de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'ローズゴジャール'

さんご・じゅうご


[バルスパー選手権]
3Hに渡るプレーオフの末、ついにスピースがツアー2勝目。
思えば一昨年の初勝利(ジョンディア)以来、世界ランクは常にトップ10周辺、
メジャーでもあんだけ上位に絡みつつ、ツアーでも何度も優勝に手が届きかけ・・・
まだか?なぜまだ1勝なんだ!?なんて勝手に疑問に思ったりもしてたけど、
でもまだ21歳なんすよね。いやはや。すげーです。
・・と考えて尚更あの落ち着いた雰囲気(やや老けた風貌?)がミスマッチに映ったりもして。
なんて大きなお世話はともかく、見事な優勝でありました。
世界ランクも自己最高位の6位へ。

2位にはショーン・オヘアとパトリック・リード。
ちなみにリードの初優勝も一昨年のウィンダム選手権。
奇しくもこの時もジョーダン・スピースとのP/Oだったのでした。
4位にはヘンリック・ステンソン。5位にはまたしても善戦空しくライアン・ムーア。
お見事10位Tにはビジェイ・シン。ケニー・ペリーもソニーOP以来の47位T完走でありました。

[ツワネOP]
こちらはジョージ・クッツェーが優勝。
昨年のヨハネスブルグOP以来の、こちらもツアー2勝目でありました。

・柔道部物語
高校の頃だったかヤンマガに連載されていた小林まことの漫画。
当時友人が読んでるのをちょろちょろ読ませてもらってました。
で先日。たまたま近所のTポイントなお店にひょっこり立ち寄った折、
レンタルコミックの棚を見るともなく眺めてたら偶然見つけました。
はて?この漫画。果たして最終回まで読んだだろうか。。。
と最終巻を手にとってみたらやっぱり記憶にない。
ちなみに連載は85年から91年にかけて。ってことらしいので
なんだ、実はほとんど読んじゃないんじゃないの。と今更。
(何せ大学生の時分は漫画はほとんど読んでないので)
ってわけで借りてみました。文庫版で全7巻?
ついでにde-do#2もなんとかって漫画を。。。これが12冊で計19冊。
10冊超えたら料金(単価)も変らんのだろ。と思い込んでた私。
おもむろにレジに並んだら、
「19冊ですね。。。あと1冊、あともう1冊借りてくれませんかね?」
となぜだか懇願されてしまったので適当にもう一冊追加。
計20冊になるとまた単価も変るんだそうで一週間レンタルで1080円。だったかね。
まぁとにかく「柔道部物語」です。
三四郎もマイケルもマッコイも大好きだけれど、三五十五も大好き。
(って、電撃なんとかの芸人さんとちゃいまっせ。あくまでこの漫画の主人公です)
関係ないけど、あたしゃ本を読むのが遅くてさ。。。
返却のその日までに果たして無事最終巻へたどり着けるだろうか。。。

・2勝目と言えば。。。
そう。スピースの優勝はもちろん嬉しいのだが、そこでふと思い至ったのはファウラー。
思えばこの人もツアーはまだ1勝。。なのでした。
松山英樹の2勝目とファウラーの2勝目はどっちが先なんだろう。。。
いやいや、フューリックのツアー17勝目だって早く見たいずぇー。
とか何とか詮無い妄想。
まるで関係ないけれどPGAにおける[Greens in Regulation Percentage](パーオン率)
の堂々第1位は他ならぬフューリックだったりするから凄いのだ。
(3/16現在)

・やってみたらどうなんだ!?と思ってしまったこと
手持ちのVR UT#1(ロフト15度のUSモデル)。
何度かシャフトをとっかえたりしては、どうにか使えるようにならんかー。
と色々試みたりしたけれどまるで歯は立たず。あえなく純正VooDooの80X)に戻したのです。
が。再び無駄な抵抗がムクムクと沸き立ってしまって(往生際悪いっす)
「例えばインチ伸ばしてみたらどうなるんだ?」なんて思ったりしたのでした。
バカだね。
手元になぜか余ってたシャフトエクステンダがありまして。。。
これをグリップに追加して完成したのが42.5インチの長尺UT。(そこらへんのクリーク並です)
少しはH/Sも加速してそこそこいい当たりになるんじゃないか。。。なんて思って練習場へ。
なるほど。確かにHSも多少はあがったのか、ごくたまに何発かはガシッ!といい当たり。
従来のようなドロップもせず、棒球で低弾道。飛距離もそこそこです。
でも。。でも、やっぱ無理ですわ。
長いし重いし撓らないし・・・
手元側に鉛貼ったりしてバランス変えたりもしたのだが、所詮は絶対重量と絶対硬度には
立ちはだかる術も無く。結局はまるで撓ってくれないからね、
身体を無理に止めてはただただひっかけちゃうだけ(タメは一切なし)。。。
こりゃいかん。こりゃスイング壊すよ。っていうか身体壊しちゃうから終了。あえなく退散。
無駄な抵抗は、やはり無駄すぎる抵抗に終わったのでした。。
(グリップもったいない・・・)

唐突に植物公園バラシリーズ。。
「ローズゴジャール」。フランスの御出身。

バラ[ローズゴジャール]

やや痛みかけてますがピンクに白がなかなか鮮やか。
よく見ると微妙に模様も入ってたりするのです。

さんご・じゅうご はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ