de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '炒飯'

例えば室蘭的炒飯。の始め方。の作り方。


過日。
「ある種、室蘭的炒飯。のすすめ。の始め方」
という不思議な妄想を書いてみて。なるほど、ホントに作ってくれたら食べたいよねー。
なんて心の底から思ってはみたけれど、まぁそんな奇特(?)なヒト(店)もあろうはずなく。。
じゃあこの炒飯・・
 室蘭的炒飯ということでここでは仮に「むろはん」とでもしますか
 (って、どっかで聞いたことのある響き)
・・を作ってもらえる仕組み?を作ってしまえたりはしまいか。
などと、更に間抜けな妄想をしてしまったもんだから致し方ねーのです。

[材料!?]
・「むろはん」を事業化したいと願うヒト、でも自分が営業するのはちょっと。。。
 けど元手(お金)はあって事業計画の策定など企業設立ができるヒト(いるか!?)
 更に若干の野心の持ち主。つまりオーナーね。
  1名
・料理、特に炒飯について腕に覚えのある方。
  1名
※もちろん上記2人が同一人物ならよりシンプルでOKっす

[レシピ]
・ちょっとした事業計画てきなものをご用意。
・若干の野心によりさっさと法人登記して運営会社設立。
 先ずは公証役場(中島にあります)と法務局・・・これは登記だけ面倒で札幌の本局。
 あとは税務署にも行くことになりますかね・・
・お店の物件探し。できればもともと飲食店だったとこが望ましい。
・設備等リース、備品等買い入れ。
・仕入れ先交渉(主に温泉水とカレーラーメンの素?)
・メニュー開発
 メインは「むろはん」。カレールーが余るだろうからカレーライスも。あとは焼鳥。。
※価格や回転率、ランニングの経費等はすべて「ちょっとした事業計画」にあるものとします
・「むろはん」を作って下さる炒飯作りの腕に覚えのある方が調理師とかならOK。
 調理師じゃなければ「食品衛生責任者」になってもらいましょう。
 (講習会を受けてもらわんといかんです)
・おっと、この腕に覚えのある方のお給料については事前にオーナーとよくよく相談の上で。
・諸官庁届け出
 保健所、収容規模により消防署、深夜にお酒も出しちゃうなら警察署。
 税務署に労基署、ハローワークに年金事務所(これらは室蘭市内だけで済むかな)
 他必要なところに届け出します。
・アルバイトも必要かな。。なんて思ったらちょっとした求人もしましょう。
 もちろん簡単なスタッフ教育は必要。調理マニュアルなども準備しておきましょう。
・営業曜日と時間等を決めてとにかくオープン!
うりゃ!

とかとかって感じで、はい。できあがり。
もちろん実際には他細々色々あるわけだけど、ざっくり考えてみたらこんな感じで
「むろはん」が誕生してくれんじゃなかろうか。なんて思ったわけだ。
まぁ儲かるかどうかは営業努力次第ってとこですが、そもそもこの「むろはん」は美味いのか・・
という根本的なところについて、それを最初に検証して下さる方が何より先ずは必要なヒト。。
だったりするのでした。
でへへ

唐突に最近調達した花です。

ジュリアンとビオラ

黄色いバラ咲きジュリアン(右)と淡い紫のビオラ。
ジュリアンってばごっついめんこいわけだ。

で、めんこいと言えば。。。
先日、連日。
高峰秀子さん(故人)の映画を立て続けに観る機会があっていとも簡単にファンになった。
私の世代はまるで「リアル」じゃないんだけど今見ても古めかしさなど微塵も感ぜられず、
その愛くるしい仕草や語りは、何とも言えずにso cute!!
それはそれは大変魅力的な女優さんであります。
ところで私は大の高橋恵子さんファンでもあり、お二人の若い頃の面影(健康的な妖艶さ?)
が何となく重なって見えたりもするのだが気のせいでしょうか。

ちなみに「高峰・・子」と聞く(または字幕でぱっと見る)と高峰三枝子さん!?
も思い出したり致します。やはり私の世代では「犬神家の一族」や「西遊記」(ではお釈迦様役?)、
あとは上原謙(加山雄三のお父上ね)と共演してた「フルムーン」のCM(国鉄ね)もしかり。。
なぞと取り留めなく思い出すけれど。とにかく秀子さんはお美しい。。
ほっかむりにもんぺ姿で、砂浜を裸足で駆けていくその姿はもう得も言われぬ・・のです。
ちなみにそんな秀子さんは函館の御出身なんだそうです。

「むろはん」じゃねーけれど。。。

ちゃちゃちゃ炒飯

残り御飯を駆使してちゃちゃちゃっと作った手動流ちゃちゃちゃ炒飯です。
どういうわけか、年に一度くらい?猛烈に炒飯が作りたくなってしまう妙な性分。。
味は(あえて自画自賛してしまうけど)なかなか美味かったです。
フィニッシュに数滴ほどたらす醤油の香ばしさがこれまたたまらんのだす。

コメントは受け付けていません。

ある種、室蘭的炒飯。のすすめ。の始め方

1月 8th, 2016 Posted in すすめ!の学問 Tags: ,

「キッチンが走る!」という番組を見てたら鳴子温泉界隈が舞台。
「源泉掛け流し炒飯!?」とかいう感じのを中華料理な方が作っておられて
それはそれはたいそう美味しそうでした。

そこで。
「むろらん(的な、・・っぽい)炒飯」なんてどうだろう。
と思ったんだから仕方がない。

[レシピ]
・「ゆめぴりか」または「きらら397」または「ななつぼし」あたりで御飯を炊く
(すんません・・・あたしゃ↑の3種しか食べたことがないので。。)
・あ、お水は。もし虎杖浜温泉あたりで飲める温泉水でもあったらそれで。
・普通に!?炒飯として炒める(・・お野菜とか調味料は地元のスーパーでそれらしいのを調達して)
・いや。。ここでカレールーなんかも混ぜてみましょう(つまりカレー炒飯だね)。。
(できればカレーラーメンを標榜してるどこか市内のラーメン屋さんからわけてもらって)
・んで、炒めの終盤に刻んだ納豆!?も和えちゃいましょう!
(できればわたしの大好きな「内藤食品」さんのがいいなー、ってか納豆とカレーって合いますよ)
・お皿に盛りつけたら、まったく別個に仕込んでおいた「室蘭やきとり」を2本くらい添えて・・
(タレだとちょっとケンカしそうだから薄めの塩がいいかな)

はい。できあがり。
なんて間抜けな妄想をしてみたよってお話。

けど、もしもどなたか(どこかのお店で)作ってくれたりしませんかね。。
作ってくれたら次回往蘭の際に食べに行くので。
でへへ

コメントは受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ