de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '室蘭' (Page 9)

PINGの大ブレーク!?と[きらん室蘭入門書]なる良書


今更ながらマスターズを振り返って
・アルバトロスを決めたウーストハイゼンは凄過ぎる。(それでも負けてしまうんだ・・・)
・こつこつと追い詰めたB・ワトソンってば偉い。(大泣きの姿に感動、ピンクシャフトのドライバーが素敵)
・松山崩れちゃった・・・・

まぁそんな当り前なことを思いつつ、やっぱりマスターズってのは面白ぇなーと感慨無量。
あ、あと
・去年一押しだったS・スタリングスがしぶとく頑張って27位Tでふぃにっしゅ!!(偉い!)
っていうか、何コマかだったけどちゃんとテレビにも映ってたことに微感動。

それにしてもPING.。いつぞやの[最近のできごと]か何かにも

今年はPINGのブレイク間違いなし!(?)

なんて書いたけど、こりゃどうやら本当に凄いことになってきましたね。
将来性のある選手の先物買い?先行投資っていうのかな。
マスターズに勝利したB・ワトソン、プレーオフで負けはしたけどウーストハイゼン。
そして、H・メイハンやらL・ウェストウッドやら・・・
これらは皆PING選手(って変な言い方だけど)ですよ。
更に世界ランキングで見ても
3位・・・ウェストウッド
4位・・・ワトソン
5位・・・メイハン
19位・・・ウーストハイゼン

あと下位にもM・ウィルソン(今年のアクセンチュアマッチプレーで決勝まで残った)、
更に圧倒的な存在感のミゲル・アンヘル・ヒメネスもPINGですよね。
まぁ何にせよ、凄い。本場アメリカでの知名度等どうかは知りませんが、
少なくとも私なんぞは、「ANSER」やら「ピン型パターの元祖」くらいの印象しかなくって
(もちろんi20シリーズには心惹かれましたけど)
せいぜいがそんな程度です。
まして日本では契約選手もほとんど見かけませんが(女子は今年一気に増えましたが)
とにかく地道な供給が実を結んだとでも言うのか、見事な大あたりの年なのでしょうね。

===========================================================
話はまったく変って山水。(?)

山水電気が民事再生法適用を申請・・・受理される

なんて記事を見かけたのが何週か前。
うう・・・

知る人ぞ知る的、老舗のオーディオメーカーさんですね。
手動は大学生の頃、かなりのオーディオ好きだったこともあって何社かのメーカーで
「マネキンさん」(メーカーに派遣されて量販店なんかで売り子と化す人)やってたんすよ。

最初が、三菱電機。
AKAIってメーカーが三菱に吸収されて”A&D”なるブランドを作った頃です。
(ちなみに”D”は三菱のオーディオブランドであるダイヤトーンのD)
今は無き(無いよね?たぶん)「そうご電器」でマネキン稼業が始まって・・・
と、ここで念のため「そうご電器」についてwikiを見てみたのですが
「ピーク時の1987年には売り上げが約632億6600万円に達した。」
なる一文がございます。
そお、まさしく手動がこの稼業に手を染めた(なんだそりゃ)のがこれくらいの頃っす。
ええ、確かに活気がありましたっけ。
(ちなみに私がお世話になってたのはポールタウンだかオーロラタウンだかどっちかの地下の店舗でした)
だってコジマとかそういう本州大手量販店はまだ皆無の時代ですからね。
たかだか学生アルバイトのあっしですら、ちょっとした報奨金とかもらっちゃいましたもの。
たしか冬のボーナス商戦時期だったと思うけど、当然にして社員には売上ノルマがあって
どういう事情か知らんけど、あっしにもそれが設定されたのです。
で、わりと仕事が合ってたのかあれよあれよと私もノルマ達成。
まんまと報奨金いただいちゃったってお話です。(と言っても10万かそこらですけどね)
・・・と話が逸れましたが、
とにかくその後も、パイオニアやらソニーやら色々渡り歩いて(幸いにしてあちこち声かけてもらってたので)
ほんのちょっとだけ山水さんもお手伝いしたことがありました。
大学って生協があるでしょ?(今は知らないけど当時は電化製品なんかも普通に売ってました)
で、各社オーディオメーカーが群れをなして、年に一回か二回、各大学の生協をキャラバンするんだけど
手動が山水さんを手伝ったのもその大学生協のキャラバン隊のときです。
残念ながら期待に応えられるほどには売ることができなかったですが
(正直、ブランドの知名度的にもきつかった・・・)
社員(営業さん)の方にはとってもよくしてもらいましたっけ。
お酒にも誘ってもらったりして、すすきのの洒落たバーでおごってもらったりとか。

などと、話は迷走してるけどとにかく。
山水さんの民事再生に少々心を痛めた一人なのでございます。
っつぅか、もうこういった部屋をどーん占有するようなオーディオ機器ってもう売れないんでしょうね。
少なくとも今世代の方にはまるで無用。。。!?
何せネットからDLしてそのまま持ち運べちゃうご時世ですもんね。
手動のようなイヤホンで音楽聞くのがイヤ、みたいな人種なんて絶滅危惧種なのでしょう・・・・
(でもオーディオ専門誌ってまだ何冊か本屋に並んでたりするからやっぱ好きな人はいるんでしょうね?)

===========================================================
またまた話は変って椎名誠。というか室蘭についてです。

むろさんが【きらん室蘭入門書】なる本を送ってくれました。
なかなか読みごたえのある本で、よくまとまってるなー、と感心。

とか言って、まだ全体をぱらぱらぱらっと捲ったって程度で詳細には読んでませんが
最初に目にとまったのが椎名誠に関してのことだったのでちょっと驚きでした。
(見開きから数頁目にでてくるエピソード)

「日曜のアーケードがゴーストタウン」云々ってエッセーについてですが
(たぶん週刊文春の赤マントだったかと思うんだけど)これ、当時私も読んでたのですよ。
(というか、手動は昔からかなりの椎名誠ファンで赤マントの単行本なんかも全部持ってたりするっす)

当時それを読んだ率直なところは「まぁ、そりゃそう思うだろうよ・・・」くらいのもんで
さほど気にも留めてなかったのですが、なるほど、でもちゃんと気に留めてた地元の方が居たのですね。
いやはや、まさかこんな形で椎名誠と室蘭が関わってただなんて意外でした。

とかとか他にも興味深いエピソードやら歴史やらデータやらがたくさん載ってますが
ごく個人的に衝撃だったのが「小中学校の統廃合」なるカラーページ。
私の出身小学校ってば、あと8年かそこらすると水元と高砂と統合されちゃうらしい・・・・っす。
げげげ

ちなみに高校は数年前に既に統合されてるし、中学なんてつい数日前に統合されちゃってるから
これでとうとう私の母校たちはその当時の名を残す学校が一つもなくなるという・・・うう

まるで関係ないけど、初代の若乃花だってこの某小学校のグランドの土俵(昔あったらしいです)
で、子供と相撲とってるんだかんな!!!などと意味不明にムキになったりして。
(でも、確かに小学生のころ学校でそんな写真見せてもらった記憶がある)

あ、それと「鉄の湯」はさすがにもう存在しないってこととか、金港食品の創業のころのこととか
今さらながら理解できたりしてとっても良かったっす。
きらん出版会の皆々様にはただただ敬意を表する次第です。
素晴らしい室蘭入門書をありがとうございました。

興味のある方は恐らく下記あたりに照会すればいいのでは・・・!?

===========================================================
きらん出版会
〒050-0082 北海道室蘭市寿町2丁目3-1 株式会社日光印刷内
TEL 0143-47-8308
===========================================================

PINGの大ブレーク!?と[きらん室蘭入門書]なる良書 はコメントを受け付けていません

パルコ入口に紐解かれた曖昧な記憶の断片ども

3月 13th, 2012 Posted in 未分類 Tags: ,

むろさんが書いてくれた「パルコ入口」。いろんなことを思い出させてくれたよ。
時間軸も場所もバラバラだけど思い出すままに挙げてみるね。

みよしのって餃子屋さん。パルコのある交差点、中島湯の並びくらいにあったんだっけ。
ドラゴン(ビル)  パルコ横の細長いビル。上が模型店だったかな。
下にはニッチク?なるスポーツ店があったような・・・・
あと向い側にはペットショップなんかもあった。はず・・・・(エルム楽器はいつからあったっけ?)
それと中島入り口付近だったか、かなり昔に釣り堀なんぞがあったように思う。(なかった?)

阪神とかってゲーセン。
ずいぶん後のことだけど一瞬ロッテリアなんかもあった。
村さ来はいつも賑わってて、オーケー牧場ってのもあった?
アメリカンファム!?・・・とかってジーンズショップ。

ハッピートークって玩具屋、っていうのかほぼ雑貨?(前のソニープラザ風?)
長崎屋の上(3F?)にはソフトクリーム屋があったか。

ブルツー(ブルータス2世?)はディスコ?(パブ?)。

以上、昔の東通りから中島中心くらいにかけてだらだら思い出すがまま。。

以下、宮の森から知利別。

知利別小学校のグラウンドのはずれに羽衣湯とかって銭湯・・・はあった?
らくさん公園の横には何とか湯?(鉄の湯?ちがう?)
キンコー通り(ってさすがに今は言わない?)には金港ってお菓子の工場があって
シュークリームとか乳製品とか色々作ってて、いつもいい匂いがしてた。
寿橋方面にかけては、内山商店ってタバコ屋があって隣が高木酒店。
通りの向かいには万福?って食堂。爺さんと婆さんが頑張ってましたっけ。
名前忘れちゃったけどその”まんぷく”の並びにおもちゃや(プロモデルとか花火とか駄菓子とか)もあった。

そこから少し神社方面に向かうと上田酒店がって(今のセブンイレブンね)、向かいは梅村商店。
その向かいには糸満?とかって手芸店とか床屋もあった。
あと、かつやって食堂が工業高校の真ん前にあった。

それと、宮の森生協ね。関係ないけど宮の森パワーズって軟式野球チームもありました。

他、映画館は中央町にはたっくさんあったし中島にもあって、東町のはポルノ専門だっけ?

他他他。
中嶋神社坂下には毎年夏祭りのたび、長い長い露店が並んだっけ。母恋も御崎も輪西もどこも凄かった。

更に。もう特定の場所とか無関係に脈絡なく芋づる式に思い出す光景は下記みたいなこと・・・

授業前の教科書の貸し借りと、借りた教科書への落書き。
ジャージの貸し借り(何と不衛生な、でもそれが当時の中坊や高校生)。
授業中の折り手紙の回覧にドキドキ。
好きな女の子(女子は男の子へ)の自宅への電話。あの緊張感ったらもう。ね?
(でもそこまでして目当ての本人に繋がった時は幸せだったよね)
ちなみに手動はモテたのでもっぱら電話はもらう側でした。
あと、交換日記か。

さらに脈絡なく・・・・
小学校の頃、空が突然真っ暗になって火山灰が降ったっけ。(有珠?)
やはり小学校の頃、毎冬グラウンドに作られてたスケートリンクに授業中地震があってひびが入ったりね。

冬と言えば、あのだるまストーブの理不尽過ぎる寒暖差?不均衡?
前の席に座ったら最後、死ぬほど熱いんだもん。

あーあ、どれもこれも・・・・。か。

無知で金欠で友達とのいさかいが尽きなくて、好きな女に告白して(たまにフラれたり)・・・
ってどれもがパワーっす。若さのパワー、こういう何気ない風景を無尽蔵に取り込める強さですね。
(取り込んだものが何に繋がるか?なんてくだらない未来からの逆算とかはしなくていいからね)

って何書いてんだろうね。手動おじさんは。

でも何なんだろう、思いだし始めるとどれもがまるで「とても素晴らしい思い出ばっかり・・・」
のようなこの感じ(錯覚)は。
んなわけ絶対ないのにね。

狭い世間(と今振り返れば)でも、人はたくさんいたように思えるし、
美化された記憶は当然にして賑わってる場面だけをきちんと再編集して自分の頭の中で投影してるんだな。

郷愁。のすたるじー。いろいろ言えるよ、いまは他所者(のわたし)なら、さ。

まさにテレビニュースなんかの解説者くんよろしく、向こう側にさえ居れば(そこにさえいなければ)
ワケ知り顔で何でも言えるんだよね。
「何とかならないものでしょうか。地方の時代です!国はどう舵を切っていくのでしょうか!」
ってなんだ、そりゃ。誰だよ、あんたは。って。
って、つまりそういうアレですよ。(アレってだから何だ)

二度と見ることのない風景。だから思い出だ。どんなに精巧に再現したってやっぱり二度はない。
だって「自分が年とって」変っちゃってるんだもん。
あの時の光景を焼きつけられる「フレッシュなメモリー」を既に失ってるもんね、だから無理。
今の自分の先入観とか偏見たっぷしのこの目だったら、もう何を見たって
ああじゃなかった、こうじゃないんだよ、etc
なんて、ただケチつけてるのがオチです。

そう、自分の今の「見え方」は「他郷にあって」言えることばっかっす。
(でも室蘭はいい、北海道はやっぱしいいぞ!ってそこは心から思えるんだよ)

あ、また唐突に思いだした。
蘭東中学の校門真向かいに、お焼き(今川焼みたいな?)と、なぜだかラーメンやってるお店があったっけ・・・。

パルコ入口に紐解かれた曖昧な記憶の断片ども はコメントを受け付けていません

ハコフグが可愛い室蘭水族館


こんにちは、でどー2号です。

昨年になってしまいますが、福岡県の両親と室蘭へ旅行に行った際に、市立室蘭水族館に行きました。

市として、水族館を持っているなんて、室蘭の歴史を感じましたよ。

ちなみに、でどー2号の出身地大牟田には、大牟田動物園があります。ホワイトタイガーがいるらしいです。

展示されている魚は、北海道に生息するものが多くて、非常に興味深かったです。

ハコフグ

ハコフグ

 ハコフグが可愛かったです。うじゃうじゃしてましたよ。

「あぶらぼうず」です。水族館で見たのは初めて。深海魚なので、水族館での飼育は難しいと思います。

脂が多いので、食べ過ぎ注意です!

あぶらぼうず

あぶらぼうず

たしか、「黒ソイ」です。室蘭の市魚らしいですね。

メバルに似てます。

ソイ

ソイ

「ほっけ」のアップです。これも可愛い!
ほっけ

ほっけ

こちらは横から

ホッケ

 

タラとカレイもいました。
カレイはよーく見てくださいね。かくれてます。
 
 

カレイ

 
 

タラ

 

 
 
他にも、沢山の魚がいましたよ。(海水魚ばかり載せてしまいましたが、淡水魚もいます)
 
水族館の外では、ペンギンが行進していました。
 
ペンギン

あいにく、今の時期は開いていないみたいですが、暖かくなったら行ってみてください。

 
〒051-0036
北海道室蘭市祝津町3丁目3番12号
電話 0143-27-1638
FAX  0143-27-1639
 

開館期間

4月22日~10月10日

開館時間

9:30~16:30
   

 

入館料(消費税込み)
70歳以上

無料

大人

300円

子供(中学生まで)

無料

障害者

無料

年間パスポート

1,000円

駐車場

無料

ハコフグが可愛い室蘭水族館 はコメントを受け付けていません
supported by IT相談はインサイトアイ