de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '通販'

追憶のわいオク


確かに梅雨入りしてんでしょうけどね。
でも比較的涼しい日が続いてて個人的には助かってます。
なんて油断は禁物。
雨がぽつぽつ落ち始めたら、あっという間にムムムムム。
一瞬にして蒸し暑くなってしまいました。

・百年の恋も・・・
ここにきて現在手持ちのギアに愛着がわきつつあって(って今更か!)

・・・なーんて書いてはみたけれど。
やっぱりあれこれ彷徨ってたりします。。。でへぇ
と言ってもクラブじゃなくてシャフト単品の物色。
掘り出し物のシャフトがあればFWを挿かえてみたいなぁ。。なんて。
別に換えようと換えまいと、大勢(=スコア)には何等影響はないけれど
そこはまぁ、所詮は趣味ってことなので致し方ない。

そんな彷徨いの中。ちょっと面白いものを目にしたのでした。
とあるFWのシャフトを求め[わいオク]を徘徊してたのだ。
そしたら、ある出品(目的のシャフトが挿ってるFWクラブ)の画像に目が留まり。。
「ありゃ。。。これって最近どっかで見てる。」と見覚えある画像。
しばし思案し思い出したのは[GDおー]の中古クラブコーナーにあった一本。
慌てて[GDおー]でそれを確認したらまったく同じものだった。
(ってか[わいオク]の画像は、[GDおー]のそれそのものでした)

ほほぉ。これはツワモノだ。などと思ったよ。
もしや?と思ってこの出品者の他の出品物を眺めてみれば。おお・・・
相当な数量が出品されてて、そのほとんどが[GDおー]の画像のそれでした。
いやはや、すげ・・・。
こんだけの数の画像を切り取ってそれっぽく商品説明もつけて。。。
ある意味でえらいマメ!?
なるほど。つまりこれって情報差(あるモールでそれが売られてるかを知ってるかどうか)
を利用してるってことだよね。
こういう転売で差額を稼ぐ!?みたいな話は知ってはいたけど・・・
当然にしてオークションのスタート価格は[GDおー]の中古売価よかいくらか高くなってます
にしても、でも。ここまであからさまなのにはびっくり。。
いやはや。いろんなヒトがいるもんだすな。

[全米オープン]
日を追うに従って様々賛否がとびかった@Chambers Bay。(主に否か?)
ここはパブリックコースだそうだから、一般人も回れるんでしょうけど・・
私ごとき下手糞がまわったら150は叩けそう。。ってかフェスキューでボールを何個なくすんだか・・・。
それはともかく優勝はジョーダン・スピース!!
直前まで▲予想のブランデン・グレイスの勝利を信じてたりしたのだが。
にしても凄いね。メジャー2勝目到達の早さ(若さ)はあのジーン・サラゼン以来90数年ぶりだそうです。
(サンドウェッジを考案したとか何とかで有名な伝説のゴルファー)
他にも同一年マスターズ~全米OP制覇がタイガー以来なら、
全米ジュニア・全米OPダブル制覇もやはりタイガー以来。とかとか記録づくしでいやはや恐るべし。
このコースはPGAツアーの開催すらなく(端から全米OP狙いの設営?USGAの狙いは!?)
ほとんどの選手が初経験だったみたいだけど、
そんな中スピースは5年くらい前に全米アマでラウンド経験があったそうだから、
幾ばくかのアドバンテージになったりもしたのでしょうか。。

と言ったわけで、ここはやっぱりライバル筆頭?にパトリック・リードあたりに頑張ってほしいっす。
と、そんなリードは14位Tで終戦。
2位Tのウーストハイゼン、4位Tのグレイス、7位のシュワーツェルと、何気に南ア勢が大躍進。
9位Tにはシェーン・ロウリーでOK。ローリーなマキロイもここ。
そしてジェイソン・デイも目眩と格闘しながらも何とか無事4日間完走してやっぱりここ。
松山英樹は18位T。とにかくこのコース(こんなコース!?)を4日間+3で凌いだことにひたすら感動。
えらい!どうか全英では勝っちゃっておくれ。

[ニチレイレディス]
誰が勝ったかはまぁいいです。(ってか申さんだけど)
それより何より、体調不良が伝えられていた岡本綾子が解説だったことが嬉しくて・・・(ほんとか!?)
相変らず絶妙なパッティング距離感をお持ちの鈴木愛が3位T。
伸ばせなければ伸ばせないなりに淡々。。菊地絵理香25位T。
堀琴音も同じく25位Tでよしよしよし。

未練がましく日曜の函館スプリントS。。
▲アースソニックが2着してくれちゃって・・・もうがっくし(?)。
どうせ馬券が当たってないなら予想自体もかすってない方がいいかも…です。
複勝買うかしばし迷いつつ、結局は単勝だけ買ってしまった次第。(それも200円も!)
あ~あ。。

余談。
全米オープンの声。
全米OPの地上波中継。ホールが進むにつれ各ホールの解説画像やCGが挟まれておりました。
で、その際のナレーション。の声。この声ってつまりあの「ゴルフ侍」のヒト!?
てなことを思い出して何故だかちょっと笑ってしまった。
ちなみにこのナレーターの方は佐藤政道 (さとうまさみち)さんって方らしいですが、
もっとも馴染み深いのは「GET SPORTS」でのナレーションでしょうか。いい語りっすよね。
私のしょーもないクラブセッティングについて(やはりゴルフ侍ふうに?)
このヒトにちょっとしたナレーションをつけてもらいたいかもです。

脈絡なく、既に散ったプリンセス・ドゥ・モナコちゃん。
ぼけぼけに滲んでるけど夜は夜で幻想的で綺麗だったのだ。。

夜も綺麗なモナコ6

上の翌日。こっちのは少し寝てんのかね。

夜も綺麗なモナコ7

追憶のわいオク はコメントを受け付けていません。

初優勝はColonialでどぉ!?


やったね!
[クラウンプラザ・インビテーショナル]
うひょひょ。やった!石川遼。初日首位Tスタートです@コロニアルCC。
同じ-6には石川のほか、K・ナ、B・ウィークリー、
そして地元テキサスブロンコのジョーダン・スピース(ってテリー・ファンクか!?)
の4選手。5位Tにはポールターとマクニール。

で、やったね!と言えばこちらもでした。
[全米シニアプロ選手権]
初日、倉本会長が-1で単独首位!!すげっ。第二次ポパイ時代の到来?
1打差2位Tにはコリン・モンゴメリー、バート・ブライアントなど5選手。
室田さんは7位T。羽川豊31位T。井戸木さん77位Tで2度目のメジャー制覇は厳しいか。

と、そんなチャンピオンズツアーもこの全米シニアプロがメジャー第2戦。
ありゃ!?第1戦って・・・
[リージョンズトラディション]
ってわけで先週末が米シニアのメジャー初戦。。すっかり忘れてました。
プレーオフを制しメジャー初勝利を飾ったのがジェフ・マガート。
マガートと言えばついこないだまでちょこちょこPGAでも!?と思ったら昨年からシニア入り。
デビュー戦のミシシッピ・ゴルフリゾート・クラシックではシニア転向初戦で初優勝してしまったそうだけど、
そんなマガートとPOで競り合ったのが同年代のケビン・サザーランド。
二人とも64年生まれ・・・。
ちなみに。やはり昨年のグレーターグインネット選手権で初出場・初優勝したのがヒメネス翁。
このヒトもやっぱり64年生まれだったりするわけで、
そう考えると、ふと自分の年齢もそのゾーンまでもうすぐそこ。。。
であることに少なからず目眩を覚えたりする昨今でいやはや。
ってな与太はともかく3位Tにはジェフ・ハートとジーン・サワーズ。
B・ランガー、K・ペリー、T・レーマン、M・アレンが5位Tでした。

[BMW PGA選手権]
そういえばエドアルド・モリナリが引退した!?とか何とかってホント?
どうやら手首負傷ってことらしいけど、なるほど言われてみればツワネOP以降は、
深センで失格?ボルボチャイナ、スペインOPで予選CUT
って風で調子は良くなかったのかも知れないけど、にしても引退とは。。
それはともかく2日目途中。暫定首位にはそのエドアルドの弟フランチェスコ・モリナリで-10。
ヨースト・ルイテンが同4位で初日2位につけたロバート・カールソンはこれから。
ビヨーンが同6位Tでルーク・ドナルド、Y.E.ヤンも。
シェーン・ロウリー、ブランデン・グレイス、ダブル「アレクサンダー」?のレビとノレン、
そして我らがヒメネス翁(全米シニアプロに出てないところがさすがです)などが同9位T。
注目のマキロイはこれから。初日-1で現在のところ暫定で33位T。
いやはやまことに豪華な顔ぶれ。

[中京テレビ・ブリヂストンレディス]
こっちもやったね!で穴井詩が-5で首位T。初優勝流行の昨今、是非初優勝を。
同じく首位には何だか久々な服部真夕。奇しくもお二方の地元はここ愛知県。
1打差3位Tにはイ・ボミとジョン・ジェウンで、あれ。まるで先週のほけんの窓口状態!?
他、吉田弓美子も何だか久しぶり?そして石川陽子。最近は黒髪にしたようです。
更に1打差7位Tグループには堀琴音で大変よろしいね。
もし穴井が勝てないならこのヒトに初優勝してほしいわ。

[関西OP]
2日目。片岡大育とウォンジョン・リー?が首位で-9。1打差3位Tには藤本、山下、リャン。
更に1打差6位Tには藤田寛之でやっと上にきました。岩田寛、ジュビック・パグンサンも。
深堀圭一郎が予選CUT。今季はまだ決勝に残れてないっす。。。

・ゴルフギア
大好きな大好きなゴルフギア。
いろんな通販サイトをしげしげ眺めてるだけであたしゃ幸せだよ。
と、そんな中でも特に贔屓の数ショップ。最近の通販モール事情の影響もあるようで。。。
R天やらYフーやら。少々マイナーながらでぃーNAだって。ゴルフ専門系ならGでぃーOやら何やらと。
更に中古ならゴルパ(R天にもありますが)やらドゥやらと、まぁ色々あるわけだけど、
ここにきて、R天から撤退、Yフーだけに出店するショップがあったりとか、
かと思えば両方に出店しつつも微妙に価格が違ってたり・・・等々見かけたりします。
そこらへんの業界事情は仕事柄、de-do#2が詳しいので何となく察しもつくのだが。
ワタシ自身は、R天でもYフーでもGでぃーOでもどこでもいいわけで。
いいが故にインセンティブには分かり易く反応して選んでしまいまふ。
とか何とか考えてみてこのご時世。。
なるほど、対面販売する店舗はそれはそれで大変なのかも知れません。

いやー。にしても石川遼。初優勝いっちゃってくれんかね。

初優勝はColonialでどぉ!? はコメントを受け付けていません。

一方的親近感とへし折れたシャフト。


いつぞや触れた
===========================================
ところで。実は楽しみに読んでたブログがございまして。
最近それがさっぱり更新されず少々寂しい。
その御仁(ブロガーさん)は大のキャメロンマニアのようで
「誰それはパターをキャメロンに変えるべき、そうすればもっと入る」
とかとか、そんなんがいっぱい書かれてて実に味わい深く楽しいのだ。
===========================================
とは「加齢なる挑戦!」というブログ。
昨年10月以降、更新された形跡はなく少々残念。。。

ブログ。
というのではありませんが最近は日刊スポーツのゴルフコラム
「ゴルフ体験主義」
にすっかり嵌っておりまして。(KAZさんって方の試打レビューやら様々四方山のコラム)
当初はお目当てのゴルフクラブ評価なんかが読みたくて見始めたのですが、
文章も丁寧で読みやすく(ってその道の方ですしね)、読み物としても十分に面白いので。
試打においてもけしてプロや上手い人的な(一段上から的な)目線使いもなく、
これ。とてもいいっす。

と、このコラムをあれこれ眺めてたある日のこと。
44マグナム!?のライブのことについて触れていて「え?なになに?なんで?。。。」。
興味は否が応にもたかまって、そもそもこのコラムの最初の頃ってどうだったんの?
ってんで2006年は9月のバックナンバーまで遡ったら大いに得心(?)。
「ゴルフバカができるまで」というコラムの中で、
ラウドネスの「樋口さんに勝ちたくて・・・」のようなことに触れていて
それで本格的に嵌ったんだそうです。
(故・樋口宗孝=ひぐっつぁん。大のゴルフ好きでかなりの腕前だった、とは何となく知ってましたが)

なるほどなるほど。そうなのか。
詳しい背景は知る由もないけど、日刊スポーツってラウドネスのイベントとかの
協賛やら後援やらをずっとしてますもんね。
私自身、日刊スポーツは長くて今でこそ競馬欄を見るのに土日買うくらいだけど、
以前は新日本プロレスや格闘技欄なんかもマメにチェックしてたからほぼ毎日読んでたのです。
そんな次第でたまに日刊スポーツを読んでると、ラウドネスのコンサートのチケット先行発売?
みたいな告知が載ってたり、アルバム発表に際しての特集なんかも載ってたので
なんだかよくわからないうちに
「日刊スポーツ=ラウドネス(=競馬?=新日本プロレス?)」
という奇妙なリンクが脳内に貼りついてたわけだ。

改めて「ゴルフ体験主義 ラウドネス」でググったら、もう随分とたくさん書かれてるのでした。
過去記事ではあるけれどこれからじっくり読破したいと思います。

で。これらコラムを書かれてる日刊スポーツのKAZさんって方。
寄寓なことに世代も完全一致してたりして、KAZさん自ら
「いわゆる、最後のバブルっ子ですね。入社当初は、ハッキリ言って
 「ゴルフはオヤジのスポーツ」だと思っていました」
などと書かれてますが、この一文には猛烈な(至極勝手な)親近感を抱かざるを得なかった。です。
などと一方的親近感まで喚起させてますがこれからも楽しみに拝見したいと存じます。

KAZ繋がり?じゃないけど「キング」の方のカズ様。
47歳になったんすね。。。まだまだバリバリの現役です。
葛西のメダルについて聞かれて「レジェンド会でも作りますか!」みたいなことを言ってたけど
これからも長く活躍してほしいっす。

そんなレジェンド流行りの昨今だけど
[HSBC女子チャンピオンズ]
初日。先日勝利したK・ウェブが単独首位。いいっすね、レジェンド!?
P・クリーマーが2位T。今シーズンから日本を主戦場にする申智え39位T。
上原、宮里美香・藍は43位T。
申さん、既に米ツアーのシードは辞退してるそうです。
移動距離の少なさ、三日間競技がほとんど、自国に近い・・・等の理由らしいけど
何にせよ日本人選手の一層の活躍に期待するのみっす。

[ホンダクラシック]
やっと役者がそろい踏み!?ウッズ、ミケちゃん、スコットなど世界トップ10中8人が出場。
加えて石川遼、松山英樹だって。こりゃ楽しみだ。
超速報!?初日の1組目と2組目がスタートした模様。
ボ・バン-ペルトが-1で単独首位!?以下、T・ビヨーン、B・クレーン等が続きます。
ってかまだ1Hだけですが。

[WGC アクセンチュアマッチプレー]
ではジェイソン・デイが勝ったのでした。
「(両方大好きだけど)今回はファウラーでお願い・・・」
なんて書いたら見事に裏をかかれたわけだけど。ははは
まぁどっちでも嬉しいです。
(と言って負けたファウラーだって3位ですもんね、お見事過ぎです)
決勝戦の相手はビクター・デュビッソン。
彼のプレーをこんなにじっくり見れたのはこの大会が初めてでしたが、いやはや。
身体はけして大きくないけど、ショットの安定感など抜群でありました。
さすがはこのWGC出場圏内まで一気に駆け上がった選手って感じで。
何よりあの風貌がいいです。髭もよく似合ってるしかっこいい。
そしてウェアーもかっこよかったりします。
少々派手めのJ.リンドバーグではあるのだが、あくまでさりげなく着こなしておられました。
スピースしかり、デュビッソンしかり、そして松山・石川はもちろん、
注目すべき若手選手の台頭(増殖?)は喜ばしい限り。
(だからこそウッズやミケルソン等の世代もまた一層際立つわけで)

などと、ウッズと言えばNIKEだけど。
NIKEGOLFのホームページっていつしかがらっと変ってました。
なんであんな辛いことになったのでしょうか。。。。

唐突に
・NIKE VictoryRed STR8 FIT
もう彼これ5~6年くらい(もっと?)前のモデルになるでしょうか。
実はこれ、私が初めて買ったドライバーなのであります。
ゴルフのことはおろか、ゴルフクラブのことなどまるでわかってない頃に無謀にも買ったものですが
なんでわざわざこれを買ったか、と言えば
・その当時で既に型落ち、且つ輸入品(USモデル)でとっても安かったから
・NIKE(ゴルフに限らずスポーツブランド全般の中でも)が好きだったから
・タイガーウッズはNIKEだろ!?。ってことくらいは知ってたから
という、まったく安直な理由三点セットによるものです。

今ではさっぱり使ってませんが何故だか今も手放すことなく部屋の片隅に鎮座ましております。
ところでこのヒトの「打音」。
これ以前のモデル(あの四角いヘッドとか?)もそうだったみたいですが、所謂あの独特な「音」。
あたしゃどうにも苦手でして、最初は「だから輸入もんはダメなんだな」なんて。
(ヘッドがブリキでできてんの?なんて思ったほどで)
などとお門違いな諦めと挫折感を味わいましたが、別にこれ単体の話じゃなかったわけで。
まぁ良かった(?)。
当時どなたのレビューを読んでも同様のコメントだったことに妙にほっとしたことを覚えております。

とは言え、やっぱり今は練習場でこの音を響かせるのは何だか心苦しくて。
でも、ごくたまに打ってみたくなったら遠慮がちに(?)何球か打っては右に大きく曲げて(?)遊んでます。

そうそう。「だから輸入もんはダメなんだな」と痛烈に思わせられた事件が。
このクラブで練習を初めてほんの2~3カ月かそこらのことだったかと思いますが
練習場で打ったら、ヘッドがひゅ~~んと40~50Ydあたりまでぶっ飛んでったことがあって
手許のクラブを見たら「頭がない」ので驚いた。
受付に猛ダッシュしアナウンスで練習を中断してもらって
更に全力疾走でヘッドを拾いに行った(死ぬほど恥ずかしかった)ことを今も思い出します。
折れたのはネックから数センチ上のシャフト(ALDILA VooDoo)の方で
保険申請してリシャフトしたのでした。(SpeederVC.1)
これって所謂カチャカチャの走り?みたいなモデルで、弾道調整のスリーブ付きなのですが
(って買った時はそういう知識はもちろんゼロです)
そこら周辺の負荷だったのか、そもそも不良だったのか。
まぁとにかく簡単にへし折れたって話。
またいつか気が向いたら練習場に持っていくかも。

一方的親近感とへし折れたシャフト。 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ