de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'ウィンズ室蘭'

試打会で順番を待っていたマイネイサベル


あー。せっかく勝った(買ってた)のにー。マイネイサベル。
スマートシルエットが2着かよー。ドナウブルーってばもっと早く来いよー(3着止まり)。
とほほほ

悲しみの府中牝馬S。悲しみのマイネイサベル勝利。
こんなときに限って単勝も買ってなかったりだし。ホント参った。トンネルは長い・・・・

で。今日は打ちっぱなしに行ってまいりましたよ。天気も良くて爽快であった。
練習で色々スイングチェックとかしてたら右肩を強烈に痛めてしまって、これまたとほほ。
にしても最近何だか「痛める」ことが多すぎだ。
なんてもっとも痛めているのは「心」なのだけど。

なんて話はともかく、練習の後はそこで催されていた恒例の試打会に立ち寄ってみました。
そうか、今年もまたまた秋の新製品試打会の季節なのだね。
今回はヴィクトリアゴルフの主催で、MIZUNO、ブリヂストン、Cobra(PUMA)、マルマン、
Callaway、Titleist、RYOMAゴルフ・・・あと何社かあったような気もするけど。

試打したのはCobra。
AMPには特に興味はなかったけれどTrustyRusty(ウェッジ)が打ってみたかったのです。
いやー、いい感じでありましたよ。ロブではスピンもばっちり効いてくれて大変にけっこう。
実はVokeyを買う際にもかなりこいつと迷ったんだけどねー。
如何せん普段出入りするお店では店頭商品がなかったりするのでなかなか実物に触れることもできず・・・・
などと終わったことはいいのだけれど、とにかく良かったです。
他ではAMPのアイアン、そして鮮烈なオレンジ(プーマレッドっていうの?)でシャフトまで染められたドライバー、
あと、名器の呼び声高いBafflerユーティリティとか、とかとか。
どれも可も不可もなく、ではあったけど、とにかくトラスティラスティはとても良かったです。

更に試打し終わった後は、係の方(PUMAゴルフの営業さん?)と色々話をさせてもらって
PUMA契約の浅地くんのことやR・ファウラーのこと、はてはI・ポールターのこと
(その方は特にポールターがお気に入りらしく、そのかっこよさについてかなり語ってくれました)
そして馬場ゆかりのことだったり。
馬場についてはタイトリストはもう使ってないようで(その後フォーティーンを一瞬挟んで)
今はまたCobraに戻ってるはず、なんて話も教えてくれました。
(やっぱり選手会長とかやるとなかなか練習にも専念できず調子崩すんだそうです)
他にも、(なぜだか)とおとうみ浜松オープンの和気あいあいとした盛り上がりぶりのこと、等など。
いやはや、試打も大変ありがたかったけれど、色々なお話が聞けてとても楽しかったです。

そして・・・・
次に並んだのはMIZUNO。(MP H-4が打ってみたかったのだ)
ところが・・・。
とんでもなく「ずーっと」「何十球も」ただただ「ずーっと」打ち続ける困ったおっちゃんがいて
じーっと待ってはいたのだけれど、そうこうしてたら集球の中断が入ってしまって
それでもそのおっちゃん止める気配なく、腹も空いてきたので「もういいや」ってんで諦めた次第。
一応各打席とも「おひとり様10分とさせていただきます」とは札がたってるんだけど
そのおっちゃんはMIZUNOの前もとなりのブリヂストンで「ずーっと」ドライバー打っていて
(MIZUNOでもドライバーしか打ってないけど)ほとほとうんざり。

別にいいよ。ドライバーをこよなく愛するおっちゃんなのはわかった。それはいい。認めるよ。
でも何なんだろうね。ああいうのって。
結局メーカーの係の人に「ナイスショット!」とか言ってほしいだけなんすかね。
(手動の見た限りさほどのナイスショットはなかったと思うけど、それはまぁともかく)
にしても少しは周囲の状況を見ろっての。
PUMAがとても良かっただけに余計に深い悲しみに包まれてしまった。

試打余談。
de-do#2は、ONOFF(・・・今となってはさっぱり興味がなくなってしまった手動だけれど)
と、大本命のブリヂストンを試打してました。
※ちなみにde-do#2をブリヂストンでずっと待たせてたのも上記のドライバーおっちゃんです

で、de-d0#2的にはブリヂストンが大変気に入ったようでした。
もともとはV-iQを試打したかったらしいんだけど、あれも違う、これもちょっと・・・と
あれこれ打って、とうとう辿り着いたのはX-BLADE707。
っておいおい、結局こういう通好みな路線にいっちゃうのかい!
ってお話。

まぁ何でもいいけど、あの執拗なドライバーおっちゃんにはほんと唖然でありました。

[フライズ・ドットコム・オープン]
今田竜二が予選突破!やった!(とここで喜ぶのが少し寂しいけど)
首位は頭一つ抜け出してジョン・マリンガー。2Tにはホーシェルとベガス。
ジョナス・ブリクストは今週も好調のようで7T。

[日本オープン]
いいねー。平塚てっちゃん哲二。何とか優勝してほしいね。明日も頑張って!
(もし平塚が勝てないなら、せめて宮里優作の故郷での初優勝!的な演出がほしいです)

[富士通レディース]
穴井詩が首位。ちなみに「あないらら」ちゃんね。パワフルでかっこいい、この子は。

さてと・・・・そろそろ長いトンネルを抜けるぜ!ってことで
【秋華賞】です。
へそ曲がりの手動をもってしてもさすがに今回は・・・

◎ ジェンティルドンナ

で仕方ないよなー。◎から三連単流しで
○ ラスヴェンチュラス
○ アイムユアーズ
以上。

というほど思い切りのいい人間ではないので、弱気に○からワイド流しで
△ ヴィルシーナ
△ ブリッジクライム
△ ダイワズーム
まで。

あ、そう言えば・・・ウィンズ室蘭って閉鎖されちゃうんですかね?
なんかそんな記事を見かけました。
あ~あ・・・・何だか寂しい。

ウィンズ室蘭はせいぜい数回しか利用したことがないけれど
でもここの場外発売でどうしても忘れられない思い出が二つ。
(何れもずいぶん昔のことで、それも何故だか地方競馬のことなのだが)

一つは、道営競馬(たぶん旭川のナイター)の馬券を買ったら
7万かそこらの万馬券が当たって、翌日(つまり平日ね)わくわくして払い戻しに行ったこと。
それともう一つは、ここの場外で群馬記念という今は無き統一重賞の馬券を買ったのだけど
(恐らくGWの終わりくらいで帰京する当日とかだったのかな)
レース結果を待つことなくそのまま帰京。
ところが。ところが当っちゃったんだねー。その群馬記念が。
(新潟のロバリーハートが勝ってJRAのグリーンサンダー2着)
今は知らないけど、当時の地方競馬の馬券はブロック(エリア?)ごとでの
相互発売・払戻ししかできなくて、さすがに
「室蘭で買った」「群馬のレース」の馬券を「関東(大井や船橋、川崎)で払い戻すこと」
は不可だったわけです。
そこで若かりし(頭の悪い)手動くんは何を血迷ってしまったのか、
その数か月後(払い戻し期限ギリギリ)にふらっと(わざわざ飛行機代をかけて)
北海道へ日帰りで「馬券払い戻しの旅」を敢行してしまうのだね。がははは
(信じられないよね、このバカっぷりは。ほんとようやったわ)

でその時はわざわざ室蘭くんだりまでは行くわけもなく、札幌競馬場へ向かって
(千歳から桑園駅まで電車に乗ってね)
その馬券は無事払い戻しされ・・・・たのだけどそのお金はすぐさま
この日行われた北海道スプリントカップの馬券へと変身してしまったのだなー。うひょひょひょ

で、そのレースでは見事にカガヤキローマン(大井)とサカモトデユラブの馬連を仕留めて
さっさと払い戻して、さっさと帰京したのであーる。あはははは
(たしかこのレースってけっこうな配当で、飛行機代を差し引いても結果は収支プラスだったはず)

という、まるで意味不明なことばかりしていた手動だったわけだけど
御蔭様で今も何とか生きております。(ホント、お世話になってる皆々様の御蔭です)

って感じなので、ウィンズ室蘭におけるJRAのレース(の馬券)での思い出は皆無。

 
そして脈絡なく本日の「北海道すたいる」。
阿寒湖が舞台で児玉さんはキノコを見て回る散策をしてたんだけど
そうしたらなんと。「タマゴタケ」が取り上げられてるではありませんか!
もしかしてタマゴタケってブーム!?(なわけねーだろ)

 

試打会で順番を待っていたマイネイサベル はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ