de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'むろさん'

昨今のあれこれ(23)


どーも。
2019年もあっちゅうまに終わりますな。
いやはや。

先日、野暮用あって室蘭へとんぼ返り。
むろさんとは忘年会してきましたよ。楽しかったー。
楽しかったけど、世は室蘭だってどこだって忘年会の真っ盛り。
最初の居酒屋すら数軒渡り歩いてやっとたどり着けた次第。
その後の歌い納め(?)にカラオケなんぞ・・・と、
スリラーもダメならつぼっちもいっぱいでカラオケボックスはあきらめた。
(てか、サンプラザのスリラーからつぼっちまでの道のりを、
そこそこの吹雪の中をおっさん二人でウロウロ歩いてみたりしたのだった)

彼とは居酒屋以外ではあんまし飲んだりしないのだが・・
致し方なく今回は趣向変更。
とあるスナックへふらりとお邪魔して、一見さんのわたしだけど
たっぷり歌わせてもらって心地よかったわ。
とどめにさらにもう一軒。
五番街の行きつけのお店へするりと潜り込んでご挨拶して帰ったさー。

とか何とか。そんな吹雪の道すがら・・・

室蘭中島大通のイルミネーション

中島大通にこんなイルミネーションが。
むむむ(なしてハートなのよ)

で。
むろさんとはまるで関係ないけれど「たけよし」(竹よしラーメンハウス)
で醤油ラーメンも食べてみたりした。

竹よしラーメンハウスでラーメン食った

わたしの大好きな、某所からの室蘭雪景色。

うっすら雪景色の室蘭だ

そんなこんなで一年ぶりに馬券買ってみましょー

【有馬記念】
◎ アーモンドアイ
○ スワーヴリチャード
▲ シュヴァルグラン
△ フィエールマン
△ ワールドプレミア
△ レイデオロ
△ ヴェロックス

レイデオロって去年も買ってた気がする。
◎〇から3連単流しと馬連ボックス、あと〇と▲ワイド。
当たらんな。まーいっか。

昨今のあれこれ(23) はコメントを受け付けていません。

禁断の・・・


本年もよろしくお願いします。

拙宅から臨む初日の出。
と言っても数日前の日の出。
最近は御手洗いが近く、深夜や早朝に起きてしまうのだ。
これもそんな折にたまたま拝んだ日の出だったりするのです。

さてさて。気がつけばいつしか2018年。平成も30年ですか。
おお、平成も30年なのか。。
自分にとっては昭和の方が長く、平成なんてつい最近のことだろ。
なんて錯覚してたりするのだが、おっと、どっこい。
私にとっても平成の方が全然長くなっちゃいました。
何やら感慨深いわ。

そんなこんなで今年も脈略なく書きます。

そう言や、昨年放送されたブラタモリ。
「工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?」が面白かったです。
いつぞや、むろさんとホエールウォッチングに赴いたのだが
・・むろさんもde-do.comの中で室蘭八景として触れてますね
あの時の金屏風、銀屏風の荘厳さと言ったらそれはもう。。絶句でした。
室蘭に住んでいても、なかなか室蘭をあっちから見る機会はないですもんね。
いやはや、まことに絶妙な自然に形作られた室蘭だったりするのです。
世界遺産にでも、どうでしょう。。

んでやっぱり脈略なく。
昨年と言えば、沖縄に行ったことは書きましたが。
その時の写真をもう数枚。

美らオーチャードゴルフ倶楽部

わたしのゴルフクラブたちもついに沖縄上陸!
いやー。そりゃわざわざ沖縄ですからね。そりゃゴルフだってわざわざするでしょう。
ってわけで、訪れたのは絶景の美らオーチャードゴルフ倶楽部さん。
以前、大京オープンが開催されていた、旧・ユニマット沖縄ゴルフクラブ?ですかね。
そんな沖縄での初ラウンドでしたが、風は強いわ、グリーンは速いわ、まるで手も足も出ず。
久々の大叩きと相成りまして候。ですわ。

石川遼のドラコン地点

2ホール目だったでしょうか。左に曲げた2打目を探してたら偶然に見つけました。
そう。確かに以前、石川遼ってばよくドラコン大会にも出てましたもんね。
にしても、351ヤードとは・・。

そんな石川遼も今年は国内に専念してくれるようでうれしい限り。
選手会長まで引き受けたそうだから、その心意気たるや推して知るべしってところでしょうか。

んで。ドラコンと言えばドライバー。
昨年暮れにいくつか話題の新作モデルが発売されたのでした。

タイトリストVG3


チーターテクノロジーってんですか。(クラウンが穴ぼこだらけ?)
何だかよくわからないけど何やら気になったので発売と同時に調達しちゃいました。
でへへ
ってか、最近ドライバーの飛距離に悩みがちだったde-do#2にいいのかも。
なんて思ったりもしたのだが。

続いてこちらは国民的モンスターブランドのゼクシオ様。ゼクシオ10(テン)。

こちらはよく行く練習場に併設されてる工房でお借りしたもの。
そんな2本を並べての打ち比べと相成りまして候。

VG3は9.5度モデル。
シャフトはフジクラのスピーダー569EVO4。写真真ん中の黒いシャフト。
対するゼクシオもロフト9.5度のMiyazakiモデル。Waena(ワエナ)のS。写真右のシルバー。

そんな2本。結論から申しますと、どっちも「よく飛ぶ」っす。
ってなんじゃそりゃ!?
でも本当にそういうこと。特にゼクシオは本当に「よく飛ぶ」のでした。
飛びの”芯食い”体験。とはよく言ったものですが、いやはやまさしく。
練習場の打席に据え付けてある、何ちゃって計測器によれば・・
H/Sは分かり易くあがり、わたし如きでも42m/sオーバー。飛距離も240Yd超。おお・・
ところが芯食い的ミート率はさほどで、いまいちでした。
やっぱり少し軽いのかなー。なんて。
あとはやっぱりあの音。いわゆるゼクシオサウンドってやつでしょうか。
甲高い独特な澄んだ音は練習場でもなかなかに目立っちゃいますが、爽快感の一語です。

対してVG3。
ゼクシオとは対照的に低音のこもった「もこっ」って感じ。これがチーター!?
でもこれはこれで好きな音ですね。
距離はさすがにゼクシオ様には及ばないものの230Yd前後。
でもミート率はこっちの方がよかったです。コントロール性もそれなりにいい。
何より、そのフォルムが美しい。。
誰かがどこかで書いてたような気がするけど、往年の名器910Dっぽかったりもします。

ちなみにde-do#2ですが、ゼクシオを数球打ってみて
「これ反則。禁断。。」
そう呟いておりました。
そう。de-do#2の方が私よりはるかにゼクシオの恩恵を享受できてるようでした。
そしてVG3については「ヘッド軽すぎ・・」で反応はいま一つ。あらら!?
すかさず手持ちの915D2のヘッドとシャフトを各々スワップ。
つまり、
・915D2+Speeder569 EVO4(S)
・VG3(2018)+TourAD BB5(S)
の2本が即席で組み上げられたわけだけど、前者の方が断然好みだったみたい。
後者はやっぱりわかりやすくH/Sが上がったのだが振り感がやっぱりどうも。。
だったようだが、今後もそれぞれの組み合わせで試すのだそうだ。
あーこりゃこりゃ。

にしても、ゼクシオ様。
実はこれまで自分は一度も打った(振った)ことがなく、今回が初体験でした。
セブンもなければエイトもナインももちろんなし。
初のゼクシオが今回の10(テン)だったけれど、まさしく衝撃でした。
9.5度(リアルロフトはもっとあるんでしょうけど)であんなに高く球が上がるのか。。
初速の違いってこんなに分かり易くでるのか。。とかとかね。
もうちょっと贅沢を言うなら、カスタムモデルのスピーダー569EVO4装着モデルが試打できたら
もっとよかったなー。

手前がゼクシオ10。奥はVG3。

なんて。
そんな手動さんも気がつけば齢五十の大台に突入です。(そりゃ平成だって30年なんだもの)
ゴルフは一向に上手くならないけれど、今後衰えゆく体力を思えば、
これらの軽くて高性能なドライバーは十分に使う価値あり。
そうつくずく痛感した次第です。

とりゃ!

禁断の・・・ はコメントを受け付けていません。

むろさんくす~2016(後編)


行ってまいりましたよ@室蘭City。の最終回。

ってわけで、むろさんとの再会。Yeah!!
多忙を極める彼だけど、そんな中時間を割いてもらって感謝です。
今回連れて行ってもらったのは和処の一邑(いちむら)さん。
・・・だと思われます。
せっかく連れて行ってもらったのだが、店の名もうる覚え。。いやはや、すんません。
何せ白鳥をまわり終えた直後の飢餓状態。ひたすら食っては呑んでおりました故。。
でへぇ
けれど、何を食べても美味しかったことだけはよく覚えておりますわ。

むろさんが注文してくれた品々です。

むろさんの手が。。

むろさんの手が。。

おっと、写真撮影をしようとしてるむろさんの手が・・・。

そんな一邑さん。私は初めてだったけど、なるほど、こういうお店もあったのね。
この日は曜日も曜日だったこともあり開いててくれただけでも救われる思い。
そして、むろさんとは昨今の互いの状況や恥部!?なんかをあれこれ楽しく語らいました。
本当にありがとうございました。また付き合ってやって下さい。

[日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯]
いやはや。見事なまでの難コースと化しておりましたね@登別カントリー。
何でも女子プロ史上最長(6750yd)というから驚き。
ただでさえ粘りに粘る北海道のラフ(洋芝)ですからね。
ハイレベルなプロをもってしてもさぞ苦労したことでしょう。
優勝は鈴木愛。女子プロ2勝目の大物食い!?
優勝スコアが+1であることを見てもコースの難易度がわかろうというもの。
2位Tにはホールインワン娘の下川めぐみと大山志保。
新旧PING女王!?のワンツーフィニッシュと相成りました。
あー。。もう一回まわりたいっす。登別CC。
にしても、ギャラリーの方たちもあの山深いコースまでの行き帰りは
なかなかに苦労したんじゃなかろうか。。てなことまで思い出したりした次第。
ちなみに優勝した鈴木が手にしていたパターは新モデルのVAULT ANSER 2だったみたいです。
(このヒト、滅茶苦茶パター上手いよね)

[コマツオープン]
マークセンが圧勝。飛距離も圧倒的でありました。
わたしはこのヒトの優勝インタビューというのをたぶん初めて見ましたけれど、
とっても可愛らしい声としゃべり方なのですね。
すっかりファンになってしまいました。
途中まで追いすがった高松厚。初優勝を狙いましたが4位Tどまりとなりました。

[BMW選手権]
POシリーズもいよいよ第三戦。この大会をもってポイントもリセットです。
優勝はダスティンなジョンソン様。圧倒的飛距離を武器に引き続きの好調。いやはや。
2位には2週続けてのポール・ケイシーでとっても残念。
松山英樹は最終日やや下げて24位Tフィニッシュ。ドライバーはまたまたいつものZR-30?
に戻していたように思うけどとにかくツアーチャンピオンシップでも頑張って。
と、そんな松山は来月の日本オープンに出場してくれるみたいで嬉しい限り。
ちなみに日本OPはプロ転向後に参戦がなく2012年のアマチュア時代以来だったりするそうです。

五輪メダリストのローズ、ステンソンはここで敗退。ファウラーも最終戦に進めず残念。
3日目、パターの不調にキレてしまってパターをへし折ってしまうガルシア。
(佐渡さんもたいそう悲しそうでした。。私もああいうシーンは見たくない)
こちらも残念ながら最終戦に進むことなく姿を消したのでした。

[KLMオープン]
優勝は地元のヨースト・ルイテン。母国大会2度目の制覇。やりますな。
2位にはベルン・ウィスバーガー。3位アン・ビョンフン。

ってなわけで唐突にれヴー。

(165)SAMSARA FLIGHT~輪廻飛翔~ / LOUDNESS
此度の室蘭行脚のお伴。ラウドネス35周年記念アルバムでございます。
どりゃ
お懐かしいナンバーの数々に涙。。。(いや、ホントにマジで)
私が購入したアルバムは全3枚からなるエディション。
1枚目は1stアルバムから3rdアルバムの中からセレクトされたセルフリメイク12曲。

DISC1:セルフリメイクアルバム(CD)
01. STREET WOMAN
02. THE LAW OF DEVIL’S LAND
03. LOUDNESS
04. IN THE MIRROR
05. BLACK WALL
06. ROCK SHOCK(MORE AND MORE)
07. LONELY PLAYER
08. DEVIL SOLDIER
09. BURNING LOVE
10. ANGEL DUST
11. ROCK THE NATION
12. TO BE DEMON
オープニングの「STREET WOMAN」にいきなり意表を突かれます。
コクと深みを増した!?にーちゃんVoiceによる初期のナンバーはどれもなかなか興味深い。
35年経過するとヴォーカルもギターもこうなるんだね。。。なんて実感。
「ANGEL DUST」は手動の大好きなナンバー。ギターソロにしびれますわ。

そして2枚目はファン選出によるベスト!?
DISC2:ファン選曲ベストアルバム(CD)
01. CRAZY DOCTOR
02. CRAZY NIGHTS
03. IN THE MIRROR
04. S.D.I
05. DREAM FANTASY(夢・Fantasy)
06. SOLDIER OF FORTUNE 07. LOUDNESS
08. GOTTA FIGHT
09. LIKE HELL
10. ARES’ LAMENT(アレスの嘆き)
11. SLAUGHTER HOUSE
12. SPEED
13. LET IT GO
14. THE SUN WILL RISE AGAIN
15. METAL MAD
16. MILKY WAY
17. GHETTO MACHINE
といった感じのお馴染ナンバーオンパレード。何れもオリジナル音源なので目新しさはないものの、
二井原・ヴェセーラ・山田という三代Voが一枚の中に同化してるのが感慨深いっす。

んで3枚目。こちらはDVDです。
DISC3:「THUNDER IN THE EAST完全再現ライブ@渋谷公会堂」なる感動的なライブ。

01. CRAZY NIGHTS
02. LIKE HELL
03. HEAVY CHAINS
04. GET AWAY
05. WE COULD BE TOGETHER
06. RUN FOR YOUR LIFE
07. CLOCKWORK TOY
08. NO WAY OUT
09. THE LINES ARE DOWN
10. NEVER CHANGE YOUR MIND

だってだってだって・・・みんなあの頃の衣装に身を包んでやってるんだもの。
髪形も体型もずいぶんと変わってしまったけれど、でも不思議と違和感はなし。
むしろ50歳を過ぎた貫禄と迫力がかっこいいじゃん!などとかなり本気で感動すらできるのでした。

ちなみにDISC1のみの「通常版」エディションもあるようで、そっちにはボーナストラックとして
「ROAD RACER」(セルフリメイク)が収録されてるそうです。
なんだ・・そうなのか。それはそれでちょっと聞いてみたかったかも。
まぁとにかく。ラウドネスを聞きながらの、しばしの北海道快適ドライブでございました。

で。
室蘭をあとにする日。雨降りしきる中どうしても食べたくなったのは・・・

さっぽろっこで味噌ラーメン

やっぱりラーメン。
特に拘りの店というのはないけれど何となくさっぽろっこ(東室蘭西口店)に。
大好きな味噌ラーメン(with炒飯のセット)。たぶん北の国味噌ってやつだと思われます。
(普通味噌よか少し高かったと思うけど何がどう違うのかはまるでわかってない)
毎度の濃厚&熱あつのスープ。二日酔いの身体が欲してやまない期待通りの味。
食べ終わったら汗だっくだく。
この時は親類の若人と一緒に行ったのだが、勘定を済ませてる間も若人はスープにかぶりつき。
まさか!?と思ったらスープまで完食しておりましたわ。いやはや、お見事。
どーもご馳走様でした。

むろさんくす~2016(後編) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ