de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '未分類' (Page 37)

光と影

7月 20th, 2012 Posted in 未分類

以下、すべて例え話。そして駄文。っていうか毎回どれもが駄文。

例えば毎日御飯を食べさせてくもらうということについて誰かさんと「契約」を結んでいて
けどある日突然、意図してか、または何かがあったのか、とにかく反故にされてしまった。
つまり御飯を食べられなくなったってわけ。困ったね。
そこで訴える?契約違反だろ、って。
そういう措置は当然にとるんだけど、でもやっぱり当面は御飯は食べられないわけだ。
(賠償を命じる判断が下されたってそれでも食えるかどうかは別問題)
だったらとりあえずは他に契約先を探しゃあいいか、ってんで探すけど、
どういうわけか誰ももう契約なんかしてくれない。
じゃあとにかく買い出しにでも行こうか、ってことになって買い出しに行く。
ところがこれもまた困ったことに、諸般の事情で入手が困難になりつつある・・・・
これも困った。
「一体どうなってんだ!」なんて叫ぶけど、誰かに文句を言うけれど、でもやっぱり御飯にはありつけない。

好きに使える畑が偶然にも家の裏にあったとしよう。
いつ実るともわからない作物をその畑で育ててみるか・・・・・と思えるか。

まったく滑稽な仮定。けれど案外そうでもない気がしてね。

不幸にして自分の子供が学校で虐めにあった・・・・とする。
親が「学校さえしっかり見てくれていれば・・・・」なんて言う。
そうかもしれない。でもそうじゃないかも知れない。

学校は「すみませんでした」、教育委員会もそういった。「今後は監視を徹底します」と。
契約ではないけれど(まぁ私立ならそういう要素もなきにしも、か)
でも、親は何がしかの「覚悟」とかをもって、愛する我が子を預けるのだ。一定の時間。

学校の先生が「どうしてもわからない頭の悪い子に」注意の意味で手を挙げてしまった。
その子の本当の頭の悪さはわからない。先生の言い分の正当性もはだれにもわからない。
原則として義務と責任は一致しているはずだからして、そこは・・・悩ましいな。
一方、子供が常に真実を語るのかと言えばそこは大いに疑問が残るよ。
少なくとも「むかし、子供だったことのある」いま大人、の人、なら、その疑問は容易に想像できるよね。

でも、やはり単に先生がイカレテいて手を挙げたのかも知れない。誰にもなかなかわからない。

事の真偽はともかく。とにかくそれを問題視した親は昂然と「けしからん!学校は何をしてるんだ!」と怒る。
そしてやはり学校は「すみませんでした」と深ぶかと頭を垂れ、
教育委員会も「今後は監視を徹底します」と、きっと言うだろう。

不幸にして原発が事故を起こしてしまった・・・・とする。
誰かが「電力会社や政府さえしっかりしていれば・・・・」なんて言う。
そうかもしれない。でもそうじゃないかも知れない。

電力会社や政府は「すみませんでした」、何とか委員会もそういった。「今後は監視を徹底します」と。
契約ではあるのだ。一応。一人ひとりは詳細を知らない(知ろうともしない)けれど
使用に関しての約款を前提に、そして利用料金を払うことになってる。
でも、我々は何がしかの「覚悟」とかをもって、安定した生活と明るい未来のために電気を利用するのだ。
ほぼ一生。

電力会社と政府は「どうしても電力の安定供給が賄えない、停電でもしたら生命にかかわる」
そう言って再稼働を決断する。その正当性はだれにもわからない。
単に電力会社と政府がイカレテいてただ再稼働したのかも知れないがでも誰にもなかなかわからない。

それを問題視した電気利用者は昂然と「けしからん!電力会社と政府は何をしてるんだ!」と怒る。
けれど、電力会社と政府は「すみませんでした」と深ぶかと頭を【垂れない】。
そして何とか委員会は「今後は監視を徹底します」と言って【胸を張る】だろう。

引き続きだらだらと例え話。そして駄文、まだ駄文。

自分の見えてる側だけについて「アレが悪い」と断定する。みな同調してそうだそうだとそれを制限する。
自分の見えてない側からは違う問題が提起されるだろう。「で、コッチはどうするんだ?」と。
皆が皆、「じゃあ今度は(見えてない裏側にある)コッチを制限するぞ」となる。
自分自身は何事にも関与することなく、でもアレもコッチもを制限してしまって
そしていつか、自分自身に息苦しさがふりかかる。
そうするとまた「アレもコッチもないと何だか息苦しいぞ」と誰かが(恐らく自分も)言う。
あ~あ。めんどくさい。

何か放棄してないかね。

発電所は自分が建てたんじゃない、知らん、関係ない。だからけしからん。
気分はわかるけどね・・・でもそれじゃやっぱり話は何も前には進まない。それも困る。
困るしとにかく。
今現在、たとえば被害を受けてる人についての今後どうあってもらうのか、
みたいな話とさ、こういう話とは絶対に一緒くたにしてはいけないよ。
異なる次元で「困る」ことが多発するぞ。

こういうときに、官邸前や電力会社のオフィスビル前で「はんたーい」って言うのも好き好きだ。
でも
「そういうことよりか、まずは家の屋根にパネルでもつけて少しでも自家発電しとこうかね」
なんて思って行動できる方が物事は遥かに前進するんだと思うのだね。

「じゃあ、うちだけでやっても知れてるからこの辺りの家や建物、全部で」
なんて思ってあちこちに働きかけてる人は尊いし素敵だろ。(それが営利企業の営みだったとしても)
まぁ、これも好き好きだけどね。

物事には光と影があって、表と裏がある。
学校が子供の面倒をすべて見るなんて絶対にあり得ない幻想を抱くのも人なら、
その幻想を膨らませたのも人。
どの道、親がどうにもならないことを他人は代わってはできないだろうに。
いじめなんて何歳の子供がやったって愚の骨頂、アホだ。バカ過ぎる。ほんと腹が立つ。
(やられるのが絶対に許せないなら、やることはもっと許せないだろ)
そもそもそっちにだって親はいるだろうに。
子供に「学校なんか行かなくったって全然いいんだよ」って言ってあげる対応はナシか。

契約だろうと、そうじゃなかろうと、とにかくある日突然、「反故にされる(虐められる・事故が起きる)」
ってことは起こりうる。あっちゃいけなくたって起こることは起こってしまうのだ。
起こった原因は可能な限り理解されるべきだし、妥当な(←ここが大事だと思うけど)対策もされなきゃダメ。
でも。だからと言って光も影も消すような方向に、短絡的に向かっちゃ気持ちが悪いよ。
誰かに文句は言うにせよ、でもそれだけじゃ辛いものね。
やっぱり御飯食べたいなら(どんなにそれが飛躍してるように見えても)畑を耕すことに
心と身体を向けていかないと。

いつまでもあると思うな・・・学校や発電所・・・・か。
行政がやってることだから、国がやってることだから、制度上そうだから、
そういうことはそれでいいけど、でもどこかにちょっとだけ
「やってもらってる」
って思いも生かしておかないと、どれもが死んじゃうよ。
誰が主体で頑張ったにせよ「そんなに虐められるならもう全部やめますわ」なんて言われたら辛い。
(むしろ割り切って「ただ頭下げときゃいいんだからさ」なんて影でベロ出せれてたらもっと辛いね)

以上、長々と意味不明な例え話ですまぬ。ひどい駄文ですまぬすまぬ。

さて。全英OP二日目の放送が始まったー。
石川遼も藤本佳則も62歳のT・ワトソンも、そして(初日首位だった)A・スコットも皆頑張ってくれ。
想定した一打の結果が想定外だった時でも、そのギャップに焦らず怒らず冷静に対応している
そんな貴方達の姿が大好きなのであーる。

 

光と影 はコメントを受け付けていません。

鷲別の海とパチンコアイドル跡地

3月 24th, 2012 Posted in むろさんが行く, 未分類

なんだかまた急に雪がモッサリ降りましたね。
そろそろ春になりそうな気配だったのに、また雪が降り始めると、「もう雪はもういいよぉ・・・」
って思います^^;

ども^^ むろさん です。

先週ちょこっと散歩した時でも載せちゃいましょう。

迫力のある波の写真を撮りたかったのですが、なんかイマイチねw

海って、ずーっと見てても飽きません。

あまり近づきすぎると危ないので、程よい距離でまったり座り込んで何枚も写真撮ってました^^

んで、海岸沿いを歩いていたら・・・ 怪しい建物があったので近づいてみたら。

こんなんありましたwwww

すいません・・・ 下ネタでしたwww

黒くマジックで塗りつぶされているところをみるとうっすら「アイドル駐車場」と書かれていたので
ずっと前はパチンコの駐車場だったんですね。 アイドルが潰れたのって何年前なんだろうね。

いまは、その跡地は倉庫みたいに錆びれてますが、怪しい大人のビデオのお店になってるようです。
(大人のお店には怖くて店内に入れなかったです;;)

それにしても・・・ これって・・・ きっとイタズラでしょうね・・・

これを見た瞬間「プププッ!w」とふきだして笑ってしまったんですけど
改めてみると、なんとも切ない光景ですね^^;

鷲別の海とパチンコアイドル跡地 はコメントを受け付けていません。

パルコ入口に紐解かれた曖昧な記憶の断片ども

3月 13th, 2012 Posted in 未分類 Tags: ,

むろさんが書いてくれた「パルコ入口」。いろんなことを思い出させてくれたよ。
時間軸も場所もバラバラだけど思い出すままに挙げてみるね。

みよしのって餃子屋さん。パルコのある交差点、中島湯の並びくらいにあったんだっけ。
ドラゴン(ビル)  パルコ横の細長いビル。上が模型店だったかな。
下にはニッチク?なるスポーツ店があったような・・・・
あと向い側にはペットショップなんかもあった。はず・・・・(エルム楽器はいつからあったっけ?)
それと中島入り口付近だったか、かなり昔に釣り堀なんぞがあったように思う。(なかった?)

阪神とかってゲーセン。
ずいぶん後のことだけど一瞬ロッテリアなんかもあった。
村さ来はいつも賑わってて、オーケー牧場ってのもあった?
アメリカンファム!?・・・とかってジーンズショップ。

ハッピートークって玩具屋、っていうのかほぼ雑貨?(前のソニープラザ風?)
長崎屋の上(3F?)にはソフトクリーム屋があったか。

ブルツー(ブルータス2世?)はディスコ?(パブ?)。

以上、昔の東通りから中島中心くらいにかけてだらだら思い出すがまま。。

以下、宮の森から知利別。

知利別小学校のグラウンドのはずれに羽衣湯とかって銭湯・・・はあった?
らくさん公園の横には何とか湯?(鉄の湯?ちがう?)
キンコー通り(ってさすがに今は言わない?)には金港ってお菓子の工場があって
シュークリームとか乳製品とか色々作ってて、いつもいい匂いがしてた。
寿橋方面にかけては、内山商店ってタバコ屋があって隣が高木酒店。
通りの向かいには万福?って食堂。爺さんと婆さんが頑張ってましたっけ。
名前忘れちゃったけどその”まんぷく”の並びにおもちゃや(プロモデルとか花火とか駄菓子とか)もあった。

そこから少し神社方面に向かうと上田酒店がって(今のセブンイレブンね)、向かいは梅村商店。
その向かいには糸満?とかって手芸店とか床屋もあった。
あと、かつやって食堂が工業高校の真ん前にあった。

それと、宮の森生協ね。関係ないけど宮の森パワーズって軟式野球チームもありました。

他、映画館は中央町にはたっくさんあったし中島にもあって、東町のはポルノ専門だっけ?

他他他。
中嶋神社坂下には毎年夏祭りのたび、長い長い露店が並んだっけ。母恋も御崎も輪西もどこも凄かった。

更に。もう特定の場所とか無関係に脈絡なく芋づる式に思い出す光景は下記みたいなこと・・・

授業前の教科書の貸し借りと、借りた教科書への落書き。
ジャージの貸し借り(何と不衛生な、でもそれが当時の中坊や高校生)。
授業中の折り手紙の回覧にドキドキ。
好きな女の子(女子は男の子へ)の自宅への電話。あの緊張感ったらもう。ね?
(でもそこまでして目当ての本人に繋がった時は幸せだったよね)
ちなみに手動はモテたのでもっぱら電話はもらう側でした。
あと、交換日記か。

さらに脈絡なく・・・・
小学校の頃、空が突然真っ暗になって火山灰が降ったっけ。(有珠?)
やはり小学校の頃、毎冬グラウンドに作られてたスケートリンクに授業中地震があってひびが入ったりね。

冬と言えば、あのだるまストーブの理不尽過ぎる寒暖差?不均衡?
前の席に座ったら最後、死ぬほど熱いんだもん。

あーあ、どれもこれも・・・・。か。

無知で金欠で友達とのいさかいが尽きなくて、好きな女に告白して(たまにフラれたり)・・・
ってどれもがパワーっす。若さのパワー、こういう何気ない風景を無尽蔵に取り込める強さですね。
(取り込んだものが何に繋がるか?なんてくだらない未来からの逆算とかはしなくていいからね)

って何書いてんだろうね。手動おじさんは。

でも何なんだろう、思いだし始めるとどれもがまるで「とても素晴らしい思い出ばっかり・・・」
のようなこの感じ(錯覚)は。
んなわけ絶対ないのにね。

狭い世間(と今振り返れば)でも、人はたくさんいたように思えるし、
美化された記憶は当然にして賑わってる場面だけをきちんと再編集して自分の頭の中で投影してるんだな。

郷愁。のすたるじー。いろいろ言えるよ、いまは他所者(のわたし)なら、さ。

まさにテレビニュースなんかの解説者くんよろしく、向こう側にさえ居れば(そこにさえいなければ)
ワケ知り顔で何でも言えるんだよね。
「何とかならないものでしょうか。地方の時代です!国はどう舵を切っていくのでしょうか!」
ってなんだ、そりゃ。誰だよ、あんたは。って。
って、つまりそういうアレですよ。(アレってだから何だ)

二度と見ることのない風景。だから思い出だ。どんなに精巧に再現したってやっぱり二度はない。
だって「自分が年とって」変っちゃってるんだもん。
あの時の光景を焼きつけられる「フレッシュなメモリー」を既に失ってるもんね、だから無理。
今の自分の先入観とか偏見たっぷしのこの目だったら、もう何を見たって
ああじゃなかった、こうじゃないんだよ、etc
なんて、ただケチつけてるのがオチです。

そう、自分の今の「見え方」は「他郷にあって」言えることばっかっす。
(でも室蘭はいい、北海道はやっぱしいいぞ!ってそこは心から思えるんだよ)

あ、また唐突に思いだした。
蘭東中学の校門真向かいに、お焼き(今川焼みたいな?)と、なぜだかラーメンやってるお店があったっけ・・・。

パルコ入口に紐解かれた曖昧な記憶の断片ども はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ