de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。

昨今のあれこれ(43)


サブタイトルは「張替美那だし安田記念」といたします。

さて、バラの写真はまだまだたくさんありまして。。
でも今回は桜。
前回=昨今のあれこれ(40)=の続き。

岩蔵さんでの夕食からいくつか。





これらが何という料理名か等。全然覚えてない。
でも美味しかったということだけは記憶しております。
ほい。

たらふく食べて食事処から部屋へ。
夜桜眺めつつ引き続き焼酎をちびちび。

んで朝食。

これも美味しかった。まさに花より団子。
温泉も景観も大事だけど、でも料理がおいしいのはもっと大事。

朝食後は宿のすぐ下に流れる川へ降りしばし散策。

とってもGoodな宿でありました。また行きたい。

そして唐突に。

【安田記念】
◎ファインルージュ
○セリフォス
▲カラテ
△イルーシヴパンサー
△シュネルマイスター
△ソングライン
△サリオス

◎単勝、馬連と3連複流し。
◎○▲の3連単ボックス。

先日のダービーは予想通りに・・まるでかすりもせずハズれたけれど
(ハズレる馬券を予想するのは天才的)
同年代の武豊が勝ってくれたので、まぁよしといたします。
(ウソ。いいわけない)

前夜にテレビでダービー特番をやっていて、武豊の過去5勝
・・スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、タニノギムレット、ディープインパクト、キズナ
それら個々の思い入れなどを語っていて
(ちなみにギムレットはウォッカのお父ちゃん)
「勝ちたいですね。9年ぶりですか。。」
なんて語っていた武豊だったけど、まんまとドウデュースでダービー制覇。
お見事過ぎる、空前絶後の6勝目。
ダービーをたまたまで勝つのではなくダービーに勝てそうな(そもそも出走に辿りつける)
そういう馬が自分に巡ってくるよう、また自分から「乗せて」と言えるよう、
その状況、環境を作るべく、日々のどんなレースでも信頼を得るべく必死に乗る。。
おー。なんて気の遠くなる。だけどその積み重ねが幾たびの最多勝利だろうし、
4350勝(中央のみ、こないだのダービーまで)というとてつもない金字塔に。

と、まぁそういうことを考えてたらキズナの娘のファインルージュが本命となりました。

[全米女子オープン]
首位にはミンジー・リー。3打差2位にはミナ・ハリガエこと張替美那。
どちらも以前から好きな選手なのでどっちが勝ってもいいのだが。
でもここは。

ここ何年かは米女子ツアーにもさっぱり疎くなってしまい、
張替美那もそろそろ勝ってんだろ。。とか思ってけど(LPGAツアーは)
まだ勝ってなかったみたい。
おっと、そうなのか。だったらここで勝ってくれ。
このヒトをこんなに数多く映像で見れることもなかったので嬉しいっす。
是非ともツアー初勝利をメジャーで飾っていただきたく。
ちなみに昨今は全米プロも今度の全米OPも、そしてこの全米女子OPも
地上波放送では放映してくれないので止む無くAbemaのPPVで見ております。

全然関係ないけれど(以前も書いたかもだけど)
このハリガエさんの親は米国でお寿司屋さんをやってたんじゃないかと思います。

も一つ関係ないけれど、アマチュアで上位を争ってるイングリッド・リンドブラッド。
このヒトはオーガスタのときもそうだったけど帽子やバイザー被らずでラウンドします。
暑くないのか。。
とAbemaで解説をしている石井忍(2日目までは村口さん)も心配げです。

さて。岩蔵さんをチェックアウトいたしまして、その後は菊池公園~菊池神社を散策。




これまで桜はあちこちで拝んでまいりましたが、ここら一帯の本数には圧倒された。
ホントすご過ぎ。

んで、とことこと近くの菊池神社へ。

神社の境内には菊池氏の騎馬像。
菊池武時・武重・武光(13代から15代)の父子が主祭神だそうだけど
こちらの像がそのどなたかは存じませぬ。
菊池氏と言えば南北朝では南朝について戦った、平安後期から室町まで続いた部門の一族。
なんだろうと思います。
(実は岩蔵さんにこの一族を漫画で解説している本があってけっこう真剣に読んだのだった)
今年の大河ドラマも「鎌倉殿の13人」だったりするけれど、
九州における、まさにあの時代の武者として隆盛を極めていたのではなかろうか。。
てか、八重(新垣結衣)の最期があまりにあっけなく、え!これでいいのか。。
としばし絶句した手動でありました。

神社からは菊池市民広場へ。

ここにも巨大な騎馬像が(菊池武光公)。

とか何とか、福岡県内に戻って少し遅めの昼食・・・

う・どーん。
大力茶屋さんはしばらくご無沙汰で最近はもっぱら「あずみ」さん。
こちらのうどんも大変おいしゅうございます。
麺のふくよかさ(?)と出汁のこくがたまりません。
菊池でたらふく食いまくってたこともあり、この時は少しあっさり目にごぼう天うどん。
でも私は肉うどんが大好き。絶品。

非日常(?)の美味しい料理に舌鼓を打つものいいけれど、
やっぱし日常ソウルフードの心地よい旨さにはかなわないのかも。。

昨今のあれこれ(43) はコメントを受け付けていません

昨今のあれこれ(42)


なかなか天候不良続きでわたしの・・・。

なんて書いてみたのは前回だけど今回も困った天候。
日曜は33度!?まいった。

そんな前回からのバラフェスタの続き

フロージン82

コンフィダンス

サムライ

インターフローラ

フレンチレース

ピンクフレンチレース

フレグラントアプリコット

ユーロピアーナ

ドクターファウスト

聖火

他にもまだまだ撮ってしまってるけど、また次回。

さて、2022年もあっという間に5か月を経過。
今年も半年とちょっとだなー。
とか何とか、5月の終わりと言えばやっぱり。。

【東京優駿(日本ダービー)】
◎ ピースオブエイト
○ セイウンハーデス
▲ ロードレゼル
△ プラダリア
△ ダノンベルーガ
△ ドウデュース
△ イクイノックス
△ ジオグリフ

◎単複と3連複流しとワイド流し。
◎○▲の3連単ボックス。

たまには間違って当たってみろって。

んで脈絡なく。

MODUS3 TOUR115

いにしえのNIKE(Vapor Fly Pro)へフレックスRを装着。

バランスは毎度の注文付けずの「挿したなり。」です
(結果C8くらい?)
Vapor標準よか0.25インチ短く(#5で38.0、PWで35.75、60度法)
GolfPrideのツアーベルベット60R装着。

まだ数球打っただけだけどさすがにヘッドが軽め、ややトップ気味に薄い当り。
これから鉛ペタペタ調整していきます。
最近は手元調子がお気に入り。ウェッジに挿した115(S)もラウンドでいい感じ。

は、いいけれど。
昨今はコロナ以降のサプライチェーン不全諸々の影響
(材料費・輸送費の高騰、生産量の減少等)
もあって、シャフトやらグリップやらも以前ほどお気軽じゃないのだった。
いやはやです。

さらに脈絡なく・・

NOMEL’s

ノメルズ。コカ・コーラは檸檬堂シリーズのハードレモネード?
容器のポップなコスメに目を奪われ、つい買ってしまいました。
さすがは檸檬堂流れで、その味も食(飲)感も何ともたるい。。
まぁ好き好きってことでしょう。
(やや薬風味?も感ぜられるから風邪ひいたときなんかにはいいかも)

とどめに脈絡なく。
カーリング日本選手権が行われておりまして、男子プレーオフ中。
ルールもいまいち理解できないけれど、何気に見てるとずーっと見入ってしまう
なかなか魅力的な競技。
競技・・つまりスポーツなわけだけど(そりゃ五輪の種目でもあるので)
でも何と申しましょうか、わたし的には
ハードビリヤード?ハードダーツ?ハードチェス?ハード将棋?etc
と様々な要素が混然一体となった不思議な競技(球技ならぬ石技?)に映ります。
何とも言えず、いいわー。カーリングてば。
(やりたいとは思わないけど)

昨今のあれこれ(42) はコメントを受け付けていません

昨今のあれこれ(41)

5月 16th, 2022 Posted in しょくぶつ写真館 Tags: ,

なかなか天候不良続きでわたしの自律神経も少々不調。
もう梅雨なのか!?と思ったら、いっそう気分もくさくさしてしまうけど
そこは植物公園でバラ鑑賞なんぞして気分転換。

ピンクメイディランド

ゴールドクローネ

チャイコフスキー

ソーニヤホルストマン

カリーナ

バラの皆様におかれてはどれも見事に咲き誇っておられたよ。
ただこの日は雨の直後の蒸し風呂状態で汗かきかきの鑑賞。
なかなかすっきりとは晴れてくれません。
あー晴れ間にゴルフがしたい!

と、そんなゴルフ・・

[アジアパシフィックOP ダイヤモンドカップ]
今年の舞台は松山英樹が優勝した2013年以来の開催となった大洗ゴルフ倶楽部
そのややこしそうなコースレイアウトはテレビ映像を通じても伝わってきて、
あー。ややこしそう。と思ったらかの井上誠一氏の設計。
フェアウェイは狭くグリーンも小振り。高い木はあちこちをセパレート。
海からの風と245Ydのパー3のせめぎ合いにやや興奮。
そして、実にこの時期らしいラフの元気っぷりもしばしば映像にあらわれ、
桂川がついつい強くコンタクトしてしまった15番(パー5)の3打目アプローチ
そんなラフに沈んでたんじゃなかろうか。

話逸れてGWのこと。
何日かラウンドしたのだがラフにハマったときのショットがどうにも情けなかった。
飛ばねー飛ばねー。いや、たまに飛び過ぎだろ!なんてことも。
とにかくまいったです。

ラフってこんなに辛かったっけ?てなことを改めて痛感。
春の新緑で生い茂ったラフにはボールがすっぽりと隠れてしまい、
下の土ごとかき出して打ってはみるもののせいぜい20Ydも飛ばせませぬ。

グリーン周りの芝にも穂が立っちゃって、いやはやいやはや。
てかフェアウェイに打てない己の下手を呪うのみです。

話戻って。
そんな桂川有人は2位Tだったけどこの大会でも見事なプレー。
アマ当時から有名だったけど今年のシンガポールOPで見るようになってからは、
いやー。なんだかカッコイイなー。とすっかりファンになりまして候
松山英樹や石川遼がカッコイイね!と思うその感じともまたちょっと違った
わたしにとっては何やら新しいカッコよさ(!?)
(プロレス好きってのも、これまたよろしいね)

試合後も悔し涙を拭きながら、嫌な顔せずボールにサインしたり
ギャラリーの方との写真撮影に応じたり。なんて清々しい。
ないすがい。

賞金ランキングも引き続きトップ。
シンガポールOP(2位T)は日本ツアーへの賞金加算対象外だったので
それを思えば、現時点でぶっちぎりの活躍と言っていいでしょう。
とにもかくにも今年は桂川有人の活躍が楽しみ。

あ、そして優勝は今平周吾でツアー6勝目。
若手・・だったように思えていたその今平が
「最近の若い選手はみんな上手くて・・」
みたいに言ってたような気がするけれど、そんな男子ツアーの風景も
大きく様変わりしたんだなー。としみじみ。
ヴィクトリアマイルでソダシを買わなかったことを後悔しつつ、
ぼんやり呆けて見ていたゴルフ中継にふとそんなことを思った次第

解説の中嶋だったか水巻だったかも「最近は男子ツアーがほんとにおもしろい」
みたいなことを連呼してたと思うけど激しく同感です。

マジョリカ

ジョンエフケネディ

アメリカンスピリット

ピンクパンサー

他にもたっぷり撮ってしまったのだが今回はここまで。

人の都合で改良されたバラたちだけど、
四の五の言わず(言うわけないけど)元気に咲いてるようにも見えて
ただただ感心してしまうのでした。

昨今のあれこれ(41) はコメントを受け付けていません
supported by IT相談はインサイトアイ