de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'クラブセッティング'

昨今のあれこれ(5)


引き続きのタイトルだけど、そこはご容赦をば。

せんだって所用あって室蘭へ。宿泊は毎度のホテルルートインさま。
チェックインして部屋に荷物を放ったら、そそくさ展望風呂へ。

タイミングよく!?このとき浴室にはわたしだけ。
目隠しで見えづらいけれど眼下には室蘭市街絶景(主に新日鉄方面が)広がってます。

で。
帰る日の前日は時間があったので室蘭ゴルフ倶楽部でラウンド。毎度の一人予約。
ここでの一人予約ラウンドもふと振り返れば三年連続?

そんな白鳥コース。おかげ様で室蘭らしからぬ!?晴天に恵まれて、あちーあちー。

今回ご一緒いただいた方が写ってます。
東京から各々まるで違う用事で現れた二人が、何の奇遇か室蘭でラウンド。
なんだかおもろい。

今回のセッティング

ヘッドカバーしたままで何が何やらだ。
昨年までのCovert2.0 FORGEDなどなどから丸ごとごっそり入れ替えて
今回か初めての使用だったわけだけど、パター以外はどれも違和感なく使えました。

DR NIKE VaporSpeed with 純正(VaporGraphite+)
#2UT NIKE Victory Red with KUROKAGE Black80R 18度
#3UT NIKE Victory Red with KUROKAGE Black80R 21度
#4UT NIKE Victory Red with MODUS105R 24度
#5~PW NIKE VR_S FORGED with MODUS120-R
AW NIKE VR PRO FORGED with MODUS120-S 50度
AW NIKE VR PRO FORGED with MODUS120-S 54度
SW NIKE VR PRO FORGED with MODUS wedge115 58度
PT NIKE METHOD MATTER M5-10

いまはなきNIKEゴルフクラブたち。
UT以外はどれもぶっつけ本番。練習場ですら使ったことがない。
そんなUTだってリシャフトしてからはラウンド使用がないので実質は全部が初本番か。
ちなみにドライバーのVaporSpeedは、発売当初に試打したことがあって
(シャフトもこのVaporGraphite+だったと思います)
とってもいい印象が残っていたのだが、実際に使ったらやっぱりいい感じ。
出だしからいい当たり連発で飛距離も十分。打感も心地よい。
うん。やっぱりいいドライバーだったのだ!などと改めて確認した次第。

昨今のあれこれ。
大好きなナイキ。のことは置いといて。
やっぱり大好きなONOFFです。グローブライドのオノフ。
何を血迷ったのか!?AKAアイアンを調達してみたのだった。




前の持ち主はさぞや身長が高かったのか、各番手どれもが自分のVrProComboのよか
1インチくらい長いのだった。。

2016モデル。シャフトはLABOSPEC。REPULSION KICKのST105。
こちらも遠い昔にST95を試打したことがあって好印象。
だったけど、さすがに今となっては調子も先走りが過ぎちゃってひっかけ気味。
距離は文句なし。打感も嫌いじゃないけど、やっぱり顔が大きすぎか。
ラウンドで一度だけ使ってはみたのだが、おそらく手放すことになろうかと思います。
あー。やっぱしKUROがほしい。。

も一つ昨今のあれこれ。
久々にパターのグリップを交換してみたよ、という話。
パターはテーラーメイドのロッサ・デイトナ。彼是10数年前の骨董品です。
その間グリップはただの一度も交換されることなく、見事なまでの劣化状態。


だったりしたのだが、どうしても一度使ってみたいなー。とか思い立ってしまったので
GolfPride(ツアートラディション)に交換してみた次第。


その後実際にラウンドでも使用してみたけれど、なかなかいい感じ。
ミスター3パットマンに戻りつつある昨今だけどいい感じで転がってくれてます。

[宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント]
4ホールに及んだプレーオフを制したのは成田美寿々。2位には有村智恵。
前週のヨネックスでで見事に復活優勝した大山志保は16位Tで此度もお見事。

脈絡なく。

近所のペコちゃんもゴルファーと化したのでした。

【東京優駿(日本ダービー)】
今更ですが。
福永祐一がやっと勝ったのでした。
ワグネリアンの騎乗だったようだけどとにかく勝ててよかったよかった。
にしても福永もはや41才(12月で42?)。
彼のダービー初騎乗はちょうど20年前のキングヘイロー。
奇しくも手動にとってもダービー生初観戦でもあったので、
あの「逃げ」は今でもよく覚えてます。
ついでにウォッカの2着だったアサクサキングスには大感謝だったりもするので、
(今回も3連単はかなり高配当だったんだよね)
いろんな意味でダービージョッキーになれてほんとによかったわ。
天才と呼ばれたお父上はたぶんダービーは勝ってないんじゃないかと思うので
その意味でも悲願だったことでしょう。
ちなみに勝ったワグネリアン。
これまたディープ産駒だそうで、この子でディープ産駒のダービー馬は4頭目。

あー。とかなんとか書いてたら、たまには馬券でも買って遊ばねば。。
などと思い出してしまいました。
彼是、馬券はもう1年半近く買ってないような気がするけれど、
別に(あえて)止めたとかいうこともないのだが、ただ何となく買ってないのだった。。

最後にわたしの大好きなラーメン・餃子セット。

さっぽろっこ東室蘭西口店です。
ラウンド後、大量の発汗のせい?かどうかは知らないけれど
無性にここの味噌ラーメンが食べたくなったのだった。

昨今のあれこれ(5) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(3)


先月のこと。富士のすそ野で三連ちゃん。

・河口湖カントリー倶楽部
・フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブ
・富士クラシック

数週にわたってこれらをラウンド。
九州での下手糞さはこの時点ですでに本格化しておったわけで、
下手糞ゴルフはどこでやっても、いやはやいやはや。
です。

そんな霊峰富士さん三連ちゃん。辛うじて100を切れたのは河口湖CCだけ。
ここは初めてだったけど予約プランがキャディ付きだったこともあって
どうにかこうにか97とかで回れました。
(キャディがいなかったらたぶん切れなかった)

河口湖カントリークラブ。南コースのどっか・・

河口湖カントリー。西コース1番。溶岩だ!

2打目をこの溶岩にぶつけたのです。
けれどボールはホール側に跳ねてくれて(アプローチもかなり寄って)1mのバーディパット。
見事に・・外しました。

やはり西コースのどっか。霊峰富士が景色に溶け込み過ぎ。わかる?

性懲りもなく。毎度変わり映えない・・いや、ちょっと変わったか。
な昨今のクラブセッティング。

DR TaylorMade M2(2016)US with 純正(FUJIKURA PRO50) 10.5度
#3w RBZ Tour with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#3UT X2hot(US) with 純正ALDILA 19度
#4 NIKE Vapor FlyPro#4 with ATTAS 85HY(R)
#5~PW NIKE VR Pro Combo with MODUS120-S
AW VokeySM4(US) with MODUS120-S 50度
SW VokeySM4(US) with MODUS120-S 54度
SW NIKE VR forged with MODUS120-S 58度
PT SeeMore DB4 RST2

今更ながらM2を使い始めました。わざわざ初代のUS。
でも、構えた感じはこの初代がいっちゃん好きかも。シャフトもGood。
特にカスタムに替える必要性も自分にはなさそうで飛距離も伸びてます。OK

とか何とか。仕事仲間との楽しいラウンドでありました。

その後、ほぼ5年ぶりくらい?と思しきフォレスト鳴沢ではグリーンに苦しめられて100オーバー。
続く富士クラシックでも、凍りつくような低温&強風に見舞われて、
意図した方向にはまったく転がってくれないグリーンにやっぱり悪戦苦闘。
最後には完全に緊張感がぶち切れて無様なラウンド。。120近く打っちゃう始末。
もうやめちゃえよ、ゴルフ。。
富士山がそう囁きかけてるようでありました。あーこりゃこりゃ。

そう言えば。
話はまるで逸れるけど「ALBA」(アルバトロス・ビュー)という隔週発売のゴルフ雑誌がありまして。
いつのころからか劇団ひとりがコラムを連載しておりました。
「ゴルフよ。今に見てろ。」とかいうタイトルなのだが、これがめちゃくちゃ面白いのだ。
面白いってか「そう!ほんとにそう。ほんとわかるわー」的ひたすら共感悶絶のコラム。
先日の連載でも(たしかタイガー・ウッズ特集の号でした)
・・小学生の頃、ファミスタ(ファミコンの野球ゲーム)をしてた友達が変化球が打てなくて、
あまりの打てなさについにキレちゃって。。カセット引っこ抜いて壁に叩きつけた・・云々。
みたいなことが書いてあった。
「おお、いたいた。いたよ、そういうヤツいた」と激しく共感した次の瞬間、
あー。ってかオレもこういう性質の悪い奴だもんなー(今もか)
とか思って笑いながらも大いに落ち込んでしまいました。
ちなみにファミコンとは自分が中学の終わりか高校まもなくくらいの発売だったと思います。
なのでファミスタは大学生の頃くらいのゲーム。
これには自分もずいぶんとはまった記憶がございますわ。
カセット引っこ抜いて壁に叩きつけたことはないけど、勝てなくていい年こいて
不貞腐れたことは何度かあったと思います。。

で。その回のコラムのオチです。
ゴルフでは表情をあからさまに出すのはいいことではないと我慢してきたが、
「これからは自分も悔しがろう。その悔しさを次につなげよう」みたいな話。
「先日103を叩きました。。くそったれ!!」みたいな感じ。
まぁとにかく面白い。機会があれば一度読まれてみてください。
(いつか単行本にでもなったらきっと買います)

[ウェルズ・ファーゴ選手権]
舞台はクェイル・ホロー。今更ながら松山英樹は惜しかった。。
ってかジャスティン・トーマスは強かった。
昨年の全米プロでのこと。

そんな難コース。3日目終わって首位にはジェイソン・デイ。やや驚き。
いや嬉しいんだけどさ。でもちょっと意外。
2位にはニック・ワトニー。お、なんか久々。
3位にはピーター・ユーライン。ポール・ケイシー。B・デシャンボー。
この大会がPGAツアー初勝利だったのはリッキー・ファウラーでこちらは11位Tあたり。
マキロイと争ったあの初優勝も、もう6年前とかだったりするから時が経つのはあっという間。
同じく11位Tには、先日マスターズを制したパトリック・リードも。

にしてもファウラー。17番はもったいなかったね。
なんてことないパーパット・・と傍から見えてるだけ・・を外してさらに2パットの素ダボ。
oh…でもある。あるある。オレにはあり過ぎることだから全然違和感がない。
でもね。やっぱり賞金争うプロだからそういうわけにもいかんでしょう。

ところでトップ10。
2位のワトニー、3位Tのケーシー。そして7位Tにはシュワーツェルもいるのだが、
この3人を見てたらNIKEのゴルフクラブは良かったなー。
てなしょーもないことを思い出したりして。
この3人は、NIKEでもかなりの看板選手でもあったし。。
と、看板なんて言ったら御大の大看板はやっぱしタイガー様。こちらは31位T。
そんな大看板だったタイガーも今やテーラーメイド契約(ボールはBS)。
多数いるM3ユーザの中でも、かなり飛ばしてる部類だろうと思います。
(今更だけど、タイガーの大型ヘッドDRへの適応性はここにきてもっとも進化した気がします)
テーラー契約ではないけれど、同じくM3ドライバーを使い始めたのが松山英樹。
こちらは76位TでMDF。最終ラウンドはまわれません。
なわけでそんな最終日。
デイの復活も楽しみだけど、アーロン・ワイズの初優勝にもちょっと期待。
最終ホールをボギーでしのげたのは単なるラック!?
いやいや、それだけではないでしょう。

[ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ]
優勝は申さん。強いわ。
にしても惜しかったのは、イ・ジョンウン#6。
日本的に表記するなら、「第五やまだはなこ」とかそんな感じでしょうか。
見事な体格。太股なんてめちゃ筋肉量多そうだー。
などと、ついつい見入っちゃった次第(変な意味ちゃうで)。
ショットもビシバシ素晴らしい。顔立ちも笑顔もとってもよろしいです。
(中継でぱっと見した感じ、妙ににいじった形跡もなさそう)
残る課題はやっぱりショートゲームか。。
てな台詞は、わたし自身がわたしに毎度言い聞かせてる聞きなれた(言いあきた)言葉。。

にしても女子プロは、大好きな堀琴音が今年はさっぱりみたい(けが?)で
あんましちゃんと見てなかったりするけれど、たまに見るとやっぱり面白いっす。

昨今のあれこれ。




今回のあれこれはタイトリストVG3アイアン。2018モデルのTypeD。なぜだか単品のASとSWです。
たまたま試打させてもらえる機会があってちょっと打ってみたのでした。
にしてもソールの厚いこと厚いこと。でも意外と普通に打てちゃえたりもして。
打感は正直なところいまいち。まぁそーいうアイアンじゅないですから。
シャフトにはMODUS120が挿ってて、AS(49度)で110Yd弱飛んでた感じ。
いつかはこういった飛び系アイアンもいいかも。
最近はゴルフ侍なんかを見てても、アイアンセットオプションのAWやSWを入れてる
侍=ベテランアマチュアが何やら増えた気がします。

続いての昨今のあれこれ。

こちらはセントアンドリュース・オールドコースの何番ホールかのポットバンカー。
ってかシミュレーションゴルフのスクリーンの映像。
最近は、生ゴルフ以外にもこっちのゴルフが月例化!?しつつあってなかなか楽しいっす。

とか何とか。
外はなかなか壮絶な風の音。明日は雨か。
あーつかの間だったGWもおしまいだ。
この手の喪失感だけはいくつになっても衰えない(?)もんですな。

昨今のあれこれ(3) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(2)


昨今のあれこれ。引き続きだらだら四方山です。

先ずは美しき桜と夕日に照らされた川面(かわも)をご覧いただきましょう。

Yeah!美しい。
大牟田を流れる堂面川。川辺に沿って桜がずっと続くのです。
以前もちらっと紹介したかもだけどここは手動さんもお気に入りの景観。
知人が撮影して送ってくれました。

と。
そんな桜まっさかりの今から遡ること約一月前。いまさら梅の頃のこと。

厳冬(大寒波)の室蘭を訪れたその翌週くらいだったかに九州を訪ねたのです。
降り立ったのは毎度の熊本空港。(阿蘇くまもと空港)
到着ゲートを抜けますれば、そこで待っててくれるのは・・

毎度のホンダカーズ熊本の展示車。
ゲートを挟んだもう一方は、やはり毎度のイセキ(井関農機)のなんかがあったかと。

仕事を片づけて知人宅へ行きますれば。

そこには梅。おー。梅じゃーん。
桜も好きだけど、まだ冷え冷えしてる中での凛とした梅も好きだったりします。

ただ綺麗なだけじゃなく。
今後こいつらは見事な梅干しになってくれたりもするから何とも素晴らしいのだ。
いやはや。

性懲りもなく。変わり映えない昨今のクラブセッティング。

DR Titleist915D2 with Speeder569EVO4(5S) 10.5度
#3w RBZ Tour with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#3UT X2hot(US) with 純正ALDILA 19度
#4 Callaway Xhot with XP95(S200)
#5~PW VR Pro Combo with MODUS120-S
AW VokeySM4(US) with MODUS120-S 50度(バンス12)
GW VokeySM4(US) with MODUS120-S 54度(バンス11)
GW RazzleDazzle CS-01W with MODUS120-S 58度(バンス15)
T Scotty Cameron STUDIO SELECT NEWPORT2(2008年モデル)

写真の日は、九州GC(小岱山コース)での今年初ラウンド。
天気もよく気温も高め。コンディションは最高。
意気揚々と脚を伸ばしたのだったが・・
何とも終始しまりのないゴルフで2018早々の100叩き。あーあ。。

翌日も福岡サンレイクGCでの数年ぶりのラウンド。だったのだがあいにくの雨。
まぁ天気はいい。どうでもいいよ。そんな天候なんてまったく関係なくただただド下手。
本当にこの日は自分に嫌気がさしました。
いや訂正。嫌気は毎日さしておりますけれど。。
まぁとにかくこの日も100叩き。
あちょー。。

[ヤマハレディースオープン葛城]
先日の試打では大変お世話になりました。(ヤマハの試打会のこと)

んで。毎年なぜだか優勝は春の頃ばかり!?という菊地絵理香。
わたしはこの選手が大好きで大好きで、ずっと応援しております。
いまはなきゴルフの真髄?に姉の菊地明砂美と一緒に出演した時からのファン。
お、こりゃまた春の勝利だな。なんて期待してしまったけれど惜しくも2位。
うーん。残念。
優勝はアン・ソンジュ。
トップ10フィニッシュした選手の中で最終日をアンダーパーでまわったのは
このアン・ソンジュただ一人だったりするからやっぱりこのヒトはすごいのだ。おお。
ってか、なんて難しさなの?このコースってば。
と、そんなアン・ソンジュも通算25勝。永久シード(30勝)の足音が聞こえてまいりました。

[ANAインスピレーション]
おお。米女子もメジャー初戦かぁ。
なんて思えばマスターズがもうまもなくなことも思い出します。
3日目を終って首位にはパニーラ・リンドベリ(リンドバーグ?)。
だそうだけどよく知りません。
上原彩子が9位にいたりして、なんかスゲーっす。
鈴木愛も参戦してるけどこちらは76位。最終日がんばれ。

[ヒューストン・オープン]
マスターズへの最終切符がかかります。
首位にはイアン・ポールターとボウ・ホスラ―。
1打差の3位Tには、ケビン・トウェイ、ポール・ダン、グリージョなどなど。
ダンと言えば、ぱっと見が「ストリングスか!?」と見紛うほど体がガッチリ分厚くなりました。
ってか太股とかぱっつぱつです。

唐突に昨今のあれこれ。
テーラーメイドのM3から単品アイアン。

4番アイアンです。

シャフトはMODUS120Sを挿してます。
飛距離はコンスタントに180前後。わたしの力量もあり低空飛行は否めない。
自分が持ってる他の単品と比べるとAP1(716)と同等かそれ以上か。
小顔な分だけM3の方がやや好みとも言えましょうか。
惜しむらくは少々ダフリ気味。バランス出し過ぎたかなー。

ってわけで、あっという間の九州行脚。
帰りも熊本空港から。搭乗まで小腹が空いたので立ち食いそば。

この小さな=それは私にとって心落ち着くいい感じの広さの=空港は、
搭乗ゲート(保安検査)をくぐっちゃうとお店も含めて飲食スペースがほとんどない。
のです。
なのでBLUESKYが地味にやってる立ち食いそば(うどん)を通路沿いですすのだ。
ずるずる。。。

昨今のあれこれ(2) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ