de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'クラブセッティング' (Page 7)

どこにも行ってない

11月 7th, 2016 Posted in 未分類 Tags:

どこさ行った!?
そんなことを書き残しのがもう一ヶ月前。
そんな、おメェ(=de-do#1)はどこさ行ったのよ!?
てなことは誰一人として思ったりもしないのだが、別にどこにも行ってません。
へへぃ

ふと気がつけば深まりゆく秋。
日本ハムファイターズは見事に日本シリーズを制してくれて、
シカゴ・カブスはワールドシリーズを制したのでありました。
(こっそりインディアンズを応援してたので少々残念だったけど、まぁどっちでもよい)
松山英樹は怒涛の快進撃でWGCを制したかと思えば、マキロイはDRとFWにM2を使ってたりしつつ、
堀琴音は日本勢でただ一人のトップ10入り。孤軍奮闘の3位T(TOTOジャパン)でよかったよかった。
とか何とか、そんな中。
ゴルフにも何度か行ったりもしてゴルフ侍も変わらず毎週楽しみに拝見しつつ、
週刊ゴルフダイジェストだって買ってるし(どんな記事よりも最近は「オーイ!とんぼ」が楽しみ・・)
もちろんゴルフの中継だって時間の許す限り見ております。

ゴルフには快適な季節。。なのだがそんなに行けてねーのが悲しいです。

de-do#2ショット

ショットが復調気味のde-do#2。
この日もアイアンがシュバっといい音してました@東宝スポーツパーク

以下、備忘までに。。

9/22~
[ツアーチャンピオンシップ]
PGA2015~16シーズンもいよいよフィナーレ。
てなことを書いたのがもう一ヶ月以上前のこと。
結局マキロイが怒涛の追い上げで(チャペル、ムーアとのPOを制して)逆転優勝。
レギュラーシーズン未勝利のままプレーオフシリーズの2勝で年間王者。
それはまるでいつぞやのホーシェルのようであります。

[ポルシェ・ヨーロピアンオープン]
優勝はアレクサンダー・レビ。こちらもPOでロス・フィッシャーを下しての勝利。
3位Tにはロバート・カールソンとミハエル・ヨンソンのスウェーデン勢。

[アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ]
優勝はセン・セショウ(詹世昌)。よく知らんけど台湾の方か!?
てっきりパチャラ・コンワットマイ(こちらはタイの若人)が勝つのかと思ったけれどそうもいきませなんだ。
ちなみにコンワットマイ。まだ14歳だった2013年当時プロトーナメント史上最年少優勝を記録したんだそうな。
2位には小池一平。ANA6位T、フジサンケイ2位Tと好調キープの片岡大育は5位Tフィニッシュ。

[ミヤギテレビ・ダンロップOP]
優勝はイ・チヒ。パチパチパチ
2位には申さん。3位に好調・笠りつ子。香妻琴乃は今季最高位の5位。

[パシフィックリンクス選手権]
優勝はコリン・モンゴメリー。POでスコット・マッキャロンを下したのでした。
ヒメネス翁3位T。ランガー先生はきっちり7位T。

9/29~
[日本女子オープン]
衝撃のアマチュア制覇でありました。お見事過ぎな畑岡奈紗(今はもうプロ)。
その一方で「プロは何してんだー」なんてお嘆きも聞こえなくもなさそうだけれど
(ってか、オレが言ってるんだけど)
ゴルフって経験数が勝率とイコールしないところが魅力でもあるので、
特に若年時に体力的にも充実する女子ならなおのことこういうこともあるのでしょう。
そんな「何してんだよー」を人一倍噛みしめながら悔し涙を流した堀琴音(2位)には
これからも頑張っていただきたい。好きなんですわ、この選手。ショットも正確で顔もかわいいです。
ってか、ごきげんようのおねえやん(吉高由里子)によく似てますな。
6位Tに西村優菜アマ、10位Tにも長野未祈アマ。他にも7名のアマチュアが決勝には残ったわけで
何とも印象深い大会でありました。

[トップ杯東海クラシック]
好調キープのまま片岡が優勝。通算2勝目でお見事。2位池田勇太で惜しかったね。

[レインウッドLPGAクラシック]
優勝はキム・インキョン。ツアー通算4勝目は6シーズンぶりだそうだけど、とにかく久々な感じ。
昨年のロッテ以来あまり名前を見聞きした覚えがございません。
2位ハー・ミジョン、3位にもミリム・リーで韓国勢が上位独占。
4位Tにブルック・ヘンダーソンとフォン・シャンシャン。6位アリヤ・ジュタヌガーン。

[ライダーカップ]
面白かったですね、ライダーカップ。なんつって最終日すらすべて見切れてないのだが。
シングルでのマキロイvsリードも面白かったし、フォアボールでのマキロイ・ピーターズ組も圧巻。
ってかトーマス・ピーターズは五輪以来すっかりファンになりました。

10/6~
[HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF]
池田勇太が今季2勝目。

[スタンレーレディス]
優勝はアン・ソンジュ。2位イ・ボミ。4位Tに当時はまだアマチュアの畑岡奈紗。

[フボンLPGA台湾選手権]
ハナ・ジャンが優勝。シャンシャン2位。B・ヘンダーソン、キム・ヒョージュが3位T。

[アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権]
ティレル・ハットンが優勝。ツアー初勝利。2位にはロス・フィッシャーとリチャード・スターン。

[フィジーインターナショナル]
こちらも一応欧州ツアー(共催)。優勝はブランド・スネデカー。地元の御大ビジェイ・シンは21位T。

[東芝クラシック]
優勝はジェイ・ハース。POで敗れたバート・ブライアントが2位。
ビリー・アンドレードとラリー・マイズが3位T。

10/13~
[日本オープンゴルフ選手権]
優勝は松山英樹。貫禄の勝利。圧巻でありました。いやはや。
池田勇太2位T。石川遼は7位T。

[富士通レディース]
松森彩夏が初優勝。パチパチパチ
2位には笠りつ子。3位には堀琴音でやっぱりパチパチパチ。
比嘉真美子(4位T)の復調気配にパチパチパチ、パチパチパチ。

[セーフウェイ・オープン]
そうこうしてたらPGAツアー16~17シーズンが開幕。
優勝はブレンダン・スティール。ツアー2勝は5年ぶりのことでした。
2位にはパットン・キザイア。3位Tにはピアシー。ワグナー。そしてケイシー。
ケイシーは前シーズン終盤からずっとずっと好調キープ。

[LPGA KEB ハナバンク選手権]
優勝はカルロタ・シガンダ。アリソン・リーは惜しくもPOに散りました。
シャンシャン、ここでもやっぱり3位Tでアジアシリーズはずっと素晴らしい。

[ブリティッシュ・マスターズ]
優勝はアレクサンダー・ノレンで今季3勝目。やるね。
2位にベルン・ウィスバーガー。3位リー・ウェストウッド。

[SAS選手権]
ダグ・が―ウッドがツアー初勝利。2位にはランガー先生でよしよしよし。
6位にもヒメネス翁でこれまたよしよしよし。

(続く・・)

昨今の手動さんクラブセッティング。

手動さんセッティング

DR Titleist 913D2 with TourAD BB-6SR
FW TaylorMade BURNER(2008) with ATTAS FW65S 13度
FW TaylorMade BURNER(2008) with ATTAS 4U-6X 17.5度
#3UT X2hot#3U with Aldira TOUR RED HY70R 19度
#4 VR Pro Combo with MODUS105-S
#5~#9 VR Pro Combo with MODUS120-S
PW VokeySM4 with MODUS120-S 46度
SW VokeySM4(US)with MODUS120-S 54度
LW VokeySM4 with WV115 60度

ラウンド後の遅いランチはとろふわオムライス。

東宝のとろふわオムライス

どこにも行ってない はコメントを受け付けていません。

どこさ行った!?


太陽。お日様。日光。日照。Sun。。
「元始、女性は太陽であった」by平塚らいてう。

などと、さっぱりわけがわからんけれど、それは毎度のこと。
つまり。もう随分とお日様を拝んでねーですな。。という話。
テレビのニュースだったか何だったかでは
「今週の日照時間は、わずか『6分』。。」
なんて言ってたような気もするけれど、そうか、そうなのか。
私の知らぬ間に『6分』もお日様は出てたのか。
と言うくらい太陽を浴びた記憶がないのですわ。ホントに。
いやはや。秋の長雨なんて言うけれど、もちっと何とかならんもんでしょうか。
真面目な話。そろそろ身体のどこか(特に脳みそ)がカビてしまいそう。。
とほほ

そんな日照不足の影響は、わが身のカビ問題より何よりも豆苗さまに影響し・・・
その後食してみたけれどやっぱり何だかいま一つ・・でありました。

数日間ありがとう。

さよならとうみょう

貴殿の成長を楽しみに水を換え続けられた日々は幾分の幸せでありました。

切断後の根。

切り落とされたとうみょう

ディスポーザの藻屑と消えました。さよなら豆苗。

そして、あり合わせで作ってみたのはカレー炒め(無難?)。

とうみょうカレー炒め

ソーセージとピーマンも和えてみました。
結論から言うとソーセージとピーマンだけのカレー炒めで全然OK!!
って別に・・・豆苗がどおこおってことじゃなく、やっぱり豆苗は豆苗だったのだが。
でも何だかね。やっぱり日照不足の発育不良!?細くて細くて噛み辛くて食べにくかったです。
歯応えもいまいち。
うーん。やっぱり人間であれ植物であれ生き物に太陽は必須なのでありますな。
などと自然の真理めいたことを心の奥底から痛感した次第。

[ツアーチャンピオンシップ]
PGA2015~16シーズンもいよいよフィナーレ。
絞り込まれた30名の精鋭が(残念ながらジェイソン・デイは腰痛で棄権しちゃったけれど)
しのぎを削っておられます。
そんな中、初日松山英樹が首位発進。2日目終わってもまだ3位Tだから素晴らしい。
首位ダスティン・ジョンソンとの4打差はけして小さくないけれど、どうか頑張ってほしいです。
と、そんなダスティンと言えば。。
前回のBMWからパターがスパイダーにかわってますね。(ジェイソン・デイ風の!?)
このヒトは長くキャメロンのピン型だったので少々違和感もありますが、
カップに入りまくってるから合ってるんでしょう。

[ポルシェ・ヨーロピアンオープン]
こちらは2日目途中でサスペンデッド。
暫定ながら2位と6打差の単独首位にはアレクサンダー・レビ。
2位Tにはマーティン・カイマー、ロス・フィッシャー、ロバート・カールソンが並びます。

[アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ]
ただ今第3R中。首位にはパチャラ・コンワットマイというタイの若人だけどよく知りません。
2位には小池一平。ANA6位T、フジサンケイ2位Tと好調の片岡大育は5位Tグループ。

[ミヤギテレビ・ダンロップOP]
こちらも第2R中。首位にはやっぱり(?)申さん。
2打差2位には香妻琴乃ががんばってます。初優勝なるでしょうか。
3位Tにはイ・チヒ。「ゴルフの真髄」のゲストだった三ヶ島かなは21位Tあたり。

で。。
そんな豆苗さまの発育問題を抱えていた(?)私にはもう一つ別の悩み。。
なんて大袈裟な話じゃないのだが、まぁ毎度のアレですよ。
性懲りもなく毎度のクラブセッティング問題です。
実は最近。「なんかもうこれでいんじゃね・・」的な、やや自暴自棄!?ともとれなくもない、
でも一方で、ああ、ホントに何だかとりあえず今はこのクラブで合ってるのかも。。
などとと思えるようになってきまして、何だ。そりゃそれで良かったじゃないか。
となるはずなのだが、そうなったらなったで浮き彫りになるのが
「これだけがどうしても下手」
という、わかりやすい浮き彫り問題に直面しちゃったり。
早い話がFWが下手。。って話だけれど原因も何となくはわかってたりするからもどかしい。
(以前のようにくるっと回れなくなって、腰を止め気味&やや手打ちで打ち込み傾向)
とかとか思いながら悶々としておる昨今です。

話は変わって「ゴルフ侍、見参!」。
一緒にラウンドする方の半数以上はこの番組見てるらしく必然話題にもよく上ります。
「トーナメントの中継は見たり見なかったりだけど「ゴルフ侍」は毎週見る!」
そういう方が多い。もちろん私だってほぼ毎週見ております。
そんな「ゴルフ侍」。私はこの番組中の1ホール目が終わったところのクラブセッティング紹介コーナー?
が好きで好きで好きなのです。

そしてそのコーナーを眺めては、その侍のプレーぶりと重ね合わせてしみじみ色々考えさせられちゃう。
やっぱりクラチャンクラスの方々は、そのセッティングにも十分な合理性(と同時に拘り)が見てとれて、
ホントに毎度毎度深く唸ってしまう次第です。

そんなわけで今回はお勉強がてら最近登場した何人かのお侍さんセッティングを挙げさせていただきます。
うりゃ

☆木村勝巳さん☆のクラブセッティング。
・BRIDGESTONE J815 9.5 ※Speeder661 EVO-S
・BRIDGESTONE J15F #3w 15
・Titleist 915H #2UT 18
・Titleist 915H #3UT 21
・Titleist 915H #4UT 24
・SRIXON Z745 #5~PW ※MODUSツアー120-S
・Titleist Vokey TVD 52
・Titleist Vokey TVD 56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・BRIDGESTONE ツアーB330X

佐久間肇プロとの対戦だったでしょうか(ってかこのヒトがこういうのに出るのは何だか意外だった)。
舞台は真名CC(千葉県茂原市)のこぶしコースでありました。
にしてもカッコよいセッティング。ロフト差の階段が美しいです。

引き続きまして。
☆富澤良二さん☆のクラブセッティング。
・Fourteen ゲロンディー CT-315 10.5 ※TourAD GP-6S
・Callaway Xhot #3w 15
・Callaway Xhot #5w 19
・Callaway XR #4UT 22
・Titleist 816H1 25
・Titleist VG3 #6~PW ※NS950GH-S
・AKIRA プロトタイプ TV-150 50
・AKIRA プロトタイプ H-554 54
・AKIRA プロトタイプ H-558 58
・ODYSEY メタルX ミルド#7
・SRIXON Z-Star XV

いやはや。やっぱりカッコよいセッティング。
舞台は東京五日市CC。中山徹との対戦だったかと思われます。
ちなみに中山徹プロのお姉さんは、あの中山律子さん。
って知りませんか?
あーそうですか。。
プロボウラーとして大活躍された中山律子さん。CMとかにも出てたと思います。
須田開代子さんなどと一世を風靡し女子ボウリングブームを巻き起こしたのでありました。
などと幼少当時のおぼろげな記憶だけど、ませガキのわたしには十分印象的な美貌でございました。
でへぇ
ってかその当時は「ボウリング番組」がやたらあちこちで放送されてたと思うのです。
その人気は昨今のp★リーグ的なそれとはまた違くて、とにかく凄い人気だったのだ。
などど話は逸れまくってるけれど#5アイアン替わりの816(25度)がかっこいいです。
ショートゲームへの戦略性みたいなものを勉強させられます。

そして最後は。
☆白石順一さん☆のクラブセッティング。
・TOUR WORLD TW727 9.5 ※VIZARD YC-65-S
・Titleist 915F #3w 15
・ONOFF フェアウェイアームズ TypeS #5w 17
・TOUR WORLD TW727 #3UT 19
・TOUR WORLD TW727 #4UT 22
・TOUR WORLD TW727V #5~PW ※MODUSツアー105-S
・TOUR WORLD TW727  52
・TOUR WORLD TW727  56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・Titleist ProV1x

増田哲仁との対戦は上総富士GC(千葉県君津市)の西コース。
ちなみに増田哲仁さんって「歩くように打つ」のレッスンプロ系な方ですよね。
それはともかく。白石順一さんのDR。なんと42.5inchの超短弱仕様!?だそうです。
紹介介ナレーションを聞いていて「ホンマかいな?」とか思っちゃったけどホントなんでしょう。
(じゃあ隣に並んでたスプーンって何インチにしてるんでしょう?)
にしても、仮にその長さだとしてあのティーショットの方向性(ラインだし)には納得。
それでいてあの飛距離なら・・短尺DRに大いなる興味がわいてしまいます。

とか何とか。やっぱり皆様とても素敵なセッティング。
体力なり?年齢なり?そしてクラブごとの意図がはっきりと表れた構成。
どういう距離をどう打ちたいのか。。みたいなことが想像できそうです。
そんな中でも特にウェッジ編成は参考になります。
PWの下に52度を入れながらも、その下には56度。4度ピッチです。
大抵のプロのように52⇒58と開いてないのがこれまた見習うべきポイント!?
もちろん富澤良二さんのように上の本数が減らせるなら50⇒54⇒58のような3本体制も理想的。
(PWのロフト差との関係もあるから一概には言えませんが)

うーん。とっても勉強になりました。
ってわけで、私のFW下手はどう解決を図るべきなのか。
答えは簡単。「使えないなら抜けよ」です。。
でへへへ

どこさ行った!? はコメントを受け付けていません。

そのネコはないていた


またまた困った台風が。今度は九州南部を直撃してとんでもない雨量。。
被害にあわれた方々にはほんとにお見舞い申し上げる次第です。
と言うか、こっちにも近づくようなのでくれぐれも注意いたしましょう。

さて。さらさらさらっと流してしまった週末の結果でしたが。

[日本シニアオープン]
最終ホール。バンカーからのチップインで終わらせるなんて・・・憎いヒトだわ。

☆プラヤド・マークセン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・SRIXON プロトタイプ 9.5 ※Miyazakiコスマブラック6X
・Callaway BBスティールヘッド #3+ 15度
・Callaway BBスティールヘッド #5 19度
・Aグラインド UTプロトタイプ 19.5度
・SRIXON ZU45 #4/#5
・SRIXON Z945 #6~PW
・Cleveland 588RTX2.0PF 54度/58度/60度
・ODYSEY ホワイトホット#5
・SRIXON Z-StarXV
DRは565のプロトタイプだと思います。

ちなみに日本シニアを制した際のDRは、
・ゼクシオ ナイン 8.5度
だったようです。UTも
・Z U65 #4/#5
に変わってたみたい。

[ANAオープン]
手首の手術などで苦しんできたブレンダン・ジョーンズだったけど見事に3シーズンぶりの優勝。
よかったよかった。そんな彼もツアー通算は14勝目に。

☆ブレンダン・ジョーンズ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・Callaway XR 10.5 ←ツアーADのDI-7TX
・Callaway XR16プロ 18度 ←ウッドはクリークのみ
・Callaway APEX UT 20度
・Callaway APEX #4~PW
・Callaway MD3 52度/56度/60度
・ODYSEY タンク#1プロトタイプ
・Callaway クロムツアー
圧倒的な飛距離あればこそのセッティング。ウェッジが52からの4度刻みってのがたまりまへん。

ちなみにANAを制した際はDRが
・Callaway XR16 SUBZERO 9.5 ←国内未発売モデルですね。
アイアンが
・Callaway LEGACY #4~PW ←2010年モデル?上田桃子もこれでしたっけ?
パターは
・ODYSEY ミルドコレクション#2
とかだったみたいです。

[マンシングウェアレディース東海クラシック]
優勝はテレサ・ルー。ということはキャロウェイ同一週男女ツアー制覇。となりましょうか。
ちなみに4位Tに比嘉真美子。おおっと久々の上位です。復調気配なら何より。
何でも14年のフジサンケイ以来のトップ10だそうだから本当に久々だったのでした。

[エビアン選手権]
優勝はチョン・インジ。男女を通じたメジャー最多アンダーパー記録だそうでいやはやすごい。
今年もディフェンディングチャンピオンとして日本女子OPに参戦するらしいから楽しみです。

[イタリアオープン]
優勝はフランチェスコ・モリナリ。
2006年にもこの大会を制していたそうだから母国ナショナルOP2勝目。お見事。
にしても、またまたNIKE契約選手の優勝だったりするからほんとに今年はNIKEが好調。
撤退が決まったその年に。。何やら皮肉な感じもしなくもないけれどまぁともかく。
2位には1打差で敗れたダニー・ウィレット。3位Tにはクリス・ペイズリーとイグナシオ・エルビラ。
ヒメネス翁は38位Tフィニッシュでした。

[ネイチャーバレー ファースト・ティーOP]
チャンピオンズツアーは色々な試みがあって面白いです。
この大会も81名のプロと81名のジュニア、162名のアマチュアゴルファーが参加したそうだから凄い。
優勝はポール・ブロードハースト。2位Tにはさすがのランガー先生。そしてケビン・サザーランド。
クレイグ・スタドラーは79位だったけどまだまだ健在です。

で。先日行ってきたのは昭和の森ゴルフコース。
昭島の地を踏んだのはたぶん今回が初めてだったと思うのだがなかなか面白そうな一帯でした。
ゴルフ場周辺には、モリパークアウトドアヴィレッジやカインズホーム(巨大なホームセンター?)。
昭和飛行機さんの工場群なんかもあったりしたような気がいたします。
いずれゴルフとは関係なくゆっくり歩いてみたいと思った次第。

などと、そんな昭島ラウンドは先述のとおりで、心地よい前半と心地よくない後半とが混ぜこぜで
何だか微妙なラウンドとなりましたがまぁとにかく。
後半だったか、どこかのホールの茶店(か休憩所か)にはネコがおりましたわ。

みゃーお・・みゃーお・・

みゃーお・・みゃーお・・


昭島にゃんこは鳴き上手!?

昭島にゃんこは鳴き上手!?

そんなネコさん。大変ヒトに小慣れてるようでその鳴き声といったら絶妙な甘え声。
そりゃもう・・・ネコ好き手動にとってはたまらんわけです。でへぇ
みゃーお・・みゃーお・・。
その都度(少し岩合さん気取りで)はいはい。。はいはい。。うんうん。なんて相槌しちゃったりして。

などと昭島にゃんこのことはともかく。
お隣とせめぎ合っていて少々分かり辛いと思いますが此度の手動セッティングでございます。

此度のクラブセッティングどもでございます

DR Titleist 913D2 with TourAD BB6-SR
FW X2hot#4w(US) with TourAD クアトロテックMD6-S 17度
#3UT X2hot#3U with Aldira TOUR RED HY70R 19度
#4UT RC BBD 506V with GS85-S200 24度
#4 VaporFlyPro with MODUS120-S 21度
#5~#9 VR Pro Combo with MODUS120-S
PW VokeySM4 with MODUS120-S 46/08
SW VokeySM4(US)with MODUS120-S 54/11
LW VokeySM4 with WV115 60/04
パターは毎度の・・ SeeMore FGP。
俄かスリクソンファンになったこともあり(?)ボールはZ-Star XV。
と言っても型落ち輸入品の安いやつですけど。。

久々にDRをかえてみました。以前から持ってる913(de-do#2のお下がりです)ヘッドに、
BB6・・にしてもSRとはなかなか珍しいフレックスだよね・・を挿してみました。
重過ぎず硬過ぎず、なかなか降り易かったわー。これ、いいかも。

にしても。お隣の「赤」が目を引きますね。
今回同伴いただいた方なのですが、嬉しいことに私と同様のNIKEフリーク。
アイアンも私の次世代モデル「VRフォージド PROコンボ」(シャフトはDGだったと思いますが)
だったりしたから勝手に嬉しくなっちゃった次第。
その方もNIKEのゴルフギア撤退を悲しんでおられましたわ。

そのネコはないていた はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ