de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'LOUDNESS'

むろさんくす~2016(後編)


行ってまいりましたよ@室蘭City。の最終回。

ってわけで、むろさんとの再会。Yeah!!
多忙を極める彼だけど、そんな中時間を割いてもらって感謝です。
今回連れて行ってもらったのは和処の一邑(いちむら)さん。
・・・だと思われます。
せっかく連れて行ってもらったのだが、店の名もうる覚え。。いやはや、すんません。
何せ白鳥をまわり終えた直後の飢餓状態。ひたすら食っては呑んでおりました故。。
でへぇ
けれど、何を食べても美味しかったことだけはよく覚えておりますわ。

むろさんが注文してくれた品々です。

むろさんの手が。。

むろさんの手が。。

おっと、写真撮影をしようとしてるむろさんの手が・・・。

そんな一邑さん。私は初めてだったけど、なるほど、こういうお店もあったのね。
この日は曜日も曜日だったこともあり開いててくれただけでも救われる思い。
そして、むろさんとは昨今の互いの状況や恥部!?なんかをあれこれ楽しく語らいました。
本当にありがとうございました。また付き合ってやって下さい。

[日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯]
いやはや。見事なまでの難コースと化しておりましたね@登別カントリー。
何でも女子プロ史上最長(6750yd)というから驚き。
ただでさえ粘りに粘る北海道のラフ(洋芝)ですからね。
ハイレベルなプロをもってしてもさぞ苦労したことでしょう。
優勝は鈴木愛。女子プロ2勝目の大物食い!?
優勝スコアが+1であることを見てもコースの難易度がわかろうというもの。
2位Tにはホールインワン娘の下川めぐみと大山志保。
新旧PING女王!?のワンツーフィニッシュと相成りました。
あー。。もう一回まわりたいっす。登別CC。
にしても、ギャラリーの方たちもあの山深いコースまでの行き帰りは
なかなかに苦労したんじゃなかろうか。。てなことまで思い出したりした次第。
ちなみに優勝した鈴木が手にしていたパターは新モデルのVAULT ANSER 2だったみたいです。
(このヒト、滅茶苦茶パター上手いよね)

[コマツオープン]
マークセンが圧勝。飛距離も圧倒的でありました。
わたしはこのヒトの優勝インタビューというのをたぶん初めて見ましたけれど、
とっても可愛らしい声としゃべり方なのですね。
すっかりファンになってしまいました。
途中まで追いすがった高松厚。初優勝を狙いましたが4位Tどまりとなりました。

[BMW選手権]
POシリーズもいよいよ第三戦。この大会をもってポイントもリセットです。
優勝はダスティンなジョンソン様。圧倒的飛距離を武器に引き続きの好調。いやはや。
2位には2週続けてのポール・ケイシーでとっても残念。
松山英樹は最終日やや下げて24位Tフィニッシュ。ドライバーはまたまたいつものZR-30?
に戻していたように思うけどとにかくツアーチャンピオンシップでも頑張って。
と、そんな松山は来月の日本オープンに出場してくれるみたいで嬉しい限り。
ちなみに日本OPはプロ転向後に参戦がなく2012年のアマチュア時代以来だったりするそうです。

五輪メダリストのローズ、ステンソンはここで敗退。ファウラーも最終戦に進めず残念。
3日目、パターの不調にキレてしまってパターをへし折ってしまうガルシア。
(佐渡さんもたいそう悲しそうでした。。私もああいうシーンは見たくない)
こちらも残念ながら最終戦に進むことなく姿を消したのでした。

[KLMオープン]
優勝は地元のヨースト・ルイテン。母国大会2度目の制覇。やりますな。
2位にはベルン・ウィスバーガー。3位アン・ビョンフン。

ってなわけで唐突にれヴー。

(165)SAMSARA FLIGHT~輪廻飛翔~ / LOUDNESS
此度の室蘭行脚のお伴。ラウドネス35周年記念アルバムでございます。
どりゃ
お懐かしいナンバーの数々に涙。。。(いや、ホントにマジで)
私が購入したアルバムは全3枚からなるエディション。
1枚目は1stアルバムから3rdアルバムの中からセレクトされたセルフリメイク12曲。

DISC1:セルフリメイクアルバム(CD)
01. STREET WOMAN
02. THE LAW OF DEVIL’S LAND
03. LOUDNESS
04. IN THE MIRROR
05. BLACK WALL
06. ROCK SHOCK(MORE AND MORE)
07. LONELY PLAYER
08. DEVIL SOLDIER
09. BURNING LOVE
10. ANGEL DUST
11. ROCK THE NATION
12. TO BE DEMON
オープニングの「STREET WOMAN」にいきなり意表を突かれます。
コクと深みを増した!?にーちゃんVoiceによる初期のナンバーはどれもなかなか興味深い。
35年経過するとヴォーカルもギターもこうなるんだね。。。なんて実感。
「ANGEL DUST」は手動の大好きなナンバー。ギターソロにしびれますわ。

そして2枚目はファン選出によるベスト!?
DISC2:ファン選曲ベストアルバム(CD)
01. CRAZY DOCTOR
02. CRAZY NIGHTS
03. IN THE MIRROR
04. S.D.I
05. DREAM FANTASY(夢・Fantasy)
06. SOLDIER OF FORTUNE 07. LOUDNESS
08. GOTTA FIGHT
09. LIKE HELL
10. ARES’ LAMENT(アレスの嘆き)
11. SLAUGHTER HOUSE
12. SPEED
13. LET IT GO
14. THE SUN WILL RISE AGAIN
15. METAL MAD
16. MILKY WAY
17. GHETTO MACHINE
といった感じのお馴染ナンバーオンパレード。何れもオリジナル音源なので目新しさはないものの、
二井原・ヴェセーラ・山田という三代Voが一枚の中に同化してるのが感慨深いっす。

んで3枚目。こちらはDVDです。
DISC3:「THUNDER IN THE EAST完全再現ライブ@渋谷公会堂」なる感動的なライブ。

01. CRAZY NIGHTS
02. LIKE HELL
03. HEAVY CHAINS
04. GET AWAY
05. WE COULD BE TOGETHER
06. RUN FOR YOUR LIFE
07. CLOCKWORK TOY
08. NO WAY OUT
09. THE LINES ARE DOWN
10. NEVER CHANGE YOUR MIND

だってだってだって・・・みんなあの頃の衣装に身を包んでやってるんだもの。
髪形も体型もずいぶんと変わってしまったけれど、でも不思議と違和感はなし。
むしろ50歳を過ぎた貫禄と迫力がかっこいいじゃん!などとかなり本気で感動すらできるのでした。

ちなみにDISC1のみの「通常版」エディションもあるようで、そっちにはボーナストラックとして
「ROAD RACER」(セルフリメイク)が収録されてるそうです。
なんだ・・そうなのか。それはそれでちょっと聞いてみたかったかも。
まぁとにかく。ラウドネスを聞きながらの、しばしの北海道快適ドライブでございました。

で。
室蘭をあとにする日。雨降りしきる中どうしても食べたくなったのは・・・

さっぽろっこで味噌ラーメン

やっぱりラーメン。
特に拘りの店というのはないけれど何となくさっぽろっこ(東室蘭西口店)に。
大好きな味噌ラーメン(with炒飯のセット)。たぶん北の国味噌ってやつだと思われます。
(普通味噌よか少し高かったと思うけど何がどう違うのかはまるでわかってない)
毎度の濃厚&熱あつのスープ。二日酔いの身体が欲してやまない期待通りの味。
食べ終わったら汗だっくだく。
この時は親類の若人と一緒に行ったのだが、勘定を済ませてる間も若人はスープにかぶりつき。
まさか!?と思ったらスープまで完食しておりましたわ。いやはや、お見事。
どーもご馳走様でした。

むろさんくす~2016(後編) はコメントを受け付けていません。

バラった


バラが咲きました!!よ。
もうまもなくだな。。なんて思いつつ福岡行脚から戻った数日前。
お、いよいよだね。

プリンセスドゥモナコ。

もうまもなくプリンセス

んで、コンスタンツェモーツァルト。

もうまもなくコンスタンツェ

そして水をたっぷりと与えた数時間後。。
プリンセスドゥモナコ。

水をやったらプリンセス

コンスタンツェモーツァルト。

水をやったらコンスタンツェ

わーい。パチパチパチ

んで翌日。
プリンセスドゥモナコ。

そして綺麗に咲いたプリンセス

コンスタンツェモーツァルト。

そして綺麗に咲いたコンスタンツェ

うーん。。美しい。お見事。バラってまことに美しい。

さて。今週もG1でした。
昨日はどっちも×だったけどとりわけ京都は痛恨でした。
あの組み合わせで40倍(馬連)もついたのか・・・とほ。

【NHKマイルカップ】
◎ ダンツプリウス
○ メジャーエンブレム
▲ ハクサンルドルフ
のBOXで。
加えて◎から・・
△ シュウジ
△ アーバンキッド
△ イモータル
△ シャドウアプローチ
△ シゲルノコギリザメ
△ ブレイブスマッシュ
△ ストーミーシー
へ薄く手広く。。

【新潟大賞典】
◎ サトノラーゼン
○ ロンギングダンサー
▲ メイショウナルト
△ パッションダンス
△ ショウナンバッハ
△ ダコール
△ ダービーフィズ

などと。完全な妄想的夢馬券でございます。。

唐突に。
それは約4年半前のこと。
暮も押し迫った12月。寒い中をZepp東京までライブを観に行ったのでした。
それはつまり。ラウドネスの30周年ワールドツアー(最終日)。
(あまりの音圧と音波に圧倒され、途中退場してしまいましたが・・)
当時の激しい感動を
25年ぶりの感動~耳が「シュー・・・」とするよ
にて綴ったけれど何が何だかまったくもって意味不明。。
(興奮していた、ということだけは思い出せますけれど)

それはともかく。先日ちょこちょこ片づけをしておりまして。
そうしたらこんなDVDが掘り起こされたのでした。

自分も映ってるかも知れないライブDVD

(163)2011-2012 LIVE&DOCUMENT in JAPAN / LOUDNESS
おお。こんなの持ってたわー。
とか思いながら、ついつい懐かしさからその日の深夜に久々視聴。
このライブはつまり、わたしがde-do#2を誘って観に行ったまさにそのライブ。
ライブの翌年だったかに発売されて「もしかして俺らも映ってたりしねーの?」
などと大バカなことを言いながら買うには買った。。
のでしたが、たぶん最後まで見てはなかったのでしょう。
改めて全部見直して、へー。こんな曲もやってたのね。ほぉ。これもやってたんだ。
とか何とか。
つまり実際に足を運んだライブも途中退場だったけどDVDさえ中途半端なままだった。。
いやはやお恥ずかしい。

で今回改めて見直してみて。なるほど、30周年ツアーの最終日ってだけはありますな。
などと深々感動。
どれもこれも30年の歴史をたどるには相応しい曲目たち。
なんつって私は初期の頃(それも[SHADOWS OF WAR]まで)しか聞いてないから
半分くらいはよぉわかってまへん。
当時のセットリスト(DVDのDisk1相当)を改めて振り返ってみませう。

01:FIRE OF SPIRIT([METAL MAD]収録*5)
02:HIT THE RAILS([THE EVERLASTING ~魂宗久遠~]収録*5+)
03:METAL MAD([METAL MAD]収録*5)
04:PHARAOH([TERROR ~剥離~]収録*5)
05:LOUDNESS([THE BIRTHDAY EVE ~誕生前夜~]収録*1)
06:IN THE MIRROR([THE LAW OF DEVIL’S LAND ~魔界典章~]収録*1)
07:BLACK WALL([THE LAW OF DEVIL’S LAND ~魔界典章~]収録*1)
08:SLEEPLESS NIGHT([THE LAW OF DEVIL’S LAND ~魔界典章~]収録*1)
09:MILKY WAY([DISILLUSION ~撃剣霊化~]収録*1)
10:DREAM FANTASY([DISILLUSION ~撃剣霊化~]収録*1)
11:COME ALIVE AGAIN([Eve to Dawn]収録*6)
12:THE POWER OF TRUTH([Eve to Dawn]収録*6)
13:BLACK WIDOW([LOUDNESS]収録*3)
14:CREATURES([GHETTO MACHINE]収録*4)
15:9 MILES HIGH([DRAGON]収録*4)
16:THE WINDS OF VICTORY([SPIRITUAL CANOE ~輪廻転生~]収録*5)
17:WHAT’S THE TRUTH?([PANDEMONIUM ~降臨幻術~]収録*5)
18:CROSS([TERROR ~剥離~]収録*5)
19:THE LOVE OF MY LIFE([BREAKING THE TABOO]収録*5)
20:LONG DISTANCE LOVE(シングル*1)
21:CRAZY NIGHT([THUNDER IN THE EAST]収録*1)
22:LET IT GO([SHADOWS OF WAR]収録*1)
23:THIS LONELY HEART([HURRICANE EYES]収録*1)
24:THE KING OF PAIN([KING OF PAIN 因果応報]収録*6)
25:SURVIVOR([Eve to Dawn]収録*6)
26:CRAZY DOCTOR([DISILLUSION ~撃剣霊化~]収録*1)
27:DOWN’N’DIRTY([ON THE PROWL]収録*2)
28:SOLDIER OF FORTUNE([SOLDIER OF FORTUNE]収録*2)
29:S.D.I.([HURRICANE EYES]収録*1)

*1 第一期(高崎・樋口・二井原・山下)
*2 第二期(高崎・樋口・ヴェセーラ・山下)
*3 第三期(高崎・樋口・山田・沢田)
*4 第四期(高崎・山田・本間・柴田)
*5 第五期(高崎・樋口・二井原・山下)
*5+ 第五期~六期(高崎・二井原・山下・鈴木+樋口の音源)
*6 第六期(高崎・二井原・山下・鈴木)

ってな感じだったのですが、ふぅむ。。。
とりあえず四期についてはまったくわかりません。
(アルバムは一枚だけ中古を買ったけど曲調がどれも苦手で一度しか聞いてない)
二期も数曲しかわからない。
後年何度か聞いてみて、なるほどこれはこれでかっこいいかも。と思えたのは三期でしょうか。
五期もオリジナルメンバー(つまり一期)再結成ってことで[SPIRITUAL CANOE]だけ聞きましたが
それ以後はさっぱりで[METAL MAD]まで聞いてまへん。
なわけですから、やっぱり半分くらいですな。
ちなみに初期も[SHADOWS OF WAR]までのヒトなので、
[LONG DISTANCE LOVE]というポップな曲も後年に聞いて、へーと感心したり。
[S.D.I.]なんかも、ほぉこんなかっこよい曲があったのか。
などと、ほんの数年前に[HURRICANE EYES]をわざわざ買ったりとかとか。
そして今現在の六期。これはこれで何やら安定感があった曲調も好きです。
中でも[THE KING OF PAIN]は大のお気に入り。
今更ながら、耳がいかれても頑張って最後まで居ればよかったなー。などと後悔。。

なんて30周年ライブを振り返っている場合じゃない。
ラウドネス様は35周年を迎えてまだまだ元気に活動中の様子。
7月には2年ぶりのオリジナルアルバム
「SAMSARA FLIGHT~輪廻飛翔~」
が発売されるそうだから楽しみに待ちましょう。
いやー。それにしてもこのDVDを見て、あたしゃ改めてニィちゃん(二井原)のファンになりました。
これからも頑張ってほしいわ。

バラった はコメントを受け付けていません。

れヴー#11~今年も不発のタイガーチャージと桜花賞


うーん。やっと100の大台かー。あと何百枚あんだ!?
まだまだ先は長いっす。

とその前に。シェル・ヒューストンオープン。
H・メイハンが今季2勝目。賞金ランキングでも首位に躍り出ました。
独特な風貌(色白、サングラス、PINGのつば広帽子)ときれいなスイングが印象的。
今まではなかなか素のお目めを見ることは少なかったですが、
最近はパッティングの都度、必ずサングラスを外してますね。
それにつけてもC・ピーターソンは惜しかった。巨漢の見かけとは裏腹(?)に
とっても繊細なタッチとコンパクトなショットが美しかったっす。
まぁなにはともあれ、いよいよ数十時間後にマスターズ開幕。嬉しい(朝が辛い日々が始まる)。


と、ここまで書いたのが数日前のこと。色々あって(って何もないんだけど)中断。そして本日再開。

いやー、それにしてもマスターズってば面白いっすね。
タイガー&マキロイは少々残念(石川の予選落ちはもっと残念)だけれど
我らがミケちゃん(ミケルソン)が好調です。
パターは次々と吸い寄せられるようにカップイン。すげっ
あと、日本人では松山英樹が去年に続いて大健闘してます!

ゴルフと言えば昨日またまた近所のショートコースへ。
ここは何度も来てるんだけど、所謂平日ではない日の休日料金で周ったのは初めて。
思ったよりは空いていて(天気もよく皆さんお花見だったのか、はたまた普通にコースに行ってたのか)
実にスムーズにラウンドできましたー。(スコアはダメ過ぎでしたー)
以前より「何れ周ろう」と口約束してた仕事関係の方と一緒したんだけれど、それがついに実現。
本当に楽しいラウンドでした。そしてラウンド後はまだ明るいうちからのビール片手のゴルフ談議。
いやはや、これを幸せと呼ばずして何が幸せなんだよ。って。
でもビール呑み過ぎで今日はやや二日酔い・・・・

そして今日は、やはり近所の巨大植物公園にて満開の桜を堪能した次第。
あ、そう言や桜花賞でしたね。
昨日のゴルフにうつつを抜かしたがため(?)ほとんど予想らしきこともせぬまま
衝動だけで買うには買った・・・のですが、当然そんなのは当るわけもなく
だいたいにして岩田は買ってないし内田も買ってないし(福永も買ってなかったのでその点だけは○)
せいぜい馬券に絡んでくれたのは3着のアイムユアーズくらいっす。でへへ

再び話は戻ってゴルフ。
女子ゴルフは凄かった。面白い大会でしたね。(スタジオアリス女子オープン)
申ジエの#17ホールでの、まさかの二度続けてのアプローチ失敗を見て
ほへー。こんな世界の頂点にたった人でもこんなんあるの?
と、まったく異次元のレベルのことをわが身の下手さと一緒くたにしちゃって
妙に慰められた気になったりして。うひょひょ
佐伯三貴はお見事。#18のバーディーパットも素晴らしかったですね。
良かった良かった。とにかく良かった。
(誰にとっての何が良かったのはわからんが、とにかく一視聴者的には良かったっす)

 

(100) シャンブル/ユニコーン
記念すべき100枚目に相応しいアルバム。ユニコーン再結成後の初アルバム。
ひまわり、スカイハイ、WAO!、HELLOなどなど名曲多数。
でも手動が特に好きなのが”キミトデカケタ”と”オッサンマーチ”。
いいっす。こういう感じ、素晴らしいっす。大人、って感じ?がする。

(101) THUNDER IN THE EAST/LOUDNESS
5枚目のアメリカ進出アルバム。コロンビア時代の最後のアルバム、となりますでしょうか。
初めて聞いた時は正直、「え~~なんで!?(悲嘆)」というのは
一曲目のCRAZY NIGHTSを聴いた率直な印象です。
つまり「あめりかし過ぎ?」ってことだったんだと思うけど、でも今聞くと(聞き慣れたこともあって)
とってもカッコいいアルバムじゃん、となります。ははは
中でも好きなのが「GET AWAY」と「WE COULD BE TOGETHER」。
特にGET・・・の方はギターソロがとっても素敵。
(どういうわけかパープルのハイウェイスターとか思い出してしまう)
とにかく私の中での名盤中の名盤、であります。で

(102) MISIA SINGLE COLLECTION 5th ANNIVERSARY
問答無用のMISIAさま、ですね。
と言っても私はこの人をカラオケの映像(Everything)でしか見たことがなくてまったくわかってないです。
でも楽曲はどれもかっこいいっすよね。歌もお上手。
(ちなみにEverythingは手動のカラオケの十八番でもあり大好きな曲でもあります)
あと、デビュー曲(だよね?)の「つつみ込むように・・・」は秀逸。
今聞いても全然古さを感じさせません

(103) DANGER/44MAGNUM
最近復刻された44のメジャーデビューアルバムっす。御機嫌です。
この人たちが「愛してナイト」という少女漫画のモデルになってた、というのは
けっこう有名な話だった気がするけど本当のところはよく知りません。
でも、当時こういう音楽を聴きつつの、そういう別マ的少女漫画を読みあさりつつの、
いわゆる手動のような男子高校生は意外と多かった気がします。(そうでもない?)
I’M ON FIRE、SATISFACTION、NO STANDING STILLなど名曲ズラリ。
中でも手動が大好きだったのが「BABY, COME TOGETHER」。
っていうか、この一曲がどうしても聞きたくて今回わざわざ買ったのであります。
いやはや、御機嫌。

(104) STREET ROCK’N ROLLER/44MAGNUM
これも同様、最近復刻された44の2ndアルバム。やっぱり御機嫌です。
そしてやっぱり同様に「STREET ROCK’N ROLLER」が聴きたくって買ってしまったのだ。へへっ

(105) 花鳥風月/スピッツ
わりと最近ブックオフで購入したアルバムっす。
「猫になりたい」が秀逸。っていうか俺も猫になりたい。

(106) KOOL KIZZ/ZIGGY
同じく最近ブックオフで買いました。このグループ自体に別段の思い入れもないんだけど
「DON’T STOP BELIEVING」が聴きたくて買っちゃった。うひょ
今は亡き私の大切な友人が、大学生だった頃これをよく聞いていて
私に「これ、いいぞー」って勧めてくれてたことを思い出します。
これもカラオケでよく歌ったりしますが、とにかく歌詞が素晴らしいっすね。
「一人に震え、二人に疲れ・・・」とはまさしく名言。激しく共感する次第であーる。

(107) BLOND 007/ZIGGY
これもブックオフで入手。やはり「STAY GOLD」という曲が聴きたいがため。
上で44のこと書いた奇遇?とは言わないけど、一時44の宮脇”JOE”知史が在籍してたらしい、
とはwikiで知りました。
へー

(108) GOLDEN BEST/井上陽水
恐れ多くも陽水さまっす。全曲素敵、文句無し。
とにかく凄すぎますよね。この人は。この人自体がある種固有のジャンルって感じ。
氷の世界、少年時代、夢の中へ、Make-up Shadow、
夏の終わりのハーモニー(玉置浩二)、ありがとう(奥田民生)
等など
いったい車の中で何度聞いたことか・・・・。

では。

あ、そういえば石川遼が婚約されたんだそうで。
おめでとうございます。

れヴー#11~今年も不発のタイガーチャージと桜花賞 はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ