de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category 'レビューdeどお'

昨今のあれこれ(26)


どーも。
ヒマなときはテレビばっかし見ております。見るともなく映ってる。
ヒマじゃなくてもけっこう見てますな。
こんなご時勢なので当然にゴルフ中継もなく(てかツアー自体休止なわけで)
PGAツアーの方はぼちぼち再開スケジュールも決まってきたけれど国内ツアーはどうなることやら。

こんな時こそ。と以前録りためていたドラマなんぞをあれこれ駆け足で再生。

「永遠のニシパ」
今更か。今更です。
まつじゅんこと松本潤が主演したドラマ(主人公「松浦武四郎」役)でしたが、
あたしゃ、深キョンこと深田恭子(アイヌの女性「ニセ」役)がよかったです(!?)。
ロケ地に室蘭はなかったはずだけど、松浦の測量行脚中どこかの海岸沿いあたりで
地図に書き込むようなシーンでは、その地図中にには室蘭?と思しき表記や地形が描かれていた・・
ような。まーとにかく。なかなかに興味深いドラマで面白かったです。

そんなドラマは北海道命名150年(2019年)にあたることからの制作だったそうだけど
「なつぞら」(朝ドラ)なんかもそうなのかな?
「ゴールデンカムイ」もそうなのか!?(なわきゃないよ)

てか、この漫画は面白いよね。大好き。不死身の杉元もアシリパさんも。
明治末期に土方歳三が生きていて、蝦夷共和国再興のために金塊を争う。。
なんて素晴らしい発想力。作者(野田サトル氏)に脱帽です。

関係ないけど、「優しいあの子」はとってもいい曲でした。
(「なつぞら」の主題歌。本編の方は正直。。。)

昨年発売のアルバム「見っけ」。毎度のことながらやはり秀逸。

YM71Dがかっこいいのだ

(167)見っけ/スピッツ
「醒めない」以来のオリジナル・アルバム(通算16枚目らしいです)。
タイトル曲の「見っけ」(#1)もかっこいいのだが・・
終盤のギターソロからもう一回盛り上がるか!?と思わせつつ終わってしまうという、
そこがまたなんとも絶妙にかっこよい・・
あたしのお気に入りは、何といっても「YM71D」(#8)と「まがった僕のしっぽ」(#10)。
前者はギターがめっちゃかっこよい。まことに小気味よいカッティング。ファンキーっす。
ちなみにタイトルの「YM71D」は・・某メーカーのプロジェクターとかじゃないです
“わいえむなないちでぃー”なのか、歌詞中サビにでてくる”やーめなーいでぇ♪”なのか、
どっちでもいい気がするけれど、たぶん後者(やめないで)なのでしょうね。
「優しいあの子」(#2)ももちろん収録されております。

とか何とか。引き続き植物のみなさまに束の間の癒しを賜ってる次第。

オクラホマが咲きましたー。





ベルベットとでもいうのか、コーデュロイとでもいうべきか、
とにかくその質感がたいへん素晴らしいのだ。

再びテレビのお話。
唐突だけどホモ・サピエンス。
頑強なネアンデルタール人に比し、はるかにひ弱だったらしいけど、どうして生き残れたの?
そりゃなぜだ?
そりゃ弱いからこそだよ。というお話。
安全に狩りなどができるよう道具を作っちゃった。弱いからこそ群れて仲間同士が力を合わせ
「協力」することができてしまった。
そうすることで安定的に人口を増やせたし脳も進化させることができたり。
そんなひ弱さがネアンデルタール人にはなかったかも知れない「想像力」を獲得したのだ。。
と考えられている。
のだそうだよ。
的なことをやっていて、ふーん。なるほどそういうことなのか。と大いに納得。
テレビに向かって一人相槌打ったりしてました。

太古の昔から現在まで、我々は群れて暮らしていくことを(個人、家族の単位を超えて)
ほぼありとあらゆる活動や場面の前提としてやってきたわけなので、そういう意味では
やっぱりこのご時勢における「自粛」(単位はともかく、かなりの孤立化)なるものは、
相当に不自然なことなんだよなー。
てなことも思ったような思わなかったような。

最後にフィロデンドロンです

サトイモ科だそうです。
日当たり良すぎ?けっこう葉焼け気味だったりもするけれど、
葉の眩い輝きがなかなかいいじゃありませんか。

昨今のあれこれ(26) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(13)


まったくもってやる気のかけらも感ぜられないこのタイトルだけど、
気が付けば早13回目と相成りまして候。。
あーこりゃこりゃ。と

とか何とか。今年も桜のころとなりました。
毎度の神代植物公園さ行ってきただーよ

キレイに咲いた・・

アカバミツマタ
ってなんでやねん!
でもね、これとってもいいにおいなのよ。
面白い彩りも魅力ですわ

んで桜。




こちらは横浜緋桜

生憎の寒さの駆け足お花見。
ホントは一日ずらせば暖かくなる予想ではあったのだが、
暖かくなったら、みんなも花見するじゃん。
という子供にもわかる節理ゆえ、
あえて寒いのを承知で行ったのだが思った通り寒くて人出もガラガラでありました

桜じゃないけどボケ。

ボケってバラ科なんだそうです

なぜか高野槇・・

高野槇。コウヤマキ。
この名は高野山(高野山真言宗の総本山)に多く生えていることに由来するらしいです。

ところで今どきは花粉症の厳しいころでもありますな。
杉だけじゃなく松だって・・(これも松っぽいよね)

壮年も後半に差し掛かりつつある手動さん(つまり老年か!?)
体のあちこち、あれこれ変調(不調)の連続。
そしてメンタルの不安定さもます一方で・・・とほほほ。
ってか、それはもともとか。

まぁともかく。
花粉症なんて他人事。。くらいにしか思ってなかった手動ではあるけれど
昨今はそうも言ってられないのです。
鼻のむずむず。不意のくしゃみもしょっちゅう。
そして目の周辺のうずうず感がこれまたなかなかにうっとうしい。
あーこりゃこりゃ

話変わって。
PINGを試打できました!G410ってやつですな。
これ、同期の桜!?のM5やM6、エピックフラッシュとかよりも、
なぜだかとっても打ちたかったのでした

今回お借りしたのはドライバーとハイブリッド。

ドライバーはG410 のPLUS

9度。

シャフトはALTA J CB REDのS

上からクラウンを見ると・・

で、打ってみました。
おー、なんだか妙に甲高い音。
けど打感はいい感じ。
うーん。。でもシャフトがちょっと!?どうにもつかまりすぎちゃう
前のG400のALTAもこんなでしたっけね?
自分にはもう少ししっかり目がいいか。
距離はそこそこ。
次回はPING TOUR173-65あたりでもう一回打ってみたいっす。

んで、G410ハイブリッド。

#4は22度。シャフトはやっぱりALTA J CB REDのS

いい顔(ヘッド?クラウン?)。

PINGではユーティリティじゃなくハイブリッドなんだっけ
こっちはこのシャフトでも打ちやすかったです。
油断するとやっぱりひっかかるけど(ってかオレの打ち方の問題だろうけど)
190Yd前後が安定して打てたし打感もよい。何より構えた時の安心感がいいです。
ハイブリッドは一度購入してちゃんと使い込んでみたいっすわ。
(けどやっぱりカスタムシャフトにするだろうけど)

アコーディアさん&場内併設のゴルフ・ドゥさんには毎度感謝であります

昨今のあれこれ(13) はコメントを受け付けていません。

昨今のあれこれ(10)


テーラーメイドとキャロウェイから新モデルが登場しましたね
わーい

左から、M5、EPICフラッシュ、M6。
関係ないけど、「M5 M6」などと検索するとEOS(カメラ)がひっかかったりしますな。

M5ドライバー

M6ライバー

M6の純正シャフト(TM5のS)

あ。フェースの写真も撮っておけばよかったか。。
なんでしたっけ?スピードインジェクション?(フェース下部の赤いネジぽち)
ツイストフェースも進化したぞ・・なんて期待に胸は膨らんだけど、
最近は何を打っても、もう5ヤードも変わったりもしないのでほどほどの期待で。

おー。
M6はいいっすね。やっぱりこの純正のFUBUKIは自分には合ってるかも。
対してM5は、M3のときと同じでなんだかしっくりきませんわ。
(今いち、芯でとらえてる感じがしない)
飛距離も分かり易くM6が飛んでました。
最近珍しく浮気せず使い込んでる初代M2(レジオフォーミュラM55S)とほぼ同等

で、こちらはEPICフラッシュ。
今回からGBB(グレート・ビッグ・バーサ)の冠名は取れたのかな

エピックフラッシュのスター(EPIC FLASH STAR)。
シャフトは純正のSpeederEVOLUTION for CWのS(たぶん)
初代スターとSUB ZEROは、発売当初にほんの何球か試打したような気がするけれど
あんあり印象に残ってない。
いや、あの独特なクラウンの形状?雰囲気が印象的。正直やや苦手。。
で、こんどのエピック。やっぱり形状はそのままの雰囲気を踏襲?
というか、ローグの雰囲気なのかな。
打感はとっても弾きがよくて、そしてめちゃくちゃつかまります。
ってか、つかまり過ぎ。さすがにこの純正シャフトだときびしいかも。
でも飛距離はこの3本ではこれが一番だった気がします。
(テーラーメイドのようには真っすぐ飛ばせなかったので厳密には比較し辛いけど・・)
機会があればカスタムシャフトでSTARじゃないのを打ってみたいわ。

そんなこんなで新製品を初めて試すときはワクワク。
たぶんどれも買わない気がするけど(もう少し時間が経ったらM4は中古で調達してみたい)
楽しめましたー。ショップ(アコーディアさん)のご厚意に感謝です

そしてこちらは・・

タイトリストはTS3ドライバー。
シャフトは・・

THE ATTASの5S。de-do#2の新兵器。
昨年暮れタイトリストの試打会でこの組み合わせを勧められて
de-do#2ってば珍しく一目ぼれ!?
クリスマスプレゼント代わりに、とその後調達したのでありました。
自分が打たせてもらった感じ・・・よく飛びますね。
とっても爽快な弾き感。シャフトとの組み合わせもばっちり。

さて。関東での今年の初ラウンド。
場所は毎度の昭和の森ゴルフコースさん。

手動さんクラブセッティング

DR M2(2016)US with RegioFormula M55S 9.5度
#3UT M4 with 純正FUBUKI 18度
#4~#6 M4 with 純正FUBUKI(S)
#6~PW VictoryRed ProCombo with MODUS120-S
AW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 50度(2度立て48度)
SW NIKE VRフォージド with MODUS120-S 58度
LW DJ-33 with MODUS wedge115 60度
PT NIKE メソッド001

アイアンばっかし。いーのいーの。
そういう意図(?)であえてそうしてみたのだ。
にしてもこの日は強烈な寒さ。極寒・・
そのことと関係があるかどうかはわからないけど、
ことごとくアイアンショット(VRの方ね)がだふってだふって悲しかった。
まさか、ティーアップして打つティーショットまであんなにだふるとは・・
そんなこんなで、張り切って(大挙して)持ち込んだアイアンたちだったけど
いまいち活躍には至りませなんだ。

ちなみにM4アイアン。
これ、なかなか飛びますよね。
#4と#5だけ(写真は打ちっぱなし)

最初は純正のFUBUKIで全然使える気がしたんだけど
実際数ラウンド使ってみるとやっぱり微妙に軽くて(当たり前か)
なんで、KUROKAGEのハイブリッドシャフト(数年前のUSモデルの80R)を挿してみました

KUROKAGEは以前VRユーティリティに挿してたものだけど、
ほとんど使ってなかったので思い付きで移殖。
そしたらパッチリはまって重さもいい感じ。柔らかさも適度で振りやすいっす
ちなみに長さは#4が38.75インチ、#5は38.25インチです(60度法)

話は戻ってパター。METHOD MODEL #001ですな。
毎度のぶっつけ本番、初使用です。
グリーンはうんざりするようなクソ早さ。(ここはいつもだけど)
いやはやまいりました。
が。
意外とこのメソッドでのタッチが合ったのか、長いのがけっこう入ったりで
アイアンのヘボさを珍しくパターがカバーしてくれたりしたのでした。

極寒の中、いつも通りの激混雑で最後は夕闇。照明も点きはじめ・・・

パっと見にはよくわからないと思うけど、実は黒い点々はすべてカラス
怖いっすよ。こんだけ大勢のカラスが隣のフェアウェイに集まってガーガー鳴いてるんだもの
まさしく魔物の住む森。。

そんな魔物の住む森には、またしてもあっさりとハメられてしまってスコアは93。
まぁそんなもんすよ。今年も進歩なし。。

唐突に。
今年こっちで初めて見た日の出

ここから拝むこの日の出も、もうそろそろ見納めかー・・・
なんて、ふと思う昨今です。

追伸
そういえばクロちゃん(以前、昭和の森GCに居ついてたネコちゃん)
その後はどなたかに引き取られたとかで今も元気らしいです。
良かったね

昨今のあれこれ(10) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ