de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'テーラーメイド' (Page 2)

右に置け


たまたま「佐久間馨メソッド」なる番組をチラ見したのでした。
そうしたら目から鱗の連続。いやはや、まったくもって御尤もなことばかり。
番組では82歳(番組放送当時)の志生野温夫さんがエージシュートを達成すべく、
ドライバーの飛距離アップ、
3打目で確実にグリーンを捉えるためのPWの飛距離アップ、
そしてウェッジで簡単にピンに寄せる3つのスタンスバリエーション・・
などを佐久間馨さんから伝授されるわけですが、なかなか感動いたしました。
ちなみに志生野温夫さんというのはアナウンサーです。
私なんぞの世代ですとやっぱし女子プロレスの名実況が忘れられませんわ。
それはともかく。このレッスンがあんまし感動的だったもんだから
早速近所の打ちっぱなしへ行って実験してみちゃった次第。

ところで、この志生野さん向けメソッドにおける基本。
それはボールを右足前に置き、予めフェース面を閉じといて自動的にドロー化させる。
大雑把に言うとそんな感じです。
実は自分も普段の練習(特にアイアン)から、極端に右を向いてのインテンショナルフックやら、
極端に左を向いてのインテンショナルスライスやらを練習しております故、
意外とどのメソッドも違和感はございませんでした。
とは言うものの。さすがにドライバーで右足前にボールを置いたことはないし、
ウェッジで右足よりさらに右にボールを置いて(そして極端にフェースを被せて)
少しインサイドへ引いて低く打つ。。てな練習もしたことなどなかったので、
実際にやってみてその簡単さ(シンプルさ)を実感。
あまりに簡単にその効果が確認できてしまったため思わず笑ってしまいました。。ははは
次回のラウンドで機会があったらやってみたいと思います。

さて。
GW前半。天気よかったです。
そういうわけだからして久しぶりの一人予約ラウンドを敢行してまいりました。

・津久井湖GC
此度も良き人々。。に恵まれましてなかなか快適なラウンドでした。
しかしながら。身体の調子がよくなくてスイングがメロメロ。
実は遡ること数日前。武井壮が少林寺へ修行に行くという番組を見てしまい、
そこで最初に彼がやらされて悶絶していた「馬歩」というスクワットの固定系?
みたいなのを愚かにも3日間くらい(ほんの10秒かそこら停止するだけですが)
挑戦してしまったことから、猛烈な腰痛+太股痛+膝痛に見舞われてしまいまして、
ばっちりその後遺症のままラウンド。
腰がまるで切れずボールはさっぱり捕まらずしょぼい打球ばかりで泣けました。
身体の鍛練のつもりが、意図せず身体の破壊になってしまうというこの愚かさ。。。
しかながらそこはアプローチとパターがぼちぼちだったお陰でどうにか百叩きは免れました。
あとは、昨今のUT練習が多少は効果があったのか、なかなかいい感じで打ててました。
(と言っても98も打っちまったわけですからまったく喜べません)
前半は白ゆりというコース。後半は山吹というコースを回ったのですが、
これがまたなかなかに変則的ホールの連続。
確か5番だったかはティーショット含め5番アイアンまでしか持てないという不思議なパー5。
(周辺環境等諸事情あって仕方ないのでしょうが)
けれど同伴の方達はみなここの達人ばかりで、注意点など細々アドバイス頂けて大変助かりました。
少々ストレスのたまるホールが続きましたが、ゴルフ場自体はとてもきれい。
気持ちよく回れました。
こちらは山吹コース1番のティーボックスのなぜか裏側。。

津久井湖GC

続いては
・神奈川CC
こちらもほぼ!?良き人々。。に恵まれまして、それなりに楽しいラウンドでした。
が。やっぱり体調は酷いままでスイングメロメロのまま。
コースは全体的に距離が短くフェアウェイも狭く、
何やらトリッキー(と言うかやや強引な作り?)なホールの連続で泣けました。。
南コースの3番(パー3)なんかではまるで壁に向かって打つかのような異様な打ちあげ。
そんな不思議体験の連続でございました。
スコアは、やっちまったぜ的に102。
もちろんこのコースどおこおは関係ありません。あくまで自分が下手なだけ。とほほ
そう言えばこれまで何度か一人予約で回ってみましたがもしかして初めてかも!?
と思ったことがありました。
今回の良き人々は、たぶんわたしも含めて全員が「このゴルフ場は初めてです」
そんな人々の集まりだったと思われます。
その点では、ちょっと苦労することが多かったのも確か。
まぁ恐らくここでの2度目はないかな・・なんて思ったりもするので別にいいんだけどね。へへ
何にせよ楽しいGW前半ラウンドでございました。

[中日クラウンズ]
片岡大育は惜しかった・・・。ホントに惜しかったですね。
とか言っても、これもゴルフ。仕方ないんでしょうけれど。
優勝はキム・キョンテ。今季2勝目。いやはやほんとに凄い選手。

[サイバーエージェントレディス]
いやー。泣けました。福嶋浩子が優勝。おめでとう!!
2位にはPOで敗れたけれどキム・ハヌル。3位にはイ・ボミ。
辻梨恵が4位Tでお見事でありました。

[テキサス・シュートアウト]
前回ふれたジェリーナ・ピラーの優勝で間違いなし。
なんて思ってたら最終日は崩れたんですね。残念。。
優勝はジェニー・シン。ツアー初優勝です。
7位Tにもチェ・ナヨン、キム・セヨンなどが入り上位9人中の6名が韓国勢。
やっぱり凄過ぎるわ。

[チューリッヒ・クラシック]
大雨によりサスペンデッド続き。こりゃ大変だ。
結局54ホールに短縮されて月曜(現地)一発勝負と相成りました。
とりあえず暫定首位にはブライアン・スチュアードとジョナサン・ベガス。
先週優勝のチャーリー・ホフマンが5位T。同じくジェイソン・デイも。
お、何やら久しぶりにスコット・スタリングスの名前も同じく5位Tに。頑張って。

【天皇賞・春】
GWにおける馬いっしょ・・・と言えばやっぱり天皇賞(春)です。
キタサンブラック、強かったですね。
北嶋サブちゃんも、まかさ天皇賞馬(&菊花賞馬)のオーナーになろうとは。
それはそれは大喜びされたことでありませう。
で肝心の馬券。そのキタサンから買ってました。
買ってはいましたがカレンミロティックは抜け。とほほ
昨年も3着だし、ハーツクライの産駒でもあり全然驚けませんが、とにかく抜けは抜け。
これで馬連万馬券なんだから、柄にもなく紐を絞ったことが悔やまれます。
けれど武豊が久々に春・天皇賞を制してくれたのは嬉しい限り。良かったよかった。

唐突に。
中古クラブを数本処分。
とある中古ショップへ持ち込みまして思いのほかいい値がついたのでほっと一安心。
なんて油断が招いてしまった意図せぬ買い物。。

往年の名器!?

200steelフェアウェイ

テーラーメイドは200steelフェアウェイウッドでございます。。ムフフ
今でも福岡常備で使ってる200steelアイアンの兄弟シリーズ。
ってか、こっちのFWの方が全然高評価。アイアンは陰に隠れちゃってる感じもしますけど、まぁともかく。
売却とは別特典でつけてもらったクーポンで購入。(なので実際の出費は1000円かそこら)
早速打ってみましたが、これ全然いいっす!まったく普通に使えます。
いや、普通に使えるなんてレベルじゃのうて。
とにかく飛距離優先!ってことじゃないなら、むしろ操作もし易くて十分に実戦向け?
なんて思ったりしましたわ。
シャフトは標準のTM-200。
これもリシャフト前の200steelアイアンに挿ってたものなので違和感はなし。
確か大山志保も、わりとつい最近までこのスプーンを使ってたんじゃなかろうか。
なんて思い出したりしました。
さらに申し上げれば、あのクレイグ・スタドラー!?
もこれのツアースプーンを使ってたような気がいたします。

右に置け はコメントを受け付けていません。

歴代バーナー


店舗にはただの一度も行ったことがないのですよ。。
ゴルパことゴルフパートナーさん。
けどネット通販ではずいぶんとお世話になっております。
ウェブで気になったクラブを見つけ、でも掲載情報だけではわからない・・
例えばリシャフトものなんかの長さやバランス等。
ウェブから問い合わせると、ほぼ即日中に回答してくれたりしてまこと迅速な対応。
ありがたいです。いやはや。

とそんなゴルパからちょくちょく送られてくるDMですが、滅多には見ません。
ただ最近届いたメールが「テーラーメイドの歴代「バーナー」5モデル」
というタイトルだったりしたから思わず食いついちゃった。
マーク金井などがあるテーマに沿って過去モデルを試打する「月刊辛口番付」。
これ面白いっす。(今回の歴代バーナーは2011年に掲載された辛口番付の第一回)。

そんな気になる番付対象は。。

・バーナー(2007)
・ツアーバーナー(2008)
・バーナー(2009)
・バーナースーパーファストTP(2010)
・バーナースーパーファスト2.0Jレッド(2011)

の5モデル。
おお、いいね・・・。あるね。もってる(た)ね。
なんせ大の[ツアーバーナー]好きだったりする私です。
ツアーバーナー(ノーマルシャフト)を1本に、
ツアーバーナーTP(ATTASとKUROKAGEにリシャフト)を2本。の計3本の所有。。
うへへへ。大バカものだね。
でもいいの。そんだけ好きだしホントに自分にとっては打ち易いモデルです。
(ちなみにスーパーファストTPも一時所有してましたがこちらは手放しました)

ってな与太はともかく、気になるその番付。
1位はツアーバーナーで素直に喜んだ次第。
このクラブはDRを打つことの爽快感!?を自分に教えてくれた・・
そして今現在も最も安定して打ててたりするまことにありがたき愛着ある名器なのでございます。
とりゃ!

先週は。。

[アルフレッドダンヒル選手権]
チャール・シュワーツェルが優勝。この大会4度目の制覇。すげ・・・
よほど相性がいいのでしょうね。何でも欧州同一大会3勝以上の南ア選手は
エルスとグーセンに続いての3人目だそうでお見事。
そんなシュワーツェルも2011年のマスターズ以来、他の大会では勝てておらず。。
なかなか難しいもんだすな。ゴルフって。
2位からは仏人選手のグレゴリー・ブルディ、3位エベール、4位グロスと続いて、5位にルイテンなど。
8位Tには自国のグレイス、ジャコ・バン-ジールなど。

んで今週。12月になっても欧州は面白そう。

[オーストラリアPGA選手権]
豪州だけど欧州ツアーっす。
当然ながら出場選手は圧倒的に豪州(orお隣ニュージーランド)の選手ばかり。
ってそりゃそうでしょ。
なのに2日目。首位にはデビッド・リングマースでおよよよ。
先週のカシオで久々に上位争いをしたブレンダン・ジョーンズだったけど
+7の72位Tは予選CUT。スコット・ストレンジ(今年のミズノOPで2位など)も+9、
エドアルド・モリナリ+10、ブラント・スネデカーはあららっと+14の135位で予選CUT。

[ネッドバンクゴルフチャレンジ]
昨年はダニー・ウィレットがここを制して一気にブレイクしたのでした。。
と、そして今年ブレイクを予感させる・・・(って私が勝手にそう思ってる)
ジャコ・バン-ジールが初日首位発進でよろしいね。
もしここを勝てたら今シーズンは2つ3つ勝っても不思議じゃない。
同じく首位Tにはヘンリック・ステンソン。1打差3位にはその昨年覇者のウィレット。
4位TにはM・リーシュマンとB・グレイス。6位Tにはここ数週で一気にブレイクしたR・ノックス。
R・ストレブ、R・フィッシャー、M・フィッツパトリックも。
10位TにはT・ジェイディー、B・ウィスバーガー、K・アフィバーンラト、C・ウッド、L・ウーストハイゼン。
そしてそして我等がミゲル・アンヘル・ヒメネス翁で今シーズンも全然レギュラーツアーでOK。
って感じで豪華な顔ぶれです。

[ヒーローワールドチャレンジ]
主催者のウッズが欠場・・・は残念。
ちなみにウッズはリハビリの再開目処すら立たないようでかなり厳しい状況みたい。
ご自愛下さい・・・
で初日。首位にはジミー・ウォーカー。
このヒト、何気に!?先だってのダンロップフェニックスに出てたんじゃなかろうかと思うけど
予選カットしたこともあってほとんど注目されてなかったよね。
そんなジミーも自国ならちゃいますな。。と思うに付けこのヒトは冬の頃しか活躍してない!?
なんて印象があったりして。
他、ザックなジョンソン様、ポールなケイシー様が並び、1打差4位Tにはスピース、スコット等など。
松山英樹は3オーバーで最下位スタート。
何でもティーショットを2度池に入れた!?らしく「8」を叩いたそうだからいやはや。
自分だと1ラウンドに2回くらい普通に記入しそうなスコアなんだけど、このクラスのヒトでもあるんすね。

[ゴルフ日本シリーズJTカップ]
国内男子もいよいよ最終戦。
男子ツアーの人気は今年も(?)今ひとつだったようだけど。
テレビ視聴率的にも石川遼が勝ったANAオープンが最高だったそうだからなかなか切ないっす。
(けっこう面白い試合もあったんだけど。。)
そんなわけで2日日。きたきた!我等が石川遼。小田孔明、ハン・ジュンゴンと並んで首位Tに。
まるで先週のカシオの再現!?
であるならば今週は石川遼に絶対に勝っていただきたい。頑張って。
上位常連の藤本、そして池田が1打差4位T。
好調キープの片山晋呉は6位。(ノーコックスイングのヒントをありがとう!)

たまには土曜のレースも。
【ステーヤーズS】
◎ スズカデヴィアス
○ トゥインクル
▲ プランスペスカ
△ カムフィー
△ ファアモルガーナ
△ トルークマクト

【金鯱賞】
◎ マジェスティハーツ
○ ディサイファ
▲ オーシャンブルー
△ パッションダンス
△ クラレント

そして明後日はまだ慣れないこのレース名の。。
【チャンピオンズカップ】
◎ ナムラビクター
○ ガンピット
▲ グレープブランデー
△ サウンドトゥルー
△ コパノリッキー
△ ホッコータルマエ

よく立ち寄るセブンのお菓子コーナーで不意に買ってしまった
「濃厚クリームのレーズンサンド」

濃厚バターサンド

なかなか美味い。マルセイに比してややバター感は薄め?かな。

歴代バーナー はコメントを受け付けていません。

博士の愛した。。


東京は8日連続の猛暑日で記録更新!?
って、さっぱりめでたくねーですから。
今日は37度に届いたんじゃなかろうか。もうたまりまへんわ。うぎゃ
日が沈んでもぬるいまま。ってか夕方からが本領発揮。
湿気を多量に含んだ空気はもあもあもあ。気持ち悪いったらありゃしません。
それはなんだかまるで、サウナを彷徨ってる風だったりもして。いやはや
予報によれば明日は33度前後だそうだけど、どうかそのへんで御勘弁願いたく。。

そして室蘭は一段落したようで何よりです。
週末以降も最高は25度から27度あたりをうろうろするみたいだから「正しい夏」じゃなかろうか。
とも思うけど、でも地元的には27度ってやっぱり十分に「あちっ!」ってことだと思われます。
8月の夏休み。ごくまれに暑い日もあったけど概ね許容範囲の暑さだったなー。
かと思えばえらく寒い日もあったりして、でも意地になって(?)半袖着てたりしたっけなー。
とかとかね。もう数十年も前の遠い記憶。

[WGC ブリヂストンインビテーショナル]
いやー。今年もまたやってまいりました。BS招待@ファイアストンCC。
暑いのはうんざりだけど、一方でこの大会の頃でもあるのだった。
思えばそれは。。。
まだ刈上げも青々と美しい(?)、YONEXのウェアに身を包んだ19歳の石川遼。
なみいる強豪を抑えての見事4位Tフィニッシュ(優勝はアダム・スコット)。
あの時から、そして彼を見て、この大会がメジャー並みに楽しみになったのでした。
これを足がかりに翌年はテンポラリメンバー(プエルトリコOP2位など)にもなって
そして2013年からのフル参戦と相成ったのでした。(たぶん)

初日。首位にはダニー・リーで-5。1打差にはマクダウェルとフューリック。
さらに1打差4位Tにはファウラーで引き続き好調。
-2の6位Tにはデュビッソン、ストレブ、ウェストウッド、ポールター、シンプソン、ステンソン。
そしてそして小田孔明!でよーしよし。
松山英樹は最後にダボっちゃったけど14位Tは全然余裕。
これからまだまだ上がってくれるのです。(たぶん)
関係ないけど紫のポロシャツがよく似合ってますな。
そして白ヘッドのスプーン(AERO BURNERかな?)が意外にも違和感なかったりして。

[バラクーダ選手権]
そんなわけで早いとこWGCの方に出てほしい石川遼だけど、でもその前にシード権の確保。
できればシードだけじゃなくプレーオフシリーズの出場権もとってほしい。
恐らくシードだけなら既にマネーランクでいけそうな気もするけれど、
プレーオフにはFedExCupポイントがもう少し必要。。。
(マネーランクじゃなくポイントランクでの125位以内が条件)
この大会は毎度恒例のポイント方式だから(ステーブルフォードってんですか?)
大量バーディが狙える石川遼には有利なはず。(たぶん)
一方で裏返しの大量ボギー(?)もあったりするけれど減点数が小さいからね。
初日は最後Hのイーグル(5点獲得)も効いてトータル8点で28位T。明日も頑張って。
首位にはザック・サッチャーで18点。2位パトリック・ロジャース。3位にリッキー・バーンズ。

・RE-AX70
唐突ですが2008年のBurnerFWのツアーロフトシリーズ(USもの)です。
現在、はっちゃきこいて・・・
とは北海道弁で「必死になって。。」くらいの意味だけど、現在も使われてんでしょうかね?
・・・使ってるのは同シリーズのT/S(13度)。
純正のシャフトは、RE-AX70(S)。(写真はT5に挿ってるシャフトです)

USのRE-AX70は手に負えず

ちなみに以前どこかのサイトに、
#TS/13° 59.0° 160cc 43.0 D5
#3/14.5° 59.0° 161cc 43.0 D5
#5/17.5° 59.5° 144cc 42.0 D5
R 73g 3.7
S 74g 3.6
X 74g 3.6
てなスペック情報がのっておりましたけれど、なるほどこりゃ確かに振れんです。
問答無用に重いんだものこのシャフト。私如きじゃろくに撓りもしない。でへへ

で、現在はこれにMotoreSpeederVC6.1Sを43インチで挿していて。。
さらにエクステンダーで伸ばして43.5とかだったりします。
果たしてバランスはどんなことになってんでしょう。(D8とかD9とか?)
ちなみにバランスとは、ヘッドの効き具合を示す目安でヘッドが軽い(効きを感じ辛い)方から
A⇒B⇒C⇒D⇒Eの5段階、さらにA~Eの各々にやはり軽い方から0~9の10段階。って風。
普通に売ってるクラブだと大体C後半いくつかからD前半いくつかって感じだと思うけど、
このFWは純正時にして既にD5とかだったりするからそりゃ抜群に頭効きすぎです。
それをさらにシャフト軽量化、長尺化までしちゃってるわけだから・・・いやはや。。

ちなみにこのFW。以前もどこかに書いたけどもっぱらティーショット用。
わりかし上手く打ててるとは思うけど、それでも1/3回くらいは大ダフリ。ってそりゃそうか。
ひどいときはティー(ボール)の10cmくらい手前に掘れてる跡がついてたり。。
気分だけはヘンリック・ステンソン・・・
たしか13度のDiabloOctaneツアーを43.5インチくらいにして多分DRよか多用してる?
・・・で、ばちっと打てたときはその打感といいライナー弾道といい実に気持ちいいのです。
ってただそれだけ。しょーもない与太ですまぬ。

[meijiカップ]
いいねー北海道。いいなー島松コース@札幌国際CC。
昔は札幌とうきゅうオープンが長きにわたり(24年間?)開催されて、
そして今はmeijiカップの舞台となった言わずと知れた名門コース。
あたし如き分際じゃはなかなか回るのも憚られるけれど一度くらいは回ってみたいです。
ちなみにこのコースのそばには、彼のクラーク博士(ウィリアム・スミス・クラーク)の記念碑?
があるらしく。なるほどここ島松は博士と生徒(札幌農学校1期生)のお別れの場所とのこと。
つまりはあの有名な「Boys, be ambitious」=「青年よ、大志を抱け」
(全文は[Boys, be ambitious like this old man]らしいけど詳細は存じません)
の言葉を残した地なんだそうですわ。ほほぉ。ふむふむ
で、まったく全然関係ないけれど、あたしゃ大昔に豊平区の某所に住んでいて、
羊ヶ丘展望台(「丘の上のクラーク」像のある)もわりかし近かったりしたのだが、
何故だか、ついぞ見に行くことがなかった・・・のでありました。

などと話は大きく逸れたけど大会初日。
地元凱旋の藤田光里と菊池絵理香は揃って+2の51位Tスタート。
菊地明砂美は+8の104位Tで決勝は厳しいか。
そしてそして。-5の単独首位には堀琴音だったりするからまことに喜ばしい限り。
昨年プロとしてのデビュー戦だったこの大会は予選CUTだったけど、
どうか、博士も愛した(のかは知らんが)北広島の地での初優勝を願っております。

・えんきん
のその後。摂取し始めてまもなく2週間くらいになるでしょうか。
そんな[えんきん]の効果のほどは。。。
これが意外にも(!?)ちょっと効果ありだったりしました。いやはやびっくり。
個人差とかあるから軽率にはいえないけれど、少なくとも手動さんのかすみ目には
多少なりとも効果があったようでけっこう細かい字もクリアに読めたりするようになったよ。
えへへ。ちょっと嬉しかったりするけど気のせいかも知れませんな。
何にせよもう少し続けてみようと思います。
真面目な話。いろいろ体力低下(劣化?)して現れる諸症状の中でも「老眼」って辛いのよ。

博士の愛した。。 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ