de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'クラブセッティング' (Page 7)

サマンサタバサを制したのはマンシング


・黒い十人の女
という映画がありまして。1961年の公開だそうだから私はまったく知りません。
が、何となく点けてたテレビに映し出されていて見るともなく放置しておりまして。
音も小さく絞ってたから内容もさっぱりわからず、いつしか「完」(終だったかな)の文字。
というわけで内容はともかくですが、そこに映し出されていた女性(女優)の皆さまが
それはそれは大変魅力的だったということだけは見るともなく見た限りで十分に認識できました。
どりゃ

それは若かりし日の岸恵子に山本富士子。宮城まり子に中村玉緒に岸田今日子。などなど。
とにかく何がどうでも岸恵子が問答無用に美しい。。
そして少々意外にも!?印象に残ったのが中村玉緒さま。
若い頃からやっぱり個性的。かつチャーミングで存在感たっぷりでありました。
ちなみに若かりし船越英二も出てたりしてこちらもとってもかっこよかったです。
わたしが小学生の頃に夢中だった「熱中時代」の校長先生。。(きたのさん・・・とやや鼻づまりに)
というようなことはまるでなく、まことニヒルな二枚目です。
ってな話。

[ダンロップ・スリクソン福島オープン]
今週の国内男子ツアーは福島。二日目終わって時松隆光という選手が単独2位です。
わたしはこの選手についてよくわかってないのですが、いつぞや見るともなく見た九州ローカルっぽい番組
(九州だんじ!?とか何とか)に、たぶんこの選手が助っ人として登場してたんじゃなかろうか・・
福岡の出身みたいだし・・などと思ったりもするのだが単なる幻だったのかも知れません。。

初日は首位と1打差の2位Tグループにいた深堀圭一郎。
いいね。久々に勝たないかね。なんて思ったら2日目はやや伸び悩んで10位Tあたり。
それはともかく深堀と言えば・・・。
『古閑美保のゴルフチャレンジアスリート』という番組がありまして。
ってことは前にも書いた気がするけれど、その番組の昨今のゲストがこの深堀圭一郎なのです。
古閑美保はティーショットこそ曲げるけどグリーン周りやパットがゲストの深堀よりか全然うまくて・・
 というか、だいたいこの番組は古閑がゲストをやっつけてしまうという微妙な構図が多いんだけど
・・深堀も自分の番組(ゴルフの真髄)のようには調子に乗れず、その悪戦苦闘ぶりがなんだか面白い。
そんな深堀はやっぱりテレビ慣れし過ぎてるのか自分がショットを打つ前の解説やコメントが細かく長く何やら微妙。
なるほど。あれはもう職業何とかなのかも知れませんな。
などと不思議な感覚にとらわれたりしながらも、この番組のスポンサーはSeeMoreパターだから結局見ております。
うへへへ
ってわけで明日以降も頑張ってもらって2005年のANA以来の優勝に期待しましょう。

で先週。全英オープンの面白さに完膚なきまでに心を奪われたわたし。
そうです。他にもトーナメントはあったのでした。。

[バーバソル選手権]
全英OPと並行開催された同大会の最終日。
「LOOKING FOR A WIN」と題されたちょっとした画面に映しだされたのは最終組の3選手。
アーロン・バデリー、ジョナサン・ベガス、デビッド・トムズ。
彼らは何れも最後の優勝が2011年という寄寓!?
バデリーが勝てば134試合ぶり、同ベガスが121、同トムズが103。なるほどなるほど。
そんな久しぶりの勝利を手にしたのは、P/Oでキム・シウを退けたバデリーでありました。
うりゃ

関係ないけど、あたしゃバデリーの出で立ちが好きだったりします。
無地(特にこれといったロゴもなさそうな)の真っ白いキャップ。
真っ赤なポロ(OGIO?)、ややゆるめの真っ白なパンツ。
爽やかでありながら、ややゆるっとだらっともしていて彼独特の雰囲気が滲み出ております。
3位にはPGAツアーデビュー戦だったマイケル・ジョンソンでお見事。
4位Tにはベガス、アンドレス・ゴンザレス、マイケル・トンプソンともう一人誰か。

[サマンサタバサ・レディース]
優勝はジョン・ミジョン。久々の勝利にインタビューでは泣いておりました。
2012年の賞金女王。あんなに強いヒトでも勝てないときはなかなか勝てないものなんすね。
ってわけで今回もサマンサタバサ娘は勝てませなんだ。
初優勝をこの大会であげた木戸愛。残念ながら父(木戸修)の見守る前での2勝目はならず2位。
原江里菜は2日目まで首位でした。こりゃいよいよサマンサウェアな選手が勝つのか!?
とか思いましたが最終日は伸ばせずに3位T。(もう一人は西山ゆかり)
堀琴音は葭葉ルミなどと並んで37位T。そして辻梨恵が40位T。
辻梨恵と言えば今年は好調。昨年からPRGRになったんでしたっけ。
開幕から数戦予選落ちが続いたあとは・・
ヤマハ 36位T。スタジオアリス 14位T。再び予選落ちを挟んでサイバーエージェント 4位T。
サロンパス 17位。ほけんの窓口 19位T。またまた予選落ちをしたのちリゾートトラスト 32位T。
サントリー 41位。ニチレイ 20位T。モンダミン 45位T。ニッポンハム 34位T。
と安定した成績。出場しはじめた当初から応援してるので嬉しいです。

[マラソンクラシック]
最終日はコ、アリヤ、ミリム・リーでのP/O。
やっぱり勝ったのはリディア・コでありました。いやはや盤石の世界No.1。
3日目まで首位だったキム・ヒョージュは4位。ステーシー・ルイスが5位。
6位Tにはアリソン・リーと別嬪ベアトリス・リカリ。
上原彩子は11位T。トップ10にわずかにおよばず惜しかったです。野村21位T。横峯38位T。

・ゴルフ侍、見参!
その後も毎週見ておりますよ。侍さん。おもしろいっす。
ところで最近は、気のせいか知れないけれど侍が若年齢化傾向!?だったりしないでしょうか。
なかなかシニア侍では歯が立たず。。パワーで見劣らない若手が登場し始めた?なんて穿った見方。
それはともかく、いつぞやの対戦はドラゴン瀧とツワモノ侍の戦い。なかなかの名勝負でした。
そんな侍は伊藤英之さん(47歳)。メンバー・・千葉のロイヤルスターゴルフクラブ
・・になってわずか2年目でクラチャンになったんだそうな。いやはやすごい。
ドライバーは悉くドラゴン瀧(シニアでは十分飛ぶ部類のヒトだと思うけど)をオーバードライブ。
ショットも切れ切れでしたが、とにかくそのパッティングに魅了されました。
よどみのないストロークから打ちだされるボールはきれいな順回転で直進しておりました。
と、そんな伊藤さんのパター。
オデッセイ(ツアーブラック#9プロトタイプ?)を使っておられたのですが目に留まったのはそのグリップ。
何やら、ウッドやアイアンなんかに装着する円形グリップ(例えばGolf Prideのツアーベルベットとか)!?
に見えちゃった気もするんだけど私の勘違いだったらごめんなさい。
でも、パターだけ他との握りに違和感を覚えてノーマル円形グリップを使う方もたまにいますよね。
とかとか色々まぁとにかく。
体育会系の方?というのもあってか、その礼儀正しさが滲み出て何とも素敵なお侍さんでありました。
へいっ!

・日本アマチュアゴルフ選手権
は、もう101回目だそうです。
(まるで関係ないけれど昔「101回目のプロポーズ」というドラマがありました)

優勝は亀代順哉アマ。大阪学院大の4年生。
昨年は日本オープンで19位T、今年は東建での6位Tなど、プロトーナメントにもたまに出てますが・・
 ってか今週の福島にも出てますが残念ながら予選カットでした。
 と。予選カットのアマと言えば蛭田玲於選手も。こちらはたぶん蛭田みな美アマのお兄さん!?
・・・その実力は既にプロのそれ。
プロのそれよりまだ凄いのがその飛距離。ドライバーは300ydとか飛ぶんじゃなかろうか!?

こちらは昨年の日本アマ出場時(ベスト16)のクラブセッティング。
☆亀代順哉アマ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.82)を参照
・PING G30 LSTEC 9度 ※ツアーAD DI-7S
・PING G30 #3w/#5w
・PING アンサー #3i
・PING S55 #4i~W
・PING GLIDE  52度SS/58度SS
・PING ケーデンスTRアンサー2
・SRIXON Z-StarXV

不夜城復活!?

アロエな不夜城

多肉植物です

その後、鉢の植え替えが行われまして。よかったよかった、よかったです。

サマンサタバサを制したのはマンシング はコメントを受け付けていません。

二人のキャロウェイ息子


いつぞやの週刊ゴルフダイジェストに「プロが選んだNo.1コースはここだ!投票箱」!?
のような記事がありまして。それはいくつかのカテゴリー別ランキングだったわけだけど、
その中の「戦略的で難しいコース」というランキングでは小樽カントリー倶楽部が男女ともに1位。
ふむふむ。なるほどね。と。
で、続く男子2位では大洗ゴルフ倶楽部。そして女子の2位にはなななな、なんと。
室蘭ゴルフ倶楽部だったりしたから驚きました。
2001年の日本女子オープン(優勝は島袋美幸)の舞台だったのは何となく知っておりましたが、
でもまさか。
もう15年も前のことですからね。きっとこの白鳥コースに投票してくれたのはそれなりのベテラン?
なんて思ったらコメントは表純子だったのでやっぱりなるほどね。でありました。
その室蘭GCはたしか昨年経営交代があったんじゃないかと思うのだがそんなことはとりあえずよくって、
とにかくまたまわりたいっす。白鳥コース。
ちなみに旧経営陣は、新日鉄住金・日本製鋼所・日鉄住金セメント・栗林商会の四社。
室蘭という街そのものを支えてくれている、名だたる企業による共同経営だったのでありました。

ってわけで、とってもいいもの見せてもらっちゃったね。
[The Open ~全英オープン]
第145回全英オープンはロイヤルトゥルーン・オールドコース。
線路沿いのホールは11番(でしたっけ?)。ありゃ凄い。素晴らしい。
にしても最終日はホントにあっという間の18ホール。最後まで釘付け状態と相成った次第。

にしても。
ミケルソンは十分に凄いんだけど、ステンソンは更に十分+十分+十二分の凄さくらいの凄さ。
スウェーデン人選手での初メジャー制覇にして20アンダーはタイガー超えの全英レコード。
(ちなみに72ホールトータル「264」は全英に限らず四大メジャーを通じての最少だったみたい)
なんちゅうか、まるでもう神憑ってたましたよね?ショットもパッティングも。
特にあのややこしいバック9で5バーディ。・・の中でもやっぱり最終ホールのロングバットは超圧巻でした。。
大会前には友人が亡くなったんだそうで、その友へ捧げられた素晴らしいプレーの数々。
その創造性と技術力、そして圧倒的な集中力。どれもこれもが十分に凄いミケルソンを上回っておりました。
(ミケルソンだってノーボギーの6アンダーですからね。この完璧さでまさか3打差もついてしまうとは・・)
そう言えばステンソンがあんなにドライバーを多用するのを初めて見ました。
毎度のスプーンも冴えに冴えてたけれど、低くティーアップされたドライバーはもっと冴えわたっておりました。
いやはや、どれにもこれにも感動した次第です。

ところでフィル・ミケルソン(Mickelson)とヘンリック・ステンソン(Stenson)。
奇しくも(というほど全然珍しいことじゃないけれど)お二方とも姓に-ソン(son-息子)-をもちます。
ミケルソンはマイケルさんの息子さん(の系譜)だろうと思われるけど、はて。
ステンソンはステン・・!?さんの息子さんとなるのでしょうか。
ちなみに北欧系ではソンがセンになってる苗字のが多いんじゃないかと思ったりもしますが・・
例えばノルウェーのスーザン・ペターセンはPettersen、ピーターのソンが北欧チックにセン・・
ってかペターセンは女性だけどあくまで苗字の系譜的なお話なので・・でなんだっけ?まぁいいや。
何にせよ放映中はこの二人が圧倒的に映しだされていたわけでCallawayはしてやったり!?
だったと思います。
キャディバッグやキャップのロゴはもちろん、映るクラブがすべてキャロウェイ。(パターもオデッセイ)
まことにキャロウェイ孝行な二人です。そして歴史に残る最高の最終組ペアリングでありました。
ふぁっふぁっふぁっふぁ(バルタン星人ふうに)

と。そう言えばキャップのことでちょっと。。

ジョンストンのキャップ。
8位に大健闘した英のアンドリュー・ジョンストン。
キャップの後頭部側のTitleistのロゴ上には”BEEF”という刺繍が見えましたね。
このヒトがパットを沈めるとギャラリーが「びー」とか何とかややブーイングっぽい声。(クーチャーの「くー」的な)
なるほど、あれは「ビー(フ)」だったんすね。
ところで解説の戸張さん。執拗なまでにジョンストンのことに触れてましたっけ。
凡そラウンドとは関係なさそうな(髭とか体型とかウェアの)ことばかり。
よほどああいう個性的なタイプ(に見える)選手がお気に入りなんでしょうね。

ミケルソンのキャップ。
いつものKPMG(彼のスポンサー。大手会計事務所)キャップでしたが、
右側即答部には何やらダブルクリップ風のものが・・・
恐らくサイズを縮める(強風で飛ばされてしまわないように)しぼり的につけてたんじゃないか・・
などと想像してみてましたがどうなんでしょう。

ステンソンの・・キャディさんの・・キャップ。
以前から度々触れてる「HUGO BOSS」。あたしゃあのキャディさんのキャップが欲しいです。
フロントに大きく「BOSS」とステッチされた(たぶんNEW ERA製?の)あのキャップです。
とは思うけどやっぱし手には入らんのでしょうな。

などと、しょーもない与太話ばかりをだらだらと。
改めてリザルト。3位には、J.B.ホームズ。
4位にはお見事スティーブ・ストリッカー。カッコよすぎる49歳でした。
5位Tにはガルシア、マキロイ、ハットン。9位TにはDJなジョンソン、ケルドセン、ハース。
そしてそして18位Tには我らがミゲル・アンヘル・ヒメネス翁がひそかにいたりしてこちらも感動。

☆ヘンリック・ステンソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 9.0 ※Obanキヨシ・ツアーリミテッド60X
・Callaway XR16 #3W/#5W 14/17
・Callaway APEX UT 18
・Callaway レガシーブラック #3~PW ※MODUS120-X
・Callaway マックダディ3 52(ミルドS)/58(ミルドC)
・ODYSSEY ホワイトホットXG #7Hプロトタイプ
・Titleist ProV1x

ちなみに全英ではスプーンが、Diabro Octaneツアーだったみたいです。
また、クリーク・UTはなくて2番アイアンから!?
アイアンはご存知、2011年の国内モデル、シャフトもMODUS120でウェッジが52/58と
何やら国内のプロっぽくもない?

☆フィル・ミケルソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16SUB ZERO 8.5 ※FUBUKI J60X
・Callaway BIG BERTHA816 #3W 14
・Callaway APEX(HY) 18
・Callaway APEX UT 21
・Callaway APEX PRO #5~PW ※KBSツアーV125-X
・Callaway マックダディPMグラインド 56/60/64
・ODYSSEY PMプロトタイプ
・Callaway クロムソフト

さすがはミケルソン。64度だなんてたまりませんわ。
ドライバーは国内未発売のUSモデルだったでしょうか。

唐突にバラ。
またまた咲いてくれました。今度はコンスタンツェ・モーツァルトです。
初日。

モーツァルト初日

ふむ。なかなか凛としてると言うか、しゃきっとしてるじゃありませんか。ね。

で翌日。

モーツァルト翌日

お見事。満開。内側もこんもり盛りあがってかっこいいです。

そして翌々日

モーツァルト翌々日

おおっと。。暑さのせいもあってかややへたり気味。

うちのモーツァルトは今時期だとつぼみが開いてからせいぜい4日くらいでしょうか。
翌々日の写真のその翌日かそこらには大きな花びらをいくつも落としながらあっけなく散りました。。
とほほ
とは言うものの四季咲きは何度も楽しめるから嬉しいわ。

二人のキャロウェイ息子 はコメントを受け付けていません。

500gほど増量


「金継ぎがしたい!」と突然de-do#2。
なんのこっちゃ?と思ったら、器(焼き物)の割れや欠けを漆で補修して金で装飾するんだって。
そういうのを教える教室やら手軽にできるキットやらが静かなブーム!?だそうで、ほほぉ。
確かに欠けた(捨てるには少々惜しい)茶碗もいくつかあるようだから
何れ教室に通い始めたりするのかも知れません。どりゃ

[日本プロゴルフ選手権(日清カップヌードル杯)]
優勝は武藤俊憲。で間違いなかろうなんて思ってたらドラマは最終ホールに待ってました。
結局はPOになって谷原が2週連続優勝。やるねー。
武藤は惜しくも2位。宮本5位T、竹谷が久々の上位?で7位T。
石川、松山世代の最後の大物!?大堀裕次郎も7位T。2週連続のトップ10フィニッシュです。
これにてリオ五輪代表は池田勇太と片山晋呉に決定。

[全米女子オープン]
優勝はリディア・コ。で仕方ねーだろー。。。とか思ってたらあらららっと
ブリタニー・ラングとアンナ・ノードクイストがPOへ突入。
とか思ったらノードクイストにはバンカーでソールしたペナルティが課されて何が何やら、へろへろへろ。。
そういうわけで(?)とにかく優勝はブリタニー・ラング。
一瞬「勝つかも?」と期待させてくれた野村敏京は惜しくも11位T。でもお見事でした。
渡邊彩香、横峯さくらは38位T。原江里菜69位T。
惜しくもリオ五輪代表を逃してしまった渡邊彩香。インタビューでは泣きじゃくっておりました。
(代表は野村と大山志保で決定)
サロンパスカップでも猛追届かずの2位。あの時も悔しさのあまり大粒の涙を流してましたっけ。。
あたしゃ、こういう悔しさをしっかりとあらわにできる競技者って何だか好きだったりするのですわ。
ものすごく強くなれる才能を秘めてるような気が・・・しなくもなくもない。
東京五輪ではどうかがんばってくらはい。

[スコットランドオープン]
優勝はアレクサンダー・ノレン。と思ったらやっぱり勝ちました。ぱちぱちぱち。
2位にはティレル・ハットン、マッテオ・マナセロ、ニコラス・コルサーツ、ダニー・リー。
10位にはパトリック・リード。
アメリカの五輪代表はダスティン・ジョンソンとスピースが出場辞退したことで、
もともと当確だったババ、ファウラーに加え、繰り上がりでリード(もう一人はクーチャー!?)。
という四名になりそう。

[ニッポンハムレディスクラシック]
優勝は小祝アマ。。とはいきませんでしたが8位Tでお見事。立派。
優勝は葭葉ルミ。2位Tにはイ・チヒ、キム・ハヌル、菊地絵理香、佐伯三貴などなど。
にしても惜しかったです。小祝さくら選手。

そんなわけでもう2年も前のものですが・・・
☆2014年日本女子アマ出場時の小祝さくらさん☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.76)を参照
・XXIO(2008) 9.5 バサラW53
・XXIO(2008) 15/18/20 バサラW53
・XXIOセブン(UT) 23
・XXIOフォージド(2013) #5I~PW
・Titleist Vokey SM 54/58
・オデッセイ バーサ#7
・SRIXON ZstarXV

当時は高校一年生。もう2年前のことだからクラブも色々変わったんじゃないでしょうか。
そんな2年前の日本女子アマと言えば優勝は蛭田みな美アマ(★)。
いま振り返ると他にもなかなかに豪華な顔ぶれです。
橋本千里アマ(全米女子OP出場)、三浦桃香アマ、稲見萌寧アマ(★)、勝みなみアマ、
現プロの三ヶ島かな、森田遥、野沢真央、永井花奈、堀琴音、
畑岡奈紗アマ(★)、中川梨華アマ(★)、新垣比菜アマ、などなどなど。
(★は「ゴルフの翼」にも出ていたと思います)

で。こちらは優勝した葭葉ルミのクラブセッティング。
DR NIKE VaporFly 9.5度 DiamanaR60S
FW NIKE VaporFly #3w DiamanaR60S
FW NIKE VaporFly #5/#7 DiamanaR70S
UT NIKE VaporFLY #4(23度) TourAD HY-85S
IR NIKE VaporProCombo #5~PW NSモーダス3ツアー120(R)
AW/SW NIKE ENGAGE 53度/58度 DS-S200
PT NIKE オリジン B2-05
NIKE RZNプラチナ

徹頭徹尾のNIKE娘。国内女子では唯一のNIKEグローバル契約選手だったでしょうか。
シャフトも男子並み・・GolfStyle Vol.87を参考に追記。違ってたらゴメン・・でかっこよい。
にしても。
考えてみたら女子のNIKE契約選手の優勝って金田久美子(2011年のフジサンケイ)以来!?
だったりするんでしょうか。
同じNIKEでも、当時はDRからアイアンまでをSQ(サスクワッチ)はマッハスピードとかだった!?
と思われるのでまさに隔世の感でございます。って5年も前だから当然か。
(・・と、それを言うなら国内男子のNIKE優勝選手って・・・深堀圭一郎が最後?)

シマホでの戦利品!?
先日のシマホ(島忠ホームズ)ではDIYものばかり眺めてたのですが、
実は買ってきたのはこれ。

ゆめぴりか5キロと500グラム - コピー

ゆめぴりか。私の大好きなゆめぴりか。美味いっす。
これ、ぱっと見は5Kgの袋ですがよく見てみると「500g増量」なのでした。
値段も1980円(たぶん税込み)となかなかにお買い得だったのでつい買ってしまった次第。
お米を買う予定はまったくなかったけれど思わぬ戦利品となりました。

500gほど増量 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ