de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '室蘭ゴルフ倶楽部' (Page 3)

名匠へのリスペクト


名匠へのリスペクト、略して名匠リスペクト。
カタカナにするとメイショウリスペクトで何だか松本さんの持ち馬みたい。

尊敬していても素直に尊敬してるとは言えず、
たとえ嫉妬すらしていてもやはり嫉妬してる、とも言えない。
こういう複雑にねじれてる心模様って、何となくわかりますよね。
(続く)

先だって所要で往蘭した(=室蘭に往った)。
所要と言えば何だかそれらしいけど、つまるところは雑用というか、まぁ野暮用。
ここ20年くらいを様々な側面から思い出せてしまうというガラクタたちが
実家にはまだいくつか残っていて、それらの処分可否判定が主な野暮用・・・

まぁこんなのはいつだって良かったんだけど、半ばこの用事にかこつけて
兄弟会議の場を持ちたかったってのが大きな理由。
会議なんて言うとこれまた大袈裟だけど、つまり兄弟だけで呑みたかったってこと。
各々年齢も年齢なので、「そろそろ考えておいていいこと」がちょっとだけあって
言いだしっぺは俺だったけど、自然と兄弟は同じことを思ってたようで
ごくごく自然に「そろそろ考えておいていいこと」について話をしてきました。
(場所は政寿司さん)

結論めいたものは何もなく、でも「そろそろ考えておいていいこと」は
今後我々の中でごく自然な形で話題に上り得ることであることを確認。
(タブーじゃないからね、という共同声明)
我々兄弟が、個々の利得や他の何かのため、ではない
掛け値なしでの肉親として取り組むべき恐らく最後のイベントになるだろう・・・
ことを、そっと静かに、でも少々熱く確認した次第です。
良かった良かった。
他にもいくつかあった野暮用だけど、諸般都合で取り掛かることなく今回は終り。
まぁそれも已む無し。

さてさて。上記にかこつけはしたけれどもちろんゴルフだって”きっちり”としてきやしたぜ。
へへへ

むろさんとはトーヤレイクヒル。他の知人とは室蘭ゴルフ倶楽部であーる。
どっちも死ぬほど暑くって
「おいおいおい・・・この暑さで北海道たぁ一体どんな料簡だー!」
などと、誰にぶつけていいかわからない怒りを胸に
でも楽しく汗だくでラウンドしてきたってわけ。
いやー、でも本当に本当に暑かった・・・・
特に室蘭(白鳥コース)で周った時は本当に蒸し暑くて、こっちのそれと変わらない・・・
と言うか、先入観・・・いやいや22年暮らした経験故の思いこみ・・・が強い余り
余計に暑く感じてしまったのかも知れまへんが。
(たぶん日中の最高は30度に達したのでは)

何にせよ俺の室蘭人生史上では恐らく最強の「糞暑い」9月中旬のある日、だったんだわ。
まいったまいった。
ラウンド後はぐったりして、やや脱水症状気味だったかも知れない。
しかしながら。でもゴルフ場は最高でありました。

これまで(たかだか)十数か所周った程度の俺だけど、でも間違いなくベスト3に入る
素晴らしきゴルフコースでありました。
ちなみに・・・
1位:九州ゴルフ倶楽部小岱山
2位:室蘭ゴルフ倶楽部
3位:フォレスト鳴沢
って感じだろうか。(9/20現在)

あの山坂をキャディさんとひたすら歩いて(乗用カートなし)周る18ホール。
一見複雑な(過剰な)作り込みはどこにもなさそうなんだけど、
でも自然の造形が巧みに利用されたなかなかの難コース。
まんまと名匠:井上誠一さんの手のひらの上で踊らされちゃった、ってか。

でも本当に本当に素晴らしいコースでした。
あの暑さは勘弁だけど、またいつか涼しい頃(できれば平日)に行きたいっす。
(それでも普段近所のショートコースや鳴沢の林間をちょこちょこ歩いてるお陰か、
歩いてラウンドすること自体はさほど苦しくはなかったです)

それと今回お世話になったベテランキャディさん。
色々と勉強させてもらって本当にありがとうございました。
(この倶楽部で30数年やっておられるのだそうです)

けどキャディさんの身のこなしって真面目に勉強になるよね?
特に自分がセルフで周る時のことなんぞを考えると本当に痛感します。
コース上でどうふるまうべきか、打球の追い方やポジションの記憶方法、etc

おっと、トーヤ(洞爺)も良かったですよ。もちろん。
景色も良かったしね。


すこし靄がかかっていて見辛いけど中之島(洞爺湖)が見えます。
ただ残念だったのは、俺らの前を周ってた欧米人の組にはちょっとイライラ。
とにかくのんびり、というかマイペース。
それでも自分等は慌てず我慢はできたけど、辛かったのは後続のおっさんどもが
「遅いぞ」って(俺らに対して)文句言ってくるんだもん。
前に言ってくれ、前に。って。
しゃーないじゃんね?混んでるだよって。
(温厚なむろさんが珍しく苛立ってたのが面白かった)

おっと。むろさんと言えば本邦初公開?でむろさんの写真。


これは、ガシラン(って言いますか?東室蘭のことなんだけど)駅は
西口で撮影したもの。少し滲んでて御免よ。
むろさんが「ふなや」って店に連れてってくれて、そこを出て二軒目に向かうところ。
ちなみに二軒目のスナック(中島の大津ビルのとあるスナックです)で
彼はまんまと泥酔してしまって挙句の果て俺のことを
(念のため、手動はむろさんの7~8年先輩にあたるんのだが)
「XXXちゃ~ん!」と座った眼で呼びやがるから困ったもんだ。(XXX=俺の下の名前)
って昔からそうなんだけどね。むろさんってば。ははは

まぁ何はともあれ素晴らしきお酒&ゴルフ場王国の北海道でした(主に室蘭において)。

冒頭からの(続き)
昨今の某隣国でのデモ。ニュースに映し出される映像を見ていて悲しかったね。
例え日本資本であれ、自分達(デモってる奴らの仲間かどうかはともかく自国の人)
の勤める企業をお前らがぶっ壊してどうすんだよ!って。
でもそこでハタと思った。ああやって半ばニヤニヤしながら暴れまわって
(結局は強盗略奪してるだけなんだけど)
ああ、そうか。こいつらは妬んでるだなって。
もちろん妬みの対象は日本なんだろうけど、でももう一つもっと根深い妬みがありそうだって。
それはそういう一流どころに勤めてる自国の他の連中への妬み(不満)、なんじゃないかって。
もちろん単なる想像だけど。

この10年かそこらで、他所の数十年分以上を一気にタイムトリップした国だからして
(それでいてあんな人口で、エリアごとに言葉まで違うような広大な国土で)
そりゃ今の日本じゃ絶対に理解しえない歪みがあるんだろって。
(農業戸籍と非のそれとではまるで人生が違うって何かで読んだ)

というわけで、腹立たしく不愉快極まりなかったけど+αの憐れみすら感じてしまった。
という話。
もちろん理由や背景がどうであれ単なる犯罪でしかないから。

どなたかが(中国から留学してる人だったか)こんなようなことを言って(書いて?)おられた。

日本人には想像もつかないような多くの問題が某隣国(この方の国)にはあり
一見、膨張して大国化したように見えるかも知れないが
しかし歴史もなく(建国・近代化から?)、未熟な点が多い。
政府も人民も苦しんでいる最中でありそのことをわかってほしい・・・。

と。

これが某隣国の主要な意見だとはとても思えないけど、でもこういう人も確かにいるのだね。
こういうメッセージが届くのが先なのか、日本人の(そういう事情を汲む)想像が先なのか。
俺にはよくわからないが、でもやっぱりあの映像は残念で悲しかった。
ただ。とにかく探れる道なのだとしたら、何をどう、どこから誰から探れるのかわからんが
あの映像を見て何かを感じた人なら、きっと考えてみるのもいいのかも。

 

名匠へのリスペクト はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ