de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '梅'

昨今のあれこれ(2)


昨今のあれこれ。引き続きだらだら四方山です。

先ずは美しき桜と夕日に照らされた川面(かわも)をご覧いただきましょう。

Yeah!美しい。
大牟田を流れる堂面川。川辺に沿って桜がずっと続くのです。
以前もちらっと紹介したかもだけどここは手動さんもお気に入りの景観。
知人が撮影して送ってくれました。

と。
そんな桜まっさかりの今から遡ること約一月前。いまさら梅の頃のこと。

厳冬(大寒波)の室蘭を訪れたその翌週くらいだったかに九州を訪ねたのです。
降り立ったのは毎度の熊本空港。(阿蘇くまもと空港)
到着ゲートを抜けますれば、そこで待っててくれるのは・・

毎度のホンダカーズ熊本の展示車。
ゲートを挟んだもう一方は、やはり毎度のイセキ(井関農機)のなんかがあったかと。

仕事を片づけて知人宅へ行きますれば。

そこには梅。おー。梅じゃーん。
桜も好きだけど、まだ冷え冷えしてる中での凛とした梅も好きだったりします。

ただ綺麗なだけじゃなく。
今後こいつらは見事な梅干しになってくれたりもするから何とも素晴らしいのだ。
いやはや。

性懲りもなく。変わり映えない昨今のクラブセッティング。

DR Titleist915D2 with Speeder569EVO4(5S) 10.5度
#3w RBZ Tour with ALDILA TOURRED 55S 14.5度
#3UT X2hot(US) with 純正ALDILA 19度
#4 Callaway Xhot with XP95(S200)
#5~PW VR Pro Combo with MODUS120-S
AW VokeySM4(US) with MODUS120-S 50度(バンス12)
GW VokeySM4(US) with MODUS120-S 54度(バンス11)
GW RazzleDazzle CS-01W with MODUS120-S 58度(バンス15)
T Scotty Cameron STUDIO SELECT NEWPORT2(2008年モデル)

写真の日は、九州GC(小岱山コース)での今年初ラウンド。
天気もよく気温も高め。コンディションは最高。
意気揚々と脚を伸ばしたのだったが・・
何とも終始しまりのないゴルフで2018早々の100叩き。あーあ。。

翌日も福岡サンレイクGCでの数年ぶりのラウンド。だったのだがあいにくの雨。
まぁ天気はいい。どうでもいいよ。そんな天候なんてまったく関係なくただただド下手。
本当にこの日は自分に嫌気がさしました。
いや訂正。嫌気は毎日さしておりますけれど。。
まぁとにかくこの日も100叩き。
あちょー。。

[ヤマハレディースオープン葛城]
先日の試打では大変お世話になりました。(ヤマハの試打会のこと)

んで。毎年なぜだか優勝は春の頃ばかり!?という菊地絵理香。
わたしはこの選手が大好きで大好きで、ずっと応援しております。
いまはなきゴルフの真髄?に姉の菊地明砂美と一緒に出演した時からのファン。
お、こりゃまた春の勝利だな。なんて期待してしまったけれど惜しくも2位。
うーん。残念。
優勝はアン・ソンジュ。
トップ10フィニッシュした選手の中で最終日をアンダーパーでまわったのは
このアン・ソンジュただ一人だったりするからやっぱりこのヒトはすごいのだ。おお。
ってか、なんて難しさなの?このコースってば。
と、そんなアン・ソンジュも通算25勝。永久シード(30勝)の足音が聞こえてまいりました。

[ANAインスピレーション]
おお。米女子もメジャー初戦かぁ。
なんて思えばマスターズがもうまもなくなことも思い出します。
3日目を終って首位にはパニーラ・リンドベリ(リンドバーグ?)。
だそうだけどよく知りません。
上原彩子が9位にいたりして、なんかスゲーっす。
鈴木愛も参戦してるけどこちらは76位。最終日がんばれ。

[ヒューストン・オープン]
マスターズへの最終切符がかかります。
首位にはイアン・ポールターとボウ・ホスラ―。
1打差の3位Tには、ケビン・トウェイ、ポール・ダン、グリージョなどなど。
ダンと言えば、ぱっと見が「ストリングスか!?」と見紛うほど体がガッチリ分厚くなりました。
ってか太股とかぱっつぱつです。

唐突に昨今のあれこれ。
テーラーメイドのM3から単品アイアン。

4番アイアンです。

シャフトはMODUS120Sを挿してます。
飛距離はコンスタントに180前後。わたしの力量もあり低空飛行は否めない。
自分が持ってる他の単品と比べるとAP1(716)と同等かそれ以上か。
小顔な分だけM3の方がやや好みとも言えましょうか。
惜しむらくは少々ダフリ気味。バランス出し過ぎたかなー。

ってわけで、あっという間の九州行脚。
帰りも熊本空港から。搭乗まで小腹が空いたので立ち食いそば。

この小さな=それは私にとって心落ち着くいい感じの広さの=空港は、
搭乗ゲート(保安検査)をくぐっちゃうとお店も含めて飲食スペースがほとんどない。
のです。
なのでBLUESKYが地味にやってる立ち食いそば(うどん)を通路沿いですすのだ。
ずるずる。。。

昨今のあれこれ(2) はコメントを受け付けていません。

経済政策から庶民までの道のり


いやはやホント・・・。新政権の目玉?の経済政策。20兆円でも2%でも何でもいいけど
とにかくどうせやるなら中途半端はしないで金融緩和でも公共事業投資でも
どんどんとやっていただきたい。

こないだ日経なんとか?をちら見してたらちょっと面白そうなのが載ってて
国や地方自治体などが持ってる公共データを共有財産としてインターネット上で皆が使えるよう公開して、
それで新産業育成を試みるんだとかなんとか。(本当にするのかどうかは知りませんが)
OK。いいね、是非是非に。
これまでの公共投資とは少し毛並みが違くて、つまり情報公開(自体はあるべき目標だけど)の
その過程(仕組み)を産業として活性化させるってことなんだね。(群がるよね、IT関連は)
「ビッグデータ」ってこれまた不思議なカタカナ言葉だけど、まぁつまりこれもそのトレンドの一つなのでしょう。

にしても・・・
ミヒャエル・エンデの「モモ」じゃないけれど、あちこち「灰色の男たち(時間泥棒)」が登場しちゃって目が回る。
一日中スマホをグリグリいじってるかと思えば、こういった
「旦那、ふと気づいたらデータがじゃんじゃん溜まってたりしますぜ」みたいなことに着目して
「お、こりゃ何かに使える!どうやってビジネスにしましょうか?うへへへ」という・・・
だいの大人が血眼になって
「ホントはあってもなくてもそんなに大差なさそうだけど、でも経済と産業維持のためには必要」
という、当然な摂理の元そういうことは突き進んでいくのだね。
ってな具合で、社会は大変に巧妙かつお利口な「時間貯蓄銀行」化し皆から心の余裕を
じゃんじゃんと預っちゃう(のはいいけど、いつか払い戻せるのかね!?)。
まさに「致死的退屈症」にはくれぐれ御注意を。(って私自身がまさしくそれだ、へへ)

なんてさっぱり意味不明な話を彷徨ってるけれど、このまま彷徨いまーす。
そして以下もこれまた時間泥棒的なお話。

私の知人(私同様の事業主みたいな人です)が、所謂住宅ローンを申し込んだらしいのだけど
申し込んでから回答をもらうまで、何と4週間(ほぼ一月?)もかかったんだそうな。
それもOKだって言うならまだ救われるけどね、回答は何と「NG」。あらら・・・
聞くところによると銀行からは「あれ出せ、これがない、あれはどうだ?こっちはなんだ?etc」と
次々様々な要求を繰り出されては、都度都度対応したらしいのだが、その挙句が
「おたくじゃXX年(返済期間ね)先の収入の保証がないからダメだー」だって。
ぐはははは
バカ野郎だよね。なんだそりゃ。

そりゃ貸す側の都合(審査基準)はあるわけだから、結果がNGってことにどおこおはないけれど
さりとて四週間ってどうなの?って。
当然にして最初の段階で、個人の財産から事業体としての過去数年の成績まで
すべて提示してたって言うからもし事業可能性云々が問題なんだったら、そんなのものの数日!?
でわかりそうなもんじゃないのね?

にしても、リスクとって自ら商売してる人間に「先の収入保証がないから」ってのは不思議なタームです。
とどのつまりが保証って「お勤め先」に他ならないんだろうけど、そんなことばっかし言ってるから
「とにかく大企業に勤めるのだ!」っていって、雇用のアンバランスがどんどん拡大するという。
何だかこれまたやはり時間泥棒・・・
結局そういう大手の勤め先に勤めてる人ばっかしに集中的に貸し付けちゃうのって
0.01をせいぜい0.0100001くらいにしか「拡大できない投資(融資)」って気がする・・・
この話を聞いて、改めてこの国の(特に大きな)金融機関はマズイなーって痛切に思った。
いったい誰から金預かって(他人の金だけで)商売してんだよって。ね?

と言った次第で、新政権の経済対策は
「事業主のような(必ずしも大手に勤めてる人だけではない)」
庶民の可能性をどうにか育むものであっていただきたい、と願うのであーる。

で後日談。その知人は他の地銀で同様の申し込み(提出したものはまったく先と同じ)をしたそうです。
結果はいともあっさりOKだったそうで本当に良かった良かった。
ちなみに・・・NGをもうらのに(?)四週間もの時間を費やした不思議な審査プロセスの金融機関は
所謂某メガバンクだったらしいっす。たしか[S]だか[M]だか[B]だか[C]だか・・・・そんな銀行!?

今年は咲いてほしいねー。ベランダの梅ちゃん先生(?)。

経済政策から庶民までの道のり はコメントを受け付けていません。

「馳走」の 梅磯おろし

10月 27th, 2011 Posted in 室蘭を食べる Tags: , , , , ,

ども^^ むろさん です。

馳走ネタ3連発の最後になりまーす。

あ・・・そうそう。
余談になりますが、私たち夫婦がお店に入ると何故か「お客を呼ぶ」ジンクスがあるんですw
この日、馳走に入ったときは、13時半過ぎでちょっと遅い時間だったので
1組しかお客がいなかったんですけど、私たちがお店に入って数分すると後からゾロゾロと
お客さんがやってきて7割くらい埋まりました^^
(まぁたまたまなんでしょうけどねw でもそういうシーンが何度もあるんですww)
そんな時、我々夫婦は顔を見合わせて「またお客さん呼んじゃったねぇ~」とニヤニヤしてますww

ほい。  余談はさておき、お写真紹介しますねー^^
嫁が注文した「梅磯おろし」でーす♪

梅磯おろし

写真では少々わかりにくいかと思いますが
海苔の上に梅肉を混ぜた球状の大根おろしが乗ってて、鰹節がまぶしてあります。
隣に座っている私のところまで鰹のとっても良い香りが流れてきましたよ。

一口味見させて貰った感想はねぇ・・・ 美味い!!

私、実は梅が少々苦手なんですけど、すっごく美味しいと思いました。
梅のほのかに甘い風味が、蕎麦のダシを引き立ててつつ、大根おろしによって全体的に
サッパリとした感じで美味しくいただけます。こりゃー素晴らしいアイデアですね。

嫁が食べ終わった後に、「もうちょっと・・・汁、飲ませて^^;」とお願いして
汁だけでも思いっきり堪能しちゃいましたww

そば切り 馳走」はやっぱり美味い!
完成度の高い十割蕎麦と、その蕎麦を引き立てるとっても上手なアイデアもステキです。
またそのうち期間限定の新メニューなんかも出てきそうな予感がします^^;
冬季限定で鍋焼き風の蕎麦なんてどお?(って誰に向かって言ってんだかww)

「馳走」の 梅磯おろし はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ