de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'タイトリスト'

昨今のあれこれ(10)


テーラーメイドとキャロウェイから新モデルが登場しましたね
わーい

左から、M5、EPICフラッシュ、M6。
関係ないけど、「M5 M6」などと検索するとEOS(カメラ)がひっかかったりしますな。

M5ドライバー

M6ライバー

M6の純正シャフト(TM5のS)

あ。フェースの写真も撮っておけばよかったか。。
なんでしたっけ?スピードインジェクション?(フェース下部の赤いネジぽち)
ツイストフェースも進化したぞ・・なんて期待に胸は膨らんだけど、
最近は何を打っても、もう5ヤードも変わったりもしないのでほどほどの期待で。

おー。
M6はいいっすね。やっぱりこの純正のFUBUKIは自分には合ってるかも。
対してM5は、M3のときと同じでなんだかしっくりきませんわ。
(今いち、芯でとらえてる感じがしない)
飛距離も分かり易くM6が飛んでました。
最近珍しく浮気せず使い込んでる初代M2(レジオフォーミュラM55S)とほぼ同等

で、こちらはEPICフラッシュ。
今回からGBB(グレート・ビッグ・バーサ)の冠名は取れたのかな

エピックフラッシュのスター(EPIC FLASH STAR)。
シャフトは純正のSpeederEVOLUTION for CWのS(たぶん)
初代スターとSUB ZEROは、発売当初にほんの何球か試打したような気がするけれど
あんあり印象に残ってない。
いや、あの独特なクラウンの形状?雰囲気が印象的。正直やや苦手。。
で、こんどのエピック。やっぱり形状はそのままの雰囲気を踏襲?
というか、ローグの雰囲気なのかな。
打感はとっても弾きがよくて、そしてめちゃくちゃつかまります。
ってか、つかまり過ぎ。さすがにこの純正シャフトだときびしいかも。
でも飛距離はこの3本ではこれが一番だった気がします。
(テーラーメイドのようには真っすぐ飛ばせなかったので厳密には比較し辛いけど・・)
機会があればカスタムシャフトでSTARじゃないのを打ってみたいわ。

そんなこんなで新製品を初めて試すときはワクワク。
たぶんどれも買わない気がするけど(もう少し時間が経ったらM4は中古で調達してみたい)
楽しめましたー。ショップ(アコーディアさん)のご厚意に感謝です

そしてこちらは・・

タイトリストはTS3ドライバー。
シャフトは・・

THE ATTASの5S。de-do#2の新兵器。
昨年暮れタイトリストの試打会でこの組み合わせを勧められて
de-do#2ってば珍しく一目ぼれ!?
クリスマスプレゼント代わりに、とその後調達したのでありました。
自分が打たせてもらった感じ・・・よく飛びますね。
とっても爽快な弾き感。シャフトとの組み合わせもばっちり。

さて。関東での今年の初ラウンド。
場所は毎度の昭和の森ゴルフコースさん。

手動さんクラブセッティング

DR M2(2016)US with RegioFormula M55S 9.5度
#3UT M4 with 純正FUBUKI 18度
#4~#6 M4 with 純正FUBUKI(S)
#6~PW VictoryRed ProCombo with MODUS120-S
AW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 50度(2度立て48度)
SW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 58度
LW DJ-33 with MODUS wedge115 60度
PT NIKE メソッド001

アイアンばっかし。いーのいーの。
そういう意図(?)であえてそうしてみたのだ。
にしてもこの日は強烈な寒さ。極寒・・
そのことと関係があるかどうかはわからないけど、
ことごとくアイアンショット(VRの方ね)がだふってだふって悲しかった。
まさか、ティーアップして打つティーショットまであんなにだふるとは・・
そんなこんなで、張り切って(大挙して)持ち込んだアイアンたちだったけど
いまいち活躍には至りませなんだ。

ちなみにM4アイアン。
これ、なかなか飛びますよね。
#4と#5だけ(写真は打ちっぱなし)

最初は純正のFUBUKIで全然使える気がしたんだけど
実際数ラウンド使ってみるとやっぱり微妙に軽くて(当たり前か)
なんで、KUROKAGEのハイブリッドシャフト(数年前のUSモデルの80R)を挿してみました

KUROKAGEは以前VRユーティリティに挿してたものだけど、
ほとんど使ってなかったので思い付きで移殖。
そしたらパッチリはまって重さもいい感じ。柔らかさも適度で振りやすいっす
ちなみに長さは#4が38.75インチ、#5は38.25インチです(60度法)

話は戻ってパター。METHOD MODEL #001ですな。
毎度のぶっつけ本番、初使用です。
グリーンはうんざりするようなクソ早さ。(ここはいつもだけど)
いやはやまいりました。
が。
意外とこのメソッドでのタッチが合ったのか、長いのがけっこう入ったりで
アイアンのヘボさを珍しくパターがカバーしてくれたりしたのでした。

極寒の中、いつも通りの激混雑で最後は夕闇。照明も点きはじめ・・・

パっと見にはよくわからないと思うけど、実は黒い点々はすべてカラス
怖いっすよ。こんだけ大勢のカラスが隣のフェアウェイに集まってガーガー鳴いてるんだもの
まさしく魔物の住む森。。

そんな魔物の住む森には、またしてもあっさりとハメられてしまってスコアは93。
まぁそんなもんすよ。今年も進歩なし。。

唐突に。
今年こっちで初めて見た日の出

ここから拝むこの日の出も、もうそろそろ見納めかー・・・
なんて、ふと思う昨今です。

追伸
そういえばクロちゃん(以前、昭和の森GCに居ついてたネコちゃん)
その後はどなたかに引き取られたとかで今も元気らしいです。
良かったね

昨今のあれこれ(10) はコメントを受け付けていません。

禁断の・・・


本年もよろしくお願いします。

拙宅から臨む初日の出。
と言っても数日前の日の出。
最近は御手洗いが近く、深夜や早朝に起きてしまうのだ。
これもそんな折にたまたま拝んだ日の出だったりするのです。

さてさて。気がつけばいつしか2018年。平成も30年ですか。
おお、平成も30年なのか。。
自分にとっては昭和の方が長く、平成なんてつい最近のことだろ。
なんて錯覚してたりするのだが、おっと、どっこい。
私にとっても平成の方が全然長くなっちゃいました。
何やら感慨深いわ。

そんなこんなで今年も脈略なく書きます。

そう言や、昨年放送されたブラタモリ。
「工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?」が面白かったです。
いつぞや、むろさんとホエールウォッチングに赴いたのだが
・・むろさんもde-do.comの中で室蘭八景として触れてますね
あの時の金屏風、銀屏風の荘厳さと言ったらそれはもう。。絶句でした。
室蘭に住んでいても、なかなか室蘭をあっちから見る機会はないですもんね。
いやはや、まことに絶妙な自然に形作られた室蘭だったりするのです。
世界遺産にでも、どうでしょう。。

んでやっぱり脈略なく。
昨年と言えば、沖縄に行ったことは書きましたが。
その時の写真をもう数枚。

美らオーチャードゴルフ倶楽部

わたしのゴルフクラブたちもついに沖縄上陸!
いやー。そりゃわざわざ沖縄ですからね。そりゃゴルフだってわざわざするでしょう。
ってわけで、訪れたのは絶景の美らオーチャードゴルフ倶楽部さん。
以前、大京オープンが開催されていた、旧・ユニマット沖縄ゴルフクラブ?ですかね。
そんな沖縄での初ラウンドでしたが、風は強いわ、グリーンは速いわ、まるで手も足も出ず。
久々の大叩きと相成りまして候。ですわ。

石川遼のドラコン地点

2ホール目だったでしょうか。左に曲げた2打目を探してたら偶然に見つけました。
そう。確かに以前、石川遼ってばよくドラコン大会にも出てましたもんね。
にしても、351ヤードとは・・。

そんな石川遼も今年は国内に専念してくれるようでうれしい限り。
選手会長まで引き受けたそうだから、その心意気たるや推して知るべしってところでしょうか。

んで。ドラコンと言えばドライバー。
昨年暮れにいくつか話題の新作モデルが発売されたのでした。

タイトリストVG3


チーターテクノロジーってんですか。(クラウンが穴ぼこだらけ?)
何だかよくわからないけど何やら気になったので発売と同時に調達しちゃいました。
でへへ
ってか、最近ドライバーの飛距離に悩みがちだったde-do#2にいいのかも。
なんて思ったりもしたのだが。

続いてこちらは国民的モンスターブランドのゼクシオ様。ゼクシオ10(テン)。

こちらはよく行く練習場に併設されてる工房でお借りしたもの。
そんな2本を並べての打ち比べと相成りまして候。

VG3は9.5度モデル。
シャフトはフジクラのスピーダー569EVO4。写真真ん中の黒いシャフト。
対するゼクシオもロフト9.5度のMiyazakiモデル。Waena(ワエナ)のS。写真右のシルバー。

そんな2本。結論から申しますと、どっちも「よく飛ぶ」っす。
ってなんじゃそりゃ!?
でも本当にそういうこと。特にゼクシオは本当に「よく飛ぶ」のでした。
飛びの”芯食い”体験。とはよく言ったものですが、いやはやまさしく。
練習場の打席に据え付けてある、何ちゃって計測器によれば・・
H/Sは分かり易くあがり、わたし如きでも42m/sオーバー。飛距離も240Yd超。おお・・
ところが芯食い的ミート率はさほどで、いまいちでした。
やっぱり少し軽いのかなー。なんて。
あとはやっぱりあの音。いわゆるゼクシオサウンドってやつでしょうか。
甲高い独特な澄んだ音は練習場でもなかなかに目立っちゃいますが、爽快感の一語です。

対してVG3。
ゼクシオとは対照的に低音のこもった「もこっ」って感じ。これがチーター!?
でもこれはこれで好きな音ですね。
距離はさすがにゼクシオ様には及ばないものの230Yd前後。
でもミート率はこっちの方がよかったです。コントロール性もそれなりにいい。
何より、そのフォルムが美しい。。
誰かがどこかで書いてたような気がするけど、往年の名器910Dっぽかったりもします。

ちなみにde-do#2ですが、ゼクシオを数球打ってみて
「これ反則。禁断。。」
そう呟いておりました。
そう。de-do#2の方が私よりはるかにゼクシオの恩恵を享受できてるようでした。
そしてVG3については「ヘッド軽すぎ・・」で反応はいま一つ。あらら!?
すかさず手持ちの915D2のヘッドとシャフトを各々スワップ。
つまり、
・915D2+Speeder569 EVO4(S)
・VG3(2018)+TourAD BB5(S)
の2本が即席で組み上げられたわけだけど、前者の方が断然好みだったみたい。
後者はやっぱりわかりやすくH/Sが上がったのだが振り感がやっぱりどうも。。
だったようだが、今後もそれぞれの組み合わせで試すのだそうだ。
あーこりゃこりゃ。

にしても、ゼクシオ様。
実はこれまで自分は一度も打った(振った)ことがなく、今回が初体験でした。
セブンもなければエイトもナインももちろんなし。
初のゼクシオが今回の10(テン)だったけれど、まさしく衝撃でした。
9.5度(リアルロフトはもっとあるんでしょうけど)であんなに高く球が上がるのか。。
初速の違いってこんなに分かり易くでるのか。。とかとかね。
もうちょっと贅沢を言うなら、カスタムモデルのスピーダー569EVO4装着モデルが試打できたら
もっとよかったなー。

手前がゼクシオ10。奥はVG3。

なんて。
そんな手動さんも気がつけば齢五十の大台に突入です。(そりゃ平成だって30年なんだもの)
ゴルフは一向に上手くならないけれど、今後衰えゆく体力を思えば、
これらの軽くて高性能なドライバーは十分に使う価値あり。
そうつくずく痛感した次第です。

とりゃ!

禁断の・・・ はコメントを受け付けていません。

寒いけどゴルフ


こんばんは でどー2号です。

先日、福岡の実家に帰った際にゴルフに行ってきました。
ちょっと寒かったけど・・・。真夏のゴルフに比べれば、大丈夫!

今日は、その時に初ラウンドだったドライバーについてレビューを書いてみます。(参考になるか分かりませんが・・・)

でどー2号のスペック
性別:女性
年齢:35才~40才のあいだ
身長:平均身長くらい
体重:やせ気味

ですが、見た目に合わず、かなりのパワーがあるらしいです。なので、クラブは男性用を使用しております。

ヘッドスピード:40~42m/sくらいで、フッカー。(持ち球はドロー)
つかまり過ぎて、左にいってしまうことが多々・・・。

なので、でどー1号の推薦により、捕まりにくいドライバーに変えてみたのです。

じゃーん

タイトリスト910d3

タイトリスト910d3

タイトリスト「910D3ドライバー」です。

ちょっと重くて、シャフトが短いクラブを探してたんです。

でも、捕まらないドライバーと言う発想はなかったので、そんなものがあるのかとおもったら。

あるんですねー。

ゴルフ5で試打させてもらいました。(ゴルフ5さん、いつもいつも試打させてもらってありがとうございます。)

ロフト 9.5  シャフト 純正(モトーレ5.5 SR)

振っていける。振りぬいても、左に行かない。むしろ、ちょっと右に出ました。

店員さんとも、ちょっと慣れれば良い感じになるのでは?ってことで、自分に合うスペックの在庫を取り寄せてもらいました。

ロフト 10.5 シャフト R (あまり、売れないスペックなので店頭にはなかったみたいです)

昨日ラウンドで使ってみた感じは

  • 球は上がり過ぎず、低~中弾道 (自分の感じでは、力強い球に見えました)
  • ドローも打てる
  • とにかく、ランが出る
  • 左は、あんまり怖くない
  • 飛距離 良い当りであれば、230Y~240Y  悪くても 220Yくらい

まだまだ、失敗することもありますが、結構いい感じでした。

ボールを捕まえすぎる人には、向いているかもしれないです。

あ、最後に

見た目も、黒くてカッコいいですよ!

以上、終わり

 

 

寒いけどゴルフ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ