de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'フィル・ミケルソン'

二人のキャロウェイ息子


いつぞやの週刊ゴルフダイジェストに「プロが選んだNo.1コースはここだ!投票箱」!?
のような記事がありまして。それはいくつかのカテゴリー別ランキングだったわけだけど、
その中の「戦略的で難しいコース」というランキングでは小樽カントリー倶楽部が男女ともに1位。
ふむふむ。なるほどね。と。
で、続く男子2位では大洗ゴルフ倶楽部。そして女子の2位にはなななな、なんと。
室蘭ゴルフ倶楽部だったりしたから驚きました。
2001年の日本女子オープン(優勝は島袋美幸)の舞台だったのは何となく知っておりましたが、
でもまさか。
もう15年も前のことですからね。きっとこの白鳥コースに投票してくれたのはそれなりのベテラン?
なんて思ったらコメントは表純子だったのでやっぱりなるほどね。でありました。
その室蘭GCはたしか昨年経営交代があったんじゃないかと思うのだがそんなことはとりあえずよくって、
とにかくまたまわりたいっす。白鳥コース。
ちなみに旧経営陣は、新日鉄住金・日本製鋼所・日鉄住金セメント・栗林商会の四社。
室蘭という街そのものを支えてくれている、名だたる企業による共同経営だったのでありました。

ってわけで、とってもいいもの見せてもらっちゃったね。
[The Open ~全英オープン]
第145回全英オープンはロイヤルトゥルーン・オールドコース。
線路沿いのホールは11番(でしたっけ?)。ありゃ凄い。素晴らしい。
にしても最終日はホントにあっという間の18ホール。最後まで釘付け状態と相成った次第。

にしても。
ミケルソンは十分に凄いんだけど、ステンソンは更に十分+十分+十二分の凄さくらいの凄さ。
スウェーデン人選手での初メジャー制覇にして20アンダーはタイガー超えの全英レコード。
(ちなみに72ホールトータル「264」は全英に限らず四大メジャーを通じての最少だったみたい)
なんちゅうか、まるでもう神憑ってたましたよね?ショットもパッティングも。
特にあのややこしいバック9で5バーディ。・・の中でもやっぱり最終ホールのロングバットは超圧巻でした。。
大会前には友人が亡くなったんだそうで、その友へ捧げられた素晴らしいプレーの数々。
その創造性と技術力、そして圧倒的な集中力。どれもこれもが十分に凄いミケルソンを上回っておりました。
(ミケルソンだってノーボギーの6アンダーですからね。この完璧さでまさか3打差もついてしまうとは・・)
そう言えばステンソンがあんなにドライバーを多用するのを初めて見ました。
毎度のスプーンも冴えに冴えてたけれど、低くティーアップされたドライバーはもっと冴えわたっておりました。
いやはや、どれにもこれにも感動した次第です。

ところでフィル・ミケルソン(Mickelson)とヘンリック・ステンソン(Stenson)。
奇しくも(というほど全然珍しいことじゃないけれど)お二方とも姓に-ソン(son-息子)-をもちます。
ミケルソンはマイケルさんの息子さん(の系譜)だろうと思われるけど、はて。
ステンソンはステン・・!?さんの息子さんとなるのでしょうか。
ちなみに北欧系ではソンがセンになってる苗字のが多いんじゃないかと思ったりもしますが・・
例えばノルウェーのスーザン・ペターセンはPettersen、ピーターのソンが北欧チックにセン・・
ってかペターセンは女性だけどあくまで苗字の系譜的なお話なので・・でなんだっけ?まぁいいや。
何にせよ放映中はこの二人が圧倒的に映しだされていたわけでCallawayはしてやったり!?
だったと思います。
キャディバッグやキャップのロゴはもちろん、映るクラブがすべてキャロウェイ。(パターもオデッセイ)
まことにキャロウェイ孝行な二人です。そして歴史に残る最高の最終組ペアリングでありました。
ふぁっふぁっふぁっふぁ(バルタン星人ふうに)

と。そう言えばキャップのことでちょっと。。

ジョンストンのキャップ。
8位に大健闘した英のアンドリュー・ジョンストン。
キャップの後頭部側のTitleistのロゴ上には”BEEF”という刺繍が見えましたね。
このヒトがパットを沈めるとギャラリーが「びー」とか何とかややブーイングっぽい声。(クーチャーの「くー」的な)
なるほど、あれは「ビー(フ)」だったんすね。
ところで解説の戸張さん。執拗なまでにジョンストンのことに触れてましたっけ。
凡そラウンドとは関係なさそうな(髭とか体型とかウェアの)ことばかり。
よほどああいう個性的なタイプ(に見える)選手がお気に入りなんでしょうね。

ミケルソンのキャップ。
いつものKPMG(彼のスポンサー。大手会計事務所)キャップでしたが、
右側即答部には何やらダブルクリップ風のものが・・・
恐らくサイズを縮める(強風で飛ばされてしまわないように)しぼり的につけてたんじゃないか・・
などと想像してみてましたがどうなんでしょう。

ステンソンの・・キャディさんの・・キャップ。
以前から度々触れてる「HUGO BOSS」。あたしゃあのキャディさんのキャップが欲しいです。
フロントに大きく「BOSS」とステッチされた(たぶんNEW ERA製?の)あのキャップです。
とは思うけどやっぱし手には入らんのでしょうな。

などと、しょーもない与太話ばかりをだらだらと。
改めてリザルト。3位には、J.B.ホームズ。
4位にはお見事スティーブ・ストリッカー。カッコよすぎる49歳でした。
5位Tにはガルシア、マキロイ、ハットン。9位TにはDJなジョンソン、ケルドセン、ハース。
そしてそして18位Tには我らがミゲル・アンヘル・ヒメネス翁がひそかにいたりしてこちらも感動。

☆ヘンリック・ステンソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 9.0 ※Obanキヨシ・ツアーリミテッド60X
・Callaway XR16 #3W/#5W 14/17
・Callaway APEX UT 18
・Callaway レガシーブラック #3~PW ※MODUS120-X
・Callaway マックダディ3 52(ミルドS)/58(ミルドC)
・ODYSSEY ホワイトホットXG #7Hプロトタイプ
・Titleist ProV1x

ちなみに全英ではスプーンが、Diabro Octaneツアーだったみたいです。
また、クリーク・UTはなくて2番アイアンから!?
アイアンはご存知、2011年の国内モデル、シャフトもMODUS120でウェッジが52/58と
何やら国内のプロっぽくもない?

☆フィル・ミケルソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16SUB ZERO 8.5 ※FUBUKI J60X
・Callaway BIG BERTHA816 #3W 14
・Callaway APEX(HY) 18
・Callaway APEX UT 21
・Callaway APEX PRO #5~PW ※KBSツアーV125-X
・Callaway マックダディPMグラインド 56/60/64
・ODYSSEY PMプロトタイプ
・Callaway クロムソフト

さすがはミケルソン。64度だなんてたまりませんわ。
ドライバーは国内未発売のUSモデルだったでしょうか。

唐突にバラ。
またまた咲いてくれました。今度はコンスタンツェ・モーツァルトです。
初日。

モーツァルト初日

ふむ。なかなか凛としてると言うか、しゃきっとしてるじゃありませんか。ね。

で翌日。

モーツァルト翌日

お見事。満開。内側もこんもり盛りあがってかっこいいです。

そして翌々日

モーツァルト翌々日

おおっと。。暑さのせいもあってかややへたり気味。

うちのモーツァルトは今時期だとつぼみが開いてからせいぜい4日くらいでしょうか。
翌々日の写真のその翌日かそこらには大きな花びらをいくつも落としながらあっけなく散りました。。
とほほ
とは言うものの四季咲きは何度も楽しめるから嬉しいわ。

二人のキャロウェイ息子 はコメントを受け付けていません。

ミケちゃん、ついに!?


雨降り過ぎ。そりゃ梅雨なんだから。
ってことなんだけど、でもほんとに苦手なんすよね。
今時期のこの湿気。。。どうにもこうにも辛いっす。
なんてこぼしたところで相手が自然様じゃ致し方なく。
植物なんかにとってもまさにこの時季は恵みのときでもあったりするわけで。
拙宅のベランダ植物どもも一層めきめきと緑を濃くしております。

【関東オークス】
昨日川崎で行われた交流重賞。
最近は競馬への興味そのものが低下傾向にあって(なんてダラダラ買い続けてはいますが)、
まして地方においては言うに及ばず。。
この戯言のカテゴリも「馬いっしょ的農水省への寄付」だったりするけど
「下手糞ゴルフの地方税への貢献」のようなタイトルに改めた方がよほど現実的か。
とか何とか、確かにゴルフ場利用税の負担だってバカにはならんわけですが。まぁいいけど。
と話は逸れましたが関東オークス。JRAの馬(ウィリアムズ騎乗)を本命に、
やはりJRAの馬(武豊騎乗)と兵庫の馬と高知の馬へ・・・って1頭も名前を覚えてない
・・・流したら兵庫の馬※が2着してくれて配当もちょこっとついて良かった。良かった。
※トーコーニーケという馬名らしいです

さて先週末は

[フェデックス・セントジュード・クラシック]
ベン・クレイン。最終日も結局まんまと逃げ切って見事優勝。
お世辞にも「快調な逃げ切り」って感じじゃなかったけど下が追いかけてこないんじゃ。。。ね。
まぁ何にせよ良かった良かった。(HUGOBOSSのウェアもかっこよかった!?)
☆ベン・クレイン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.74)を参照
・Titleist913D2 8.5
・TaylorMade RBZstage2 14
・Titleist910Fd 18
・Titleist910H 21
・Titleist712Uフォージド #4
・Titleist714AP2 #5~PW
・VokeySM4 56/60
・Odyssey ホワイトホット#5
・ProV1x

クレインの久々の勝利でゴルフボーイズも安泰!?
とゴルフボーイズいえば、ワトソン。ファウラー。クレインときて。。。
ん!?そう言えばメイハンってどうしたんだ!
となってしまうけど、2014年シーズンはここまで・・・

[ファーマーズインシュランスOP]
47位T。(優勝はS・スタリングス)
[ウェイストマネージメントフェニックスOP]
★4位T。(優勝はK・スタドラー)
[AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ]
★6位。(優勝はJ・ウォーカー)
[ノーザントラストOP]
52位T。(優勝はババ)
[WGCアクセンチュアマッチプレー]
★9位T。(優勝はJ・デイ)
[WGCキャデラック選手権]
★9位T。(優勝はP・リード)
[アーノルドパーマー招待]
棄権。(優勝はM・エブリー)
[シェルヒューストンOP]
31位T。(優勝はM・ジョーンズ)
[マスターズ]
26位T。(優勝はババ)
[RBCヘリテージ]
予選CUT。(M・クーチャー)
[ウェルズファーゴ選手権]
50位T。(優勝はJ.B・ホームズ)
[ザ・プレーヤーズ選手権]
予選CUT。(優勝はカイマー)
[クラウンプラザ招待]
60位T。(優勝はA・スコット)
[ザ・メモリアルトーナメント]
28位T。(優勝はヒデキ・マツヤマ。。。ってか松山英樹!)

って感じで前半は4度の★トップ10入りもあったりしますが、ただ棄権して以降がやや精彩を欠き!?
に見えなくもないけれど、でもこの人はとってもとっても上手い選手なので全米OPでの活躍に期待です。
ちなみに予選では、F・モリナリ、J・ドナルドソンとの組み合わせでしぶい面子ですな。

久々、本大会を終えての松山英樹のスタッツです。
[PGA TOUR]Statistics
FedExCup Season Points
⇒16位。(45位)
Money Leaders
⇒18位。(51位)
Driving Distance
⇒46位/295.0Yd。(68位T/291.9Yd)
Scrambling
⇒23位T/61.51。(165位/53.93)
()は石川遼。

[ライオネスオープン]
ミカエル・ルンドバーグ(ルンドベリ?)が優勝。
P/Oで敗れた自国ベルント・ウィスバーガーが2位。
ちなみにウィスバーガーは今週の全米OPへオーストリア人としては初めて出場するんだそうでめでたいです。
(関係ないけどオーストリアって言うと、セナの相棒だったベルガーを思い出します)
ルイテン3位。ヒメネス翁は猛追及ばずの5位T。

[リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ]
やや変則レギュレーションによる2人1組フォーボールの競技。だそうです。
優勝はフレッド・ファンク(とスルーマンのペア)。と言ってもよく知らないのですが。
なんでもザ・プレーヤーズ選手権を当時最年長(48歳かそこら)で優勝したんだそうで「そりゃすごい!」
と思ったら身長も170cmそこそこらしく「おお、それもすごい!!」と思ったら、
更に人工関節置換手術までして今も第一線で活躍中というから「おお、やっぱりすごいじゃないか!!!」
という、どうやらそういう人らしいです。

[マニュライフLPGAクラシック]
S・ルイスに世界ランク1位を明け渡したと思ったらすかさず優勝しちゃうインビー・パークはさすが。やるね。
クリスティ・カー2位。シャンシャン3位、コ4位T。ミシェル・ウィー、ステーシー・ルイスは6位Tフィニッシュ。
賞金ランキングではルイスが首位(世界ランクでもまだ首位)、ウィー2位で変わらず。

さてさて。いよいよ[全米オープン]。
楽しみです。(現地は既にスタートしたようです)
なんといっても松山/ファウラー/スピースのパーティーが面白そう。
この組だと、あのファウラーですら大人びて見えちゃう!?
ほか日本人選手では谷口、宮里兄、矢野なども出場。がんばって。
そしてそして。キャリアグランドスラムに王手をかけてるフィル・ミケルソンのプレーにも大いに期待です。
ペイン・スチュアートが残した「次はきみ(ミケルソン)が勝つ番だ」の言葉に
そのパインハースト#2で答えることはできるでしょうか。(ってホント感情移入しやすいエピソード)
グリーンは毎度の通り(ここに限らずメジャーならどこが会場になっても)うんざりするくらい難しいようです。
7500Yd超もあってパー70の設定で、グリーンが御椀うぃひっくり返したような形状ってんですから、
もう何だかたまらんですな。

唐突ですが手動のニューウェポン。

秘密兵器

フォーティーンのCT-112。の中古品です。なげーでしょ?ははは。長いんだ、これがまた。
でも振ってみるとさほどにその長さ自体は感じなくて、どちらかというと
「ヘッド小せぇわー」って感じます。(つまり同じ意味か)
シャフトは純正SRだけど私如きには十分しっかり感のあるシャフト。
もともとが45.5インチ以上ばかし使ってることもあり「何とかなんだろ?」くらいにたかをくくっていたけれど
何の何の。そうは問屋もおろしてはくれませんなんだわ。うひょ
最初は少し振り遅れてたみたいで悉く右へすっぽ抜けちゃったけれど、そこで長尺用のちょっとしたコツ・・・
・ややクローズに
・ややトップをコンパクトに
・とにかくレベルにスイング
(最近雑誌か何かでたまたま読んだような気がするのだが定かではないです)
・・・みたいなのを思い出して、それを意識したら何とか捕まえられるようなりました。
距離もそれなりには伸びてくれて面白かったです。
何とかこいつをモノにして、恩人1号&2号との次のラウンドでは悉くオーバードライブしてやるぜ!
ってな野望に燃えておりますが、とにかく練習あるのみです。

と。フォーティーン左隣のアイアン(逆さに立ててるやつ)です。
これも最近調達したVR_S Covert2.0フォージドの#4アイアン。(USものだけどNS950が純正)
こっちは秘密兵器でもなんでもなく単なるコレクション。完全な「趣味」ですな。でへへ
以前試打した和ものの打感がどうにも忘れられずについ。
特に本番では使うつもりはないけれど(だって#5アイアンでさえUTにしちゃおうか考えてるくらいですからね)
練習時だけはバッグに入れて一応練習だけはするわけです。
(打ちっぱなしでならロングアイアンもそこそこ気持ちよく打ててるので楽しい)
何れ機会があれば近所のショートコースあたりでは使ってみたい気もしますが。
と。更にその左にはBURNERレスキュー2008の#4UTです。(NS850FWを挿した)
これも先日の北海道では大活躍してくれたのでした。

ところで。。
過日むろさんがアップした「ゴルフにも行ってきた♪」。そこにこんな一文が。

【スコアは・・・ 途中から記録するのをやめちゃったのでわからないのですが、130~150の間くらいでしょう。(すっげー適当ww)】

私はスコアカードへもれなくつけてたのだけど記入ミスがなければ「124」のはず。
ってわざわざ書くほどでもないけれど、とにかく130以上も叩いちゃないからね、
とは、この場を借りてのむろさんへの伝言。
まぁスコアはともかく、むろさんのあの「7鉄のキレ」・・・
(ってかSWを除けばアイアンは#7しかバッグに入れてないというツワモノむろさんなので)
・・・は確かに今回は影を潜めてましたな。
次回にはまたあのキレキレに切れた「7鉄のキレ」を是非取り戻しといてほしいところです。
もちろん私も研鑽に励む所存。

脈絡なく。
北海道新幹線が2016年春に開業。というからもう2年を切ったのですね。
そうか。北海道を新幹線が走っちゃうのだね。すげーことです。
何年か前?あたしゃこの話を知った際に当然に函館本線~室蘭本線を経由して札幌へ。と思ったのだけど
いやいや、札幌へは日本海側?をから行くんだわさ。のような話を聞いてちょっとがっくりして
(もし室蘭に新幹線が停まるなら一度は乗ってみようと思ったから)それ以来完全に忘れておったわけです。

そんな中、「終着駅は『新函館北斗』に決定」のような記事を何かで久しぶりに思い出したのだが、
この「終着駅」とい言葉に再び驚愕。
え?終着ってまさか・・・札幌までは行きませんよ系新幹線なのか?と。
詳しくは存じませんが、どうやら行かないみたいですね。むむむ
まぁそれはともかく、青函連絡船って復活しないんだろうか。。。とそればかりを懐かしんでしまう手動なのだ。

コディーノ
私が応援しはじめてから(朝日杯から?)ぱったり勝てなくなってしまったコディーノだけど
体調が急に悪化したそうで安楽死とはちょっと悲しい。まだ4歳なのにね。早過ぎだ。。
冥福を祈ります。

ミケちゃん、ついに!? はコメントを受け付けていません。

サマンサタバサを制したのはアンタイトル


吉田弓美子が勝ちましたー。
[サマンサタバサ ガールズなんとかレディース]
とは言え今回はde-do#1&#2の共々、表さんを応援してたのでそっちが残念で・・・。
ま、それはともかく昨年に続きホステスプロは勝てず。
サマンサタバサ2代目女王はアンタイトルスポーツ。(ワールド、してやったり!?)

・格が違うのか!?
[全英オープン]
いやはや、すげーね。松山英樹は。
またもやトップ10フィニッシュしてしまうだなんて。
前も書いたけど、なんつーかレベルというかスケール感がどうにも違うんでしょうか。
なんだか強烈な”野生”すら感じますな。
何にせよまったくもって度肝を抜かれます。
此度の全英に石川遼が出場してなかったのは何とも残念だけれど
次戦のPGAではカナディアンオープンで顔合わせが実現。
両名揃い踏みで楽しみ。どっちか(できれば石川遼ね)優勝して!

・フィル・ミケルソン。43歳。
ってことで、ミケちゃんが全英初制覇。ひたひたと忍び寄り大外一気で差し切った感じ!?
全米に続いてアンカリングの選手が勝たなかったことはいろんな意味で「いろんな意味」をもたらすでしょう(???)。
にしても全米で悔し涙を呑んだ彼が、そしてスコティッシュOPを制したその翌週に
まさか全英まで勝っちゃうとは、なんちゅうかやっぱ凄い人ですな。
彼の礼儀正しさといつも絶やさない穏やかな表情、そして家族思いな・・・
そういうミケルソンはかっこいいよね。おめでとう。

・そしてタイガー・・・。
ううむ・・・微妙な6位T。タイガーチャージは不発。
最終日の2位スタートって鬼門なんでしたっけ?
にしても、なんともストレスのたまる最終日だったことでしょう。
やっぱA・スコット(のキャディは元ウッズのキャディのS・ウィリアムズ)と同組だったこと・・・
なんてことは関係ないだろうけどまぁとにかく。
全米プロでは底力を見せてくれるでしょう。

・他では
そんなA・スコット。一瞬おっ!なんて思わせつつやはり自滅(?)。
まぁいいよ、マスターズ勝ったんだしね。ってことで惜しくも3位T。
62回目の挑戦もあえなく成就せなんだL・ウェストウッド。こちらも3位T。
ヒメネスは13位Tにとどまりました。立派。
ダレン・クラークも21位Tでフィニッシュしてたりするからこれも素晴らしい。お見事。
他ではJ・ブリクスト26位T。J・デイにB・コーリー等も32位T。
J・スピースは片山といっしょ、44位T。

と言った次第でアレレレ?的に終わった全英だったけど、これはこれで楽しめました。

[サンダーソン・ファームズ選手権]
ウッディ・オースティンが優勝!?
うーん・・・よくわからん。
よく知ってる(愛すべき?)コルト・ノストは76位でびりっけつでした。

サマンサタバサを制したのはアンタイトル はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ