか。今はそういうことでもないらしい。
(売りたい企業の側がその神話に懐疑的になり始めてるのはテレビを見てるとよくわかる)

前者に携わってそこで生計を立てる人は日本では圧倒的少数。
後者(ものすごく多岐にわたるけれど)は大多数。
だからしんどい。
だって皆もう「別になくても死なないし」と思ってるのだから。
でも前者の少数が「かったるいからもう止めまーす」と言ったらどうなるか。
飢えるね。

「パーソナル」を補完する(孤独に耐える)、かのように錯覚させられるものもある世代でよく売れるらしい。
さらに人同士が繋がりをもつための何らかの手段や方法も売れるらしい。

一見アホらしく思えるけど
結局「一人で生きてくのってすんごくしんどい、辛い、寂しい、切ない」んだよ。
ってことがしみじみと染みてる、のか。

ソーシャルでもコミュニティでも何でもいいけど
そろそろ「本気で」人同士が繋がっていけないとまずいな、って思い始めてるのか。
いや、そおでもないか。

でも間違いなくこの国の問題の根っこって気がするなー。
(これってコスト掛り過ぎるよ)

繋がるに際して「金ないから」「仕事ないから」ばかりじゃ困る。
金がないなら働け。仕事がないなら仕事も作れ。四の五の言うな。

自分の我儘と他者の我儘を相殺しろ。お互い様だ。苦しめ。楽しめ。耐えろ。慈しめ。
そして学べ。
経世済民。

チキンカレーが美味かった!でもナンが多過ぎ。あんなに要らない。

ナン多過ぎ はコメントを受け付けていません。

おのまとぺ

5月 14th, 2010 Posted in すすめ!の学問 Tags:

例えば動かそうとするやつと(自分の手元で)止めようとするやつが拮抗した状態。
何も考えずただ入ってくるものを回し続けた時代と
いろいろ考えては塞き止めようとする時代。
循環をしない時代。経済合理性がどんな自然にも優先する時代。

そんな経済好きな人には「日本」という会社はどおだ。
ヒトの頭数が単純に生産性(成長性)と比例しない産業を興してみよ。
少子化なんて恐るに足りぬ。
この国の隅々におわす多くの元気な爺さん婆さんをとことん使い尽くすなんてどおだ。
日本そのものがまるでどこぞの検索エンジン企業化して世界をまるごとスポンサーにしちゃうんだ。
そんな「日本という会社」に勤めてる貴方を想像してごらんよ、
そんなんde-doよ。

おのまとぺ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ