de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'お嬢様聖水'

愛のオーシャンの素敵


昨夜見るともなくついてたテレビに秋山竜次(ロバート)が出ていて
「愛のOCEAN」という素敵で摩訶不思議な曲を歌って!?・・・もないのだけど、
ホントとにかくあまりにくだらな過ぎて・・・
たまらなく大好きなんですわ。秋山って。

[RIZAP KBCオーガスタ]
深堀圭一郎が惜しかった!ね。5位Tフィニッシュ。
久々上位でよかったです。シードとってほしいわ。
優勝は池田勇太で大会2勝目、通算13勝目。
にしてもえらいわー。選手会長。とにかく毎年きちんと勝ち続けてるもん。ホント立派。
池村寛世は最終日崩れて13位T。でも大健闘。また上にあがってきて下さい。
ってかこの選手の顔(わりと端正)、なんとなく魔裟斗に似てませんかね。。

[ニトリレディス]
およよっとまたしてもイ・ボミが勝っちゃいました。
今季3勝目(トップ5はなんと12回?)。マジックナンバーも転倒しそうな破竹の勢い。
賞金2億円突破。いっちゃうでしょう。(これまでの最高は横峯さくらの1.7億)
2位は渡邊彩香。惜しかった。。とも思う一方で現状の(ボミとの)実力差か。とも思ったりして。
3位穴井詩でこちらも健闘。そして服部真夕は今週も好調キープの4位T。
全然関係ないけれどこのヒト。ウェアをもう少し何とかしたら相当映えるんじゃないかと思うのだ。。
って大きなお世話ですまん。でも身長もあるしスタイルもいいからもったいない!?
三塚優子は23位TでOK。藤田光里・菊地絵理香は42位T。菊地明砂美54位Tでフィニッシュ。

[D+D レアル チェコマスターズ]
優勝はトーマス・ピーターズ(ベルギー)で欧州ツアー初勝利。
2位はペレ・エドバーグ(スウェーデン)。3位マシュー・フィッツパトリック。
ちなみにこのヒト、2013年の全米アマ勝者(準優勝はオリバー・ゴス)。
トービヨン・オルセンは5位Tでした。

[ヨコハマタイヤLPGAクラシック]
こちらも初優勝でクリス・タムリスって選手。
ツアー11年目の34歳。(何となく米国版の西山ゆかり!?)
2位Tにはヤニ・ツェンとオースティン・アーンスト。
アレクシス・トンプソン、シドニー・マイケルズが4位T。
野村と横峯は揃って35位Tフィニッシュでした。

[ザ・バークレイズ]
2006年の宮里優作(リノタホOP)以来?の1ラウンド2エース達成!!
とはサウスポーの小兵ブライアン・ハーマン。すごいね、こりゃ。(結果は30位T)
そして優勝は、ジェイソン・デイ!!
いやはや、全米プロを制してすっかりゾーンに入った観があります。
貫禄の今期4勝目でフェデックスポイントもスピースを抜いていよいよ首位に。
2位にはステンソン。3位ババ。4位Tにはやっぱりひっそりザックなジョンソンでしびれます。
松山英樹は13位T。復調気配でよろしゅうございます。
石川遼は66位Tで終戦。まぁいいじゃん。ほんとにほんとにお疲れ様でした。
6月の全米OP前週と、全米プロを空けた以外はずっと出ずっぱりだったもの。
さぞかしくたびれてんじゃなかろうか。。
この後はANAオープンに出てくれる?かと思うけどとにかくゆっくり休んでほしいっす。

[ディックススポーティンググッズオープン]
とはチャンピオンズツアー。ジェフ・マガートがまた勝ったそうです。
賞金ランクもモンゴメリーを交わして首位へ。
関係ないけど先日のウィンダムを勝ったデービス・ラブⅢとは同い年。タメ年でやんす。

脈絡なく。
・お嬢様聖水

お嬢様聖水

なにこれ!?と思ったらde-do#2が仕事先でもらってきたらしい。
何でも東京メトロの売店限定?とか何とかだそうだけど詳しくは知らんです。
植物発酵エナジードリンクだそうだよ。

・BRIDGESTONE GOLF
先日久々に某GOLF5さんへ。
de-do#2が次なる武器・・もう少し小顔のアイアンが欲しいらしいです、でへへ
を模索していて、ちょっと覗いてみた次第。
以前もダラダラ書いたかと思うのだが、残念ながらつるしで試打できるのは
大半がNS950かDG。(純正カーボンは別として)
こういうときde-do#2は致し方なく950で試打するのだが、それがなかなか大変。
結局950も打ったら打ててしまう(?)ので、見てる店員さんからすると
「え?850?そんなのよか(ここで売ってる)950で十分振れてましたよ」となる。
そりゃ店員さんも商売だからね、店にあるものを売ろうとするのが当然なんだけどでも。でもね。
いつしか、そんな会話は店員さん側のある種の説得口調に変貌してったりもするから、
自分がそこにいると色々口を挟んでしまいそうになるので知らん振りして自分も試打してたりして。

J15CB
昨秋発売から早一年。たまにショップで見かけては涎!?をたらしつつ眺めてたけど
やっと打つことができました!うひょ(測定はせず)
ちなみにこれって池田勇太も使ってませんでしたっけ?
とそこはともかく、MODUS120とNS950とがあったので両方打ってみたけれどどっちもすごく良かった!
です。お顔すっきり、構えてしっくり。球も上がる(と鳥かごながらも感じた)しね。
何より打感がよろしいです。以前のツアステよりか弱冠弾きが強いようにも思ったけど全然OK。
むにゅっと吸い付いてマイルド感堪能。
強いて言えばやっぱMODUSの方がこのタイプには合ってるかな。。(とは私の好み)
ってかこのヘッドサイズとMODUSの組み合わせが、どうにもいま自分が使ってる
VRProCombo(の#7からPWのスプリットキャビディ)の雰囲気たっぷしで、なんだか安心しちゃうのかも。
けど打ち抜き感?みたいなのは、やっぱりJ15のが全然上でした。
これ欲しい・・・(かも)

J15DF
こちらはMODUSのみだったかな。これもよかったです。
まぁ弾く弾く。弾きます。(とは所詮は鳥かご内ではあるけれど初速出てる感はばっちり)
なんつーか、ありゃー。って感じなんすよね。(どんなだよ)
これは5番6番くらいにいいですよね。まさにドライビング・フォージド(DF)でありました。
いやー、今更ですけど、やっぱブリ(ヂストン)ちゃんってばやりますね。
ってな次第で毎度のこと、BSとONOFFとマルマンは試打する度に欲しくなるから困るのだ。

そして自分の試打を終え。
de-do#2に聞いたら特にこれと言った収穫(情報)はなかったらしい。
ふんふんそうかそうか。950でもそりゃ打ちゃ打てるよ。。ってそういう話じゃねーもんな。
極端な話、850がその調子や特製のまま90g台後半になってもそれはそれでOKなんだろうけど、
でも950が80g台に軽量化されました。ではそりゃちょっと違うよね、と。
重量差も大事だけど結局は振った時の自分の中でのしっくり感や安心感が大事なわけで。
だから850のテーストを知って好んでるヒトからすると、
振れてるから950でいい。は、ちぃと違うような気がいたします。
女子のアマ・プロに850があんだけ支持されてるのってそれはつまり!?ってことですな。
その一方、クラブを買う対象数全体からすれば確かに少数っちゃ少数なのも事実だろうから
そこはなかなか難しい話でもあったりするわけだけど。。

まぁとにかく。そんなわけだからして私自身の楽しみの一つでもある
「de-do#2に合いそうなクラブ探しの旅」
がまたまた始まったりしたのだ。うへへへ

で脈絡なく。。
☆de-do#2☆の昨今の(?)クラブセッティング
・Titleist 915D2  10.5(TourAD BB5S)
・Titleist 910F  15(TourAD BB5S)
・Titleist 910F  19(TourAD BB5S)
・Titleist 910F  21(TourAD BB5S)
・Titleist 913H  21(TourAD GTハイブリッド65S)
・YAMAHA inpresX D-forged #5~PW(NS850-R)
・Cobra TourTrusty 50/55(NS950-R)
・ScottyCameron スタジオセレクトニューポート2.6
・Z-STAR XVの型落ち、またはCallawaySR2.0(または時々DUNLOP DDH)

やはりボールには拘りがないらしくわたしが支給(?)すると黙ってそれを使ってます。
(DDHはゴルフを始めた頃からの愛用らしく、de-do#2自身がたまに買う)
クラブは気に入れば基本長くずっと大事に使うという、私とは正反対な方なので
いい意味で変り映えがございません。、

さらに脈絡なく。
先日のおやつです。どーぞ。

galboほっくり紫いも

Galboの紫いも。中身も紫色のコーティングが濃厚。。。
ものは試し。一度食べるくらいなら十分美味しゅうございます。

まったく脈絡なく。
・ウキヨノカゼ
昨日の【キーンランドカップ】ってばウキヨノカゼが勝ったのですね。
いやー悲しい。単勝30倍弱だったとは。
出始めからしばらくは買ってたけれど、ちょっと目を離すと(?)すぐ勝っちゃいます。
愛しの穴馬たちのなんとイケズなこと。

再び
[RIZAP KBCオーガスタ]
のゴルフ本編やのうてCMのこと。
当然にスポンサーがこのライザップさんなわけだから「結果にコミット」しちゃうわけだけど
あたしゃあのCMを見る度に、ライザップ使用前(?)なヒトのあの腹回りが
どうにも自分のそれと重なって。。。自己嫌悪に陥ってしまうのだ。とほほ

・ワールドカップバレー女子
やった。韓国にも勝って現状2位へ浮上。よしよしよし。
今時の球技(団体もの特に国別対抗もの)では、女子バレーが一番好きですわ。
なんてんでしょ。チームワークはばっちり。きちんと皆まとまりつつもでも。
それ以前の選手個々の自立ってのか、自分なりの真摯な試行錯誤みたいなのが感ぜられ、
そりゃあどんどん強くなるわいね。(まれ風に)
と思ったりしたよ。
真鍋監督の戦略意図やスタッフから示されるデータ等は十分理解しつつも、
でも最後の最後、あのコートの上で瞬時の判断を下して動くのはこの人たちだから、
だからやっぱりよぉく考えていて、それで試合に臨んでんだろうなー。
なんて思ったわいね。(やっぱりまれ風に)
そんな強い「個」を各々が持ち寄ってるってのか何てのか。意味不明ですんまへん。

にしても。。
ちょっと気になるのが実況の「運命の・・・」「運命の・・・」のあの連呼。
(最初はどこが言いだしたんだろう・・サッカーWC予選とかかね)
ちょっと運命の安売りが過ぎてんじゃねーでしょうか。
大丈夫。そこまで煽らなくても日本女子は(今回万一決められなくても)
きっと五輪にも出てくれますって。
だから「運命の・・・」というフレーズは五輪での決勝(!)あたりにとっておきましょうや。

本日最終的な脈絡なく。。
そんな腹回りの美しくない私とは対照的!?
またまた美しい花をつけつつあるプリンセス・ドゥ・モナコさま。
数日前。つぼみが膨らみ始めて。。

プリンセス、数日前つぼみ

んで。

プリンセス、ぼちぼち花が

小さくてもお美しい。もうちょっと待ちませう。

愛のオーシャンの素敵 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ