de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'ヘンリック・ステンソン'

二人のキャロウェイ息子


いつぞやの週刊ゴルフダイジェストに「プロが選んだNo.1コースはここだ!投票箱」!?
のような記事がありまして。それはいくつかのカテゴリー別ランキングだったわけだけど、
その中の「戦略的で難しいコース」というランキングでは小樽カントリー倶楽部が男女ともに1位。
ふむふむ。なるほどね。と。
で、続く男子2位では大洗ゴルフ倶楽部。そして女子の2位にはなななな、なんと。
室蘭ゴルフ倶楽部だったりしたから驚きました。
2001年の日本女子オープン(優勝は島袋美幸)の舞台だったのは何となく知っておりましたが、
でもまさか。
もう15年も前のことですからね。きっとこの白鳥コースに投票してくれたのはそれなりのベテラン?
なんて思ったらコメントは表純子だったのでやっぱりなるほどね。でありました。
その室蘭GCはたしか昨年経営交代があったんじゃないかと思うのだがそんなことはとりあえずよくって、
とにかくまたまわりたいっす。白鳥コース。
ちなみに旧経営陣は、新日鉄住金・日本製鋼所・日鉄住金セメント・栗林商会の四社。
室蘭という街そのものを支えてくれている、名だたる企業による共同経営だったのでありました。

ってわけで、とってもいいもの見せてもらっちゃったね。
[The Open ~全英オープン]
第145回全英オープンはロイヤルトゥルーン・オールドコース。
線路沿いのホールは11番(でしたっけ?)。ありゃ凄い。素晴らしい。
にしても最終日はホントにあっという間の18ホール。最後まで釘付け状態と相成った次第。

にしても。
ミケルソンは十分に凄いんだけど、ステンソンは更に十分+十分+十二分の凄さくらいの凄さ。
スウェーデン人選手での初メジャー制覇にして20アンダーはタイガー超えの全英レコード。
(ちなみに72ホールトータル「264」は全英に限らず四大メジャーを通じての最少だったみたい)
なんちゅうか、まるでもう神憑ってたましたよね?ショットもパッティングも。
特にあのややこしいバック9で5バーディ。・・の中でもやっぱり最終ホールのロングバットは超圧巻でした。。
大会前には友人が亡くなったんだそうで、その友へ捧げられた素晴らしいプレーの数々。
その創造性と技術力、そして圧倒的な集中力。どれもこれもが十分に凄いミケルソンを上回っておりました。
(ミケルソンだってノーボギーの6アンダーですからね。この完璧さでまさか3打差もついてしまうとは・・)
そう言えばステンソンがあんなにドライバーを多用するのを初めて見ました。
毎度のスプーンも冴えに冴えてたけれど、低くティーアップされたドライバーはもっと冴えわたっておりました。
いやはや、どれにもこれにも感動した次第です。

ところでフィル・ミケルソン(Mickelson)とヘンリック・ステンソン(Stenson)。
奇しくも(というほど全然珍しいことじゃないけれど)お二方とも姓に-ソン(son-息子)-をもちます。
ミケルソンはマイケルさんの息子さん(の系譜)だろうと思われるけど、はて。
ステンソンはステン・・!?さんの息子さんとなるのでしょうか。
ちなみに北欧系ではソンがセンになってる苗字のが多いんじゃないかと思ったりもしますが・・
例えばノルウェーのスーザン・ペターセンはPettersen、ピーターのソンが北欧チックにセン・・
ってかペターセンは女性だけどあくまで苗字の系譜的なお話なので・・でなんだっけ?まぁいいや。
何にせよ放映中はこの二人が圧倒的に映しだされていたわけでCallawayはしてやったり!?
だったと思います。
キャディバッグやキャップのロゴはもちろん、映るクラブがすべてキャロウェイ。(パターもオデッセイ)
まことにキャロウェイ孝行な二人です。そして歴史に残る最高の最終組ペアリングでありました。
ふぁっふぁっふぁっふぁ(バルタン星人ふうに)

と。そう言えばキャップのことでちょっと。。

ジョンストンのキャップ。
8位に大健闘した英のアンドリュー・ジョンストン。
キャップの後頭部側のTitleistのロゴ上には”BEEF”という刺繍が見えましたね。
このヒトがパットを沈めるとギャラリーが「びー」とか何とかややブーイングっぽい声。(クーチャーの「くー」的な)
なるほど、あれは「ビー(フ)」だったんすね。
ところで解説の戸張さん。執拗なまでにジョンストンのことに触れてましたっけ。
凡そラウンドとは関係なさそうな(髭とか体型とかウェアの)ことばかり。
よほどああいう個性的なタイプ(に見える)選手がお気に入りなんでしょうね。

ミケルソンのキャップ。
いつものKPMG(彼のスポンサー。大手会計事務所)キャップでしたが、
右側即答部には何やらダブルクリップ風のものが・・・
恐らくサイズを縮める(強風で飛ばされてしまわないように)しぼり的につけてたんじゃないか・・
などと想像してみてましたがどうなんでしょう。

ステンソンの・・キャディさんの・・キャップ。
以前から度々触れてる「HUGO BOSS」。あたしゃあのキャディさんのキャップが欲しいです。
フロントに大きく「BOSS」とステッチされた(たぶんNEW ERA製?の)あのキャップです。
とは思うけどやっぱし手には入らんのでしょうな。

などと、しょーもない与太話ばかりをだらだらと。
改めてリザルト。3位には、J.B.ホームズ。
4位にはお見事スティーブ・ストリッカー。カッコよすぎる49歳でした。
5位Tにはガルシア、マキロイ、ハットン。9位TにはDJなジョンソン、ケルドセン、ハース。
そしてそして18位Tには我らがミゲル・アンヘル・ヒメネス翁がひそかにいたりしてこちらも感動。

☆ヘンリック・ステンソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16 9.0 ※Obanキヨシ・ツアーリミテッド60X
・Callaway XR16 #3W/#5W 14/17
・Callaway APEX UT 18
・Callaway レガシーブラック #3~PW ※MODUS120-X
・Callaway マックダディ3 52(ミルドS)/58(ミルドC)
・ODYSSEY ホワイトホットXG #7Hプロトタイプ
・Titleist ProV1x

ちなみに全英ではスプーンが、Diabro Octaneツアーだったみたいです。
また、クリーク・UTはなくて2番アイアンから!?
アイアンはご存知、2011年の国内モデル、シャフトもMODUS120でウェッジが52/58と
何やら国内のプロっぽくもない?

☆フィル・ミケルソン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Callaway XR16SUB ZERO 8.5 ※FUBUKI J60X
・Callaway BIG BERTHA816 #3W 14
・Callaway APEX(HY) 18
・Callaway APEX UT 21
・Callaway APEX PRO #5~PW ※KBSツアーV125-X
・Callaway マックダディPMグラインド 56/60/64
・ODYSSEY PMプロトタイプ
・Callaway クロムソフト

さすがはミケルソン。64度だなんてたまりませんわ。
ドライバーは国内未発売のUSモデルだったでしょうか。

唐突にバラ。
またまた咲いてくれました。今度はコンスタンツェ・モーツァルトです。
初日。

モーツァルト初日

ふむ。なかなか凛としてると言うか、しゃきっとしてるじゃありませんか。ね。

で翌日。

モーツァルト翌日

お見事。満開。内側もこんもり盛りあがってかっこいいです。

そして翌々日

モーツァルト翌々日

おおっと。。暑さのせいもあってかややへたり気味。

うちのモーツァルトは今時期だとつぼみが開いてからせいぜい4日くらいでしょうか。
翌々日の写真のその翌日かそこらには大きな花びらをいくつも落としながらあっけなく散りました。。
とほほ
とは言うものの四季咲きは何度も楽しめるから嬉しいわ。

二人のキャロウェイ息子 はコメントを受け付けていません。

手羽先のカレー揚げ焼き。みたいな。


手羽先をカレーで。さくさくの長芋と。
オレンジページか何かのレシピをチラ見したde-do#2が作ってくれました。

オレンジページのレシピから

風味濃厚でこれがまた美味いんだ。かなりイケます。
大好きなアサヒOFF、思わずすすんでしまう。(ちなみに隣はカツオたたき)

【阪神大賞典】
やっぱゴールドシップだねー。阪神はホント強いですな。
にしてもこのタフなレースを三連覇とは恐れ入りました。

【スプリングS】
おー。勝ったのは北島サブちゃんの馬だった。キタサンブラック。
かなり強いですな。皐月賞はこれも買いますわ。

[Tポイントレディス]
いやはや。飯島茜ってばよくぞ耐え抜いた。そして全さんもよぉ頑張った。
2時間近くを同一ホール(それもパー5)でマッチプレー。
いい加減飽きたりしないもんなんでしょうか。。
何にせよお疲れ様でした。
ってかこの人は2010年以来の勝利って言うから実はなかなか勝ててなかったのだ。
一ノ瀬は復帰まもなくながら好調で3位T。上田、藤本も。

[アーノルド・パーマー招待]
3日目、ステンソンが-16で頭一つ抜けました。HUGOBOSSのウェアも躍動。
冗談みたいなたっかーい弾道のショットは、やはり何かの冗談のようにピンを刺し。
久々に米で勝っちゃうかな。
M・ホフマンが2打差の2位。昨年の勝者M・エブリーは3位T。
B・マーティン、M・ジョーンズ、コクラックも。
石川遼は-8の17位Tでよーしよし。
普通の形のキャップ(?)と普通の裾幅のパンツ(?)がよく似合ってます。
最近よく履いてるスリム。あれは体型的にもなんだかね。。。って大きなお世話です。
と大きなお世話ついでに、あの髭ね。。。ぽしょぽしょのあのうっすーい。
なんてやっぱり大きなお世話だね。まぁとにかく久々の上位進出を楽しみにしております。
そして同じく17位Tには主催者アーノルド・パーマーの孫。サム・サンダースも。
松山英樹は53位T。リッキー・ファウラーなどもここ。
そう言えばこの大会。石川遼を筆頭に上位選手はCallawayが目立つかも。
ステンソン、エブリー、イングリッシュ(8位T)、ダニー・リー(12位T)などなど。

[ファウンダーズカップ]
3日目。首位にはキム・ヒョージュ。2打差2位にはS・ルイス。
やっぱり?リディア・コは5位Tに。
ダブル宮里は43位T。横峯さくらは予選CUT。また頑張って。

[マデイラ・アイランドOP]
早々に54Hへ短縮されてたこの大会。さらに天候不良で36ホールの超・短期戦。
今もサスペンデッド中なのか・・・何だかよぉわかりまへん。

・初代Xhotのアイアン。
いまさらだけど#4と#5。もちろんどっちも中古でバラバラに仕入れたもの。

今さらXhotのアイアン

標準のNS950からTrueTemperのXP95・・・ってWindowsの歴代のOS名か!?
・・にしてみました。うひょ

シャフトはXP95

長さは標準のと合わせて。
打感は相変わらずのXhotのまま(ってそりゃそうだよ)だけど以前にも増してよぉ弾くんだわ。
私なりに、だけどかなり飛びました。これは。
NSみたいな折れちゃう風も全然なくて振り切れます。
スチールでも先が動くの好き。または100g未満で軽く飛ばしたい。みたいな方(つまりオレか)
機会があれば一度お試しくだされ。

手羽先のカレー揚げ焼き。みたいな。 はコメントを受け付けていません。

サクラ切る馬鹿 ウメ切らぬ馬鹿


件名は私自身への戒め。

[ドバイ・ワールドチャンピオンシップ]
ヘンリック・ステンソンがやっちゃいました。
圧巻の最終日だった模様。(中継見たかったー)
6バーディーとっただけでは飽き足らず?最終ホールではイーグルまで決めちゃったとか。
これで史上初の米・欧のダブル年間王者達成。
まったくすげーです。(この人今年いったいいくら稼いだの!?)
2位にはポールター。3位デュビッソン。4位ルイテン?。
ウェストウッド、ドナルド、マキロイが仲良く(?)5位Tで。

そう言えばステンソン繋がり・・・ってことでもないけど、またしてもBOSS。
先日のVISA太平洋マスターズ。松山英樹ってばほぼずっとHUGOBOSSのトラックジャケット
(プルオーバ?)を着こんでたけどかっこよかったです。
ってかよく似合ってましたね。
派手過ぎず・・・地味過ぎず・・・あのワイルドな風貌に妙にマッチしておりました。
石川遼の爽やかキャロイウェイアパレル路線もかっこいいけれど
ある意味こっちは対極的な雰囲気で大変に宜しい。
来年はステンソンと賞金王争いなんかしてもらって
「おいおい、HUGOBOSSのウェアばっかでうざいな」
なんて光景が見れたりすることを勝手に願ってやみません。(って何だかよくわかんね)

[マヤコバ]
ハリス・イングリッシュがじわっと優勝・・・。(ドバイに霞む!?)
いやいや、堂々たるPGA2勝目でやんす。
ちなみに連日の順延の中、この日イングリッシュは前日の残りと合せて
29ホールを消化したんだそうで。すげーね。
ティム・ウィルキンソンが10位T。ってあんまりよく知らない選手なんだけど
彼の着ていたOAKLEYのポロシャツが実に鮮やかで印象的でした。
お茶目な(で巨大でカッコいい!)アルバロ・キロス16位T。
今シーズンから米PGAに復帰したダレン・クラークは最下位の77位。
何はともあれお疲れでした。

・冠婚葬祭
伊藤園レディスを制して今季4勝目。賞金女王争いトップに躍り出た横峰さくら。
お姉ちゃんの結婚式が日立3ツアーズと重なったことから辞退を申し出たら罰金!?
だそうで。なかなかプロも大変。
いつぞやはハンター・メイハンなんかは奥さんのお産に付き添うのため
前日首位だったところを急遽棄権。
「気がつけば」ザック・ジョンソンだって御兄弟?の結婚式のために
Fedexプレーオフシリーズの初戦かなんかを欠場したり。とかとか。
そういう例はわりと海外だと普通だけどなかなか日本は厳しいですね。
(もちろん海外でも罰金とかはあるんだろうけどそれを致し方ないとする周囲の寛容さが違う?)
とは言えスポンサーありきのプロ。それもまた致し方なし、なのでしょう。
どういった裁定(?)が下るのかは知らんけど、個人的には肉親の一生一度のイベントを優先できる、
そういう人でいいじゃない。とは思うのだが。

・トーセンラー
ってか武豊はGI通産100勝目だったそうで目出度い限り。
あっしはまたも外れてまるで目出度くない。。
にしても偉業としか言いようがない数字だ。。。素直に感動。
そしてラー。春天3200Mを2着しつつマイチャン制覇。お見事です。

・どうした!?太陽黒点・・・
今年は太陽黒点が異常に少なくて太陽の活動が低調・・・らしい。
地球も寒冷化も懸念されてるらしいけどいやはや。
アホみたいに暑かったかと思えば・・。もう少し程良くお願いしたいものだけど
お天道様にもそれ相応の都合?ってもんがあるんでしょうし。
とにかく頑張れ!太陽黒点。(何をだ!?)

駄文取り留めなく。

サクラ切る馬鹿 ウメ切らぬ馬鹿 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ