de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '練習' (Page 7)

こっちであっちを見てみると


じゃま。。
だなんて言いがかりもたいがいにしろ!ってな話。
いえいえスミマセン、すべては私の毎度のヘボ予想のせいでございます。。

【フェブラリーS】
昨日行われたわけですがグレープブランデー。余りに人気無さ過ぎでしょ。
ってんでこの人の単複と、素直にコパノリッキー/ベストウォーリアの2頭軸で
三連単流ししてみたのだが。。。
まんまと2着にインカンテーションが割って入ってくれて。Oh,my….。じゃま。
このパターン多いのよね。1着、3着、4着とか。トホ
内田は好きなジョッキーなのだが、最近はどうにも影が薄くて(?)
買いそびれちゃうんだよね。。反省。

ってなわけで先週は何やかにやとばたばたばた。慌しく。
寒中都心外れのお仕事があったり接待があったり、そして毎度の福岡往復もあったりで。

・福岡から見る小樽からの中継
そんなわけで先週後半から九州へ。平日は仕事。そして今年初ラウンド。
週末はちょっと時間もあったので潜伏先付近(?)のケイ・エスゴルフガーデンでひっさびさ打ちっぱなし。
ケイ・エス・ゴルフガーデンは大牟田市草木の住宅街にある練習場です。
そんなケイ・エスさんでは。たまたまHONMAが試打会をやっていてけっこうな賑わいでありました。
が。なんてことには目もくれず、わたしはひっそり数十球ほど打って(悲嘆にくれて)早々に退散。
知人1号宅へ立ち寄りまったりお昼寝。うとうと。
テレビには「まっさん」御夫婦の玉山鉄二とシャーロットが登場。(土曜スタジオパーク?)
素の米人であるところのシャーロットはそれはそれで素敵な方でありました。
玉山鉄二もかっこいい。ホントいい雰囲気です。
ただ、どういうわけか(あの髪型と口ひげのせい?)私の脳内では稲川淳二がインスパイアされて。。
わたしの個人的視覚系神経の問題でありましょう。
まぁそれはともかく、番組では小樽や余市のネタもちりばめられ(小樽商科大学も映し出されたりして)
「うーん、北海道。いいね。。。」なんて見てたけど
「そうか。ここ(私が昼寝してるそこ)は福岡で九州なのか。なんだか不思議。。」
なんて思ったような思わなかったような。
そうこうしてたら、いつの間にかこの家の主のアメショーが現れて、
私が昼寝してる布団の中に入ってきて、横で寝息を立て始めたので何だかこれまた不思議な。。。
別段私への友情とかそんなじゃなく、その一室の布団は普段は家人たちがつかうものだから
この猫翁も自然に利用するってだけのことであります。
にしても、しばしの猫の添い寝とテレビの向こうの小樽とで頭の中がほわほわほわっとしちゃったのだ。

先週は。
[タイランドクラシック]
優勝はアンドリュー・ドットさん。という豪人。
T・ジェイディーは2位Tキープ。4位Tにもキラデク・アフィバーンラトで地元勢面目躍如。
ヒメネス翁は7位T。川村と小田は揃って69位Tフィニッシュ。

[ジ・エースグループ クラシック]
こちらチャンピオンズツアー。リー・ジャンセンが優勝。(P/Oはバート・ブライアントと)
ランガーは残念ながら棄権。

【京都記念】
○ ラブリーデイ
△ スズカデヴィアス
縦目をひろって喜んだのも束の間。そんなに配当はつかなくってあらら。。。

【共同通信杯】
◎ ドゥラメンテ ←2着!
○ アンビシャス ←3着!
△ アヴニールマルシェ ←5着!
△ ミュゼエイリアン ←4着!
△ ソールインパクト
という毎度の悲しいパターン。。。

[AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ]
B・スネデカーが久々の優勝。やっと復活してくれて私も嬉しいっす。
2位にはワトニー。3位にベルジャン。フューリックは今回も善戦空しく7位T。

で今週。
[Hero インドオープン]
引き続き欧州アジア共催。優勝はこないだ初優勝したばっかのアニルバン・ラヒリ。
すごい。開催国選手の優勝だなんて。ちなみに2位にもインドの選手。
マーカス・フレイザー、プラヤド・マークセンなどが3位T。
今週も出場していたヒメネス翁は45位T。元気です。。。

[ノーザントラストオープン]
プレーオフを制したのはジェームス・ハーン。(P・ケーシー、D・ジョンソン2位T)
そういえばダスティン・ジョンソンっていつの間にか復帰しておりました。
松山は猛追するも4位T。ガルシア、スピース、ブラッドリーも同じく4位T。
そういえば12位Tにはビジェイ・シン。ヒメネス同様、レギュラーでも全然やれちゃってますね。
14位Tにはこれまたフューリックで立派。とにかく上にいますわ。
先週優勝したスネデカーはありゃりゃっとブービー74位。
石川遼は2日目で・・・・・。また頑張って。

[ISPSハンダ女子オーストラリアオープン]
おお。また勝っちゃった。。。。コ。
呆れるほどに強い。さすがは世界一ムスメ。
宮里美香は今回も大健闘の12位T。
宮里藍、上原彩子、シャイアン・ウッズなどが44位Tフィニッシュ。

で、今年の初ラウンドです。
毎度お世話になっている、九州ゴルフ倶楽部は小岱山コースへ。
いい天気でしたー。ホントに。本当に「天気だけ」は最高で。。。
今年は100だけは打つまい。と決心だけは固かったのだけど初っ端から打ち砕かれた次第で。
でへぇ
まぁ反省材料は多々あるわけですが、特に何も無くても素ダボ連発だったりするので
つまりやっぱり下手なだけ。。。ってお話。(OBも2発ほどやっちまいましたが)
あ、そうそう。一つだけ良かったのはコースで初使いのアイアン。
正確にはGS95に挿換えてから初めての200steelアイアンです。
これ、なかなかいい感じ。練習場で慣らした通り縦距離もそこそこ合ってくれて使い易かった。
OK。
まぁとにかく。また顔を洗って出直します。

そして、れヴー。
(149) TMN BLACK/TETSUYA KOMURO PRESENTS
ってわけで今回のお供はお懐かしい。ティーエムネットワーク様であります。
つい先日。たまたまドキュメンタリー番組(CAROLの秘密を探る!?みたいな)を見かけまして
おお、懐かしいねー。なんて思ったりしたので探し出してみました。
このBLACKの他、REDとBLUEってのがありまして。
BLACKはシングルコレクション。大好きな曲ばかり。
[SELF CONTROL][一途な恋][WILD HEAVEN][KISS YOU][LOVE TRAIN]等等。
珠玉の名曲ばかりですが中でもお気に入りが[THE POINT OF LOVERS’NIGHT]。
いいっす。最高です。一体カラオケで何十回歌ったことか。
ってなことはどうでもよくて、御存知[GET WILD]ももちろん収録されております。

(150) TMN RED/TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS
一方こちらはリミックスばっかのダンスコレクション。
正直なとこ、なかなかリミックス版が原曲よりかかっこいい。。。
みたいなことにはお目にかかれん(聴かれん)ものでして。
それはともかく。リミックスでさえなければ(つまり当初オリジナルなら)
[Don’t Let Me Cry] (一千一秒物語)

[Spanish Blue] (遙か君を離れて)
が大好き。どちらも名曲です。
ちなみにTMといえば[Get Wild](シティ・ハンター主題歌?)のヒットが大きく
それに続く[HUMANSYSTEM]のヒット以降でメジャー級になるわけですが
私の中ではそれ以前の。。特に[Self Control](87年発売4枚目のアルバム)が
とってもとってもお気に入りだったりするわけです。
(もちろん[HUMANSYSTEM]以降も好きでほとんど聞いてましたけど)
そんな次第で上記の2曲は本当に思い入れの深い曲だったりするのです。

ついで!?
(151) TMN BLUE/NAOTO KINE PRESENTS
はバラードベストです。(今回のお伴に連れ出しはしなかったけど持ってはいます)
一応念のため。

で、木根尚登と言えば。いつぞや関東ローカルの番組に木根尚登が出てたことがありまして。
その番組は小室等がパーソナリティーをしてたのだけど、
そのことからして恐らくフォークミュージシャン系の番組?とかなんじゃなかろうか。
なんて思ったりしたのだが、何せ見たのはホントにその放送の時だけ偶然見ただけなので
確かなところはわかりまへん。
だから木根尚登がそこでアコギを弾いて歌ってたりしても全然違和感なし。
ってかむしろ自然に見えたりしましたが、まぁこの人は何となく基本はそっち系の方!?
なんじゃなかろうか。なんて勝手に思ったりもしてたわけですが。
(僕はエレキが弾けない?下手!?みたいなことを本人が言ってたような気もします)
それはともかく。その番組の中で、若かりし頃の宇都宮隆との思い出に触れるところがあって、
「学生時代(中学?高校?)に彼がよくうちに遊びにきていて、
どういうわけかうちのお袋が作るカレーライスが大好きで。。
いつも「(木根くんの)母ちゃんの作るカレーは美味いね」って。。。」
「なんてことのない、普通のカレーなんすけどね。。。なんか良かったんでしょうね。」
なんてエピソードに触れていてとても微笑ましかったです。
それだけ。

唐突に。こちら梅。

梅満開

見事満開。
幸い私が滞在してた数日は気温も高めで一気に咲いてくれたのであります。

こっちであっちを見てみると はコメントを受け付けていません。

光陰矢の如・・・過ぎて


弾丸行脚@室蘭。
雪のある室蘭はなんだか久しぶり。

昔一緒に音楽をやっていた友人と5~6年ぶり?くらいに会いました@中島の哲屋さん。
5~6年前と言えばなんだそんなものか。となるけれど、
その時はほんの一瞬、顔を合わせた程度だけのものでした。(その時も哲屋だったかも)
こんなにゆっくり語らったのはぼちぼち14~15年ぶりとか、ではなかろうか。
にしても、まるで変わってなくて嬉しかったです。
お互い五十の足音が聞こえつつある御年頃(?)だったりするけれど、
ホントに性格もまるで昔のそのままで、ってか昔よかよほど強靭に偏屈!?
化してたりして、昔からの友人としてはこんなに嬉しいことないっすよ。
色々変わっていくことの多い中で、確かにそこには昔のままの彼がいたのだ。
今でもギターやドラムなんかで慌しく講師をしているそうだけどいやはやエライ。かっこいい。
お互いいつまで変わらずにいきましょう。そしてまた会おう。

と。
そのミュージシャンの彼に会う、そのわずか1時間ほど前のこと。
やはりもっと懐かしい旧友との再会もあったりして。
昔から家も近所同士、小・中・高とずっと一緒だった友人。
高校時代は授業を抜け出してはよくコイツの家でさぼったりしたのだ。へへ
そしてなぜだか今回。ふと気が向いて、本当に思いつきで立ち寄ってみたら
なんと偶然にも在宅しておられました。
友人のおふくろさんも元気そうだった。覚えていてくれて嬉しかったです。
ほんの20分かそこらの慌しい再会だったけれど元気そうで何より。
また何れゆっくり会いましょう。

と。と。
実は再会はまだ続いたりするのでした。
そのミュージシャンの友人と別れた約1時間後。
今度はとあるパブで、やはり会うのが20年ぶり?くらいになる従弟に遭遇。
いやはや、これにはたまげましたわ。
やはりその20年前も誰かの結婚式で一瞬「お、元気?」くらいのものだったわけで。
にしても。音楽友達、幼馴染、そして幼少の頃よく遊んだ従弟。
3人合わせたら50年ぶりとかになるんじゃないのか!?(って加算してどうする)
的に懐かしさがどどどーん、と押し寄せたというそんな不思議な夜だったのだ。

ちなみに何をしに室蘭へ行ったか。と言えば。
上述の3名に会う・・・なんて予定はホントに一切なくって(どれも思いつきと偶然だけ)
ちょっとした所要のためだったのだが、まぁそれはそれとして。
とにかく生きてるとこんなこともあったりするのですね。

突然だけど知利別のホームストアっす。

知利別のホームストア

ちょっと身内の買い物の付き合いで。
いやー。ここはここでホントに何十年ぶり?
恐らくだけど、小学校のころ遠足のおやつを買いに・・・とかそれくらいが最後な気が。
まぁ四十年近くとかそれくらいぶりなことは間違いないでしょうね。
もちろん建物はその頃のものじゃないし、はたして場所も正確にここだったのか。。
ってか周辺も変わり過ぎてしまって・・・
私の子供の頃の友達は圧倒的に知利別の子たちばかりだったので
よくこの辺にも遊びに来たけれど、でも当時は社宅ばっかの頃だから
・・・もう何だか別世界の風景。
光陰矢の如し。。も度が過ぎちゃうとクラクラ目眩がしてしまいますな。

そんなこんなで久々流れでれヴー。

(148)THE SUN WILL RISE AGAIN /ラウドネス
御無沙汰のラウドネス。昨年?前作「2・0・1・2」以来約2年ぶりに出てたそうで。。。
とにかく最近入手して、此度の室蘭行脚のお供になっていただきやした。
何だかいい意味で丸くなった?てかオーソドックスになった?てか。
(もちろんタッカンは十分にタッカンであり続けてはいるけれど)
とにかく聴き易かったです。ドラムのツインバスもまったく違和感なく溶け込んじゃって。
個人的お薦めは「Never Ending Fire」と[The Metal Man]。
初期のラウドネスがほのかに香っておりますな。カッコいいっす。
それと特典DVDには高崎晃のインタビュー(曲解説)が収録されていて、
これがまたとっても楽しめます。

[ヒュマナチャレンジ]
ビル・ハースが優勝。通算6勝目。
好調マット・クーチャーってかやや残念続き?だけど今回も2位T。
石川遼はやっぱしドライバー!?が思わしくないのか・・・最終日には残れず。
フェニックスでは頑張って。

[コマーシャルバンク・カタールマスターズ]
おお!ブランデン・グレイスがまた勝っちゃったのね。
2位にはマーク・ウォーレン、3位にはベルン・ウィスバーガー。

[三菱電機選手権]
やったね!
ミゲル・アンヘル・ヒメネスがチャンピオンズツアー開幕戦を制しました。
2位にはマーク・オメーラ。3位カプルス。4位メディエイト。ランガー5位T。

僭越ながら・・・・ラーメン。
ひっさびさの感動の再会。が立て続けに起こったその反動(?)で
翌日無性にラーメン食べたくなっちゃって。。。
やはり数十年ぶりかと思うけれど「さっぽろっこ」の西口店へふらり。

北の国味噌ラーメン

北の国味噌ラーメン&半炒飯。
昔ながら!?の「あちー!!!」と「味、濃い!」っすね。
そう、これが昔から大好きだったのです。
でもやや年老いた今の身には少しキツイ!?かも。。。
でも美味かった。久々に食べれてよかったよかった。(舌は火傷しちゃったけど)

更に脈絡なく。。
TaylorMadeは[200]steelです。
いやー。いろいろ思い悩んだ挙句、結局リシャフトしてみちゃったのです。

テーラーメイド200すちーる

挿したのはtruetemperのGS95(S200)。これめちゃいいっすね。楽に上がります。
距離は・・・もともとが純正カーボンでも飛距離は出ていたクラブだけど
言ってもスチールシャフトになって、それでも以前と大差ない距離が出てる?
ってことは十分飛んでるんだろうと思います。(Comboに比べると1番手は確実に伸びた)

なんだー先調子は先調子でありかー。いいなー。なんて。でへへ
でもホントに打ち易いっす。ってかヘッドとのマッチングも良かった?
のか全然違和感はなし。
しばらくは真面目にこっちで回ってみよう。なんて思っちゃった次第。

最後にまたまたスーパーベル。

ずっと元気なスーパーベル

先日の黄色の方はほとんど花も落ちてしまったのだがこっちのピンクはまこと強い。
まーだこんなに咲いてますよ。実に逞しいヒトなのだ。

光陰矢の如・・・過ぎて はコメントを受け付けていません。

辿り着いたのは・・・

1月 6th, 2015 Posted in 未分類 Tags: , , , , , ,

「ナンシー関のいた17年」
というようなドラマがいつぞやありまして、つい見入ったのだ。
この人は若くして亡くなったけれど、存命中は多数の雑誌にコラム等を執筆されていて、
私も友人が買う週刊文春では、この人と赤マント(椎名誠)だけは欠かさず読ませてもらってました。
タレントの似顔絵(消しゴム版画)に、一言添えてるあの画風が何ともシュールでいい感じ。
コラムは辛口?というより、どれも的を得たものばかりで毎度毎度得心したものです。
ドラマでは安藤なつ?というタレント(お笑いの人?)が演じていたのだが、
実在したナンシー関はほとんど見た記憶がないけれど、たぶん実物もこんな風なんだろう。
と想像させてくれる何とも絶妙な嵌り役でありました。
妹役の新山千春もいい感じに老けていて(いい意味で)これまた実にいい雰囲気を醸してたっけ。
青森弁がえらい上手いなー、と思ったら、この人はまさに青森の御出身なのだそうで。これまた得心。

今年自室から見た初めての日の出。元旦ではないけれど。

実質の初日の出

・ATTAS4U
のリユースについて、D201から引っこ抜いて以来あれこれ悩んでいたのですが。
ふとした思いつきから910D/F用(Dなら913、915もOK)のスリーブを調達。
毎度の工房さんで装着してもらいました。
913に4Uとは、これまた発売当時のレギュラーカスタムシャフトだったりするのだが
何せこちらは5Sだったりするからね。ありそうで案外無い?
元々はヤマハに挿してたものだから長さも微妙に長く(今回もカットはせず装着だけ)
いつかのVRドライバー&MotoreVC同様、ぱっと見は「ある」のだが実は「ない」。
というそんな組み合わせ。
で先日。915DのカスタムであるSpeederEVOを挿してた913D2の頭に
このATTASを挿して練習場で打ってみた。。。

ATTAS再利用

「いい。」には「いい。」のだがやや軽軟?な感じもしまして。
4U独特なダブルキック調子は、上手く嵌ると距離が出るのだけど昨今の私には少々。。。
軽軟でやや打点がばらけたけれど、むしろ「力まずに振れ」と戒められてる?
(そすうるとバビューンと飛んでくれる)・・・のように思ったりもして。
まぁ冬場にはいいかもね。
です。

・コバちゃん兄弟
米ものCovert2.0 forgedの#4を調達し、その後しばし放置してたのだが。
ちょっとした偶然から兄?の#3も加わりました。という話。

米ものコバート

これを機に再び練習場へお連れしてみたら、これがまたいい感じで。
昨今はMODUS慣れしたこともあって950は少々軽く微妙な違和感もあったりするのだが
(でも、この950独特の、中折れ感!?というのか調子もやっぱりいいのです)
でも、今回これら兄弟を振ってみたら何だか「まるでユーティリティか?」的なフィーリングで
やはりバビューンとすっ飛んでくれたので爽快です。
普段のComboに比べるとやや重心距離は長めでそこらへんの違いは意識せざるを得ないけど
でも長めの番手なら全然OK。
#3はともかく、#4の方は暖かくなったらまた本番で使ってみようかな。なんて思ってます。

ところでその#3。
最近はややクラブ漁りも食傷気味?だったりするから滅多に中古サイトとかも見なくなったのだが。
もちろんギアはギアで実用性とはまたちょっと違うところにある「趣味」なので
常に興味津々なのですが。
先ずは何より、もういい加減スコアを何とかしたい!!
と言う方に相当量の意識は集中している昨今。いやはや。

そう。ここで唐突に思い出したのは玉川カルテット。の小さい人。
「♪ 金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい・・・」
のあの一節。
って知ってますかね?(古過ぎますか)
まぁとにかく、さしずめ私の方は「あたしゃも少しスコアを縮めたーい♪」なのだ。

それはともかく、とにかく久々にちらっとその手のサイトを覗いて見てたら、
偶然この人が掲載されていて驚いた。「・・・!?」。
そんなこんなで衝動は抑えきれず2秒後にはカートに入れてた次第です。

ちなみに「・・・!?」のその心は、
「おお、わざわざ輸入物の単品を取り寄せて買ったんだ。。。」
のそれ。
そうか。自分以外にもいるんだなー。。的な勝手な共感!?(with微かな喜び)

正直、わざわざ新品を。とはまるで思ってなかったけれど中古でもこの値段ならいいかな。と。
(そのサイトで使えるちょっとした額のクーポンもあったりしたからなんだけど)
和ものなCovert2.0 forged(#5~のみ、#3と#4は発売なし)は未だマークダウンせず・・・
私のVRProComboの後継?VR forged ProCombo?はさっさと安くなったのにね。
・・・まもなく発売のヴェイパー以降は少しは安くなるのでしょうか。
って安くなってもわざわざ買うわけもないけれど。
少なくとも#6以下は、やっぱり頭が小さい方が下手なりにもコントロールがし易く
使い勝手もいいです。

米もの兄弟は3番と4番

球もそれなりに上がり易く。打感は好き好きなんでしょうが私は大好き。

ちょっとした所要で、近々室蘭へ行こうかと思案中。
これが春先なら強引にゴルフでも絡めて。。。となるけど生憎の真冬。
さすがの室蘭だって冬はきちんと酷寒なのだ。
夜は夜で誰かしら何処かしらで飲み食いしてると思うけど
日中は一人だと相当暇するだろうな。。。とは毎度想像するわけです。
せめてウィンズでもありゃね・・・とも思うけどそれも今は昔。
(そう言やあの跡地はどうなったのでしょうか)
私はパチンコもやらないからね。じゃあだんパラでスキー!?
ってまさか。もう何十年もスキーなんぞやってないっすから。
(って、そもそもだんパラスキー場って行ったことすらないし)
友人、知人。若かりし頃ならともかく今や連絡を取り合える仲なんて、
むろさんの他ほんの数名だけ。寂しいね。
ましてこの齢で昼間の暇つぶしに付き合ってくれる奇特な方もおらんわけで。
というわけで最後の砦に思い浮かんだのが入江ゴルフセンター!
むかーしゴルフを始めた頃に一度だけ行ったことがあるのでした。
(ラウンドするためキャディバッグごとホテルに送ってたのでちょっと行ってみた)
にしてもそれすら春のこと。そもそも雪のある中で営業ってしてるの?
と素朴な疑問から検索してみたら。。。
おお、検索結果のトップには我等が「de-do.com」が。
感動。さすがむろさん!素晴らしいね。
室蘭情報リソースのこの豊富さはかなりのものだと誇らしく思えます。

で。そのむろさんガイドによれば冬季もきちんと営業してるんだそうで。
雪の積もった打ちっぱなし風景の写真までばっちり載ってて一層の感動。
なんて、暇つぶしを考えたら辿り着いたのは「むろさん」だったという話。
やるねー。むろさん。(仕事大変そうだけど・・・)

と。。。営業してるのはありがたいけれど、肝心のクラブはどうしよう。

辿り着いたのは・・・ はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ