de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'ONOFF'

昨今のあれこれ(5)


引き続きのタイトルだけど、そこはご容赦をば。

せんだって所用あって室蘭へ。宿泊は毎度のホテルルートインさま。
チェックインして部屋に荷物を放ったら、そそくさ展望風呂へ。

タイミングよく!?このとき浴室にはわたしだけ。
目隠しで見えづらいけれど眼下には室蘭市街絶景(主に新日鉄方面が)広がってます。

で。
帰る日の前日は時間があったので室蘭ゴルフ倶楽部でラウンド。毎度の一人予約。
ここでの一人予約ラウンドもふと振り返れば三年連続?

そんな白鳥コース。おかげ様で室蘭らしからぬ!?晴天に恵まれて、あちーあちー。

今回ご一緒いただいた方が写ってます。
東京から各々まるで違う用事で現れた二人が、何の奇遇か室蘭でラウンド。
なんだかおもろい。

今回のセッティング

ヘッドカバーしたままで何が何やらだ。
昨年までのCovert2.0 FORGEDなどなどから丸ごとごっそり入れ替えて
今回か初めての使用だったわけだけど、パター以外はどれも違和感なく使えました。

DR NIKE VaporSpeed with 純正(VaporGraphite+)
#2UT NIKE Victory Red with KUROKAGE Black80R 18度
#3UT NIKE Victory Red with KUROKAGE Black80R 21度
#4UT NIKE Victory Red with MODUS105R 24度
#5~PW NIKE VR_S FORGED with MODUS120-R
AW NIKE VR PRO FORGED with MODUS120-S 50度
AW NIKE VR PRO FORGED with MODUS120-S 54度
SW NIKE VR PRO FORGED with MODUS wedge115 58度
PT NIKE METHOD MATTER M5-10

いまはなきNIKEゴルフクラブたち。
UT以外はどれもぶっつけ本番。練習場ですら使ったことがない。
そんなUTだってリシャフトしてからはラウンド使用がないので実質は全部が初本番か。
ちなみにドライバーのVaporSpeedは、発売当初に試打したことがあって
(シャフトもこのVaporGraphite+だったと思います)
とってもいい印象が残っていたのだが、実際に使ったらやっぱりいい感じ。
出だしからいい当たり連発で飛距離も十分。打感も心地よい。
うん。やっぱりいいドライバーだったのだ!などと改めて確認した次第。

昨今のあれこれ。
大好きなナイキ。のことは置いといて。
やっぱり大好きなONOFFです。グローブライドのオノフ。
何を血迷ったのか!?AKAアイアンを調達してみたのだった。




前の持ち主はさぞや身長が高かったのか、各番手どれもが自分のVrProComboのよか
1インチくらい長いのだった。。

2016モデル。シャフトはLABOSPEC。REPULSION KICKのST105。
こちらも遠い昔にST95を試打したことがあって好印象。
だったけど、さすがに今となっては調子も先走りが過ぎちゃってひっかけ気味。
距離は文句なし。打感も嫌いじゃないけど、やっぱり顔が大きすぎか。
ラウンドで一度だけ使ってはみたのだが、おそらく手放すことになろうかと思います。
あー。やっぱしKUROがほしい。。

も一つ昨今のあれこれ。
久々にパターのグリップを交換してみたよ、という話。
パターはテーラーメイドのロッサ・デイトナ。彼是10数年前の骨董品です。
その間グリップはただの一度も交換されることなく、見事なまでの劣化状態。


だったりしたのだが、どうしても一度使ってみたいなー。とか思い立ってしまったので
GolfPride(ツアートラディション)に交換してみた次第。


その後実際にラウンドでも使用してみたけれど、なかなかいい感じ。
ミスター3パットマンに戻りつつある昨今だけどいい感じで転がってくれてます。

[宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント]
4ホールに及んだプレーオフを制したのは成田美寿々。2位には有村智恵。
前週のヨネックスでで見事に復活優勝した大山志保は16位Tで此度もお見事。

脈絡なく。

近所のペコちゃんもゴルファーと化したのでした。

【東京優駿(日本ダービー)】
今更ですが。
福永祐一がやっと勝ったのでした。
ワグネリアンの騎乗だったようだけどとにかく勝ててよかったよかった。
にしても福永もはや41才(12月で42?)。
彼のダービー初騎乗はちょうど20年前のキングヘイロー。
奇しくも手動にとってもダービー生初観戦でもあったので、
あの「逃げ」は今でもよく覚えてます。
ついでにウォッカの2着だったアサクサキングスには大感謝だったりもするので、
(今回も3連単はかなり高配当だったんだよね)
いろんな意味でダービージョッキーになれてほんとによかったわ。
天才と呼ばれたお父上はたぶんダービーは勝ってないんじゃないかと思うので
その意味でも悲願だったことでしょう。
ちなみに勝ったワグネリアン。
これまたディープ産駒だそうで、この子でディープ産駒のダービー馬は4頭目。

あー。とかなんとか書いてたら、たまには馬券でも買って遊ばねば。。
などと思い出してしまいました。
彼是、馬券はもう1年半近く買ってないような気がするけれど、
別に(あえて)止めたとかいうこともないのだが、ただ何となく買ってないのだった。。

最後にわたしの大好きなラーメン・餃子セット。

さっぽろっこ東室蘭西口店です。
ラウンド後、大量の発汗のせい?かどうかは知らないけれど
無性にここの味噌ラーメンが食べたくなったのだった。

昨今のあれこれ(5) はコメントを受け付けていません。

まっKUROなんだから


[ソニーオープン in ハワイ]
2日目、首位には3人が並びました。
ウェブ・シンプソン、マット・クーチャー、そしてジャスティン・トーマス。
初日首位Tだったポール・ケイシー。今日はEで8位T。まだ4打差。
先週も好調だったJ・ウォーカーやR・ストレブなどもここ。
松山は4つ伸ばして何とかカットラインぎりぎり69位Tで3日目へ。
ひやひやもんですな。ちなみに他の日本人選手は残念ながらみな全滅。。
そう言えば、例の(私が勝手に気にしてる)カルロス・サインツ・ジュニア。
126位Tで予選CUTしてるけれど、いつか中継で実物を見てみたいっす。

[アブダビHSBC選手権]
こちらは3日目が終わったところ。
引き続きマーティン・カイマーが単独首位。やるね。
2位にも引き続いてのトーマス・ピーターズ。その差は6打差に開いてたりして。
3位Tにはベルント・ウィスバーガーとアレクサンダー・レビ。
先週の南アOPで惜敗のC・シュワーツェルは5位Tまで上昇。
今日伸ばせてないマキロイも同じ。
8位TにはJ・ドナルドソン、V・デュビッソンなどが並びます。
今年もお元気そうで何より(?)のヒメネス翁は12位T。いいね。
ファウラーが伸ばせてないっすね。。。67位T。

強風吹きすさぶ中、またまた練習場へ。。
ONOFFがひっそり試打会をやってたりしたので帰りに打たせてもらいました。
久々のオノフ!
先ずはフォージドアイアン。昨秋発売された「KURO」シリーズです。
シャフトはNS950かDGの2種類?とか思いつつ「他、何があるんすかね?」と聞いたところ、
「オリジナルのカーボンもありますけど、スチールならやはりうち(オノフ)オリジナルで、
これ、105gのものなんですけど。」とのことで、ほぉ・・・。
「じゃあ、それでお願いします。」と私。
「手元はかなりしっかり目、先が走るタイプなんですけどね。」と営業さん。
手渡されたのは#7。バックフェイスをしげしげ眺めて
ああ、これがあの番手別に重心(オノフの[O]マーク)が配置されたキャビティね。
早速打ってみたところ・・・これがまた大変打感がよろしいです。ほんとマイルド。
距離はまぁ番手なり、そこそこつかまって思いのほか安心感もありました。
で、面白かったのはその「105gの」シャフト。
帰宅してもらったカタログをパラパラ眺めるまで知らかなったのですが
私が打たせてもらったのはLABOSPECの[REPULSION KICK ST105]という代物。
なるほどね。。何だかトゥルーテンパーのGS95ふう!?
カタログ表記のキックポイントは中調子。だけどかなり先が動く独特な弾き感でした。
低トルクのカーボン?とでもいいましょうか。
まぁとにかくパキッン!と弾いてくれて高さも出ておりました。
その後950も打たせてもらったけれど、まぁいつもの(可も不可もない愛着たっぷりな)
いつもの950。。。でありました。
ただヘッドのバランスなのか、心なしか950で重めに感じたような。
距離、高さは大差なし。打感は[REPULSION KICK]の方がしっくり。このシャフトいいです。

続いてフェアウェイウィングスKURO。つまりユーティリティね。
いやー。これも良かった。独特な打感、というか打音。
何とも絶妙な低い音。「ボフォ」みたいな!?
昨今のカチーン的(とにかく球離れがいい初速のでそうな)タイプとは
その容姿からしても一線を画してくれるわけです。
試打は21度。シャフトは[SMOOTH KICK MP-715I]のS。
けっこうしっかりしたシャフトでした。
(なるほど、カタログを見てみたら75gとからしいから純正ではかなりしっかり系?)
振り易くて一発目からナイスショット(とは自分なりの、です)。
心地いい中弾道で強風ながらも距離は170yd超ってところ?(全然飛んでない・・・)

そしてトリをつとめるのはドライバーKURO。
小さな頭はきれいな黒。色々な黒(艶消しとか)が入り混じってとても引き締まった感じ。
フェースはセミディープ、構えても引っ掛かるイメージはないっすね。
ロフトは10度。シャフトは[SMOOTH KICK MP-615D]のSRから。
スペックはまったく分かってなかったのだけどとにかく自分からSRをリクエスト。
程よい軽さとしなりでぼちぼちナイスショット。
ややカチッとした弾き感。最初から軽いドローが打てちゃいました。
少しオープンにしたりクローズにしたりして、意識的にスライスやフックを打ったりしたのだが
フェードがとっても打ち易かったのが印象的。(やっぱ操作性がいいんですね、KUROシリーズは)
などと気を良くしてSにチェンジ。
と。。。今度は右へ抜けだしました。スライスというよりまっすぐ抜けちゃう。。。
シャフトに合ってないんすね。私が。
そこですかさずオノフ営業さん。「こっちにしてみて下さい。」と手渡されたのは別シャフト。
「先調子です。これだといい感じにつかまりますよ。」
ほぇ・・とよくよく見てみたらシャフトコスメに[HASHIRI]の文字が。
ああ。これか。とは[HASHIRI](先~先中)、[SHINARI](中)、[TATAKI](中元~元)
からなるLABOSPECシリーズ。
打ってみてなるほど、わかりやすくつかまりましたわ。
距離も少し伸びた気がするけど、それでもせいぜい190超。。。(強風割引ってことで御容赦)
ちなみに私が打ったのは[HASHIRI:60(S)]で手元がかなりしっかり目。
インチは標準の[SMOOTHKICK]と同じ45インチです。
いいねー。いやはや、なかなかこの組み合わせ(特にHASHIRIシャフト)はアリです。

そんなこんなで久々のオノフ試打でありました。
数年前に初めて試打させてもらった時も感動したけれど、今回も感動。
(じゃあ買えよ)
初めて試打させてもらった時はKURO系じゃなくって赤(タイプD?)だったし、
フォージドアイアンもエライ難しく感じたものですが、
(でもデザインならあの頃のアイアンの方が好きだったかも)
そこそこ年だけは重ねて多少は打たせてもらえるレベルになった!?
ことを勝手に実感した次第です。

いや、真面目な話。
シャフトは何れHASHIRIってのを買ってみたいかもです。
あとはウェアウェイウィングス。これもかなり気になったなー。

【京成杯】
クラージュシチー
ブラックバゴ
タケルラムセス
バルビエール
ナスノセイカン
コスモナインボール

【日経新春杯】
ゼンノルジェロ
コウエイオトメ
アクションスター
ダコール
ムーンリットレイク
トウシンモンステラ

どっちもボックスで。
今年は全然さっぱりで。。。

まっKUROなんだから はコメントを受け付けていません。

【再】ONOFFと書いてオノフと読みます


 

【速報】むろさん、本日残業中・・・・

こんばんは。

何の手違いか・・・昨年の暮れにアップしたブログが消えてました。
(っつぅか自分で誤って削除しちゃったんだな)

ども。こんな昨今だけれど、改めて「ドライバー」で悩んでる手動です。
悩んでるのは「スライス」するから、でもあるけれど
実はそんなことはとりあえずさほどの問題じゃなくって
「次に何を買うべきか」の方で・・・です。

失われたブログを採録しつつ、心はヨネックスに傾きつつある昨今だけれど
いやいや何の何の
「俺はオノフも欲しかったんだよなー」
なんてどーでもいい気分を今一度確認(?)する次第。
(改めて読み返して平凡の尊さをしみじみ実感、つい三か月前の年末の何と遠きこと)

さて。まるで関係ありませんが内田先生が
・寛容 ・臨機応変 ・専門家への委託
の大切を御自身のブログに綴っておられます。
http://blog.tatsuru.com/2011/03/13_1020.php

本当にその通り、ですね。
私の如き立場の人間もこれらのことを肝に銘じなければ、と思いを強くしました。

ではまた。

追伸
こんな昨今ではありますが、先日のキンシャサ(1着)-アーバニティ(3着)は痛恨。
de-do#2共々地団駄踏んで悔しがりました。
そう。こんな昨今だけれどやっぱり(やや意地になって)馬券で一喜一憂するのは
素晴らしい!
そう思う次第です。

追伸その2
コスモバルクがアイルランドでの現役復帰に向けて調整中、っていうんだから
これまた素晴らしい!!
そしてキンシャサはあっさり引退。 うーんこっちは残念・・・・

/**********下記は昨年の12/19頃にアップしたはずのもの、です************/
こんばんは。

ドラコン日本一決定戦に出場した石川遼ってば、なななななんと!
372ヤードもぶっ飛ばしちゃったんだそうで・・・。
すごいねー。あまりに凄すぎてその数字の意味する距離感がピンとこないんだけど。
いやはや、まぁとにかくすげぇでやんす。

どもども、de-do#1の手動「心は既に年末休み」清盛です。

今年も残すところG1は2戦。
(大井の東京大賞典まで含めると3戦?)
何ともまぁ、それはそれは下手糞馬券な一年でありましたなー。とほほ

せめて残り2週くらいは何とかしたいものです。

【朝日杯フューチュリティステークス】
⇒関係ないけどこのレース名、昔の「朝日杯3歳(今で言う2歳)ステークス」でいいんでないの?

◎アドマイヤサガス
○サダムパテック
▲トキノゲンジ
△オースミイージー
△リアルインパクト

◎からの単勝、三連単、三連複、▲の複勝で。

さて、今日も打ちっぱなしに行ってきましたが、何やら背中を痛めた雰囲気・・・
いてて。

そう言えば、ONOFF(オノフ)が試打会やってたのでちょっと打たせてもらいました。
(なかなかONOFFを振れる機会ってないので)

いやー、ドライバーもFWも心地良かったです。
(っつうか生まれて初めての試打でちょっと緊張したっす)

なんて語るほどクラブの良しあしなんてわかってない私ですけど
とにもかくにもONOFFは「かわいい」わけですよ。
デザインに独特な世界観があって前から気になってましたが
実際に打ってみて、より一層惚れ込んだ次第。
何れ買い換える機会があれば是非、ね。

ONOFFの営業さん、どうもありがとうございました。

年末年始も合間を縫って打ちっぱなしっす!
(さすがに元旦だけは休業らしいけど)

・・・って何だか馬券予想っていうよりゴルフの雑談と化してきた風情ですな。でへへへ

【再】ONOFFと書いてオノフと読みます はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ