de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '練習' (Page 2)

うにゃモーメント


先だって。
「トコトンやさしい材料力学の本/久保田浪之介」(日刊工業新聞社)
という本をパラパラめくる機会がありまして。
これがまたなかなか面白く、パラパラパラパラ斜め読みいたしました。
何が面白いのか自分でもよくわからんのだがとにかく面白く、
「ほぉ」とか「はっはぁ」とか「ah」だの「oh」だの
とにかくそんな感動詞を50回くらい心で呟いた気が致します。ほぉ

片一方を固定した板があり。固定してない側から板の上に荷重を加えると
「うにゃ」っと曲がりますな。
そうすっとそのしなった部分の上面は「引張」られてる状態になって
一方でその下面では「圧縮」した状態にもなり、とにもかくにもそこはつまり
「曲げ応力」
なんていうようです。
で。
この「うにゃ」ってな部分が重要で、ここを「うにゃモーメント」・・・
なんてわけはなくって「曲げモーメント」などと申します。
詳細は省きますが(ってか私の理解じゃ適切な解説が無理)
つまりは曲げられようとするときに、外から加えられた力を受け
それに対して(例えば板なんかが)「やめろぉ~!」と抵抗してるその様、
やむを得ず、致し方なく、でも曲がってしまえるその能力が「曲げモーメント」。
なんじゃなかろうかと思いますが、まぁ適当なんですんません。

とかいうような件をパラパラしてたら、私には何故だか「心」のあり様!?
が説明されてるように読めて一層興味深かったのです。

外部から加えられた荷重・・例えば誰かが聞かせてくれる面白いこと、
例えば誰かが押しつけてくる鬱陶しいこと、etc・・
に対し心の表層?というか外側での「引張応力」がどう働いてるのかはわりと自覚的な気がするのだが、
一方の「圧縮応力」、つまり心の内側での動きというのか作用みたいなのは、
案外と無自覚的なんじゃなかろうか。と。
通常は(心中の)曲げモーメントみたいなものが受け止めてくれて、何とかできちゃってるんだけど
ある時、その抵抗バランスが変わっちゃったりして、あれれれ。。
なんてことが、私の中ではまま起きてる気が致しますわ。
うひょひょ

ちなみに「慣性モーメント」。
こちらはゴルフクラブのスペック等でよく見かけるものですが、こちらも詳しく知りまへん。
たぶん「回転しにくさ」の指標とか「回転したくないんだぁー」的な抵抗の様なんじゃなかろうか。。
(と想像してみました)

脈絡なく。
ある日の近所の練習場で。。

あらあらブルースクリーン

あららら。ブルースクリーンじゃありませんか。。
「REC CHECK GOLF」という高性能スイングチェックマシンでございます。
私は使ったことないけどde-do#2によればセルフチェックにはうってつけでかなりいいらしいっす。

うにゃモーメント はコメントを受け付けていません。

めりーます


って略しちゃいかんだろ。
って話ですがまぁともかく。

外壁塗装を終えたばかりのクリスマスケーキ by de-do#2

くりすますけーき2015

今年はアーモンドがあしらわれたチョコケーキ。
ただいま冷却中。夜寝る前に食べるわけだ。うひょ

【朝日杯JF】
エアスピネル。。ってか武豊は残念でした。
またしても・・ミルコのいけず!!なんて一瞬思ったりもしたけれど
勝利者インタビューでの彼を見てそんな思いもふきとんだ。
日本語が上手。たどたどしくもあれだけファンや周囲への感謝が表現されると
勝ってよかったね。と素直に思えます。
(というかやっぱり勝ったリオンディーズが強かった)
そんな次第で馬券は、当初の予想通りスピネルからの全流しで悲しくトリガミ。
のはずだったけど直前に日刊スポーツの調教推奨馬に
「シャドウアプローチ」
なる名を見つけて急遽スピネル-アプローチの2頭軸から三連複を5点ばかし。
お陰でどうにかちょこっと浮きました!
とは言え焼け石に霧吹きを一吹き。。そんな程度です。
まぁよかったよかった。よしよしよし。
同世代である武豊には、また来年挑戦していただきましょう。
来年こそ彼の平地G1全制覇・・
とフィル・ミケルソンのキャリアグランドスラムの達成!?
・・を願いつつ。。。良いお年を。

唐突に。
とある日。練習場へ持ち込んだクラブたち。。

最近の練習では

DRは915D3。ヘッドだけ、とある筋(?)から調達。
FWはX2hot#4wと#9w(ATTAS4Uをちょっとチップカット)。どっちも洋物。
UTはロイコレBBD506。シャフトは純正。
御贔屓Xhotの#5は実質の#4がわり。他はVRProComboたち。
ウェッジはVokeySM4の46と54となぜか62度。
USのブラックニッケルは国内モデルにはなかった(国内のブラックは60度まで?)でしょうか。

今年もこれでお終い。
【有馬記念】
◎ ラブリーデイ
○ トーセンレーヴ
▲ キタサンブラック
△ ヒットザターゲット
△ ゴールドアクター
△ ルージュバック
△ マリアライト

流し過ぎか・・・。とにかく当れ!!

めりーます はコメントを受け付けていません。

いったんもめん


一反木綿か!?

いったんもめん?

いいえ。わたしの大好きな豆腐ステーキ用のお豆腐です。
美味いんすわ、これ。

【ジャパンカップ】
枠の縦目を押さえてたので何とかトントン。。イトウさんは最下位に沈みました。
勝ったショウナンパンドラの鞍上は池添。池添と言えばいつぞや(2012年?)のJC。
オルフェーヴルの彼はジェンティルドンナに競り負けたのでしたっけ。
色々巡り巡ってるんすね。

[カシオワールドオープン]
うーん。石川遼。。途中のダボが痛かったね。なんて言っても仕方ない。
それもゴルフ。
勝ったハン・ジュンゴンはツアー3勝目で同大会2勝目。何気に高知と好相性?
1打差2位に石川遼、3位片山晋呉で4位Tには藤本佳則と永野竜太郎。
永野と言えば日本シリーズ出場が決まって良かったです。

[LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ]
優勝は申ジエ。あちゃちゃ・・・
大山志保はスコアを落としながらも単独2位。3位Tには吉田、酒井、成田。
これにて国内女子ツアーは年内の営業を終了。

[アルフレッドダンヒル選手権]
最終日が始まったばかり。3日目終了時点で首位にはシャール・シュワーツェル。
2位Tにはベンジャミン・エベールとセバスチャン・グロスの仏勢。
仏人選手の出場が多いのはお国(歴史)柄なんでしょうか。
5位Tにはルイテン、9位Tにはブランデン・グレイス。

[いわさき白露シニアゴルフトーナメント]
優勝は陳志忠。2位米山剛。3位Tには倉本会長とルアンキット。会長、連覇ならず。
前大会でやっぱり賞金王を決めていた室田さんが6位T。
「ゴルフの決断(宮里道場プレミアム)」で何やら不思議な(とっても真っ当な)!?
技術論を熱く語ってる渡辺司は35位T。
ゴルフ侍では、侍と壮絶な激闘を繰り広げ(て敗れてしまっ)た横山明仁・・
は出てないのか。
にしても、すんごい侍さんでありましたな。いやはや。

[エミレーツ オーストラリアオープン]
こちらワンアジアツアー。優勝は自国のマット・ジョーンズ。
2位Tにはやはり地元のアダム・スコット。そしてジョーダン・スピース

とそういうわけで。
ひさびさに練習場へ行ってまいりました。連日。
初日は何を打ってもひっかけちゃってホントにホントにうんざり。。
特にFWは重症で何をどうあがいても手前でだふりまくってドうんざり。
トホホ
んで2日目。めげずにまた行きました。
練習前の待合室。マガジンラックにあった週刊パーゴルフを手にとってパラパラと。
と、そしたら片山晋呉のスイングのページで目がとまり。
何やら最近彼は腰痛対策等々のため「ほぼノーコック」にしてるんだそうで
(言われてみればそんな感じですね、井戸木さん風ってか笠りつ子風ってのか)
なるほど。。その記事を見て「これ、いいかもね」と早速練習場でトライ。
そろーりと上げて肘をできるだけ伸ばし、胸が真後ろ向くぐらいテークバック。
リストはほぼコックはせず、高い位置から一気に解放する感じで振りぬくと
「あららーーー」と自分でもびっくり。(自分なりにだけど)エライ飛びました。
ダフリもなく心地よいミート。打球は高くそしてほぼストレート。
引きつけ過ぎるとすんごい左に行くけどとりあえず方向は無視ね。
とにかく自分の打球があんなに高く舞い上がったのは一体何年振りに見たことか。。
としみじみ考えてみて、もう随分長く球が上がってなかった気が致します。
いつしか少し横ぶりし過ぎちゃってたのね。。なんて反省しつつ
あまりに心地よいから300球くらい打ってしまって、そしたら背中痛。。
でもそれすら「背筋使えてる証拠ってことでOK」と勝手に自己満足した次第。
スコアに繋がれ!!

そんな練習場で。。

KUROKAGE_XM

安く入手したKUROKAGEのXM(SR)を余ってたTourBURNER TPのヘッドに。
わたしには少々ハード・・と言えなくもないけど、まぁ何とか打ててます。

いったんもめん はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ