de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Page 936

鳥辰は凄いね

8月 17th, 2010 Posted in 室蘭を食べる Tags:

久々に鳥辰(本店)に行って来ました。

ちょいと遅めの20時入店でしたが、平日にもかかわらずほぼ満席!
老若男女がワイワイと賑わうなか、店員さんが元気な声で店内を駆け回ってましたよ。

お店の外は閑古鳥がないてる元アーケード街なんですけど
店のなかはもう別世界のように明るく賑やかでした。
「鳥辰凄い!」の一言に尽きます。

今回はいろいろ食べたんですけど、ここに来たら必ず食べる豚精・レバー・シロは
既に写真とってあるので割愛しちゃいました。

いままで私が鳥辰で食べたメニューのお写真がキニナル方は
コチラのページでご確認くださいませー

で、いままで食べたこと無かったのがこの「揚げだし豆腐」です

揚げだし豆腐

豆腐は食べやすい大きさで、サックリと揚がってました♪

タレに浸かった下半分とサクサクの上半分の食感がたまらなくいいですね!
熱々のうちに早く食べましょう!! 早く食べないと衣がふやけて剥がれちゃいますよ^^;
(でも、やけどに注意ね♪)
お値段600円と少々お高めですが、食材よりも手間賃が高そうなきがします^^

お次の写真はトントロと鳥精肉です

左側がトントロ 右側が鳥精肉

鳥辰のタレはとっても美味しいのですが、食材の味を堪能するにはやっぱり塩ですね。

独特な食感のとてもジューシーなトントロと、やわらかい鳥精肉。美味しい!!

うん。
いいね。鳥辰!
味とお店の雰囲気、ともにバツグンの安定感があります!!

不景気といわれ続けている室蘭ですが、鳥辰の店内は不景気を感じさせません。

 

そんなこんなで1週間ぶりに室蘭に帰ってきましたが・・・

いいね。室蘭!

札幌みたいな都会もいいけど、やっぱり落ち着きます。「あずましい」です♪

(注)
「あずましい」とは「居心地が良い」の北海道弁ですよー

鳥辰は凄いね はコメントを受け付けていません。

人よし味よし 桑名さん

8月 15th, 2010 Posted in らーめんDo Tags: ,

今日で札幌滞在も終了です。
明日から仕事かと思うともう・・・( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
などと思いながら、またラーメン食べてきましたよ^^

数日前に行ったばかりですが「桑名」さんに行ってきました。
そして、このお店でとても心温まる思い出ができました♪

病院へお見舞いに行ったときに、病床の義母が「ラーメンが食べたい」というので
さすがにラーメンは食べさせることはできないけど、チャーシューなら一口もって帰ってきて
食べさせてあげれるかなぁと思って、病院の近くにある桑名に行ってラーメンを食べて
チャーシューの持ち帰りができないか交渉してみようと思ったのです^^

混雑時を避けて14時頃の入店。先客はいませんでした。
前回来たときにいたチャキチャキ系の年配女性が居なかったのですが
カウンターの端で、休憩している年配の男性がいました。
「へい。いらっしゃい!」と威勢の良い言葉で厨房に入りスタンバイしはじめました。
たぶんこの方がマスターでしょうね^^

今回は「塩」と「とんこつ」を注文することを事前に決めてたので
カウンターに座って注文をしたところ、女性の店員さんから
「あれ?先日もいらっしゃいましたよね?」と話しかけられました♪

いやはや・・・ この一言、とっても嬉しかったです !

嬉しかった私は「はい!先日、味噌と正油を頂いたので、今回は塩と豚骨を食べに来ました♪」
などと2~3言、会話をしながら店内が少しにぎやかになってくると、マスターが「そのとき、俺いたか??」
会話に入ってきました♪ 「いらっしゃらなかったです」と私がこたえると、マスターは「じゃあ、姉のときか」
と言ってたので、納得。 ご夫婦かと思ってましたが、姉弟だったのねー。

いい感じに、店内の空気が和やかになりました♪
この会話の流れで、入院中の義母の話を少ししてチャーシューのお持ち帰りについてきいてみました。
すると、メニューには載ってませんでしたが、100グラム350円で販売しているそうです。
あと、具材をフルセットでお持ち帰りできるラーメンもオススメされましたが、病院では調理できないので
100グラムをお願いしました。 これで義母も喜びます♪

そんなこんなで、毎度毎度のことで前フリが長くなりました^^;

ほい。
こちらが私の注文した「とんこつらーめん+チャーシュー」です。

とんこつラーメン+チャーシュー

ん? 黒い・・・
よーく見てみると、黒い油でした。マー油ってやつでしょうね。

ここのスープはとても丁寧に下処理をされていることがよくわかります。
濃厚ながらも臭みの無い豚骨スープにマー油の香ばしさがプラスされて美味しかったですよ♪
非常に深~い味わいです。
麺を食べた後に、ご飯をドボンと投入して食べたくなるほど、とても美味しいスープでしたよ。

ほいほい。
次は嫁が注文した「塩らーめん」です。

塩らーめん

おぉ~
ラーメンの「塩」といえば透き通るスープのイメージなんですけど、
桑名のラーメンはとんこつベースのスープなので、真っ白ですね^^

一口味見させてもらいましたが、とてもクリーミーでマイルドな口当たりで、濃厚な豚骨スープです。
スープの上にうっすらと油膜みたいなのができてるのですが、これぞまさに豚骨からでたコラーゲンですね!

塩らーめんのほうがシンプルなコク深い豚骨スープを味わえるので、個人的にはこっちのほうが好きでした^^

 

食べてる最中に、マスターから「あ・・・病人に食べさせるってことは、そんなに量は要らないのかい?」
と確認されたので、「はい。一口食べれば満足しますので、少しでいいんです」と答えたら、しばらくして
マスターが袋に5~6切れのチャーシューを入れて持ってきてくれて・・・

   「これ、お母さんに持ってってあげな。俺からのサービスだ」

と、言ってくれました! あぁ・・・男気を感じるお言葉・・・感動しました。 嬉しくて泣きそうになりました。

嫁と2人で「ありがとうございます!母も喜びます!」と感謝の言葉を連呼してたらマスターが
「いいからいいから。またうちのラーメン食べに来てくれよな」と照れくさそうに言う背中が
ものすごくかっこよかった!!

 

 

結局、喜び勇んで義母に持って帰ったのですが、体調がすぐれず食事を一切受け付けない状態に
なってしまって、義母に美味しいチャーシューを食べさせることは叶いませんでしたが・・・
桑名の店員さんとマスターの男気ある優しさに触れることができたので、札幌滞在中の
ステキな思い出ができてとっても良かったです♪

また札幌に来た時は桑名に行きたいと思います!!
時計台前店では、旭川から皮を取り寄せて作ってる特製の餃子があるそうですので
こちらにも行ってみたいです!!!

高田屋 (札幌)

8月 14th, 2010 Posted in 室蘭を食べる Tags:

「室蘭を食べる」のコーナーですが、本日も札幌よりお送りしております^^;

夜遅くに用事が終わり、お腹が空いたので近くの居酒屋でご飯を食べましたよ。
お店の名前は「高田屋」です。
東京でも聞いたことのある全国チェーン展開している、蕎麦がウリの居酒屋です。

この日はモウレツにお腹が空いてて、お米が食べたい気分だったので
オススメの蕎麦は無視して、海鮮丼をオーダーしました♪

値段は忘れちゃったんですけど、800円でお釣りがくるくらいだったとおもいます^^;

海鮮ちらし

う~ん・・・ ショボイ・・・
正直、居酒屋のご飯ものは期待せずにハードルは下げてたんですけどね~
下げたハードルをさらに下回る残念なネタした^^;

海鮮ちらし どあっぷw 確認のため、ドアップにしてみましたが・・・

「よくまぁ、こんなに薄くネタを切れるものだわ」と感心するくらいペラッペラなネタでした。
これ以上のコメントは差し控えますね^^;

こちらの串焼きは、絶妙な焼き加減で美味しかったです。

串焼き

左から2串ずつ、鶏もも・エリンギ肉巻き・アスパラ肉巻き です。
味は塩で注文して正解!

お次は「チーズつくね」です。

チーズつくね

つくねの中にチーズが入ってると思いきや・・・普通のつくねにとろけるチーズがのっただけでした^^;
で、
このつくねのタレが・・・・しょっぱい!!!
お酒のツマミとして食べるなら、辛うじてお酒で流し込めるとおもうのですが・・・
こんなにしょっぱいタレは初めてです。確実に身体に悪そうです・・・

さきほど頂いた串焼きは塩で正解でした♪

高田屋で串焼きを食べるときは「塩」にしましょうー!
ご飯ではなくって「蕎麦」にしましょー!!

居酒屋で普通に夕食を食べるというのはリスク(満足できない)が伴うのね・・・
と改めて実感した日でした。

高田屋 (札幌) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ