de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '大牟田'

勝手にしたのかい


夏休みの作文。の続き。

毎度の熊本空港です。今回のお出迎えは・・

井関農機。いいねー。
ちなみに井関農機さんの本社は愛媛。熊本には工場があるっす。(たぶん)

毎度の大力茶屋さん。

いつもいつもの、美味し安しの大力茶屋さん。まったくもってThanks.

で、美味し。。
と言えば「地かろ」という炭火焼の地鶏屋にも久々に行ったのでした。
(写真はないっす)
炭火の上の網を囲って、皆で焼きながら食べる。なかなか美味いのです。
(そしてなかなかに熱いのだ)
やっぱり何と言っても天草大王が美味しいけれど、わたしゃニンニク焼きも好き。
アルミに包まれ(オイルがたっぷり)、でも口内の火傷には注意。
そして、今回なぜか最も人気だったのが(我々の仲間内で)「イカ」!?
え?イカなの。イカなのさ。
何故だかイカがやたらと美味く、何皿かお代りもしてましたっけ。
詮無い話。

ってわけで、いつもの通りで此度も大半を大牟田で過ごしたのだが、
あちーこと、あちーこと。ホントにあぢかった。。
とは言え、それまで東京では、そんなに真夏的日差しを浴びることもなかったので
やや帳尻合わせにはなかったかも。

[日本女子オープン]
圧巻。
記録ずくめの大会連覇は畑岡奈紗。連覇は樋口久子以来二人目?とか言うから
いやはやいやはや。ホントびっくり。
(ってか樋口さんは四連覇と二連覇を含む全8勝)

にしても。
あんだけやることなすことすべてが上手くいったら、ゴルフってどんだけ楽しいんだろう。。
などと空しい妄想をしてしまうほどの圧巻プレーの連続でありました。
SRIXONキャップを被った褐色の肌の選手が、びっしびっしとピンをさす
(絶妙なアプローチでピンそばへ寄せ、胆なロングパットはカップに次々と吸い込まれ)
と、その様は。。
それはまるで松山英樹!?プラヤド・マークセン!?
いやいや、よく見ればそれはやっぱり畑岡奈紗(?)。
ってか、彼女って松山を1/2スケールくらいに圧縮した感じがしますよね。
しませんか。そーですか。

まぁでも。ホントにいいものを見せてもらいましたわ。
そして、そんな畑岡に劣らなかったのは小倉彩愛アマ。こちらも単独3位でお見事。
アプローチもパットも本当にすごい。素晴らしいっす。

と、そんな素晴らしづくめの今大会だったけど、2日目でしたっけ。
ちょっとだけ「?」と思ったたのは葭葉ルミのバンカー。(7ホール目の+6)
解説も戸惑ってたけど、いったいあれは何だったんでしょう。
ってか、ほんとにただ出なかった・・落とし所がシビア過ぎて・・なだけなんだろうけど、
にしてもだからと言って。
次から次へと、あんなに簡単にポンポン打つもんなんだろうか。。
初日は8位Tスタートだったし2日目も二つくらい伸ばしつつの、突然の・・
というところも含めてのゴルフなんすよねー。そう、そういうこともまったくゴルフです。

とか何とか、そんな悲喜交々のナショナルオープンは記念すべき第50回メモリアル。
第一回が・・おっと、それはつまり手動さんの生まれた年ってことか。
なるほどね、つまりわたしもそういう歳ってことですね。
あーこりゃりゃ。

まぁとにかく。本当に素晴らしいプレーの数々に心から感謝です。

[トップ杯東海クラシック]
優勝は小平智。今期は好調だったけど勝てそで勝てない歯がゆい感じ。
と思ったらやっと勝ちました。ツアー通算5勝目かな。
それより何より2位の時松隆光。今朝も「ゲームの決断~宮里道場プレミアム」で、
あの=美スインガーの=高柳愛実にレッスンしてましたっけ。
いやー、ほんとマジで彼女のスイングって美しい!!
ってな話じゃなかったです。

9位Tには今平周吾。こちらは5大会連続のトップ10入りとか?で2勝目が待たれますな。
そしてそして、中里光之介が35位Tでパチパチパチ。
今年はここまですべて予選落ちだったから本当に良かった。
ってか、この選手もいつぞやの「宮里道場」でやっぱり高柳愛実にラウンドレッスンしてたのでした。

[ウェブドットコムツアー選手権]
石川遼。
首の皮一枚で何とか予選通過はしたものの。はて、最終日はどうなりましょうか。。
頑張ってほしいっす。

[マッケイソン・ニュージーランド女子オープン]
最終ラウンドは中断してるんでしょうか。。
いつしかブルック・ヘンダーソンが首位に。そしてシャイアン・ウッズが9位Tに。
と、シャイアンと言えば、伯父さん(タイガー)はやっぱり引退しちゃうんでしょうか!?

日本人で唯一出場している上原が35位T。
このヒトえらいよねー。地味にコツコツと。気がつけばシード確保だもの。
宮里藍も引退しちゃったから来シーズンからは日本人選手は野村と二人だけ?
(畑岡がQTを通れば3人か)

夏休みじゃないけれど。。
そう言えば先日のこと。知人を案内がてら久々に深大寺へ足を延ばしたのでした。

境内にある石碑(歌碑)の一つ。清水比庵という歌人の句だそうです。

んで、こちらが深大寺そば。

さっぱりとした出汁。なかなか美味しゅうございました。
と、ふと思うのだが。。
こんだけ深大寺に行っていて、ここ(寺周辺の蕎麦屋一帯)で蕎麦を食べたのって・・・
実は初めて!?(いや、二回目かな)
というくらい全然食べてないっす。うへへへ。
まーどっちでもいいや。蕎麦は大好きです。富士そばだって大好き。どこでもOKっす。
(もちろん、うどんも大好き)

さて、ふと思きつきで勝手に試打会。
普段バッグには入れてない、つまり単なるコレクションと化してる押し入れの肥やし的クラブを
数本ひっぱりだしては、一人勝手に(孤独に)試打会してみたよ。という切なくも儚いお話。
あえて名付けて
「『勝手に試打会』したのかい(会)?」
「あーそうかい」
と言った感じ。(どんな感じだ)

まずはロングアイアンです。

変なアングルですまぬ。見辛いと思いますが。
左からタイトリスト716AP1の#4。真ん中がM2ツアーの#3(US)、右端はVaporFlyProの#4。
AP1は38.5インチでMODUS120です。ロフトは21度。
M2は、DRやFWで大ブレークしてますが、何気にアイアンもあったりします。
(これはひと世代前かな)
ちなみに、この3番。確か松山がマスターズあたりで使ってたんじゃなかろうかと思うけどうる覚え。
ロフトは18.5度。シャフトはMODUS105で38.75であわせてます。
ヴェイパーは純正のままで。MODUS120は、やはり38.75インチでロフトは21度。

って感じで軽めのM2から打ち始めたら(色々体調理由はあるもののの、にしても)
まー飛ばないったらありゃしない。
むきになって振ったら無残に引っ掛けちゃうし。いやはやっす。
どれもいっときは、ちょこちょこ打ってたりしていて(ヴェイパーは何度かラウンドでも)
もう少し上手く打ててたと思うけど、でもひっさびさに打ってみたらダメっした。でへへへ
今回は計測してないけど以前測った際はどれも190Yd弱くらい、方向もほどほどだったのですが。。は
とか何とか、空しい言い訳はともかく。

今回この中ではAP1がいっちゃん打ち易かったですかね。
引っ掛けさえ気をつければ上がり易さも実戦向き。
対してM2ツアーは(自分には)無理。ティーアップ前提なら何とか使えそうだけど、
そもそもシャフトが自分には合わない感じで・・。(って、余ってたMODUS105に思いつきで挿した自分が悪い)
ヴェイパーは以前からずっといい感じ。打感の独特さも、中弾道も、どれも好きです。

そんなこんなで、またたまに引っ張り出してはこういったロングアイアンも打ってみたいと思います。
もちろんラウンドで使うことはちょっとなさそうだけど、練習ではたまに打ってたいですわ。

そんな次回の「『勝手に試打会』したのかい」は(って、まだするのかい?)、
ウェッジあたりをお伝えできればと。

そんな次第で、夏休みの終わりはこちらの風景で。

きれいだよね。大牟田を流れる堂面川沿いをふらふらと歩いた際のもの。
夕日が溶け落ちて、なかなか素敵な景色でありました。

勝手にしたのかい はコメントを受け付けていません。

史上最大の・・・


「・・侵略」
と言ったらウルトラセブンの最終回。
「・・作戦」
とくればジョン・ウェインやヘンリー・フォンダなんかが出演していた映画。

で、それが何!?と聞かれれば、いえいえ別に何でもねーのです。。という詮無い話。
なのだけど、あえて少々大袈裟に言うならば私のゴルフキャリアにおける
「・・・ヘボゴルフ」
とでもなりましょうか。

しばしの夏季休暇と多少の仕事を兼ねて再び九州は福岡へ上陸。
東京が37度になりそう!とか言ってたあたりの日。
「37度なんてまっぴらごめんだずぇ!」
なんつってそんな日の早朝に移動したわけだけど、辿り着いた福岡南西部はまるで普通に37度。
うへ・・・
周辺の佐賀や久留米じゃ38度か39度か、それくらいだっただろうか。。
まぁにかく「暑いんですけど。。」どころじゃねーのです。暑過ぎるんですけど。。
そんな灼熱の中、バカ手動はのこのことゴルフに行っちゃったのだ。
でへへへ

此度は熊本ではなく福岡空港から。
天神は西鉄福岡駅で乗り換え・・・。乗った車両は何故かワンピース仕様でありました。

西鉄のワンピーストレイン

ワンピーストレイン?
ところでこの彼はルフィってんでしょうか。全然わかっておりませんがご容赦を。

などと、間抜けなゴルフ話のその前に。
[リオ五輪]
いやー錦織くん。残念ながらマレーには勝てませなんだ。。
今日は何とかナダルに勝ってほしいです。
で、残念と言えばやっぱりわたし的には福原愛ちゃん。
強過ぎでしょ?あの準決勝の相手は。。
てなことはともかく、団体戦は頑張ってほしいです。
伊藤美誠でしたっけ。すごいよね、この選手の爆発力は。
年齢は福原愛の一回り下とからしいから何やら時代を感じますな。。

そして男子ゴルフは最終日。まもなく最終組もスタートでしょうか。
とりあえず首位にはジャスティン・ローズで-12。(3日目終了時点)
1打差2位にはやっぱり来た来た。ヘンリック・ステンソン。
3位には日本でもお馴染(でもない!?今年のパナソニックで2位T)のマーカス・フレーザー。
4位Tにはババ・ワトソン、エミリアーノ・グリージョ。(今年は世界各地で大活躍)
そしてスウェーデンのもう一人の代表デビッド・リングマース。
スウェーデンって強いね。
今日スコアを伸ばしてるベルント・ウィスバーガーもそこらへん。
以下、イロネン、ハリントン、クーチャー、ブルディ、そして今年大活躍のカブレラ-ベロ。
ベルギーの飛ばし屋トーマス・ピーターズやキラデク・アフィバーンラトなんかも伸ばしてますな。
改めてこうやって見てみるとそれなりに妥当な!?順位に思えてちょっと不思議。
ってかやっぱし。ふだん欧州ツアーを主戦場にしてる選手たちの適応力の高さが目立ちます。
そんな中、我らが池田勇太も伸ばしていて15~6位前後。
そしてそしてやっと目覚めた!?片山晋呉は今日5つ伸ばして現在55位Tあたりでフィニッシュ。
お疲れ様でした!

と、もう過ぎ去った先週のリザルトです。
[トラベラーズ選手権]
優勝はラッセル・ノックス。ツアー2勝目は今季2勝目。
でかーいパターだね。なんて思ったらやっぱりSeeMoreのFGP(ミニ・ジャイアント)。
シーモアパターの公式HPによれば日本未発売モデルながら9月初旬には国内入荷?だそうですわ。
いいね。シーモア。
2位にはジェリー・ケリー。49歳。お見事です。
そう。お見事と言えばそりゃやっぱり5位Tのジム・フューリックでしょ。
なななな…なんと。ツアーレコードの「58」。1イーグルに10バーディー。。いやはや絶句。
石川遼の中日クラウンズ(2010年)以来、58なんてスコアはもうお目にかかれないかも!?
なんて思ってたけど、過去に「59」のPGAタイ記録をだしたフューリック自らが更新してしまいました。
ふぁっふぁっふぁ

☆ラッセル・ノックス☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.86)を参照
・Cleveland クラシックXL 9.0
・Callaway ビッグバーサ #3w 16度
・Cleveland ランチャーFL #5w 19度
・Cleveland ランチャーDST UT 20.5度
・Cleveland マッシー UT 23.0度
・SRIXON Z545 #5
・SRIXON Z745 #6~#9
・Cleveland 588RTX2.0 48度
・Cleveland 588RTX  54度/60度
・Titleist ScottyCameron ツアーラットコンセプト2
・SRIXON Z-Star

トラベラーズでのDRはテーラーメイドのM2だったと思いますが
シャフトはALDILAのTOUR BLUE65(TX)のまま。
んでパターがSeeMoreのデカ頭。短いパッティングにとってもよさげ。
うりゃ

[ポール・ローリーマッチプレー]
スコットランドで行われたこの大会。
終わってみればベスト4の3名(ノレン以外)をイングランド勢が占めました。
決勝はアンソニー・ウォールとアレクサンダー・ノレンで41歳のウォールが優勝。
これがツアー2勝目?なんと16年ぶりの勝利?だったらしいからお見事です。
3位決定戦はジェームズ・モリソンとオリバー・フィッシャー。こちらはモリソンが勝利。

[meijiカップ]
今年も舞台は札幌国際カントリークラブ(島松コース)。
いいなー。北海道に行きたい!!
んで優勝はお約束のイ・ボミ。2位にもほぼお約束のハヌル。
いやはや、圧倒的強さのお二人でございます。
3位には鈴木愛。4位Tに渡邊彩香。堀琴音が14位T。
地元北海道の小祝さくらアマは43位Tでした。

[スリーエム選手権]
こちらはチャンピオンズツアー。
ミゲル・アンヘル・ヒメネス翁とジョー・デュラントのPOはデュラントが勝利。
ランガー先生はきっちりかっちり3位T。

てな次第で「史上最大のヘボごルフ」。悲しみは深すぎます。。

久しぶりにお邪魔したのは九州ゴルフ倶楽部小岱山コース。
たぶんこの日の最高気温は38度。そりゃもう・・スタート前にして汗ぼたぼた。
悲惨な物語は出だしの1番ホールのティーショットから。
ぐだぐだ言い訳はしませんが・・・ちょっとした肉体労働を数日行った直後のラウンド。
暑さももちろんあったけど筋肉痛が思いの外に己の身体の回転を抑制してしまっていたらしく。
(って、おもっきり言い訳してますな。わたしは)
なんと2連発OB。捻転不足にまるで返ろうとしない右腕。
ドライバーショットは物の見事なド級スライスでOBゾーンが待ち受ける右の斜面へ。
さすがに3度目の暫定球は、DRを諦めて仕方なくUTを持ったわけだけど、
まさかまさかのそれすらもド級スライス。。。(あぶなくOBしそうだったけど何とか残ってた)
なんじゃこりゃ。。。何が起きてるの!?
そんな意識朦朧と焦燥とうんざりの中、どうにかあがった1番は「13」。
13ですからね、13。
その後もティーショットは曲がりっぱなしで2番も「8」なら3番も「8」。
5番かどこかで焼け石に水バーディーはとるものの時すでに遅し。
前半だけで5つかそこらボールがなくなって後半でもさらに3つ。バカ。有り得ませんわ。
そんな悲惨なヘボゴルフは終ぞ修正されることなく前半60後半61で終了。
それはそれは悲しみ深いラウンドだったわけ。とほほほ
なんじゃそりゃ。
にしてもハーフだけでフューリックの18Hよか打っちゃってるんだもん。下手過ぎです。
ってか暑過ぎ。(でも同伴者はそれなりにラウンドしてたからやっぱり言い訳にならんよね)
そんなやってられんわ的な休憩に注文したのが天ざるそば。

小岱山のランチは天ざるそば

せっかくだから「南関そうめん」でもよかったか。。なんて後から思ったりもしたのだが、
茫然自失の酸欠頭ではそういう余裕もなかったのでした。。。

そして翌日にまた行くバカ。
急遽、取引先の方からお誘いをうけて行ってきたのは司菊水ゴルフクラブ。
こちらも今年初めてです。
この日の気温も順調に36度くらい。
とは言え湿度がやや下がってたのか時折吹く風は前日よか少しだけ爽やか。
ah・・・前日みたいなことになったらどうしよう。。そんな不安がよぎるスタートでしたが。
そうしたら前日とは一変。出だしから3連続パー。4番ではバーディー。
あれれれ?何が一体どうなってんの?ってくらい普通以上にいい感じ。
これが前日の自分と同じ身体なのか!?と疑いたくなるほど意識もしっかり。
身体の捻転もきちんとできておりました。
てなことはほんの束の間でお約束のトリも打ったりするのだがどうにかこうにか前半41。
いいね、こりゃついに80台突入だー。
とか思ってのぞんだ後半。好事魔多し。またやっちゃうのだよ、この大バカは。
一転。のらりくらりとパーとダボ、パーとトリが交錯し続けて。
悲しみの最終18番。池越えを狙った3打目のUT。
それはまるで前日のようなド級のスライスでコース右端へ。あれれ・・・
探し回ったけど結局ロストボール・・・。嘘!?
終わってみれば「49」。よりによってきっちり「90」に届く「49」。
何やっとんねん。こいつ。
ってな感じで調子がいいならいいなりで、やっぱり呆れてしまう史上最大のヘボゴルフ。

そんなヘボゴルフのお伴はいつもの現地セットでございます。

此度のクラブセッティング

DR TourBURNER TP with ATTAS4U(6S) 9.5度
#2UT BURNER2008Rescue with Aldila TOURRED75HY(R) 17度
#3UT BURNER2008Rescue with GS85(S00) 19度
#5 Callaway Xhot with XP95(S200) ←ロフト23度で実質の4番として使用
#5~PW TaylorMade 200steel with GS95(S200)
AW MIZUNO MP-T5 with XP105(S200) 50度
SW VokeySM4 with NS1050(R) 58度
LW VokeySM4(US) with DG(wedge) 62度
そしてパターは
TaylorMade WHITE SMOKE IN-74

50度は本番初投入。締まった小顔は扱い易くほとんど寄せはこれ一本。
62度はおまじない。2日間で1度だけ使ったけれど当然にして恩恵はなし。。
あー、こんなしょーもないウェッジ入れてる場合じゃねーだろ。。
どうせなら43.5インチくらいの短弱DRをもう一本仕込もうぜ。なんて思いました土佐。
でへ

とか何とか。他にも色々あったりで思いがけず楽しい夏季休暇となりました。
帰りは新大牟田から新幹線で博多(から福岡空港)まで。

新大牟田駅です

考えてみたら九州新幹線って初めて。

九州新幹線のつばめです

右にかすかに写ってるのが「つばめ」。
車内はきれいな木目調でいい雰囲気。カッコ良かったです。
博多まで・・ほんの30分ほどの・・快適な旅でありました。

史上最大の・・・ はコメントを受け付けていません。

びっくりな低温


暖冬かー。
なんて言ってたらここ2週くらいはきっちり真冬。
やっぱり冬か。。と思ったらやっぱり冬でした。。
にしても、先週の雪以降ここ数日の全国各地の低温加減が凄い。
北海道ももちろんそりゃそうなんだけど西日本も大変。
(アメリカ東海岸でも大変そうだけど)
奄美大島では115年ぶりの雪?とかだったらしいからほんとにびっくり。
私が度々潜伏させてもらってる福岡県は大牟田なんかでも連日の最低気温記録を更新。。
一昨日から昨日にかけて、-7.4度、-7.2度ってことだから・・いやはやです。
(ちなみにこれまでの観測史上最低は1981年1月23日の-6.1度だったらしいです)
その影響で市内は緊急断水したそうで知人1号などもさぞ不便をされてることでしょう。
ってか。北海道とか寒冷地なら当然のことだけどまさか九州で寝る前に
水道(元栓)をとめて水を抜く・・なんてこともしないでしょうからね。

唐突だけど数日前のビオラとシクラメンとアイビー。

ビオラとシクラメンとアイビー

アイビーがなかなか渋いっす。

[アブダビ HSBC ゴルフ選手権]
欧州ツアー年初のビッグイベント。
強豪がこぞって出場するこの大会を見事制してくれちゃったのはリッキー・ファウラー!
今年はこのヒトの大躍進を勝手に願ってるので大変喜ばしいです。
欧州ツアーは昨年のスコティッシュOP以来の2勝目。世界ランクも4位へ浮上。
1打差2位にはトーマス・ピーターズ、2打差3位Tにはマキロイとステンソン。
5位Tにはルイテン、グレイス、カニザレス、マルセル・シーム、アン・ビョンフン。
そしてジョーダン・スピースもここ。アフィバーンラトは72位T。

[キャリアビルダーチャレンジ]
昨年までヒューマナチャレンジとして開催されてたこの大会。
今年からは就職サイト大手(かな?)のキャリアビルダーがメインスポンサー。
そんな大会はジェイソン・ダフナーの見事な復活勝利で幕を閉じました。
圧巻は17番。岩場(浮島グリーン淵の崖)から奇跡的な寄せ。というかあわやチップイン!?
という完璧なアプローチを披露。
大歓声の中、顔色一つ変えずに片手をちょっと上げただけのダフナーだったけど、
そんなところが相変わらずで大変よろしかったです。
にしても。岩場とは言えほんのちょっとの砂場にボールがとまったのは本当に奇跡的でした。
思えば久しぶりのダフナー・・なんて思ったらあの全米プロ制覇以来の優勝?
いっときはげっそりダイエットして(髪の毛まで切っちゃったから)
一瞬誰だかわからない風貌になってましたが、
独特な小刻みワッグルも小気味いいテンポのテークバックも、
そしてピタッと静止のフィニッシュもどれもこれもが以前のまま。
(そして見た目に幾分ふくよか目に戻ってたかも)
まぁとにかく良かった良かった。よかったです。
2位には惜しくもPOで敗れてしまったデビッド・リングマース。
3位Tにはこちらも復調気配のフィル・ミケルソンでOK。嬉しいわ。
同じく3位Tには昨年からずっと好調のケビン・ナ。何気にこの人も髪形が変わっておりました。
6位Tにはラブマーク、滅茶苦茶ぶっ飛ばすルーク・リスト。そしてアダム・ハドウィン。
岩田寛は1打及ばず3日目で予選カット。

その後もたまに食べてたりして。。。
こちらブタメンタン塩。

ブタメンたんしお

カップ蓋裏のブタメン川柳読みながらずずずっと。

川柳を読みながらずずずっと

一方こちらはブタメンしょうゆ。

ブタメンしょうゆ

こちらもカップ蓋のクイズをじっと読みつつずずずずっと。

ブタメン鏡の世界を読みながら

こりゃ美味い!!これぞベビースター!?
って感じの王道ストロングスタイルなお味でありました。
ちなみに正解は真ん中じゃねーの!?とか思いつつやっぱりずずずずっと。

にしてもこの寒さ。
に限らないけれど、ここ数年は夏だって冬だってあちらこちらで「記録的」が多発して、
その「記録的」形容の多さが、やっぱり「記録的」だよなー。
なんて詮無いことを思いつつ、やっぱり東京もなかなかに寒いっす。
ちなみに拙宅で仕事をするときなどのわたしの装備。(基本エアコンつけないで凌いでます)
上はユニクロヒートテック肌着に長袖Tシャツ。
その上にユニクロダウンジャケットを着てさらにその上にスポーツ系のパーカーを羽織り、
そして更に更に、やっぱりユニクロのダウンベスト。。
下はユニクロのタイツ、そしてユニクロのコーデュロイパンツ。
(もちろんもっとも中にはユニクロの下着をはいてます)
脚元はユニクロの普通?のソックスに、ユニクロのアンクルソックスを重ね、
そしてとどめにやっぱりユニクロの極壇ソックス!ってな有様ですわ。
ユニクロさん。Thanks a lot.

びっくりな低温 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ