de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'PGAツアー' (Page 4)

ATHRA


台風。きてますね。こっちでも雨がかなり強まってきました。
西日本でもあちこち大変。(当然にして京都開催も中止)
特にしばらく居座ってた沖縄から鹿児島あたりはえらいことになってましたもんね。。
その後は急加速しちゃったのか、深夜から未明にかけて関東?
明日午後には東北北東(ってか北海道の南東)?
って感じらしいですが、何でもいいからさっさといっちゃってほしいです。

で今日は。
別に台風だからってことでもないですが大量の不要物を整理いたしました。
実は近日中にとある用事があったりする関係で、この部屋の狭い収納スペースを
「何とか拡大せよ!」
との御下命がありまして。「へぇへぇ。承知いたしました。」とついに観念。
ただでさえ狭い収納スペースなのだが、その多くを数年間にわたり占拠し続けたのは
私のガラクタどもの数々。
引っ張り出しましたー。段ボールで7つか8つ。でへへ

隠し続けた(わけじゃないけど)それら段ボールの中身のその大半は「本」。
文庫、専門書、雑誌など。
他にはむかーし使ってたガラケー(のマニュアルや空き箱)やポータブルのMDプレーヤー、
やはりポータブルのDATレコーダ、各種オーディオケーブル類等等デジタルギア物とか。
中にはちびマーシャルアンプ(エレキギターのです)なんかもあったりして。

にしても本。
これらは現在本棚に並んでる、またはそこらに溢れかえってる全体量のほんの数十分の一?
とかなんだけど、とにかく引っ張り出した段ボール分くらいは何とかしないとスペースが作れない。
ってことで思い浮かんだのが某ブックオフの宅配買取ってやつ。(あったまいい!)
雑誌はダメですけどその他の本は漫画(コミック)含め大抵のものはOK。ってことなので。
いくらで売れるか?はまったくどーでもよくって、とにかく「無料で」運び出してくれるのは大助かり。
ってわけで再仕分したのち、段ボール数個分、重量数十キロ(本って重いよね)相当を
持ってっていただいた次第で感謝。どーもでした。
ちなみに運び出された本の大半は、もう二度と目を通すことのない専門書?ばかり。
C++やら、ソフトウェア開発の蘊蓄やら、Webがどうだこうだ、ソーシャルネットワーク云々とか、
なんかそんなんばっかしです。
まぁほとんど値はつかんでしょうな。うひょひょ

しかしね、なんだってこう捨てられないのかねー。と呆れつつ。
色々箱から引っ張り出してくと次々見つかる思い出の品たち。
(このノスタルジーが曲者で、これに嵌って悪戯に整理は進まないのだ)
MD(ミニディスク、覚えてますか?)やら、
DAT(ダット。デジタルオーディオテープ?ってやつですがそもそもご存知ですか?)
やらやら。

他では、昔ちょっとだけやってた一口馬主の証書?なんかも発掘されたりで。
ヒガシオリビアの98・・・のちにラスカシェロスとしてデビュー。
3戦して全着外。さっさと引退。
とか
マーチンミユキの99・・・のちにエンジェルスイートとしてデビュー。
10戦中、2着を5回度!もしたのに結局未勝利で地方へ転厩。
とかとか。
ほんと金もなかったくせに(って今もねーですけど)よくまぁこんなんばかり。
自分で自分に呆れつつ、でもそんな自分がかなり好きだったりもするから性質が悪いっす。

それと。
何てことない雑誌なんだけど「ATHRA」(毎日コミュニケーションズ、現マイナビ)
というスポーツ雑誌を当時(2001から2002)何故だか毎月買ってたりして
それが箱から出てきたでちょっと驚きました。
(若かりし松岡修三や清原和博なんかが表紙を飾ってたりします)
「これもう一回読んでみたい!」と思っちゃったもんだからこれらは処分保留。
ったく。。。

関係ないけどこの雑誌タイトルはいわゆるアスリートからつけたんでしょうけど
今時はごくごく普通に使われるこの「アスリート」なる言葉。
これっていつ頃から市民権を得た言葉なんでしょうね。
(「フィジカル」とか「メンタル」とかも同様、同時期発生的な言い方でしょうか?)
何となく日本がワールドカップへ出場するようになって以降?
とかって気もするけど定かじゃありません。

【マイルチャンピオンシップ南部杯】
◎ ベストウォーリア
○ アドマイヤロイヤル
▲ ランドオウジ
△ コミュニティ
△ ナムラタイタン

って感じでちょろっと買ってみたのだが、◎と○の間にポアゾンブラック?
が挟まってくれたようでまたしてもハズレ。

[日本プロゴルフシニア選手権]
面白かった!やっぱ国内はシニアがいっちゃんおもろいですな。
ってわけで幾度か続いたP/Oは、尾崎ジョー直道が勝ったのでした。
シニア賞金王もとってる彼ですがシニアメジャー制覇は今回が初だったんすね。
渡辺司と室田さんはP/Oに敗れ2位T。(昨年のこの大会でP/Oした二人、ですね)

[フライズドットコムOP]
結局ベ・サンムンが逃げ切ったのでした。2位にはボウディッチ。
松山は昨年同様3位Tフィニッシュでさすがっす。石川遼は19位T。
ところで3日目まで2位周辺で健闘してたのはザッカリー・ブレアって選手。
昨年までウェブドットコムで、今年デビューのツアールーキー?
この人、ちょっと変ったルーチン?の持ち主でスタンスの際に「踊る」んですわ。
ってホントに踊ってはないけれど、何だか落ち着きなく何度も何度もスタンス決めするまでに
クローズに足を揃えたり、オープンに足を揃えたり、スクエアに揃えたり、
これを何度も何度も忙しなくやるわけです。
(解説の田中秀道も言ってたけど一緒に回る人によってはクレームもんのルーチン?)
ってことで覚えておくと面白いかもです。

[サイムダービーLPGAマレーシア]
結局フォン・シャンシャンが勝っちゃった。最終日は63(-8)の大爆発だそうでさすがです。
チェ・ナヨンが6位。リディア・コは8位T。上原16位T。

[スタンレーレディス]
こちらもアン・ソンジュが66(-6)の中爆発。ってかイ・チヒが伸び悩んだのか。
まぁとにかく再び賞金ランキングの首位に。

[トーシントーナメント]
I.H.ホこと、ホ・インヘ?が72ホール最少ストローク記録更新で優勝。
2位にはS.H.キムって人だけど、この人は東海クラシックの勝者ですよね。
ここ最近はなんだかこの二人ばっか映ってる気がして少々。。。です。

ところで先だって。
久々に「かぬまって」みました。
ラウンドの話はともかく、行きの途中はいつもの蓮田SAで一休み。
早朝の鹿沼への道すがらは、このフラワーツリーを眺めつつ一服する。
ってのが何やらパターン化しつつあったりします。
インパチェンスやら何やら数種類がびっしり。けっこう手がかかってますよね。

蓮田SAのフラワーツリー

ATHRA はコメントを受け付けていません。

今日は何の日!?


昔、お昼のワイドショー的な番組(みのもんだが司会をつとめてたアレ?)の一コーナーに
「今日は何の日?(ふっふ~♪)」
みたいなのがあったと思うんだけど、どーでもいいです。

改まって今日は何の日か。
今日は・・・
SLDR Sシリーズ(&SLDRアイアン)の発売日!
毎年7/3が何の日かは存じませんが、今年の7/3であるつまり今日はそういう日のはずです。
そんなわけで週末は近所のGOLF5にでも試打しに行こうかな。
なんてたくらんでますが、まぁとにかく。
(ちなみにちょっと調べたところでは今日はヴァンダレイ・シウバの38歳のお誕生日らしいです)

[SLDR S]
従来のSLDRからカチャカチャがなくなって(もちろん売りであるウェイトのスライダー調整はついてます)
クラウンも白くなって、その他細々変わったはずだけどとにかく「より易しくなった」という理解です。
いつぞやのSLDRの試打ではさっぱりな有様で(de-do#2は気持ちよさ気にぶっ飛ばしてましたが)
すっかり縁遠い存在だったけど、装いも新たにロフトも寝まくって、そして「白」くなって再び興味がわいてます。
特に「クラウンが白い」ことは、未だにRBZのFWを重宝してる身としては、やはりしっくりきますね。
ちなみに米ものはシルバーってかグレーのはずですけど。
(さらに米ものにはSLDRの白クラウンモデルもあったと思います)

ロフトは12度あたりを使ってみたいですね。。。ってまるで買うかのような書き方になってるけど
もし買うとしてもまだまだ先のことです!
今はとにかくCT-112 を使いこなすのが先決で。
距離は確実に(たったの)10Yd程度は伸びたし、長尺の確かな効果を実感しつつはありますけれど、ただ。
まだ安定しないんですわ。。。
バッチリインパクトしてややドロー4 : どフック:4 : 右へすっぽ抜け2
とかそんな感じ。
なまじっか「飛ぶ」って思っちゃってるが故に、妙に力が入っちゃうんすかね。。。
あとは打感。弾き感?これは今まで使ってきたどれとも違うものなので「こういうもの」と馴染むしかねーですな。
で、何でしたっけ。あーSLDR Sでしたね。
とにかくちょっと打ってみたい気がいたします。

[SLDRアイアン]
こちらも本日発売。かっこいいです。見た目は相当かっこいい。ってか手動の好みです。
フォージドじゃないけど、薄さや小ささがちょっと誤解させてくれるくらい「美しい顔」をしてます。
(のようにカタログでは見える)
あとは標準シャフトにNSの930。という市販950よかもう若干だけ軽めのシャフトが挿さってるのも心惹かれます。

とは言えアイアンは、年始のAP1のこともあり(多少の試打までしても)その実用上での相性の難しさを痛感したばかりなので
「いつか買う!?」とは思わないですが、でも打つだけは打ってみたいですね。
と。テーラーメイドが無料レンタルしてるんで興味のある方はどうぞ。

http://tmag8624.jp/tm_japan/fitting/sldr_irons_set_rental.html

そしてそして。「今日は何の日?」とは一切無関係に、相変わらず迸り続けてる興味をダラダラ。。

[VR_S COVERT2.0]
のドライバーがほしい!
と、こっちはかなり明確な欲求がありまして。
いつぞや試打した感じの「おお、かなり易しいぞ」という好印象もあるけれどそれより何より、
やはり先だってミシェル・ウィーの全米女子勝利でより興味が高まった。のかも。
あの体型とあのスイングだから、のかっこ良さではあるのだが
(私てきにはタイガーよかマキロイよかこのドライバーとカラーリングは彼女が最も似合ってる、って思えます)
でもやっぱり改めて「かっこええわー」と思っちゃいました。
まぁ何れ安くなったら。。。の話だけど。

と、安さと言えば得意の米ものでも。とも思うんだけどちょっと自分には重そうな気もしたりして。。
和もの308g(標準Sシャフト)に対して、洋もの320g(標準KUROKAGEのSシャフト)ってことらしいです。
そう、そして洋ものの方はスウォッシュが赤(和ものは黒)だったりするのでその点でもポイント高し。
(細かい点では洋ものはキャビティバックのえぐれが鋭角?というかフェイス近くからえぐれてる、など)
と考えると洋ものでもいいかーとなるけど(だからまだ買わないんだっての)
そうすっとシャフト換えたくなっちゃうのよねー。
ただいま休養中のD201のATTAS4Uでも挿しちゃおっか。。。なんて妄想は広がるけど
この人にはカチャカチャが必要だからスリーブを単体で買ったりとかするとけっこう嵩みますな。
と、そういう意味でも安いものを(洋ものでも)。とも思うけど別に私くらいのレベルなら和もの純正でも十分か。
とも思うのでその辺の価格差(シャフト換えるつもりの洋ものVS換えないつもりの和もの)で考えなければいけませんね。
ってまだ買わないんだけどさ。
あ、洋ものと言えば。。限定でマットブラックモデルもありますね。
って、コバートが黒くてどうする?という話もあるけど、黒は黒でかっこいい(と画像だけでしか見てないけど)。
でもね・・・何だかPINGのiシリーズっぽく見えちゃったりもするんすよねー。
なので私てきにはやっぱし赤だーね。

[X2hot]
ドライバーもほしい!
かも知れない。。ほんのちょっとだけ。。
と、こちらは明確に洋もの限定です。何がいいって私はロゴのカラーのオレンジ(和ものはイエロー?)が好き!
ってそれだけじゃなくって標準シャフトがALDILAのツアーブルーってのが嬉しいです。
あのアルディラにしては(ってVooDooとかしか打ったことないですけど)何だかやわやわのしなり感がいいです。
とは言え、こっちの欲しさは「いつか中古で・・・・思い出した頃にお金があれば」くらいの程度でして、
やはりコバートへの情欲!?に比べたらごく微弱なレベルなんすけど。

[SLDR S]もう一回。
くどい!
すみません。。あくまで試打してみてからの話ですが。。
恐らく重量帯だけなら和もの純正S(TM1-414)で十分なんだと思ってますが
場合によってはMotoreSpeederのVC5.1でもいいかもよ。と。(少なくともトルク感は違和感ないはず)
とは、手持ちのVR PROに挿してるシャフトのリユースを前提にしたファンタジー。
っと。。。そのVR PROはまだ本番使いが一度もないのでこれも一回ラウンドで引っ叩いてみたいと思ってます。
練習場だけならけっこういい感じのフェード(若干クローズに設定しても、ですけど)でそこそこ飛ぶのですが、
いかんせん、やはりあの打音の甲高さが微妙!?(以前持ってたSTR-8に比べりゃかなりマシとは言え)
で練習場でもちょっと遠慮気味にしか打ててなかったりして。。。えへっ

[200STEELアイアン]
とは福岡常備用のそれ。(その後も知人1号宅の玄関の隅に置かせてもろうてます)
福岡へ渡ってからも数度、こっちでもたまに使ってはいましたが、なんと表現していいのか。。。
とにかくとってもすんごくVery「しっくり」くるんすよねー。この人が。
なんで?
フェース形状の(いい意味での)中途半端さがいい?フェースの材質?純正シャフトのせい!?

今では競技での使用は禁じられてる非適合規格なこのアイアンだったりしますが・・・
って間違っても私は競技なんぞにゃ出ない(レベル低過ぎて迷惑かけちゃう)から関係ないけど
・・・確かに何が幸い?してんのかやたらと飛ぶんすよね。
で、ただ飛ぶだけじゃなくて、これまた打感が微妙に中途半端な感じでそこがまた好きなんすわ。
(褒めてる?貶してる?)

とにかくこの人の#3(20度)にいたっては、真芯で捕らえたりしようものなら(?)
今使ってるX2hotの#3UTに匹敵するくらいの飛距離が楽に出ますからね。(さすがに弾道の高さは及ばないですけど)
一口にキャビティと言っても様々ですが、今も使ってるVRProCombo(ハーフキャビティ~#7、#6~ポケキャビ)だって
こないだ使ってたAP1(デュアルキャビティ?)だってみなキャビティな人たちなわけだけど
この易しい名器!?の200STEELアイアンのハーフキャビティもいい感じなんですわ。

と言ったわけで、もう12年も昔のものですが、次回の往訪時には#3から#5あたりを持ってきて
せめてシャフトは・・・NS850くらいの軽量でも・・・スチールにして、若干の飛距離を犠牲にしつつも
安定した番手+αの距離と方向性の良さは十分普段のラウンドでも使えそうなので
今の手持ちとミックスさせてちょっと使ってみたいなー。なんて思ってます。
(よく言えば探究心だけど、まぁつまり興味本位だけの果てしない思いつき欲求です)
というか、この人の何がこんなに私を「しっくり」とさせるのか、そこを突き詰めたいですわ。
そこが分かると今後のクラブ選択の大いなる参考となるんだと思うんですけど。。。

以上、空想でした。

[長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2014]
などと正式大会名称をコピぺしたらけっこう長い名称だった。
石川遼&松山英樹、両名国内揃いぶみは昨年暮れのカシオ以来!?で楽しみ。
どっちかって言うと石川遼を応援してますが、たぶんまた私のよく知らない選手があれれっと勝っちゃう?
なんて予感もしてたりして。
もちろん参加してる限り、どなたでも勝つ可能性はあるしそもそも勝つために必死でやってんだから
そんなのは当然なんだけど、でも。
でも。

女子のは毎週それなりに面白く見られるのに、どうして男子は。。。
的なささやかな疑問に取りつかれてる昨今。
私はAONの時代とかまったくゴルフに興味がない人でしたが、それでもスポーツニュースなんかで
「また尾崎、また尾崎。たまに中嶋。ちょっとたまに倉本。でもやっぱり尾崎は弟だって強い!」
くらいの印象がありまして、結局のところ誰かが飛びぬけて強いとそれはそれでつまらない。
と思う反面で、アンチファン的な要素まで考えたらやっぱり誰か。「いまどきの男子ゴルフと言えば◎◎◎!」
みたいなね。
なんかそういう側面が薄いのかな。と。。。こないだアン・ソンジュが勝ちそうになって痛感しましたわ。
(変な例えだけど子供の頃の北の湖なんかは完全にそういう対象であり続けたし、だからこそ相撲も見続けてた)

別に女子だって賞金女王は毎年違ってるけど、何となく(テレビ局的配慮や意図もあり)
毎週上位にいるべき人がいて、露出もされていて、そこに誰か割ってはいる。のような。
(ところが割ってはいるのが毎回異人さんばかりだとそれはそれでつまらなくて・・・でもまた日本人選手を応援する?)
実際問題、あんだけブームを巻き起こした宮里がいなくても、やっぱり全然人気ありますもんね。

と。
じゃあ手動の大好きな米PGAはどうよ?となるけど、ううん。。。
確かに毎週タイガーやミケルソンが上位にいて、って時代じゃないんだけど。
週替わりヒーロー?だってこっちの比じゃないくらいもっとたくさんいるんだけど、
でもやっぱり向こうのは一年を通じての「Road to ツアー選手権」みたいな流れもあったり、
途中途中に問答無用のメジャーもあったりするし、そういう意味では新陳代謝の凄まじさ?
と言うか競争倍率の高さ?などなど。なんかちょっと違うんすよね。
(って違う国の違うツアーなんだから比較することにさほども意味がない)

と言うわけで、ここ数年だけなら藤田や小田(せいぜい池田)が安定して上にはいるんだけど、
でも、そこが凄い高い壁になった上での競り勝った優勝!って感じもしないんすよね。
何だか毎大会がどれも別個のもの。って風に見えたりもして。

原因は様々見方があるのでしょうが、やっぱり)試合数の少なさが引き起こす悪循環?とも思います。
間が開くことで、見る側の「一年を通じて追ってる」感みたいなのが余りに途切れ途切れになって
(確かこのセガサミーの後って8月末のKBCオーガスタまで空いちゃうんじゃ・・・)
そしてそこに加えて何だか毎週違う人が勝って(よく知った名前もそうそう毎回上位で安定してるわけでもなさそうで)
という、やっぱりスパイラルなのかも知れませんな。
少なくとも「宣伝効果」のシミュレーションがひじょうにし辛い状態(=スポンサーしてもね・・・)なのかな、と。
そう考えるとやっぱり石川遼とか松山英樹の実力とタレント性ってやっぱ飛びぬけてる?
とも痛感するわけですが。
などと、ないものねだりはお終い。

でやっとこさセガサミーの第1R。
石川遼は-2で12位T。まずまずの出だしでよかったです(初日が鬼門?傾向が強いので)。
嬉しいことに北海道に定住してくれる(?)・・・は冗談ですが、もう全米プロまでは渡米もせず
ずっと北海道でスイング改造に取り組むんだそうです。
北海道で美味い物をたくさん食べてどうか鋭気を養ってほしいわけです。
そして松山英樹。こちらはEパーの39位T。
こちらも尻上がりに調子を上げるのでノープロブレム!?
首位には-6で頭一つ抜け出たデビッド・オーって人、2打差2位Tにはハン・リー、山下和宏、藤本佳則の他、
正岡竜二って人と佐藤圭介って人。
そして昨年の覇者で今回連覇すると特別ボーナス2000万かなんかもらえちゃうらしい薗田は+1の59位T。頑張って。
そう薗田と言えば。先だっての「ゴルフの真髄」で見ていて、思いのほか(!?)
NIKEウェアーが様になっててかっこよかったですね。

[グリーンブリア・クラシック]
今年もやってきました。グリーンブリア。
グリーンブリアと言えば7月だーと思いつつ、震災後の最初の夏とその喧騒に記憶を馳せてしまいます。

先週ジャスティン・ローズとのP/Oで惜しくも敗れたショーン・ステファニが今週も出場。
やはり先週、最終日に首位から陥落した・・・
と言ってもコングレッショナルCCは何度か全米OPも開催されてる、やたら厳しいコースなので
むしろ3日目まで首位でいられたのが凄いとさえ思うけど
・・・パトリック・リードも出ます。
そしてそして。
わたしが米PGAツアーに嵌るきっかけとなった選手の一人、2011年この大会で初優勝のスコット・スタリングス。
昨年の覇者ジョナス・ブリクスト、そしてジミー・ウォーカーと同組です。
ババ・ワトソンはJ.B・ホームズ、ブレンドン・トッドの今年のツアー勝者の一行で。
一方、同じワトソンでもトム・ワトソン先生。
今大会(の開催コース、グリーンブリア・オールドホワイトTPC)の名誉プロであり、9月には65歳!
って年のことは関係ないけど、キーガン・ブラッドリー、ウェブ・シンプソンと回ります。
一昨年の覇者テッド・ポッターJrは、P・モルダー、何だかずいぶん音信不通(?)なカイル・スタンリーと。
と、スタンリー。この人もやはり私がPGAツアーへ嵌るきっかけとなった一人なのですが
今年はいったいどうなっちゃてるんだろう。。。
詳細は割愛しますが、決勝ラウンド最終日をプレーしたのが7回。うち50位以内のフィニッシュが・・・0回。
う・・・・。
とにかく頑張ってほしいっす。

最近ずっと好調のですな。
☆K.J.チョイ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.74)を参照
・Callaway BIGBERTHA 9.0
・Callaway BIGBERTHA 15.0
・Callaway X2HOT #3UT 19.0
・PING i2.0 #4~W
・Titleist Vokey SMCC 50
・ミウラKJプロトタイプ 54
・Titleist Vokey2013プロトタイプ 59
・ODYSEY VERSA #7H
・SRIXON Z-STAR

スパティフィラム
サトイモ科だそうです。
ずいぶん昔からあって忘れたころに?こんな可愛げな花を咲かせてくれます。
花言葉は「清純な心」「爽快」だそうだけどまったく私には無縁・・・ですな。

スパティフィラムはサトイモ科

今日は何の日!? はコメントを受け付けていません。

ミケちゃん、ついに!?


雨降り過ぎ。そりゃ梅雨なんだから。
ってことなんだけど、でもほんとに苦手なんすよね。
今時期のこの湿気。。。どうにもこうにも辛いっす。
なんてこぼしたところで相手が自然様じゃ致し方なく。
植物なんかにとってもまさにこの時季は恵みのときでもあったりするわけで。
拙宅のベランダ植物どもも一層めきめきと緑を濃くしております。

【関東オークス】
昨日川崎で行われた交流重賞。
最近は競馬への興味そのものが低下傾向にあって(なんてダラダラ買い続けてはいますが)、
まして地方においては言うに及ばず。。
この戯言のカテゴリも「馬いっしょ的農水省への寄付」だったりするけど
「下手糞ゴルフの地方税への貢献」のようなタイトルに改めた方がよほど現実的か。
とか何とか、確かにゴルフ場利用税の負担だってバカにはならんわけですが。まぁいいけど。
と話は逸れましたが関東オークス。JRAの馬(ウィリアムズ騎乗)を本命に、
やはりJRAの馬(武豊騎乗)と兵庫の馬と高知の馬へ・・・って1頭も名前を覚えてない
・・・流したら兵庫の馬※が2着してくれて配当もちょこっとついて良かった。良かった。
※トーコーニーケという馬名らしいです

さて先週末は

[フェデックス・セントジュード・クラシック]
ベン・クレイン。最終日も結局まんまと逃げ切って見事優勝。
お世辞にも「快調な逃げ切り」って感じじゃなかったけど下が追いかけてこないんじゃ。。。ね。
まぁ何にせよ良かった良かった。(HUGOBOSSのウェアもかっこよかった!?)
☆ベン・クレイン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.74)を参照
・Titleist913D2 8.5
・TaylorMade RBZstage2 14
・Titleist910Fd 18
・Titleist910H 21
・Titleist712Uフォージド #4
・Titleist714AP2 #5~PW
・VokeySM4 56/60
・Odyssey ホワイトホット#5
・ProV1x

クレインの久々の勝利でゴルフボーイズも安泰!?
とゴルフボーイズいえば、ワトソン。ファウラー。クレインときて。。。
ん!?そう言えばメイハンってどうしたんだ!
となってしまうけど、2014年シーズンはここまで・・・

[ファーマーズインシュランスOP]
47位T。(優勝はS・スタリングス)
[ウェイストマネージメントフェニックスOP]
★4位T。(優勝はK・スタドラー)
[AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ]
★6位。(優勝はJ・ウォーカー)
[ノーザントラストOP]
52位T。(優勝はババ)
[WGCアクセンチュアマッチプレー]
★9位T。(優勝はJ・デイ)
[WGCキャデラック選手権]
★9位T。(優勝はP・リード)
[アーノルドパーマー招待]
棄権。(優勝はM・エブリー)
[シェルヒューストンOP]
31位T。(優勝はM・ジョーンズ)
[マスターズ]
26位T。(優勝はババ)
[RBCヘリテージ]
予選CUT。(M・クーチャー)
[ウェルズファーゴ選手権]
50位T。(優勝はJ.B・ホームズ)
[ザ・プレーヤーズ選手権]
予選CUT。(優勝はカイマー)
[クラウンプラザ招待]
60位T。(優勝はA・スコット)
[ザ・メモリアルトーナメント]
28位T。(優勝はヒデキ・マツヤマ。。。ってか松山英樹!)

って感じで前半は4度の★トップ10入りもあったりしますが、ただ棄権して以降がやや精彩を欠き!?
に見えなくもないけれど、でもこの人はとってもとっても上手い選手なので全米OPでの活躍に期待です。
ちなみに予選では、F・モリナリ、J・ドナルドソンとの組み合わせでしぶい面子ですな。

久々、本大会を終えての松山英樹のスタッツです。
[PGA TOUR]Statistics
FedExCup Season Points
⇒16位。(45位)
Money Leaders
⇒18位。(51位)
Driving Distance
⇒46位/295.0Yd。(68位T/291.9Yd)
Scrambling
⇒23位T/61.51。(165位/53.93)
()は石川遼。

[ライオネスオープン]
ミカエル・ルンドバーグ(ルンドベリ?)が優勝。
P/Oで敗れた自国ベルント・ウィスバーガーが2位。
ちなみにウィスバーガーは今週の全米OPへオーストリア人としては初めて出場するんだそうでめでたいです。
(関係ないけどオーストリアって言うと、セナの相棒だったベルガーを思い出します)
ルイテン3位。ヒメネス翁は猛追及ばずの5位T。

[リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ]
やや変則レギュレーションによる2人1組フォーボールの競技。だそうです。
優勝はフレッド・ファンク(とスルーマンのペア)。と言ってもよく知らないのですが。
なんでもザ・プレーヤーズ選手権を当時最年長(48歳かそこら)で優勝したんだそうで「そりゃすごい!」
と思ったら身長も170cmそこそこらしく「おお、それもすごい!!」と思ったら、
更に人工関節置換手術までして今も第一線で活躍中というから「おお、やっぱりすごいじゃないか!!!」
という、どうやらそういう人らしいです。

[マニュライフLPGAクラシック]
S・ルイスに世界ランク1位を明け渡したと思ったらすかさず優勝しちゃうインビー・パークはさすが。やるね。
クリスティ・カー2位。シャンシャン3位、コ4位T。ミシェル・ウィー、ステーシー・ルイスは6位Tフィニッシュ。
賞金ランキングではルイスが首位(世界ランクでもまだ首位)、ウィー2位で変わらず。

さてさて。いよいよ[全米オープン]。
楽しみです。(現地は既にスタートしたようです)
なんといっても松山/ファウラー/スピースのパーティーが面白そう。
この組だと、あのファウラーですら大人びて見えちゃう!?
ほか日本人選手では谷口、宮里兄、矢野なども出場。がんばって。
そしてそして。キャリアグランドスラムに王手をかけてるフィル・ミケルソンのプレーにも大いに期待です。
ペイン・スチュアートが残した「次はきみ(ミケルソン)が勝つ番だ」の言葉に
そのパインハースト#2で答えることはできるでしょうか。(ってホント感情移入しやすいエピソード)
グリーンは毎度の通り(ここに限らずメジャーならどこが会場になっても)うんざりするくらい難しいようです。
7500Yd超もあってパー70の設定で、グリーンが御椀うぃひっくり返したような形状ってんですから、
もう何だかたまらんですな。

唐突ですが手動のニューウェポン。

秘密兵器

フォーティーンのCT-112。の中古品です。なげーでしょ?ははは。長いんだ、これがまた。
でも振ってみるとさほどにその長さ自体は感じなくて、どちらかというと
「ヘッド小せぇわー」って感じます。(つまり同じ意味か)
シャフトは純正SRだけど私如きには十分しっかり感のあるシャフト。
もともとが45.5インチ以上ばかし使ってることもあり「何とかなんだろ?」くらいにたかをくくっていたけれど
何の何の。そうは問屋もおろしてはくれませんなんだわ。うひょ
最初は少し振り遅れてたみたいで悉く右へすっぽ抜けちゃったけれど、そこで長尺用のちょっとしたコツ・・・
・ややクローズに
・ややトップをコンパクトに
・とにかくレベルにスイング
(最近雑誌か何かでたまたま読んだような気がするのだが定かではないです)
・・・みたいなのを思い出して、それを意識したら何とか捕まえられるようなりました。
距離もそれなりには伸びてくれて面白かったです。
何とかこいつをモノにして、恩人1号&2号との次のラウンドでは悉くオーバードライブしてやるぜ!
ってな野望に燃えておりますが、とにかく練習あるのみです。

と。フォーティーン左隣のアイアン(逆さに立ててるやつ)です。
これも最近調達したVR_S Covert2.0フォージドの#4アイアン。(USものだけどNS950が純正)
こっちは秘密兵器でもなんでもなく単なるコレクション。完全な「趣味」ですな。でへへ
以前試打した和ものの打感がどうにも忘れられずについ。
特に本番では使うつもりはないけれど(だって#5アイアンでさえUTにしちゃおうか考えてるくらいですからね)
練習時だけはバッグに入れて一応練習だけはするわけです。
(打ちっぱなしでならロングアイアンもそこそこ気持ちよく打ててるので楽しい)
何れ機会があれば近所のショートコースあたりでは使ってみたい気もしますが。
と。更にその左にはBURNERレスキュー2008の#4UTです。(NS850FWを挿した)
これも先日の北海道では大活躍してくれたのでした。

ところで。。
過日むろさんがアップした「ゴルフにも行ってきた♪」。そこにこんな一文が。

【スコアは・・・ 途中から記録するのをやめちゃったのでわからないのですが、130~150の間くらいでしょう。(すっげー適当ww)】

私はスコアカードへもれなくつけてたのだけど記入ミスがなければ「124」のはず。
ってわざわざ書くほどでもないけれど、とにかく130以上も叩いちゃないからね、
とは、この場を借りてのむろさんへの伝言。
まぁスコアはともかく、むろさんのあの「7鉄のキレ」・・・
(ってかSWを除けばアイアンは#7しかバッグに入れてないというツワモノむろさんなので)
・・・は確かに今回は影を潜めてましたな。
次回にはまたあのキレキレに切れた「7鉄のキレ」を是非取り戻しといてほしいところです。
もちろん私も研鑽に励む所存。

脈絡なく。
北海道新幹線が2016年春に開業。というからもう2年を切ったのですね。
そうか。北海道を新幹線が走っちゃうのだね。すげーことです。
何年か前?あたしゃこの話を知った際に当然に函館本線~室蘭本線を経由して札幌へ。と思ったのだけど
いやいや、札幌へは日本海側?をから行くんだわさ。のような話を聞いてちょっとがっくりして
(もし室蘭に新幹線が停まるなら一度は乗ってみようと思ったから)それ以来完全に忘れておったわけです。

そんな中、「終着駅は『新函館北斗』に決定」のような記事を何かで久しぶりに思い出したのだが、
この「終着駅」とい言葉に再び驚愕。
え?終着ってまさか・・・札幌までは行きませんよ系新幹線なのか?と。
詳しくは存じませんが、どうやら行かないみたいですね。むむむ
まぁそれはともかく、青函連絡船って復活しないんだろうか。。。とそればかりを懐かしんでしまう手動なのだ。

コディーノ
私が応援しはじめてから(朝日杯から?)ぱったり勝てなくなってしまったコディーノだけど
体調が急に悪化したそうで安楽死とはちょっと悲しい。まだ4歳なのにね。早過ぎだ。。
冥福を祈ります。

ミケちゃん、ついに!? はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ