de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'NIKE' (Page 6)

プチなるブレイクとプチなる終焉と。。。


【エンプレス杯】
今や押しも押されぬトップジョッキーとなった福永祐一。上手いっす。
ダート統一G制が導入されてまだ間もないころ(?)、この人が初めて重賞を勝ったのは
たぶんこのエンプレス杯だったのではなかろうか・。・。・
記憶が定かじゃないけど間違ってたらすんまへん。(確かシルクフェニックス?)

ホクトベガがダートへ路線変更したその初戦、とんでもないぶっちぎりで勝利したのも
たぶんこのレース。(違ったらすんまへん)
あの時は恐らく横山典だったかと思うけど、この人も先日のジャスタウェイでは見事でした。
(ってか福永の代役だっけ)
などと、そんな歴史がちりばめられた、周囲がマンションの立ち並ぶ川崎競馬は
京急は大師前駅からほど近くだったはず。。。。

ってなわけで、昨日はトウホクビジンの複勝(?)勝負。
功労賞?じゃないけど、そろそろ間違って複勝圏内に突っ込んで来たりはしないだろうか、
などと淡く儚い願いを込めて買ってはみたが6着まで。
馬券は抑え縦目の連複だけでまたしてもトリガミ。

[ザ・ホンダクラシック]
を制したラッセル・ヘンリーはナイキ。
ドライバーがCOVERTじゃないってところがしぶいっす。
POで敗れたマキロイも御存知の通りでNIKE。
そして同じ週の欧州ツアー(ツワネオープン)では、やはりNIKEのロス・フィッシャーが勝利。
そしてそして!HSBCでは劇的逆転で通算10勝目を飾ったポーラ・クリーマー。。。
こちらはテーラーメイドでしたが。
ナイキのプチブレイク。

その一方、NIKEの大看板。ウッズ様は最終日途中で棄権。
昨年四つん這いになって顔をゆがめたあの腰痛?が再び襲ったらしいです。
今週は、昨年勝ったWGCキャデラック。無事出てこれるだろうか。
同様に二日目スタート前に棄権した松山英樹は練習もしてるようでどうやら出場してくれそう。
一方の石川遼は大好物の?プエルトリコへ。(今田竜二も出場するそうです)
こっちはこっちでとても楽しみ。

ゴルフ体験主義。
のその後・・・。ラウドネス絡みの記事はまだ読めてないのだが、
ふと目にとまったカテゴリーに「ヨメゴルフ」というのがあったからそれを眺めてたらとても面白かった。
奥方の没頭ぶりが、何だか自分にも重なってしまい微笑ましかったです。
(その後はどこまで上手くなられたのだろうか。。。。)
ちなみにうちの場合は、de-do#2が師匠?だったのでKAZさん家とは逆だったりしますが。
当方のバカっぷりは冷めるどころか、まだまだ燃え盛っておりやす。
腰もほぼ復旧(?)してくれたし、早よぉラウンドしてー。

終焉・・・
先日、キングダムの2ndシーズンも(やや強引に)終ってもうて悲しいっす。
って話じゃなくて、悲しみの対象はガラケー関連。フィーチャホンね。
某ポータルサイトがメールサービスを提供してくれてますが、
こちらのガラケー版がまもなく終了だそうで大変悲しい。
そして更に。エンプレス杯の投票でSPAT4を利用しようとしたら
「かんたんログイン」機能がいつの間にやら廃止されていて
(PCやスマホ等Cookie対応端末じゃなければNGとのこと)
IDやら何かをすべて入力せよ、とのお達し。。。とほほ
まだ微妙に(ってか実はかなり?)ガラケーユーザは居るのだろうけど
なかなか提供する側も複数の方式を維持するのが厳しいのでしょう。。

Highway Star
ディープパープルの名曲中の名曲ですが。
先日の「SONG TO SOUL」がこの曲を取り上げてくれてて大変嬉しかったのです。
ご存知「MACHINE HEAD」のオープニングナンバー。
あの疾走感あふれるテンポ、まさにドライブってんでしょうか。
ソロでのリッチー・ブラックモア&ジョン・ロードの掛け合いは
最高級芸術の域のそれでしょう。後世のハードロックへの影響は測り知れず。
などと私ごときが蘊蓄するのはおこがましい、誠にとんでもなくスゲーカッケー曲です。
そう言えばジョン・ロードが他界されてたとはさっぱり知らず。。
リッチー&ロードの中枢(ってか実質この二人がディープパープルなんだけど)なきまま、
今もバンド自体は活動してるそうで近々日本にもまた来るそうです。
(武道館、見に行きたい)
ロジャー・グローバーも、イアン・ペイスも、そしてイアン・ギランもまだ健在のようで
それはそれで何よりでした。
昨今の流行り言葉じゃないけど、これぞまさにロックのレジェンドそのもの。ですな。

プチなるブレイクとプチなる終焉と。。。 はコメントを受け付けていません。

一方的親近感とへし折れたシャフト。


いつぞや触れた
===========================================
ところで。実は楽しみに読んでたブログがございまして。
最近それがさっぱり更新されず少々寂しい。
その御仁(ブロガーさん)は大のキャメロンマニアのようで
「誰それはパターをキャメロンに変えるべき、そうすればもっと入る」
とかとか、そんなんがいっぱい書かれてて実に味わい深く楽しいのだ。
===========================================
とは「加齢なる挑戦!」というブログ。
昨年10月以降、更新された形跡はなく少々残念。。。

ブログ。
というのではありませんが最近は日刊スポーツのゴルフコラム
「ゴルフ体験主義」
にすっかり嵌っておりまして。(KAZさんって方の試打レビューやら様々四方山のコラム)
当初はお目当てのゴルフクラブ評価なんかが読みたくて見始めたのですが、
文章も丁寧で読みやすく(ってその道の方ですしね)、読み物としても十分に面白いので。
試打においてもけしてプロや上手い人的な(一段上から的な)目線使いもなく、
これ。とてもいいっす。

と、このコラムをあれこれ眺めてたある日のこと。
44マグナム!?のライブのことについて触れていて「え?なになに?なんで?。。。」。
興味は否が応にもたかまって、そもそもこのコラムの最初の頃ってどうだったんの?
ってんで2006年は9月のバックナンバーまで遡ったら大いに得心(?)。
「ゴルフバカができるまで」というコラムの中で、
ラウドネスの「樋口さんに勝ちたくて・・・」のようなことに触れていて
それで本格的に嵌ったんだそうです。
(故・樋口宗孝=ひぐっつぁん。大のゴルフ好きでかなりの腕前だった、とは何となく知ってましたが)

なるほどなるほど。そうなのか。
詳しい背景は知る由もないけど、日刊スポーツってラウドネスのイベントとかの
協賛やら後援やらをずっとしてますもんね。
私自身、日刊スポーツは長くて今でこそ競馬欄を見るのに土日買うくらいだけど、
以前は新日本プロレスや格闘技欄なんかもマメにチェックしてたからほぼ毎日読んでたのです。
そんな次第でたまに日刊スポーツを読んでると、ラウドネスのコンサートのチケット先行発売?
みたいな告知が載ってたり、アルバム発表に際しての特集なんかも載ってたので
なんだかよくわからないうちに
「日刊スポーツ=ラウドネス(=競馬?=新日本プロレス?)」
という奇妙なリンクが脳内に貼りついてたわけだ。

改めて「ゴルフ体験主義 ラウドネス」でググったら、もう随分とたくさん書かれてるのでした。
過去記事ではあるけれどこれからじっくり読破したいと思います。

で。これらコラムを書かれてる日刊スポーツのKAZさんって方。
寄寓なことに世代も完全一致してたりして、KAZさん自ら
「いわゆる、最後のバブルっ子ですね。入社当初は、ハッキリ言って
 「ゴルフはオヤジのスポーツ」だと思っていました」
などと書かれてますが、この一文には猛烈な(至極勝手な)親近感を抱かざるを得なかった。です。
などと一方的親近感まで喚起させてますがこれからも楽しみに拝見したいと存じます。

KAZ繋がり?じゃないけど「キング」の方のカズ様。
47歳になったんすね。。。まだまだバリバリの現役です。
葛西のメダルについて聞かれて「レジェンド会でも作りますか!」みたいなことを言ってたけど
これからも長く活躍してほしいっす。

そんなレジェンド流行りの昨今だけど
[HSBC女子チャンピオンズ]
初日。先日勝利したK・ウェブが単独首位。いいっすね、レジェンド!?
P・クリーマーが2位T。今シーズンから日本を主戦場にする申智え39位T。
上原、宮里美香・藍は43位T。
申さん、既に米ツアーのシードは辞退してるそうです。
移動距離の少なさ、三日間競技がほとんど、自国に近い・・・等の理由らしいけど
何にせよ日本人選手の一層の活躍に期待するのみっす。

[ホンダクラシック]
やっと役者がそろい踏み!?ウッズ、ミケちゃん、スコットなど世界トップ10中8人が出場。
加えて石川遼、松山英樹だって。こりゃ楽しみだ。
超速報!?初日の1組目と2組目がスタートした模様。
ボ・バン-ペルトが-1で単独首位!?以下、T・ビヨーン、B・クレーン等が続きます。
ってかまだ1Hだけですが。

[WGC アクセンチュアマッチプレー]
ではジェイソン・デイが勝ったのでした。
「(両方大好きだけど)今回はファウラーでお願い・・・」
なんて書いたら見事に裏をかかれたわけだけど。ははは
まぁどっちでも嬉しいです。
(と言って負けたファウラーだって3位ですもんね、お見事過ぎです)
決勝戦の相手はビクター・デュビッソン。
彼のプレーをこんなにじっくり見れたのはこの大会が初めてでしたが、いやはや。
身体はけして大きくないけど、ショットの安定感など抜群でありました。
さすがはこのWGC出場圏内まで一気に駆け上がった選手って感じで。
何よりあの風貌がいいです。髭もよく似合ってるしかっこいい。
そしてウェアーもかっこよかったりします。
少々派手めのJ.リンドバーグではあるのだが、あくまでさりげなく着こなしておられました。
スピースしかり、デュビッソンしかり、そして松山・石川はもちろん、
注目すべき若手選手の台頭(増殖?)は喜ばしい限り。
(だからこそウッズやミケルソン等の世代もまた一層際立つわけで)

などと、ウッズと言えばNIKEだけど。
NIKEGOLFのホームページっていつしかがらっと変ってました。
なんであんな辛いことになったのでしょうか。。。。

唐突に
・NIKE VictoryRed STR8 FIT
もう彼これ5~6年くらい(もっと?)前のモデルになるでしょうか。
実はこれ、私が初めて買ったドライバーなのであります。
ゴルフのことはおろか、ゴルフクラブのことなどまるでわかってない頃に無謀にも買ったものですが
なんでわざわざこれを買ったか、と言えば
・その当時で既に型落ち、且つ輸入品(USモデル)でとっても安かったから
・NIKE(ゴルフに限らずスポーツブランド全般の中でも)が好きだったから
・タイガーウッズはNIKEだろ!?。ってことくらいは知ってたから
という、まったく安直な理由三点セットによるものです。

今ではさっぱり使ってませんが何故だか今も手放すことなく部屋の片隅に鎮座ましております。
ところでこのヒトの「打音」。
これ以前のモデル(あの四角いヘッドとか?)もそうだったみたいですが、所謂あの独特な「音」。
あたしゃどうにも苦手でして、最初は「だから輸入もんはダメなんだな」なんて。
(ヘッドがブリキでできてんの?なんて思ったほどで)
などとお門違いな諦めと挫折感を味わいましたが、別にこれ単体の話じゃなかったわけで。
まぁ良かった(?)。
当時どなたのレビューを読んでも同様のコメントだったことに妙にほっとしたことを覚えております。

とは言え、やっぱり今は練習場でこの音を響かせるのは何だか心苦しくて。
でも、ごくたまに打ってみたくなったら遠慮がちに(?)何球か打っては右に大きく曲げて(?)遊んでます。

そうそう。「だから輸入もんはダメなんだな」と痛烈に思わせられた事件が。
このクラブで練習を初めてほんの2~3カ月かそこらのことだったかと思いますが
練習場で打ったら、ヘッドがひゅ~~んと40~50Ydあたりまでぶっ飛んでったことがあって
手許のクラブを見たら「頭がない」ので驚いた。
受付に猛ダッシュしアナウンスで練習を中断してもらって
更に全力疾走でヘッドを拾いに行った(死ぬほど恥ずかしかった)ことを今も思い出します。
折れたのはネックから数センチ上のシャフト(ALDILA VooDoo)の方で
保険申請してリシャフトしたのでした。(SpeederVC.1)
これって所謂カチャカチャの走り?みたいなモデルで、弾道調整のスリーブ付きなのですが
(って買った時はそういう知識はもちろんゼロです)
そこら周辺の負荷だったのか、そもそも不良だったのか。
まぁとにかく簡単にへし折れたって話。
またいつか気が向いたら練習場に持っていくかも。

一方的親近感とへし折れたシャフト。 はコメントを受け付けていません。

成人ってことらしい

1月 13th, 2014 Posted in 未分類 Tags: , , , ,

[ソニーオープンinハワイ]
開幕戦フライズドットコムOPの優勝から早くも今季2勝目を飾ったジミー・ウォーカー。
何だかすっかり人が変っちゃった!?
2位クリス・カークと4位ハリス・イングリッシュの背格好、風貌が何となく被っちゃって・・・
あれれ、どっちが映ってるんだ?などと一瞬戸惑ったりして。
ちなみにカークが緑のポロでイングリッシュは青のポロだったんだけど、
でもどっちもキャップは白いCallawayでパンツも白。
(これは今年からイングリッシュがCallaway契約になったことから起きた私の中の勝手な混乱)

今田竜二。トップ10にわずか1打及ばずの20位Tでなんとも惜しかった。。
そして同郷(広島)の後輩、谷原はその1打が届き8位Tフィニッシュ。
これで次のオープン競技への出場資格が得られたことから再来週のファーマーズにも挑戦するそうです。
にしても・・・すごいすよ。この8位Tの人数が。
A・スコット、M・クーチャー、K・ナ、R・グーセン、M・エブリー、C・ハウエルⅢ、
そして気がつけばのザックに、昨年のウェブドットコムツアー王者のウィル・ウィルコックス。
他数名いて全12名。
こうやって見ると、今田の-9と谷原の-10は途方もなく遠い1打ってことなんだろうね。
何にせよ今田にとっては(去年の不調を思えば)いいスタートだったことは間違いないし、
ウェブドットコムでのシード獲得をきっぱり決意表明されてたのは嬉しい限り。
頑張って下さい。

そんなわけでファーマーズインシュランス(トーレパインズGC)はタイガー様の大好物。
ミケルソンもここから始動。やっと本格的な新シーズンって感じで待ち遠しい限り。

などと再来週へ先走ってしまったけれど来週のヒューマナチャレンジには石川遼が出るのだった。
(ソニーの予選落ちで急きょ出場を決めたそうです)
よしよし。これで楽しみは途切れずに繋がります。。。

[ボルボ・ゴルフチャンピオンズ]
こちらはウーストハイゼンが連覇達成。同国のB・グレースを一打しのいでの今季初勝利。
ハリントンが5位T、ビヨーンとマナセロ等10位T、シュワーツェルとヒメネス翁等15位T。
そしてD・クラークと「待ってました!」のアフィバーンラト等が24位Tフィニッシュで。

成人式・・・
買い物への道すがら近所の市民ホール前の公園で式後の若人がわいわいがやがやと。
何となく撮っとこうかなと撮ってみた。です。

某所成人式の景色

まるで脈絡なくVRのUT#1(USものの15度)っす。

NIKE-VR-UT15度

BASSARAからATTASのHYに変えてみました。えらく振り易くなって良かったです。
以前のシャフトに比べればかなり上がり易くはなったけれど。
とは言えやはり、シャフト云々以前にあっしのH/Sではまだまだって感じで。
(まぁ殊更球を上げることを目的としたクラブじゃないけれど)
でもランはとっても出るっす。。。

成人ってことらしい はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ