de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '室蘭' (Page 5)

十分な注意を


明日の室蘭の最高気温が30度!?とは之如何に。
なんてテレビの天気予報で見たけれど(ちなみにウェザーニュースでは31度だったりもして)。。
これまずいでしょ。やばいよね。。
真面目な話、どうか十分に注意していただきたいわけです。
(と。うちの婆にも電話せねば)
一方の東京、観測史上最長の5日連続猛暑日達成(?)。明日も記録更新は確実。。
ぜんぜん嬉しくないんだけどさ。

[クイッケンローンズナショナル]
ううん..。もうちょっと伸ばしてほしかったけど。
けどOK。10位フィニッシュの石川遼。シード圏内に着実に近づきました。
でもやっぱり・・もう1つだけ伸ばしてほしかったかも。(10位の上は4位Tグループ)
まぁいいや。今週のバラクーダ選手権でまた上に食い込んでくらはい。
そんなクイッケンですが、優勝はトロイ・メリット。ウィルソンスタッフな選手です。
(ウィルソンと言えば、やはりP・ハリントンを思い出します)
2位にはファウラー。3位リングマース。そして4位Tにはローズ他6名。
主催者タイガーも盛り返して18位Tフィニッシュ。

☆トロイ・メリット☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.80)を参照
・TaylorMade R15 460 9.5
・Titleist909F2 13.5
・Wilson Staff FGツアーV4UT #3/#4
・Wilson Staff FGツアーV4 #5~PW
・Wilson Staff FGツアー 50/54/58
・Yes! Cグループ・モリーツアー
・Titleist ProV1

さすがにボールはウィルソンじゃない?ですね。
世界で一番柔らかいと評判のDX2ソフトってのを一度使ってみたい気がします。
ところでGolfStyleと言えば、最新刊(vol.82)は明日発売。日本アマ特集みたいです。

で。まったく脈絡なくってすまぬ。
最近お気に入りの3時のオヤツはこれ。

3時のおやつにカフェオーレチョコレート

カフェオーレチョコレート。
甘いけど、でもこれくらいの量だと飽きずにペロッといけちゃいます。

[マデイラ・アイランド・オープン]
優勝はループ・カコ(カッコ?)。
2位にはスコット・ヘンリー。3位アンドリュー・マッカーサー。
3月は天候不良で中止になってしまったこの大会。
その際首位発進していたヨキアムB・ハンセン?だけど今回は63位Tフィニッシュでした。

[サルタイアエナジー ポール・ローリーマッチプレー]
優勝はキラデク・アフィバーンラトでお見事。
深センインターナショナル以来の今季2勝目です。

[全英リコー女子OP]
ううん。。。ゴルフってやっぱり奥深い。
3日目、見事なパッティングを見せてくれた宮里美香だったけど。
とは言え7位Tだから十分に素晴らしいわけです。
優勝は「来るなよ・・来るなよ・・」とテレビの前でかなりの方が念じてた!?
のではなかろうかと勝手に想像しちゃったりするけど(ってか私はそう念じてました)
まぁとにかく、そう念じさせるくらいの飛びぬけた強者のインビー・パーク。
いやはや圧巻。関係ないけどこのヒトってちょっと埴輪っぽくないですかね。

[スリーエム選手権]
こちらはチャンピオンズツアー。
優勝はケニー・ペリーで意外にも今季初勝利。
2位Tにはランガー、ダンラップ、サザーランド。
5位には先日の全英を制したマルコ・ドーソン。

そして幻と消えた!?
[インドネシアPGA選手権]
ほんとは日本との共催で先週末おこわなれてるはずでした。が色々あって中止。
ううん・・・今年は共催絡みで3試合増えたはずだけど、内2試合が中止で実質は1試合増。
なかなか難しいっす。

そしてもっと脈絡なく晩御飯のおかず。

カニ玉と鮭

有り合わせの超即席ながらカニ玉が美味でありました。
両脇の鮭の切り身はいつぞや北海道から持ち帰ったもの。
思いの外脂がのっててこちらも大変美味しゅうございました。
やっぱ夏バテ防止には美味しいものを食べるのが一番だいね。

十分な注意を はコメントを受け付けていません。

室蘭だったし安田記念


室蘭にいたのでこんなタイトルに。
例年通り誰か好きな女優さかスポーツ選手の名前に+して「安田記念」。
とでもしようと思ったのだが・・・
ちなみに今年のタイトル候補は「笛木優子で安田記念」あたりを考えてました。
好きなんすわ、あのヒト。えもいわれぬ妖しさ?妖艶?ってんでしょうか。
CM見る度にドキッとしてたまらんです。
黄桜の「呑」もいいけれど、「飲んでみれば?」もいいねー。
・・・ってな話はどうでもいいや。
とにもかくにも。そんなこんなで毎度の公私入り乱れの室蘭行脚です。

のその前に。
・早来カントリークラブ

早来CCクラブハウス

お初です。
早来って地名には何となく「あのへん?」的な漠としたイメージはもってましたが
北海道民だった当時も特に来る機会もなく。。。
実際に行ってみたら千歳でも苫小牧でもなく「勇払郡」だったりしたので意外でした。
写真は駐車場から望むクラブハウス。
いやー広い。一般道沿いの門をくぐってからここに辿り着くのに先ず数キロ。
さらに駐車場も第一から第六?とかくらいまであったはずで、
とにかくそんな普通に大きい駐車場がごろごろあったりするので驚いた。
ここは以前「ANAダイヤモンドGC」と言ったそうですが詳しいことは存じませぬ。
とにかく立派。
で、立派と言えば・・・

何て広いロッカールーム

何とロッカールームの広いこと。くだらんことながらこんなことにも感動。
(ってか一々写真撮んな)

でカート寄せ。

早来CCカート寄せ気温13度

スタート直前の気温は12度。ありゃりゃ
何となく空も寒々しい色に見えませんかね。
この日は生憎の曇り(一瞬霧雨もありつつ)で時々晴れ間もあったりはしたけど。
それより何より風も強くて気温もほとんど上がらず終いで寒い寒い・・
(フロントの受付奥にはストーブが灯されてたような)
おかげで風邪ひいちゃった。。

今回まわったのは南ウィング。
の・・・はて、これは何ホール目だったでしょうか。

早来CC南ウイング何ホール目かね

ちなみに北ウィング使用は、基本キャディ付きプランとかしかなかったんじゃないか・・・
と思うけどそのへんもよくは存じませぬ。

で。この日は一人予約のプレー。GWに味をしめた?ってこともないけれど
仕事も今回は一人だったので直前に予約してのまるでお気楽なラウンド。
そして此度も偶然に同伴させてもらった方々はみな良き人々で嬉しかったです。
ほんと、楽しいんすよね。良き人々とのラウンドって。
スコアは96とか97とか。まぁ初めてのコースでもありとりあえずOKとします。
景観も美しく距離も長め。起伏にも富んでクリークや池も点在。
各種バンカーも十分に配されハザードも充実。そしてグリーンも・・
だけがこの日はちょっと残念で、たぶん前日が雨だったんじゃないかと思うけど
けっこうぼこぼこだったかも・・・です。
でもとにかく料金も安くてCPは文句なし。また温かい時に来たいっす。
そうそう。そう言えば今回ご一緒したうちお一人は関西方面の方だったのだが、
何とその方は北海道5連ちゃん?ラウンドか何かの最終日・・・(その日帰られたのかな?)
とかだったはずで、いやはや。そういう北海道でのラウンドが大好きな方もおられたりして
何だか余計に感動いたしやした。
とにもかくにも今回も一期一会?ラウンドを共にしていただいた方々に心から感謝。

ラウンド後は一路室蘭へ。いつものホテルにチェックイン。
荷物も投げ捨て(シャワーも浴びず)従兄弟1号&2号が待つ中島の居酒屋へ。
もうホント。最高に感動の再会でしたわ。
特に従兄1号とは実質35年以上ぶり?とかの再会だったはずで思い出話が咲き乱れ過ぎ(?)。
当時(幼少の頃)いろいろ良くしてもらったことに改めて御礼を述べつつ、
そして従弟2号とは先々のちょっとしたビジネス寄りの話もさせてもらったりで充実の再会となりました。

ひとしきり思い出話も出尽くしたところで中島のネオン街へ。。

中島町ネオン街

右の五番街へスルスルっとしけこんだのだが、
ここのビルは高校の頃からよく来てたのだ。。。(って何やってんだか、このくそガキ)
当時はディスコ隆盛の頃で室蘭市内にもそれなりの数のディスコパブがあったのでした。
それはともかく。その後も1号2号とは激しくカラオケで盛り上がりましたわ。
二人とも歌が上手なので何曲もハモったり・・・なんてうだうだ飲んでたらあっという間に深夜*時。
お陰で翌日早朝からの第2ラウンドが相当辛いことに。。。まぁ自業自得だけど。

【安田記念】
結局ろくに新聞も見ることなく先日書いた通り、
・リアルインパクト
・ケイアイエレガント
・ヴァンセンヌ
・ダノンシャーク
・サトノギャラント
・クラレント
のボックスで遊んでみた次第。
結果は箸にも棒にもさっぱりで残念。(勝ったのはモーリス?)
クラレントの複勝でも買っときゃよかったか。。
何にせよ東京開催も今週末で一段落。
翌週からは函館開催も始まったりするわけでいよいよ夏(梅雨!?)の到来。
ですね。

室蘭だったし安田記念 はコメントを受け付けていません。

光陰矢の如・・・過ぎて


弾丸行脚@室蘭。
雪のある室蘭はなんだか久しぶり。

昔一緒に音楽をやっていた友人と5~6年ぶり?くらいに会いました@中島の哲屋さん。
5~6年前と言えばなんだそんなものか。となるけれど、
その時はほんの一瞬、顔を合わせた程度だけのものでした。(その時も哲屋だったかも)
こんなにゆっくり語らったのはぼちぼち14~15年ぶりとか、ではなかろうか。
にしても、まるで変わってなくて嬉しかったです。
お互い五十の足音が聞こえつつある御年頃(?)だったりするけれど、
ホントに性格もまるで昔のそのままで、ってか昔よかよほど強靭に偏屈!?
化してたりして、昔からの友人としてはこんなに嬉しいことないっすよ。
色々変わっていくことの多い中で、確かにそこには昔のままの彼がいたのだ。
今でもギターやドラムなんかで慌しく講師をしているそうだけどいやはやエライ。かっこいい。
お互いいつまで変わらずにいきましょう。そしてまた会おう。

と。
そのミュージシャンの彼に会う、そのわずか1時間ほど前のこと。
やはりもっと懐かしい旧友との再会もあったりして。
昔から家も近所同士、小・中・高とずっと一緒だった友人。
高校時代は授業を抜け出してはよくコイツの家でさぼったりしたのだ。へへ
そしてなぜだか今回。ふと気が向いて、本当に思いつきで立ち寄ってみたら
なんと偶然にも在宅しておられました。
友人のおふくろさんも元気そうだった。覚えていてくれて嬉しかったです。
ほんの20分かそこらの慌しい再会だったけれど元気そうで何より。
また何れゆっくり会いましょう。

と。と。
実は再会はまだ続いたりするのでした。
そのミュージシャンの友人と別れた約1時間後。
今度はとあるパブで、やはり会うのが20年ぶり?くらいになる従弟に遭遇。
いやはや、これにはたまげましたわ。
やはりその20年前も誰かの結婚式で一瞬「お、元気?」くらいのものだったわけで。
にしても。音楽友達、幼馴染、そして幼少の頃よく遊んだ従弟。
3人合わせたら50年ぶりとかになるんじゃないのか!?(って加算してどうする)
的に懐かしさがどどどーん、と押し寄せたというそんな不思議な夜だったのだ。

ちなみに何をしに室蘭へ行ったか。と言えば。
上述の3名に会う・・・なんて予定はホントに一切なくって(どれも思いつきと偶然だけ)
ちょっとした所要のためだったのだが、まぁそれはそれとして。
とにかく生きてるとこんなこともあったりするのですね。

突然だけど知利別のホームストアっす。

知利別のホームストア

ちょっと身内の買い物の付き合いで。
いやー。ここはここでホントに何十年ぶり?
恐らくだけど、小学校のころ遠足のおやつを買いに・・・とかそれくらいが最後な気が。
まぁ四十年近くとかそれくらいぶりなことは間違いないでしょうね。
もちろん建物はその頃のものじゃないし、はたして場所も正確にここだったのか。。
ってか周辺も変わり過ぎてしまって・・・
私の子供の頃の友達は圧倒的に知利別の子たちばかりだったので
よくこの辺にも遊びに来たけれど、でも当時は社宅ばっかの頃だから
・・・もう何だか別世界の風景。
光陰矢の如し。。も度が過ぎちゃうとクラクラ目眩がしてしまいますな。

そんなこんなで久々流れでれヴー。

(148)THE SUN WILL RISE AGAIN /ラウドネス
御無沙汰のラウドネス。昨年?前作「2・0・1・2」以来約2年ぶりに出てたそうで。。。
とにかく最近入手して、此度の室蘭行脚のお供になっていただきやした。
何だかいい意味で丸くなった?てかオーソドックスになった?てか。
(もちろんタッカンは十分にタッカンであり続けてはいるけれど)
とにかく聴き易かったです。ドラムのツインバスもまったく違和感なく溶け込んじゃって。
個人的お薦めは「Never Ending Fire」と[The Metal Man]。
初期のラウドネスがほのかに香っておりますな。カッコいいっす。
それと特典DVDには高崎晃のインタビュー(曲解説)が収録されていて、
これがまたとっても楽しめます。

[ヒュマナチャレンジ]
ビル・ハースが優勝。通算6勝目。
好調マット・クーチャーってかやや残念続き?だけど今回も2位T。
石川遼はやっぱしドライバー!?が思わしくないのか・・・最終日には残れず。
フェニックスでは頑張って。

[コマーシャルバンク・カタールマスターズ]
おお!ブランデン・グレイスがまた勝っちゃったのね。
2位にはマーク・ウォーレン、3位にはベルン・ウィスバーガー。

[三菱電機選手権]
やったね!
ミゲル・アンヘル・ヒメネスがチャンピオンズツアー開幕戦を制しました。
2位にはマーク・オメーラ。3位カプルス。4位メディエイト。ランガー5位T。

僭越ながら・・・・ラーメン。
ひっさびさの感動の再会。が立て続けに起こったその反動(?)で
翌日無性にラーメン食べたくなっちゃって。。。
やはり数十年ぶりかと思うけれど「さっぽろっこ」の西口店へふらり。

北の国味噌ラーメン

北の国味噌ラーメン&半炒飯。
昔ながら!?の「あちー!!!」と「味、濃い!」っすね。
そう、これが昔から大好きだったのです。
でもやや年老いた今の身には少しキツイ!?かも。。。
でも美味かった。久々に食べれてよかったよかった。(舌は火傷しちゃったけど)

更に脈絡なく。。
TaylorMadeは[200]steelです。
いやー。いろいろ思い悩んだ挙句、結局リシャフトしてみちゃったのです。

テーラーメイド200すちーる

挿したのはtruetemperのGS95(S200)。これめちゃいいっすね。楽に上がります。
距離は・・・もともとが純正カーボンでも飛距離は出ていたクラブだけど
言ってもスチールシャフトになって、それでも以前と大差ない距離が出てる?
ってことは十分飛んでるんだろうと思います。(Comboに比べると1番手は確実に伸びた)

なんだー先調子は先調子でありかー。いいなー。なんて。でへへ
でもホントに打ち易いっす。ってかヘッドとのマッチングも良かった?
のか全然違和感はなし。
しばらくは真面目にこっちで回ってみよう。なんて思っちゃった次第。

最後にまたまたスーパーベル。

ずっと元気なスーパーベル

先日の黄色の方はほとんど花も落ちてしまったのだがこっちのピンクはまこと強い。
まーだこんなに咲いてますよ。実に逞しいヒトなのだ。

光陰矢の如・・・過ぎて はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ