de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'スリクソン'

台風ばっかし・・


先日室蘭に行ってきましたよ。野暮用と少々の仕事をかねて。
この週は大きな台風が日本を駆け巡っており、いい感じで北海道へ避難できた!?と思ったら
強風、そして一部は雪やみぞれまでついて来ちゃったもんだから、いやはやでした。
(その翌週は九州にいたのだが、やっぱり台風がかすめてくれちゃってうんざり・・)

幸い室蘭は雨も風もそうでもなかったけれど、でもホントは千歳方面でゴルフ。
そして北広島あたりでのんびり観光・・てな予定だったのだが全部おじゃん。ぱー。

けれど室蘭ではどうにか回れました。毎度お世話になってる室蘭ゴルフ倶楽部は白鳥コース。
de-do#2の室蘭デビュー

以前「歩きオンリー」だった頃はde-do#2を連れてくるのはちと厳しかったのだが、
いまは午後からだとカート乗り入れもできちゃうプランがあったりしてありがたい限り。

ラウンド前にクラブハウスのレストランで食べたカレーラーメン。

美味しかったです。でもこれ・・むろさんが食べた頃のと少し変わったんだろうか。。
(ゴルフ場の運営会社も変わってるしね)

ラウンド後に楓(たぶんかえで?)の写真を一枚。de-do#2撮影中で後頭部も・・

翌日は台風の予報。コースの担当の方いわく「明日には(この綺麗に高揚した楓も)散っちゃいますねー」。
なるほど、そりゃそうだ。「明日はクローズです。練習場のネットも降ろしちゃいます」とのこと。
いやはや迷惑な台風ですわ。
そんなこんなでde-do#2も満喫してくれた室蘭GC。今回もお世話になりましたー。
また来年お邪魔いたします。
と。。そう言えばスコア。またしても100切れずでがっくし。あーこりゃこりゃ

さて唐突に。さいきんリシャフトしたんだよ、という話。
と言っても自分のじゃなくde-do#2のなんだけど。

Z545の#5~PWにトゥルーテンパーのGS95のR300。
VokeySM4の48度、52度、58度には同じくGS95のS200。
いずれもシャフトにシールは貼ってないです。
Z545は#5~#9までが0.25インチずつ短い。PWだけ標準の35.75。
特にバランス調整もせずまんま挿してもらったのだがやっぱりバランスは出ずにC9~D0。(PWはD1)
その後de-do#2ってば鉛で調整したりしてビシビシいい音させておりますわ。
ちなみにde-do#2はZ525も持っているのだがそちらはGS85のS200装着。
NS850GHも合わなくなったらしい昨今は、何やら吉田弓美子ふうのアイアンセッティングです。

ところ変わって千歳。
こちらもちょちょこ訪れてる「サケのふるさと~千歳水族館」。

世界の淡水魚コーナーにて。
ポルカドットスティングレイ(淡水エイ)

デンキウナギ

ベニザケ(紅鮭)のオス

外に出てインディアン水車沿い、千歳川をしばし眺めてみたけど遡上はもう終わっておりました。

そして登別はクマ牧場。おーなんてベタな観光だ。
でもいいんすよ、ここ。何気に大好きなクマ牧場。かれこれ10年近くぶりとかでしょうか。
ロープウェイ乗り場で出迎えてくれたのは・・・

クマのぬいぐるみ。
きっと可愛いぬいぐるみなんじゃないかと思うのだが・・なんか違うよなー。
そういうことじゃないんじゃないのかなー。とかとか少々複雑な思いに駆られたわたし。
にしても、これはスコ座り!?ジェイソン・ダフナーのダフナリングっぽくもある。
まーいいや。

お目当てのクマたちです。

クマ山で餌を買って、餌を投げ込むのはまことに楽しいです。
クマたちの「くれ!くれ!」のハンズアップがめんこいったらない。

そんな見事な紅葉に色づいていた登別クマ牧場のひとときでありました。

[HEIWA・PGM Championship]
優勝はチャン・キム。今季3勝目で再び賞金ランクトップ。
池田勇太2位T。ハーフを「28」(ツアー最少記録タイ)でまわった宮本勝昌が5位T。
「ゴルフの真髄」が終了して毎週土曜にお目にかかれなくなってしまった深堀圭一郎が20位Tでよかったです。

[TOTOジャパンクラシック]
日米共催のこの大会。優勝はフォン・シャンシャンで大会連覇。
鈴木愛が2位。アンナ・ノードクイストが3位。リゼット・サラス4位。
5位Tにはリディア・コ、モリヤ・ジュタヌガーン、比嘉真美子、そして渡邊彩香でひっさびさ。
賞金ランクは一先ず鈴木愛が首位に浮上したようです。

そんなこんなで唐突にバラ。
ピンクアイスバーグ

鮮やかなピンク。うっすら白が縁取っていて美しい。

ラ・パリジェンヌ

黄色がこれまた可愛いったらありゃしないのです。

台風ばっかし・・ はコメントを受け付けていません。

数センチが分けること


打ちっぱなしもそうそう行か(行け)なくなった手動です。てへぇ
どうせ練習なんかしたって上手くなんかならねーよ。
などと少々やさぐれ気味だったりもするけれど、別にそういうことでもなくって例の五十肩。
加えて色々忙しくってね。

とか何とか先日のこと。
久しぶりで毎度のアコーディアガーデンに行ってみたわけ with de-do#2。
受付待ちの間、エントランスをうろうろしてたのです。
以前はブリヂストンやキャスコくらいしかなかった試打クラブ群だったわけだけど、
いつしかスリクソンなんかもさり気なく置かれてたりしたので、興奮して借りちゃった。
やった!
「波動で飛ばせ」でお馴染。松山英樹がドライバーをパコチーン!とひっぱたいてるあのCM。
SRIXONのZ765(またはZ565?)ドライバー。
ちなみに松山英樹はZR-30の長年のヘビーユーザ?なわけですがこの765のリミテッドモデルは
まさにZR-30風だそうですわ。(なかなか松山が新モデルに変えてくれないから!?)
だからいっときはこの765にチェンジしてたんじゃないかと思うけど、
でもいつしかまたZR-30に戻ってたりもして。

それはともかく。
どことなくゴルフ熱も低下しつつあったりする手動さん(お金もないし)。
ゴルフショップから脚も遠のいちゃってたぶん今年は一度も行ってないんじゃないか・・と。
(ボールやグリップの消耗品くらいならウェブで済ませちゃうからね)
けれどこの新Zシリーズは何故だか興味がありまして。
たぶんプロトタイプ当時から多くの契約プロが手にしてたりとか・・
今年の日本ツアー選手権を制した塚田陽亮もコレで優勝したんじゃなかったっけ?
・・毎週読んでる雑誌のレビューもちょっと気になってたり。とかとかとか。
そんなこんなで機会があったら是非一度打ってみたい。
そう思っておったところだったのだ。
うりゃ

で。今回お借りしたのはこの2本です。

SRIXON_今回試打したDRとUTです

左はZ765ドライバー。右はH65ハイブリッド(#3)。

シャフトはこんなでした。

SRIXON_今回試打したDRとUTのスペックです

[Miyazaki Kaula MIZU(水)]、読みはミヤザキ「カウラ」の水。
って感じで合ってますでしょうか。
そんな試打DRのシャフトはSだったから、中調子・61gでトルク3.4。
(SRだと中調子・58gでやっぱりトルクは3.4)

さっそくZ765ドライバーから。

SRIXON_565を借りたつもりが765

おお、かっこよい。
ありゃ?これって565じゃないの?
なんて間抜けな話。実は565を借りたつもりでいた私です。でへへへ
にしもてこのルックス。打ってみてどんな邪念を後付けで持つよりも
とにかく私にとってのクラブ選びの最重要事項は・・
そりゃパッと見てかっこよいことですね。
うへへ

などと冗談はともかく。ホントにてかてかしちゃって美しいのです。
見てるだけでも波動が伝わってきますな。(嘘です)

SRIXON_765を上から見ると

構えてみたら。。

SRIXON_765を後ろ側から

うん。やっぱりかっこいい。

・潤いの打感
そんなZ765ですが、とりあえず打ってみて。。
球は上がらず・・・おじぎしたとかじゃなくライナーというか低中弾道。
スピン少なさそう。って私でもわかるくらいだからほんとにそんな感じ。
シャフトはSでも意外と振れちゃってましたが私にはSRでもよかったかも、です。
まさに滑らか中調子。滑らかってのか癖がないってのか何てのか。
私みたいにタメない人でも間は上手く取れてたと思うし、切り返しも慌てず急がずのいい感じ。
ごくごく素直に振り切れるって風でありました。
にしても、45インチの割にはちょっと長くね?とか思ったのだが、なーんだ。
やっぱり実測は45.5インチ(※60度法計測)だったみたい。
ロフト角もリアルで9度(※)だそうだから、なるほど私じゃいっそう球は上がりまへんな。
(※)マーク金井さんの試打インプレッションを参照下さいませ。

そしてそして。今回最も気に入ったのはその打感。
少なくとも私のような洋物安価系ばかりを打ってきた人間にとってはまっこと感動の吸いつき。
まさに潤う打感(どんなや)。こうも打感って違うのかい。いやはや感動でした。
肝心の飛距離もまずまず、と言うか飛ばない私にしては十分でした。
打席についてる計測器によればH/S40.5で240yd弱。
平均はH/S39前後で230後半くらいだったからOK。チーピンも出辛そうで実用性も十分。

・ハイブリッド
やっぱり見た目のかっこよさにひかれて借りました。

SRIXON_かっこいいからUTのH65も借りてみた

うん、やっぱりかっこいい。

SRIXON_H65を上から見たら

ってか、なん世代か前のテーラーメイド風のクラウン?に見えなくもなかったりして。

で、実際に打ってみて。
うーん・・こっちは私はいま一つ。同じ系統のシャフトなんだろうけど何だかダメ。
打ち込み気味に打とうとする私が下手なだけです。どうかご容赦を。
とは言うものの、だふって多少打点をバラつかせながらも球はほぼストレートに190yd前後。
楽に飛んでくれました。(#4なら私でももうちょっといい感じに打てたのかも)

何はともあれ。とても有意義な試打でした。
いいわー。スリクソン。って今更過ぎるけど。
好きな人がずっとこれを使い続ける(信頼し続ける)気持ちがほんのごくわずかながら
想像できそうな気がいたしまふ。

[日本シニアオープン]
初日。首位には-6でファウラー!!
めでたくライダーカップに選出されたあのリッキー・・・じゃなくってピーターね。
2打差2位Tには秋葉真一、米山剛、そして急遽ファンになっちゃったプラヤド・マークセン。
御大・青木さんは+7の91位Tだけどお見事過ぎます。

[ANAオープン]
初日。9バーディノーボギーで単独首位に立ったのはまたまた石川遼。
素晴らし過ぎます。ぜひぜひ大会連覇やっちゃって下さい。
今月のゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストは重永亜斗夢。こちらは1打差2位Tに。
先週までゴルフの真髄のゲストだった大堀裕次郎は10位T。
舞台は名門・札幌ゴルフ倶楽部の輪厚コースです。あー一度でいいから回ってみたい。

・れんほーさん
今や名の由来さえよくわからない政党の代表に蓮ほーさんが選出されたのでした。
昨今の彼女の語りやその表情、志を強く抱いているであろう少し遠くを見るような眼差し。
そして眉間の深いしわ。
何だかかっこいいです。何やら演歌歌手風のオーラさえ感じてしまいます(!?)。
私の同世代でもある彼女には何だか頑張っていただきたい。
などとニュースを見てたらふとそんなことを思っちゃったのだ。

そんな蓮ほーさんのことはともかくだけど。
昨今は何かと揚げ足鳥が飛びまくり。。
特に何かを伝えるサイドにその香がぷんぷんと漂ってるように見えちゃって。
いやはや、切ないじゃありませんか。
あんまり本筋(その人の生業とか)以外のことで、生業そのものを潰すようなのもちょっとね。。
立法府の方々におかれましても、どうか揚げ足鳥は可能な限りほっといて(無理か)
生業としての本音(真っ当な政策とかね)が見聞きできるようになるといいのにね。
なんて詮無いことを思ったような思わなかったような、そんな初秋のひとときなのでありました。

・練習場の続き
試打を終えて普通に練習しました。9月になって少し涼しくなったから汗をかいても心地よい。
そんな中、隣のde-do#2の練習をぼんやり見ておりました。
de-do#2も多忙等々いろいろあって、昨今は打点も少々バラツキ気味。苦労してる様子です。
改めて後ろからも眺め直して、ふと思うことあって一つだけ偉そうにアドバイス。
「10cmくらいでいいからヘッドをまっすぐ引いてみて」と。
言われたde-do#2は半信半疑な様子だったけど打ったら効果てきめん。以前からの素晴らしいショット。
10cm真っ直ぐ引く。色々なレッスンものであちこち言われてることだと思うけど、
別にこれだけが効果を及ぼすと思ったわけじゃないのです。
インパクトの瞬間に色んな意識が入り過ぎてるように見えたので(結果ヘッドアップしたり少し開いたり)
一見関係ないポイント(この場合は始動)に、意識を集中(=ってか逸らすと言い換えてもよい)したら
いいんじゃねーべか。なんて思っただけです。
なのだけど、それでいい感触を取り戻せたりでもした気になれたらそれも自然と習慣づいてしまうので、
まぁつまり。始動よければすべてよし。ってことでありますわ。
どりゃ

唐突だけど。
プリンセス・ドゥ・モナコ様を後側から見るとこんな感じです。

きみには何が見えてるのだ!?

きみには何が見えてるのだ!?

バラ目線な写真。とでも言うべきか・・
はたまた単に奇妙な目線とでも言うべきか。。

数センチが分けること はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ