de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'テーラーメイド'

昨今のあれこれ(10)


テーラーメイドとキャロウェイから新モデルが登場しましたね
わーい

左から、M5、EPICフラッシュ、M6。
関係ないけど、「M5 M6」などと検索するとEOS(カメラ)がひっかかったりしますな。

M5ドライバー

M6ライバー

M6の純正シャフト(TM5のS)

あ。フェースの写真も撮っておけばよかったか。。
なんでしたっけ?スピードインジェクション?(フェース下部の赤いネジぽち)
ツイストフェースも進化したぞ・・なんて期待に胸は膨らんだけど、
最近は何を打っても、もう5ヤードも変わったりもしないのでほどほどの期待で。

おー。
M6はいいっすね。やっぱりこの純正のFUBUKIは自分には合ってるかも。
対してM5は、M3のときと同じでなんだかしっくりきませんわ。
(今いち、芯でとらえてる感じがしない)
飛距離も分かり易くM6が飛んでました。
最近珍しく浮気せず使い込んでる初代M2(レジオフォーミュラM55S)とほぼ同等

で、こちらはEPICフラッシュ。
今回からGBB(グレート・ビッグ・バーサ)の冠名は取れたのかな

エピックフラッシュのスター(EPIC FLASH STAR)。
シャフトは純正のSpeederEVOLUTION for CWのS(たぶん)
初代スターとSUB ZEROは、発売当初にほんの何球か試打したような気がするけれど
あんあり印象に残ってない。
いや、あの独特なクラウンの形状?雰囲気が印象的。正直やや苦手。。
で、こんどのエピック。やっぱり形状はそのままの雰囲気を踏襲?
というか、ローグの雰囲気なのかな。
打感はとっても弾きがよくて、そしてめちゃくちゃつかまります。
ってか、つかまり過ぎ。さすがにこの純正シャフトだときびしいかも。
でも飛距離はこの3本ではこれが一番だった気がします。
(テーラーメイドのようには真っすぐ飛ばせなかったので厳密には比較し辛いけど・・)
機会があればカスタムシャフトでSTARじゃないのを打ってみたいわ。

そんなこんなで新製品を初めて試すときはワクワク。
たぶんどれも買わない気がするけど(もう少し時間が経ったらM4は中古で調達してみたい)
楽しめましたー。ショップ(アコーディアさん)のご厚意に感謝です

そしてこちらは・・

タイトリストはTS3ドライバー。
シャフトは・・

THE ATTASの5S。de-do#2の新兵器。
昨年暮れタイトリストの試打会でこの組み合わせを勧められて
de-do#2ってば珍しく一目ぼれ!?
クリスマスプレゼント代わりに、とその後調達したのでありました。
自分が打たせてもらった感じ・・・よく飛びますね。
とっても爽快な弾き感。シャフトとの組み合わせもばっちり。

さて。関東での今年の初ラウンド。
場所は毎度の昭和の森ゴルフコースさん。

手動さんクラブセッティング

DR M2(2016)US with RegioFormula M55S 9.5度
#3UT M4 with 純正FUBUKI 18度
#4~#6 M4 with 純正FUBUKI(S)
#6~PW VictoryRed ProCombo with MODUS120-S
AW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 50度(2度立て48度)
SW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 58度
LW DJ-33 with MODUS wedge115 60度
PT NIKE メソッド001

アイアンばっかし。いーのいーの。
そういう意図(?)であえてそうしてみたのだ。
にしてもこの日は強烈な寒さ。極寒・・
そのことと関係があるかどうかはわからないけど、
ことごとくアイアンショット(VRの方ね)がだふってだふって悲しかった。
まさか、ティーアップして打つティーショットまであんなにだふるとは・・
そんなこんなで、張り切って(大挙して)持ち込んだアイアンたちだったけど
いまいち活躍には至りませなんだ。

ちなみにM4アイアン。
これ、なかなか飛びますよね。
#4と#5だけ(写真は打ちっぱなし)

最初は純正のFUBUKIで全然使える気がしたんだけど
実際数ラウンド使ってみるとやっぱり微妙に軽くて(当たり前か)
なんで、KUROKAGEのハイブリッドシャフト(数年前のUSモデルの80R)を挿してみました

KUROKAGEは以前VRユーティリティに挿してたものだけど、
ほとんど使ってなかったので思い付きで移殖。
そしたらパッチリはまって重さもいい感じ。柔らかさも適度で振りやすいっす
ちなみに長さは#4が38.75インチ、#5は38.25インチです(60度法)

話は戻ってパター。METHOD MODEL #001ですな。
毎度のぶっつけ本番、初使用です。
グリーンはうんざりするようなクソ早さ。(ここはいつもだけど)
いやはやまいりました。
が。
意外とこのメソッドでのタッチが合ったのか、長いのがけっこう入ったりで
アイアンのヘボさを珍しくパターがカバーしてくれたりしたのでした。

極寒の中、いつも通りの激混雑で最後は夕闇。照明も点きはじめ・・・

パっと見にはよくわからないと思うけど、実は黒い点々はすべてカラス
怖いっすよ。こんだけ大勢のカラスが隣のフェアウェイに集まってガーガー鳴いてるんだもの
まさしく魔物の住む森。。

そんな魔物の住む森には、またしてもあっさりとハメられてしまってスコアは93。
まぁそんなもんすよ。今年も進歩なし。。

唐突に。
今年こっちで初めて見た日の出

ここから拝むこの日の出も、もうそろそろ見納めかー・・・
なんて、ふと思う昨今です。

追伸
そういえばクロちゃん(以前、昭和の森GCに居ついてたネコちゃん)
その後はどなたかに引き取られたとかで今も元気らしいです。
良かったね

昨今のあれこれ(10) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(9)


どーも。
今年は2019年だそうけど、とにかくよろしくお願いいたします。

さてさて。年末は恒例の九州は福岡へ。
移動は毎度の熊本空港起点であります。
が、此度はちょっとだけ趣向を変えてレンタカーは利用せず、
所謂、公共交通機関だけで福岡(大牟田)を目指してみたのでした
He・・、Hey!!

羽田空港。

快晴。遠くに富士山がくっきりと見晴るかせました

年末の混雑もあり、滅多に遅れない熊本行きも使用機材が到着遅れ。
熊本着は定刻から30分近く遅れ。。
福岡空港なんかからの移動とは違って熊本空港からだとほぼ移動の選択肢はなく、
バスに頼るしかない。
のだが、到着が遅れちゃうと次のバスまでかなり待たされます
やっべー

乗りたかった時刻のバスの発車と、飛行機から降りたのがほぼ同時。
半ばあきらめてたけれど、バスは待っててくれてラッキー!
いいぞいいぞ、産交バス!!

というわけで、お手洗いまで待ってもらったりして熊本市街へ向かいます。

水前寺公園付近。

かの水前寺清子は熊本市の出身。
この水前寺公園(成趣園)がその名の由来。。。のはず、たぶん。
きっと

少し行くと通町筋(とおりちょうすじ)。

この通りは路面電車も走ってます。
その通りから左右(上下か?)に分かれて下通と上通。
所謂、熊本市街のメインストリートってことだわな
まっすぐ行くと熊本城の壮大な石垣も見え始めてまいりますよ
(ホントかっこいいんだよ、熊本城ってば)

ちなみに写真に写ってるのはホテル日航熊本・・のはずでこっちが上通側。
手動さんが初めて熊本を訪れた際に泊ったのがこちら。
いやはや、懐かしい。

関係ないけど、下通側にはパルコや鶴屋百貨店がございます。
そんな鶴屋さんの裏側を少し手前に戻って探検すると、小泉八雲さんの旧居があったはず。
耳なし芳一なんかを書いた、あのラフカディオ・ハーンですな
旧邸宅内は見学ができて、彼が赴任していた熊本大学(旧制五高)の写真なども並んでました
その中には、今年の大河ドラマ「いだてん」にも登場する嘉納治五郎(旧制五高の学長)
の写真なんかもあったようななかったような。

てな感じで話は逸れまくってますが・・・

桜町の再開発工事中。だったみたいだけど。

そして熊本駅に無事到着。

バス運賃は800円かそこらか。
あ、乗車の際は整理券をお忘れなく

あたしゃ上熊本駅の乗り降りはあるのだが、熊本駅は初めてです
いやはや、なかなかご立派な駅舎でございます。
新幹線の切符を買って時計を見たらお目当ての新幹線まであと数分。
お、急がなきゃ・・とホームへのエスカレータへ急いだら、
いましたいました。いましたよ

くまもん様だ。
でへへ

新幹線の車窓から・・

たぶん新玉名の前後の風景。のどかやね・・
ちなみに、前で触れた「いだてん」の主人公は金栗四三さん
彼の出身地はきっとここらへん(玉名市のどっか?現・和水町のどこぞ?)のはず
そんな玉名と言えば、何といってもゴルフですね(!?)
手動は玉名カントリーが大好きだから今年もまたお邪魔したいっす

とか何とか。
終わってみればバスも新幹線もすべて予定していた時刻のもので乗り継げました。
よかったよかった。
目的地の新大牟田にも何とか無事たどり着けましたー。
なんつって、熊本から新大牟田はわずか2駅。新玉名を挟んで二つ目。
所要時間はたったの17分かそこら。
うへへへへ
まーいいじゃん。

で、お約束のゴルフ。
今年最後のラウンドは、お約束の九州ゴルフ倶楽部 小岱山コース。

毎度の手動さん2018ファイナルクラブセッティングですー

DR M2(2016)US with RegioFormula M55S 9.5度
#3UT M4 with 純正FUBUKI 18度
#3UT X2hot(US) with 純正ALDILA 19度
#4UT ロイコレBBD506V with GS85 24度
#5(単品) M4 with 純正FUBUKI 21.5度
#5~PW NIKE VRフォージド ProCombo with MODUS120-S
AW VokeySM4 with MODUS120-S 52度
SW・LW DJ-33 with MODUS wedge115 60度
PT ロッサ・ランボー(Rossa agsi cgb Lambeau 7)

M4ばっかし。関係ないけどテーラーメイドのダイレクトショップを覗いたら
もう「M6」(ドライバーやアイアン)が並んでおりました

時間差でもう一枚。

カートのバッグをうけてるフレームのところをよーく見ると、
キャディさんが、クラブを間違わないようにと付箋かなんか貼ってたりします

そして、2018ゴルフ場でのファイナルランチ

美味しそう!
でもお値段のわりには・・・。って感じでしたかね。(肉が硬かった)

終わってみればスコアは95か96かそこら。
とりあえず100も切れてまぁ良かったじゃん!ということで。

昨今のあれこれ(9) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(6)


・1876日ぶりの優勝パーパット
祝 タイガー復活優勝!
なんて今更だけど。

でもよかったよかった良かったですわ。
2017-18プレーオフシリーズもファイナル。
ツアーチャンピオンシップで見事、優勝。
5年ぶりの勝利はツアー通算80勝目。いやはや、すげー

そんなタイガー様にあやかって!?
ってことでもないのだが、最近調達してみたのがこれ。

テーラーメイドのGAPR。ギャッパー。
MIDの#5、USモデルです。
KBSのシャフトのせいか、何やら不思議な振り感。そして打感。
飛距離は打席の計測器で200Yd弱。なかなか飛ぶわ。
さっそく本番投入してみるっす。

と。
そんな、わーすとせぷてんばーだったわけだけど、いいこともちょっとはあったのだ。
新潟から来ていた友人と再会。あの猛烈な台風の前日。場所は府中です。
(「越後の国から」参照)

若かりし頃、友人と自分は府中の仕事場で一緒していたこともあって
再会の場ももっぱら府中です。
久々に「大定」(昔からあるホルモンの美味しい居酒屋さん)で食べたい。
と友人はいってたのだが生憎の満席。
(ってかまだこのお店があったのが嬉しかったです)
致し方なく、すぐそばの居酒屋。なんとか農場?
互いの昨今の境遇あれこれを語り合い気が付けば4時間近く飲み食いしておりました。

久々に降り立った京王府中駅。
再開発されてたエリアにはこんなのがおっ立っておりました。

別れ際、友人がくれた新潟のお土産たち。

山本五十六さんのカレー。。
とにかくありがとうございました。また会いましょう!

・ゴルフ侍、見参!
その後も楽しみに拝見しておりますが。
そんなゴルフ侍、最近は伊達カントリー倶楽部が舞台になっておりました。
お二方とも強いクラチャン侍で感動いたしました。
ところどころ、お、このホール覚えてるわ。てな場面もあって懐かしかった。
そんな伊達カントリーは、先だって急逝した知人とラウンドしたのが最後だったと思います。
その知人とは、伊達以外にもドリーム苫小牧や白老ポロト、北海道ゴルフ倶楽部などなど
何度かご一緒させてもらっていて、ついゴルフ好きだった故人を思い出したりもして。
そんな故人のクラブセットはご子息が引き取ったようだから、
いつかそのご子息と一緒にラウンドできたら嬉しいわ。

・樽前カントリークラブ
故人と回った思い出のコース。ではないけれど久々に回ってみましたよ。樽前。
ご存知、名匠上田治設計の名コース。

生憎の雨。

カート寄せ。目の前の池はたぶん南コースの9番?

知人の急逝とは関係なく、もともとの予定で訪れた9月下旬の室蘭。
所用の合間に回ったのだけど(いつもの一人予約です)、
雨の予報にもともといた他のエントリーの方々は次々と辞退。
そりゃそうか。たぶん無理かな、とあきらめかけていたけれど、
今回ご一緒した方と二人でなんとかまわれました。

真ん中に小さく映ってるのはキツネ。

「犬か!」的にここになついてしまってるようで、係の人に「しぃーしっ」と
追い払われておりました。

どこぞのパー3(南の4番か7番?)

そう、わたしはこんな鉛色の、実に北海道らしい(と私は思ってる)
空の色も好きです。
不思議と安心するのだった。
そしてゴルフは毎度のへぼ。北海道ではなかなか100も切れないす。。
最後の9番(パー5)でパーがとれたのがせめてもの慰め。

・担々刀削麺
脈絡なく虎ノ門の某所。仕事の合間に立ち寄った中華。
以前にも来たことがあって、売りは刀削麺なんだそうな。
でも、あたしはそれを食べたことがなくてもっぱら日替わりや炒飯など。
そんなわけで今回は刀削麺を注文してみた次第。

担々刀削麺with叉焼のせご飯です。

にしても・・・ほうとうか!

それはまるで「ほうとう!?(甲州名物)」を彷彿とさせる太さともちもち感。
うーん。。。いつもの日替わりランチにしておけばよかったか。
いや、きっとおそらくこの麺の食感と担々麺風味が(マッチングが)よくなかったのかな。
まぁなんでもいーか。

昨今のあれこれ(6) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ