de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'ゴルフ' (Page 6)

54度が旬


毎度の植物公園バラシリーズ。今回は・・・

ゴールドバニー

ゴールドバニー。黄色のバラもかわいいねぇ。
フランス御出身。フロリバンダ系。中輪四季咲き。お見事なイエローです。

[日本ツアー選手権]
塚田陽亮(ようすけ)がツアー初優勝!ぱちぱちぱち。
なんて、そりゃもちろん名前は知ってましたけどこれまであまり注目したことなかったりして。。
でも今回改めて見てみて、よーくわかりました。その凄さが。
素晴らしいビッグドライブの持ち主にして、ナイスパット連発な選手だったのですね。
なるほど。なるほど。2勝目もすぐかも。
2位にはマイケル・ヘンドリーと谷原秀人。
イーグルで追いついた時は勝つのは谷原?なんて思いましたけどゴルフは最後までわかりまへんわ。
今回応援していた谷口徹。最終日はやや精彩を欠き残念ながら10位T。
にしてもこのメジャー、何故かしらツアー初勝利がこのメジャー制覇。的な人が多い気がします。
藤本、小平、竹谷、梁(りゃん)、そして塚田。みな日本ツアーの初優勝がこの大会。
(藤本の前年のJ.B.パクもそうかな?)

☆塚田陽亮☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・SRIXON ドライバープロトタイプ 9.5
・Callaway XRプロ 14
・SRIXON ユーティリティプロトタイプ(#2UT) 
・SRIXON アイアンプロトタイプ #3~PW
・Cleveland 588RTX CB  52
・AKIRAプロトタイプ H-158  58
・ODYSSEY ワークスビッグTブレード
・SRIXON Z-Star XV

GolfStyle(vol.87)の撮影当時はどれもプロトタイプってことだったのでしょうが、
このツアー選手権の優勝時では、ドライバーはZ565、アイアンはZ765。となってたみたいです。

[ザ・メモリアルトーナメント]
ウィリアム・マクガートが勝利。こちらもツアー初優勝です。
2位にはPOで敗れたジョン・キュラン。3位ダスティン・ジョンソン。マキロイは4位T。
カナダのアダム・ハドウィンが11位Tと大健闘。

さて、この大会には出場すらしてないけれど・・・
☆チャド・コリンズ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 10.5
・TaylorMade RBZツアー #3w 14.5
・Adams IDEA a7 UT 19.0
・MIZUNO MP-32 #4~#8
・Fourteen RM-22 44/47/52/56/60
・ODYSSEY ホワイトホット2ボール
・Titleist ProV1x

なぜにチャド!?と言っても特に深い理由はなし。
ただウェッジの編成が面白い(PWはおろか#9がない)なー。と思っただけ。
もちろんフォーティーン契約の選手です。

[ヨネックスレディス]
こちらもやっぱりツアー初勝利だったりするポラニ・チュティチャイ。
小さな(細い)身体で見事なゴルフでありました。
2位には上田桃子。3位藤田光里。応援している蛭田みな美アマは単独8位で見事ローアマ。素晴らしい。

[ショップライトLPGAクラシック]
優勝はアンナ・ノードクイスト。こちらもツアー初優勝・・・
なわけはなく、それどころかこの大会2連覇。通算6勝目。
2位には野村敏京。宮里美香が6位T。横峯14位T。宮里藍22位T。上原31位T。

[ノルデアマスターズ]
優勝はマシュー・フィッツパトリック。こちらはツアー2勝目。
2位にはイェンセン、3位コルサーツ。地元勢ではステンソンとヘルグレンが4位Tで最上位。
昨年の勝者アレクサンダー・ノレンは12位Tでした。

[プリンシパル・チャリティー・クラシック]
優勝はスコット・マッキャロン。こちらもツアー(シニア)初勝利!?
2位にはわれらがヒメネス翁とB・アンドレード。

さてさて。
塚田陽亮のクラブセッティングで触れたところの「GolfStyle(vol.87)」。
今月(隔月刊)は国内男女のセッティングでございます。
ほとんど病気?のようにパラパラめくっては楽しいったらありゃしない。
で。ちょっと眺めていてふと思ったのが「54度」。つまりウェッジです。
女子は以前からぼちぼち見かけたけれど、ここにきて男子も使用者が随分増えた気がいたしますわ。
ちょっとだけ挙げてみると・・
武藤(PWと60度の間)、マークセン(PWと58度の間)、ケネディ(50と60度の間)、
永野(Wと60度の間)、手嶋(PWと60度の間)、W.J.リー(50と60度の間)、竹谷(PWと60度の間)、
呉アジュン(PWと58度の間)、貞方(PWと60度の間)、D・オー(46度と60度の間)
・・ってな感じで、ざっと挙げただけでもこんなにいました。
もちろん52/58がいまだに主流ではあるんでしょうけど、こういうのは時代や環境に応じたトレンド!?
みたいなのもあるんでしょうからたまたま今時期だけなのかも知れませんが。
上述のコリンズじゃないけれど、UTはロングどころかミドルのアイアンまで寝食しつつあるわけで、
そうすると6番までUTになって、8番からウェッジ型になっちゃって、旧来からの概念におけるアイアンは
「アイアンですか?バッグに7番の一本だけっす!!」
みたいな近未来が予想されたりはしないでしょうか。(しませんか、そうですか・・)
そうそうトレンドと言えば。
再びフォーティーンのウェッジが国内ツアーを席巻!?なんて予感もしたりします。
プロトタイプ使用者はもちろん、RM-22なんかもけっこうな選手がバッグに入れてるようです。

ところで54度と言えば、かくいう手動も54度は大好きです。
VokeyのSM4をなぜか2本!?バンス8度(WV115)の和物と、バンス11度(MODUS120)の洋物。
後者は35.5インチとやや長めにしてあって、これは以前「ゲームの決断(宮里道場PREMIUM)」
に出ていた野上貴夫を雰囲気だけ真似たもの。(些細だけどでも飛ばないわたしには大事な工夫)
それはともかく。
正直なところ自分のレベルだとSWに58度はほとんど使うことがなくって(使えない、とも言えるけど)
むしろ数ラウンドに一回くらい無性にロブりたくなる!?ので60度のがバッグインしたくなったりします。
バンカーなんかも54度を少し開けば全然簡単に出せるし、グリーン周りも寄せるのが楽。
(とは言え、寄せはピッチ&ランばっかしなので専ら46度か50度しか使わないんだけど)
まぁそこらへんはどういう球筋でいきたいか。(高さとかスピンとかスイングタイプとか入射角とか)
人それぞれなのであります。
うぎゃ

54度が旬 はコメントを受け付けていません。

カモ家族も笑ってます


なわけで毎度の植物公園バラシリーズ。
今回は・・・

たまんご

タマンゴ。
ワインレッドというのかダークレッドとでもいうのか、まぁ何と申しましょう。
とにかく濃厚な綺麗な赤。ブーケなんかにもよく使われるんだそうです。

先週。。
[LPGAボルビック選手権]
おお、アリヤ(ジュタヌガーン)が破竹の三連勝!?なんてことは全然ありそう。単独首位です。
⇒なんて書いたらあっさり三連勝しちゃったアリヤ・ジュタヌガーンでした。すげっ
2位Tにはクリスティーナ・キム。3位Tにジェシカ・コルダとブルック・ヘンダーソン。
上原39位T、横峯43位T。

[BMW PGA選手権]
欧州のビッグイベント。優勝は地元のクリス・ウッド。ツアー3勝目。
2位にはリカルド・カールバーグ。2日目まで首位だったダニー・ウィレットは3位。
マーティン・カイマー、ジャコ・バン・ジール、ザノッティなどが7位T。

[全米シニアプロ選手権]
優勝はロッコ・メディエイト。2位にはモンゴメリー。
3位Tにはランガー先生とブラント・ジョーブ。
室田さん19位Tでとってもお見事!崎山武志は51位Tでした。

[ミズノオープン]
ありゃりゃ、またしてもキョンテさんが優勝。すでに今季3勝目。
なんだか賞金王も間違いなさそうでちょっと切ないっす。
ってか今季って、日本人選手で勝ったのはまだ池田だけだったりしない!?
2位Tには今平周吾と市原弘大など。その点は大変喜ばしいのだが。。。

[リゾートトラストレディス]
こちらもありゃりゃりゃっと最終日中止。2日目のリザルトで表さんの優勝。
2位には久々上位の成田美寿々。佐伯三貴の4位Tがとってもお見事でした。

[ディーン・アンド・デルーカ招待]
とか言ってもこのレベルの人だから、盛り返すときゃあっさり盛り返すんでしょうけど。
⇒なんて書いたらあっさり勝っちゃったジョーダン・スピース。
初の地元(テキサス)大会での優勝で良かったね。ツアー通算8勝目、いやはやさすがです。
2位にはハリス・イングリッシュ。3位Tにはライアン・パーマーとウェブ・シンプソン。
マーティン・ピラーが6位T。

んで先日。
やっぱり某ゴルフサイトのクーポン使用期限に追い立てられてまたまた行ってまいりました@秋山CC。
そう。また秋山なのです。(って別にヤダとか言ってるわけではない)
ゴルフシーズンたけなわのこんな週末どき(それも天気もとても良くって)、
クーポンが使えて且つ2サムOKってのがこっち方面にはそうなかなかないものですから、
そんなこんなの3月以来のラウンドと相成った次第。

此度の手動セッティング。

こたびのセッティングでやんす

DR Fourteen CT-112 with RegioFormula MB-TYPE55S 10.5度
FW RBZ TOUR#3w with MotoreSpeeder VC6.1S 14.5度
HY X2hot#3UT(US) with Aldila TOUR RED 75HY-R 19度
HY X2hot#4UT(US) with ATTAS HY85R 22度
#4 Vapor Fly Pro with MODUS120-S
#5~PW VR Pro Combo with MODUS120-S
AW VokeySM4 with MODUS120-S 50/08
SW VokeySM5(US) F-GRIND with純正DG-WEDGE 56/14
パターは毎度のSeeMore FGP。
ボールは引き続き型落ちRZNプラチナム。

目新しいのは#4アイアン。MODUSが標準で選べるので中古単品を仕込んでみた次第。
これ、打感が不思議な感触で気持ちいいんすよね。けっこう好き。
ロフトも21度(クラブ長も38.75インチ)とは思えないほど(私の程度なりって意味で)よく上がります。
ってか21度ってComboでいうところの「3.25番」ってな頃合いでストロングロフト化の波を感じますわ。
他にはSM5。わたし如きではSM4との差異が今一つわからないけど、
さりとて使いなれたVokeyであることには違いがなく全然OKでありました。
ってかグラインドがFとかSとか色々あってよくわかってなかったりいたしますが、
とりあえずFはハイハンス系。フルショットで80Ydくらい打つのに重宝いたしました。
あと、X2hot#4UTにはしばらく使ってなかったATTASのHYを。。
GS85は別のUTで使いたかったのでそっちへ差し替えた次第。
そして肝心のスコア。前回(90)の間抜けなミスさえ回避すれば80台は余裕だろ。。。
なーんてたかをくくってたこのバカ者は、まんまと違う(もっとしょーもない)ミスをおかして
「95」。
前半44。後半は前回のこともあってちょっと自信があったんだけどまさかまさかの凡ミス連発・・・
まぁ言い訳はいたしません。下手なことに間違いはなくすべては自分のせい。とほほ
そんな間抜けなわたしを笑ってでもくれてたのか、可愛いカモの御家族に遭遇。

秋山CCのかも家族のみなさま

何番ホールだったかは忘れたけどそこの池にでも住んでんでしょうか。
まるで旧友との再会よろしく、まったく恐れずに近づいてきましたよ。こいつらってば。
おかげでしばらく打てなかったりして。。

などと、そんな悲しいがっくり気分で帰宅。
けれど生ビールはどうしても飲みたかったので近所の居酒屋へ。
特に深い理由はなく、此度は「塚田農場」さんをチョイス。
以前ふらっと立ち寄ったときはかなり混んでいてなかなか入れなかった!?
ような気がしたけれど今回は時間帯も少し早かったおかげで普通に入れました。
とりあえず店員さんのお嬢さんの説明やお奨めの口上が長くて長くて・・・
まぁ商売熱心とアルバイトさんの教育が行きとどいていることに大変感心しちゃった次第。
なかなか飲み食いに集中できなかったような気もしたけれど、感じのいいお嬢さんでもありとても面白かった。
そんな中。わたしが無意識にそんな身振りをしてたのかどうなのか・・・
そのお嬢さんが「お客様は剣道とかされるんですか?」と、本気とも冗談ともつかない質問。
「ん?」と思って、なんで?って聞き返したら
「さきほどからたまに腕をこう振り上げて・・・そんな動きが観察されたもので」
となかなか鋭い観察眼。ほほぉなるほどね。きっとそれはゴルフの動きだったのかも。
「いやー。帰りはIC出口で大渋滞でねぇ」とか何とか他愛ない話をしたわけですが
(ってか、そんなスイングの動きとかしてたんだとしたらちょっと恥しいわ)、
そしたら最後にこんな気の利いたデザートが。。。

塚田農場さんの気のきいたデザートです

嬉しいじゃありませんか。ははは。かわいいです。
にしても食べ物はどれも美味しくって、居酒屋であんなにきっちり食べたのは久しぶり。
また空いてそうなときを狙ってお邪魔しようと思います。

カモ家族も笑ってます はコメントを受け付けていません。

欲しくて欲しくて欲しかったけど


毎度唐突ですが。先だっての植物公園バラシリーズです。

ピースやや黄色が薄め

ピース。
ありゃ。これって以前も撮ってましたっけ。まぁいーや、可愛いから。へへ
フランス作出。四季咲きの大輪もの。とにかく評価の高いバラ(らしいっす)。
バラ改良の歴史上、このピースは重要な役割を果たしたのだ(らしいっす)。とか何とか。
そして史上初の殿堂入り品種(らしいっす)でもあるそうだよ。

[AT&Tバイロン・ネルソン選手権]
祝!!セルヒオ・ガルシア様。4年ぶりのPGA勝利です。
これでPGA通算勝利数が、憧れのバレステロスと並ぶ9勝目だそうだからよかったよかった。
ってか本当に勝てそうでずっと勝てなかったもんね。
愛くるしい、やや茶目っけのある笑顔と、正確なショットが魅力!?

☆セルヒオ・ガルシア☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・TaylorMade M1 460 9.5
・TaylorMade M2 #3w 15.0
・TaylorMade M1 #5w 19.0
・TaylorMade PSiツアー #3~PW
・TaylorMade ツアープリファードEF 52/58
・TaylorMade モンテカルロプロトタイプ
・TaylorMade ツアープリファードX

2位にはブルックス・ケプカ。POは惜しくも・・・と申しますか。
最終日は途中から急減速。ちょっとしたパーパットを外したあたりからだったでしょうか。
何にせよ飛距離も小技も、そして何よりパットもどれもが魅力。2勝目も近いでしょう。
3位にはミスタートップ10(と佐渡さんが盛んに言ってました)こと、マット・クーチャー。
そしてそして、4位Tにはバド・コーリーとティム・ウィルキンソンが入って嬉しいわ。
どっちもマイナーな選手ですが以前から好きなのです。
コーリーなんてずいぶん小柄だけど腕も太くて何やら米製の藤本佳則!?ふう。
岩田寛は24位T。連日のインタビューでの面白い(不思議な)受け答えが何ともね。。。
でした。

[キングスミル選手権]
終わってみればアリヤ・ジュタヌガーンが2戦連続優勝だったりするからすごい。
2位はオー・スヒョン?ジェリーナ・ピラーとキム・セヨンが3位T。
レキシー・トンプソンはファトラムと並んでの5位T。
宮里美香は伸びきれずに15位Tフィニッシュでありました。

[関西オープン]
優勝は、チョ・ビョンミン!?って選手でしょうか。
すごいっすね。ツアーデビュー戦でいきなり優勝だなんて(石川遼以来だそうです)。
2位Tには近藤とストレンジ。川村昌弘は惜しくも4位。

[ブリヂストンレディス]
優勝は鈴木愛
ふと気がつけば・・POではなぜだか上原美希の方を応援してたりした私ですが
(特に深い理由はないです)残念ながら・・。ってか鈴木が見事に振り切りました。
関係ないけど上原美希ってスイングが美しいわー。
2位Tにはそんな上原(と藤本麻子も)。
4位に川満、5位Tに下川、福田などなど。おお、久々に日本勢が上位を占めました。
いっつも上位のキム・ハヌルだけど今季ワースト!?の20位T。
(20位でワーストって、どんだけ普段上に居るんだって話ですな)

んで鈴木愛。最終18番はよくボギーで凌ぎましたよね。
(ってか池に入らなかったのが不思議なくらい)
にしてもこのヒト、やっと2勝目なんですね。
初勝利がメジャーだったし、その後もちょくちょく上にいるからもう少し勝ってたかな。なんて。
そんな鈴木と言えばPINGなヒトです。

☆鈴木愛☆のクラブセッティング。
※GolfClassoc(7月号)を参照
・PING Gドライバー 10.5
・Callaway ビッグバーサアルファ816 #3w 14.0
・PING Gハイブリッド #3 19.0
・PING Gハイブリッド #4 22.0
・PING G30ハイブリッド #5 26.0
・PING Gアイアン #6~PW
・PING GLIDEウェッジ 50/54/58
・PING ケーデンスTRアンサー2
・Titleist PRO V1x

この大会では、バターはセンターシャフトのスコッツデールTR PIPER C!?
を使ってたかと思います。
そして最終18番のピンチを救ったのがGLIDウェッジ。
これ、以前から欲しくて欲しくて欲しかったけど・・・結局買ってまへん。
ただ、これも合わなかったら返していいっすよ系で一時期練習場で打ったことがありまして。
なかなかに宜しかったです。(じゃあ買いなさいよ)
PINGってグリップが独特で面白いですよね。
特にこのGLIDEのは、グリップが長くて短く持つ時も手もとが細くならず握り易かったです。
そんなグリップのおかげか、シャフトはDGだったけどややカウンターバランス気味?
になっているのか重さも気になりませんでした。
フルショットも打ち易くてとってもよかったよー(だったら買え!!)・・・が。
これを買うと他のロフトも欲しくなっちゃいそうだったので断念。。
58度のTS(ソール幅の狭いシンソールってタイプ)

GLIDEです


GLIDEですからね


GLIDEなんだもの

やっぱし実際のラウンドで使ってみたかったかも。。特にバンカーで。
うひょ

[アイルランドオープン]
なわけでマキロイが悲願の自国ナショナルOP(で自分が主催する大会)を制覇。
さすがはマキロイ。やるときゃやるわけです。
これをきっかけに調子が上がるといいんだけど。
2位Tにはラッセル・ノックスとブラッドリー・ドレッジ。

まったく脈絡なく。
こないだ見るともなくテレビをつけてたらキュリー夫人を取り上げてる番組があって
(フランケンシュタインの誘惑ってのかな?吉川晃司がナレーションの番組)
内容的にはまぁつまり、科学の光と影!?的なお話だったかと思うけれど、そこはともかく。
ちょっと驚いたのは、キュリー夫人の娘(長女イレーヌ?)もノーベル賞を受賞してたのね!
ってことでした。いやー、凄い母娘ですよね。
ちなみにお母さん(マリ・キュリー)は旦那さんと物理学賞、単独で化学賞をダブル受賞。
女性初のノーベル賞受賞者にして初の2度受賞ってんだからすごい。(物理と化学のダブルも彼女だけ?)
などということに驚きつつも、吉川晃司って50歳を過ぎてますますかっこよくなるなー。
ってなことを思ったりしたのでありました。
とりゃ

欲しくて欲しくて欲しかったけど はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ