de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Page 996

「一平(學亭)」で やきとり♪

3月 1st, 2011 Posted in 室蘭を食べる

今日から3月ですか・・・ 年度末ってやつですか・・・
お仕事されているかたは、何かとお忙しい時期かと思いますが、頑張りましょうねー
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

っていうか、今日はいきなり雪が降って一気に冬景色に戻っちゃいましたねー
どうも^^ むろさん です。

一平ハシゴ企画の続きですw

「一平(學亭)」さんですですよー^^
室蘭工業大学からみて一平(工大前店)の直ぐ下に位置しております。
「なかよし(工大前店)」さんの右隣りです。

一平(学亭) お店外観

コチラの一平は新聞広告とかラジオなどでよく見聞きしてる「小銭マーク」がシンボルのグループです。
札幌にも出店しているみたいですよー
余談ですけど、私がこの近所に住んでいた十数年前、ここは「こよし食堂」っていうのがあったんですw

さてさて、
「さっき行った一平(工大前店)と何が違うのかなぁ?」と、楽しみにしながら一平ハシゴへゴー!
…((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

入店してまず思ったのは、店内がとっても明るい!内装もとってもお洒落でキレイといった印象です。
やきとり屋さんだけども、換気設備が素晴らしいのか、ぜんぜん煙たくありません。
そして、お客さんがいっぱい!客層も若い人が多かったですね。

混んでるせいか、お店に入っても誰も案内してくれなかったのでそそくさとカウンターに座り込むと
焼き場で大量の焼き鳥を焼いてるオニーサン(店長?)が「いらっしゃいませー」と言ってくれました。

食べ比べのハシゴ企画なので、さっき行った一平(工大前店)と同じものを注文してみましたよw

それではお写真行ってみまSHOW♪
あ、そうだ。
一平(工大前店)さんは、やきとりを注文するときは1皿(4本)単位となっていたのですが
一平(學亭)さんは、1本単位で注文できます。
なのでお腹の満たされ具合を考慮して2本ずつ注文しましたよ^^

まずはー 「豚精肉」です。

豚精肉(タレ)

まずは、見た目・・・キレイです。器と置き方に拘りがありそうです。
お味は・・・美味しかったです♪ お肉は結構肉厚なのに柔らかかったです^^
ちょっと脂身が多かったかなぁ・・・それはそれでジューシーなのでOKなんですけどね^^;

タレの味は、ほぼ「一平(工大前店)」と同じように思えたんですけど、
サラサラ感が學亭さんの方があって、味もアッサリな印象でした。

続きましてー 「鳥精肉」です。

鳥精肉(塩)

これまた美味しかったですよ。
肉質感のある工大前店さんと比べて、學亭のほうはフワっと焼き上げている感じがしました。

続きましてー 「レバー」です。

レバー(タレ)

このレバー、工大前店よりも柔らかくって私は好きでした♪
ミディアムレア状態なので、少々臭みはありますけど、レバー好きにはGoodなお味ですw

続きましてー 「ぼんぼち」です

ぽんぽち

これは、工大前店さんには無かったんですけど、珍しくて注文しました^^
「ぼんぼち」って、東京では「ぼんじり」って呼ばれてて、尻尾の部分で
脂がとっても乗っててプリプリな食感が美味しいんです♪
「ぼんぼち」は塩がオススメだなぁ~

最後はー 「チーズつくね」です。

チーズつくね

工大前店さんよりも、ちょっと小ブリですね。
焼いてるときは芯(割り箸)が付いてたんですけど、提供するときに抜いてくれるんですね^^
ケチャップと洋からしで食べるスタイルは同じでした。

チーズつくねでちょっと残念だったのは、ちょうど焼いている光景がカウンターから
見えてたんですけど、焼いてる最中に、中のチーズがドロドロ大量に流れ出てたんです。
そんな光景を見ながら「あぁ~落ちてるよぉ~もったいな~」と思ってました^^;

で、お味は・・・美味しかったですよww
挽肉の荒挽き具合が、工大前店さんより粗めなので、お肉の感じがとっても強くて
ハンバーグに近い印象ですね。 個人的には工大前店さんの方が好みだったかな^^
中のチーズは美味しかったんですけど、心配していたとおりかなり流れ出てしまって
空洞が目だってしまって「もっとチーズが入ってたはずなのになぁ」ちょっと残念でした。

最後に・・・今回ちょっと「?」マークがついたのは、お通しです。
私が思う「お通し」って、アルコールを飲む人に提供されるものと思ってたんですけど
私はビール、嫁はウーロン茶だったのですが、お通しが2つでました・・・
お会計時にレシート貰って確認したら、ちゃんと2つ分(200円)計上されておりました^^;
ちなみに、工大前店では1つ分だけの計上だったので、學亭はお通しというよりもテーブルチャージ
という感じで座ったら無条件についてくる物なのかもしれませんね^^;

少々辛口コメントが混ざってしまいましたが
一平(學亭)」さんは、焼き方と盛り付け、店内レイアウトにも拘りを感じるいい店だと思いました♪

 

そんなこんなで・・・ 今回の思いつき企画「どっちの一平が美味しいか?」という疑問の答えは!

どっちも美味しい!!!  ですwww

あー なんかベタなオチだわねぇ^^;
でも、正直、同じ一平の名前でもそれぞれに特色があって、どっちが美味しいか?なーんてことは
決めることはできず、やはり好みの問題かと思っちゃいましたねw
実際にお店に行ってみてご自身で好みを確認してみてはいかがでしょうか?
(ちなみに私は、落ち着いた雰囲気の工大前店の方が好きかなぁ^^)

最後に、10年前の記憶が少々影響していますが、
恐れずに私の個人的主観による感想を述べさせていただくとー

一平(工大前店)は、昔ながらの一平の味を守り続けている、
落ち着いて安心して美味しい焼き鳥を食べれるお店。という印象です。
家族とゆっくり食事をしに行くならコッチかなぁ~って感じ^^

一平(學亭)は、昔ながらの一平の味を継承しながらも、
「室蘭やきとり」を広めるためにチャレンジ&進化し続けるお店。という印象です。
室蘭以外からお客さんが来た時に連れて行くならコッチかなぁ~って感じ^^

看板は別れても、どちらも「室蘭やきとり」を守り伝えている素晴らしいお店だと思いました。

「一平(學亭)」で やきとり♪ はコメントを受け付けていません。

ユメピリカあり遠方より来る、また美味しからずや


にゃおー。

こんばんは。本日は手動家の夕食を御紹介。
ってね。実は敬愛なるむろさんから色々頂き物をしちゃったものでついつい。

素材も良けりゃ調理も見事。
むろさん、本当にどうもありがとう。de-do#2にも心から感謝。

ってわけで先ずは「ゆめぴりか」。早速頂戴しましたよ。
残念ながら茶碗によそった炊きたての御飯は撮ってないけど、つやつやでぴっかぴか。
甘みもあって本当にうめー。
(ちなみに写真右下は「むろらん昆布の粉」ってやつです)

で、本日のおかずたち。


手前左の大皿はポトフ。じゃがいもが2種類使われてます。

この「じゃがいも」もむろさんからの頂きものね。
手前の黄色いのがむろさんお薦めのインカの何とかさん、です。
まるで栗みたいでほっくほくでしたよー♪(と、ややむろさん風に)
ちなみに右奥はお好み焼き風卵焼き。上の小皿は白和えね。
言うまでもなくどれも美味し!

続いて最後に(さすがにまだ食してはないけど)
「室蘭産こんぶ」だーす。Yeah!!

その他、味噌なども頂いております。
まぁとにかくどうもありがとうね。むろさんと幸せな北海道食材たちに感謝。

前人未到の早業~♪お腹が減っては負けですー。(ケロケロ)

って歌もあるしね。
美味しいものはいっぱい食べなきゃ。

美味しい食べ物はただそれだけで、どんな巧妙な屁理屈よりも、
それはあまりに真っ当で突出した説得力をもつ「幸せの源泉」の一つです。
ねー?

「一平(工大前店)」で やきとり♪

2月 28th, 2011 Posted in 室蘭を食べる Tags:

1週間くらい前の話になりますが、一平で「やきとり」を食べに行きましたよ♪

室蘭工業大学の近くにある一平なんですけどね・・・何故か2つ店舗があるんです!!
なぜ至近距離に2つも一平の店舗があるのか・・・看板も微妙に違うし・・・謎です・・・
ネットでちょっと検索したら、いろいろ噂が書かれていて、もっともらしい話も見つけましたが、
真実かどうかはわからないので、この場では触れないでおきましょう。

同じ「一平」の文字でも看板が違う店舗が2つあるってことは「わけがあって、わかれた」
という事実だけはよくわかりました^^;
私、10年ぶりくらいに室蘭に帰ってきて、まさかこんな状況になっているとは
思いもよりませんでした・・・

でね・・・
この不思議な状況を見て私は何を思ったのかといいますと・・・
「一平をハシゴして食べ比べしてみよう!」
ってねw

「まぁ何があったかなんて詮索したってしょうがないじゃん?」
「美味しいやきとりが食べれればそれでいいじゃん?」
ってねw

我ながらアホな食べ歩き企画に呆れる嫁を巻き込んで、行ってきましたよー♪
まず最初に行ったのは「一平(工大前店)」です。

一平(工大前店) お店外観

このお店は大学側に近いお店で、この店構えは10年前に私がいったことのある
昔からある一平です。

お店に入ったら、若者(9割は工大生だよなぁ)がたくさんいて賑わっていました^^
焼場から元気よく「いらっしゃいませー!」と声をかけてくれたオニーサン(店長?)は
私が10年前に来たときと同じ人でした! 10年以上、ずーっとお店で頑張ってたんだなぁ
と思うとなんか嬉しかったです。このオニーサン(店長?)は、とっても元気が良くって
スポーツマンっぽいカッコイイ人なんですよー。(って、私は直接面識ありませんけどね^^;)

昔を思い出しつつ、定番のやきとり等を食べたのでズラーっとご紹介♪

まずはー 「豚精」です。

豚精(タレ)(ピンボケしてた;;)

懐かしい味でした。これぞ「一平」のやきとり!って思いましたね。
食べるほどに10年前の記憶が蘇ります^^
そして・・・タレ! 10年前と全く変わってなくって美味しかったですよ♪

続きましてー 「かしわ」です。

かしわ(しお)

「かしわ」とは鳥のことですよ。ちなみに私が「かしわ」と呼ぶのを初めて知ったのはこのお店です^^
鳥の旨味がギュっと詰まってて、肉質感がありながらも柔らかいお肉でした。

続きましてー「レバー」です。

レバー(タレ)

焼かたの問題かな・・・ ちょっと固かったかなぁ^^;
でも、臭みがなくって美味しいレバーでしたよ。

続きましてー「焼おにぎり」です

焼おにぎり

「焼おにぎり」は10年前、彼女(今の嫁)とデートで一平に来ると必ず食べてた思い出のある一品です。
当時の記憶ではもうちょっと大きかった印象だったのですけど、記憶はちょいと曖昧です^^;
丸々なおにぎりにタレを塗って表面はカリっとなかはフワっとしたおにぎりになってます。
そして、具はチーズなんです♪ とろーりとろけるチーズの香りと焼き目がタレの香ばしさがGood!
嫁も大満足していました♪

あ・・・残念だったのが、お味噌汁です。
いわゆるレトルトというか市販されているお味噌汁(永○園の「あ○げ」)の味でした^^;

最後にー「チーズつくね」です。

チーズつくね

これがもう・・・美味い!
フランクフルトみたいな見た目でボリュームも満点。
美味しい鳥のつくねのなかにはたっぷりとチーズが入ってます。
写真からもわかりますとおり、先っぽからあふれ出てるチーズがたまりません。
ケチャップと洋がらしをつけて食べますが、私はそのまま食べるのが好きです♪

あー食った食った♪ 美味しくってついつい食べすぎちゃいましたw
「あ・・・これから次の一平に行くんだった・・・」ということに気がついて、
ソソクサとお店をでて、お隣の「一平(学亭)」へと行きましたよw ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
「一平(学亭)」の感想はまた後日書きますねー^^

そんなこんなで「一平(工大前店)」は、昔ながらの一平の味をそのまま守り続けている
安定感バツグンな室蘭を代表する「一平」の名に恥じないクオリティーの高いお店であると実感!

ちょっとアルバイトの男の子(工大生?)が頼りないって感じはしましたけど
若さと愛嬌でカバーしているので、ドンマイです♪

「一平(工大前店)」で やきとり♪ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ