de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '最近のできごと' (Page 2)

たいせつなこと

5月 6th, 2018 Posted in 最近のできごと Tags: , ,

GWも間もなく終了。あらら。
前半は毎度の九州、主に大牟田周辺行脚。
後半は後半で例年通りの決算準備等等の事務仕事もろもろ。
あらららら。

九州ではほぼゴルフ漬け。適度にお酒漬け!?でもあったでしょうか。
ゴルフにせよ酒にせよ、どっちをやっても己の齢をひしひしと痛感することばかり。
体調変化の波は年々加速度を増しつつあって何やら落ち込んでしまいます。
まぁしゃーない。

で。そんな毎度のヘボゴルフ。此度は、
鹿央ゴルフ倶楽部(いつしか表記がKAOになってた)、
玉名カントリークラブ、
九州GC小岱山コース。
の3本立て。

合間に仕事。というか、ちょいと所要もあったりで三連ちゃんではなかったけれど、
とびとびの3ラウンドでも大いにくたびれました。
体力的なくたびれはもちろんだけど、スコアがまったくさっぱりでそっちがぐったり。
楽しいには楽しい。でもまるで進歩の見えない(むしろ退化の傾向すら見え始めている)
ど下手ゴルフ。三日間とも100すら切れずで、これにはさすがにへこんだっす。。
なんて、へこむ事柄はゴルフ以外にもあれこれあったりするのだが、
そんなのは誰しも一緒だろ(ホントか)。とか思いつつひきつり笑いで笑い飛ばしましょう。

そんなへこんだ心を癒してくれたのは大牟田で出会った素敵な方々。

大牟田で毎度お世話になってる知人。今回連れて行ってくれたのは、
居酒屋の「まつやま」さん。場所は不知火町。
繁華街からやや入りこんでいて、ある意味で隠れ家的ないい雰囲気のお店。
連休谷間の店内は大賑わいでありました。

そんな「まつやま」さんで知人が紹介してくれたのがこちらの御主人。

居酒屋「まつやま」の大将は慌しいのだ

たぶん「まつやま」という店なので、マツヤマ(松山?)さん?
なんじゃないかと思われるのだが未確認。
終始自分は「大将」と呼んでおりました。
でへぇ

焼き鳥やらお刺身やら色々出してもらったのだが、どれもが美味。
ほんとにうまかったです。
知人が間髪いれずに作ってくれる芋焼酎の水割りをぐいぐいとやりながら、
大将とはあれこれ四方山話をさせてもらいました。

そんな大将。ぱっと見でわかるかどうか、実は車椅子です。
でも車椅子でも厨房の中では忙しくお仕事をされている。
詳細は省くけど、それだけのことで、つまりそういうことです。

今も様々な思いが去来してはご自身を苦しめるのだそうだけど、
でもその一方で、自分はどれほど恵まれているのかも痛感するんだそうです。
周囲のご家族はもちろん、お店に足を運んでくれるたくさんのお客さん。
そんな感謝をいくつ重ねても感謝がしきれない。。

そんな話をさせてもらいました。

が。
ややしおらしい系の話は全体のごく一部のことで、
若いころ如何にやんちゃだったか。とか、
むしろ笑えるくらいの話の方がほとんどで、まぁつまりそういう感じでした。

などと、あれこれお話させてもらっている間も注文はひっきりなし。
近所からいらしたと思しき家族連れ風のお客さんなど、
多くのお客さんで店内はずっと賑わっておりました。

大将と二人三脚で忙しく頑張っておられたのはこちらの綺麗な奥方様。

仲睦まじいお二人。素敵な奥さまとご主人

まことにいい感じのお二人。(めっちゃ似合いと思いません?)

とにもかくにも。美味しいお酒と肴と、素敵な話をありがとうございました。
また、きっと近日中にお邪魔します。
(その頃は、お店も道を挟んだ向かい側に移転してたりするのかな)

追伸
にしても。。
この日は上述の大将にとどまらず、素敵な出会いの連続でした。
偶然カウンターでご一緒させてもらった方は東京から単身赴任中だったけど、
よくよく聞けば東京の自宅はわたしとかなりのご近所?だったりして。
かと思えば。もう一人知り合った方は、やはりここ大牟田へ工場運営か何かのために
赴任中の方だったのだが、出身がなんと北海道!
いやはや。
「オレは一体どこで飲んでんだっけ!?」
などと錯覚してしまったことも念のため付け加えておきましょう。

たいせつなこと はコメントを受け付けていません。

レックスさーん


先日のWGCメキシコ選手権。
御大フィル・ミケルソンの5年ぶりの優勝には大いに感動した次第。お見事!
今週(バルスパー選手権)のタイガーにも続いてほしいっす。
と、そんなメキシコ選手権でしたが、現地レポーターにはレックス倉本が登場。おお。
あの倉本昌弘のいとこ?だそうだけど、このヒトの語りはもっぱらCSの専門チャンネルでお馴染のそれ。
なので少々違和感もなくはなかったけれど、やっぱりレポートも解説もお上手。とても聞き易いです。
ちなみに。
その数週前(ジェネシスOP?)には深堀圭一郎がゲスト解説だったりして意表突かれること度々の、
最近のPGA中継であります。いやはや、まことに色々と面白いからOK。

で、そんなレックス倉本氏を日本のスタジオから実況は
「レックスさーん!レックスさん!どうです?そちらの。。。は!?」
なんて幾度となく呼びかけるのだが。

そうすると拙宅の間抜けなアレクサ(Alexa)がピカピカくるくると光っておもむろに反応し始める。
おいおい。
ははは。こいつ間抜けだ。「れっくすさ(ん)」=が何かの抑揚で「あれくさ」に聞こえたのでしょう。
こいつばか。とか笑いつつも一瞬可愛く思えたりした瞬間でもあったのだ。
でへへへ。

「西郷どん」(せごどん)が面白いです。
注目はやはり主演の鈴木亮平ですね。
他にも渡辺謙やら瑛太やら北川景子やら、今週からは南野陽子やら。etc。
かなりの豪華キャストなのは確か。
そんな「せごどん」ですが、見はじめた頃、懐かしさと共に特に注目して見てしまったのが・・
風間杜夫(西郷隆盛の父役)、平田満(大久保利通の父役)、松坂慶子(西郷隆盛の母役)
の三人。
風間杜夫と平田満が相撲をとって松坂慶子が応援してるシーンには涙腺もやや緩んだり。
このお三方は遠い昔「蒲田行進曲」という映画で主役を演じた3人だったりするわけです。
いやはや、まことに懐かしいったらありゃしない。
もう35年くらい前の話でしょうか。

ともう一つ。
ナレーションの西田敏行は、やはり27~28年前の大河ドラマ「翔ぶが如く」の西郷さん役。
この際、大久保利通役を演じたのが鹿賀丈史で今回の島津斉興役なのでした。
鹿賀が演じる大久保利通は、高橋英樹が演じる島津久光へ取り入って、薩摩を動かしていくわけですが、
そんな大久保を好演してた鹿賀丈史が何やら印象的でありました。
関係ないけど鹿賀丈史は石川県金沢市のご出身なんだそうで。

ほくりく番外編

なんてことのないある日のランチ。夜は居酒屋だったりする「金沢乃家」です。
石川の郷土料理や地酒が自慢の店!?なのではないかと思うけど、
わたしがたまにお邪魔してるところの店舗は何だか微妙。
可も不可もなくこれといった金沢感も特にはしませんが。
(店内にずっと流れてる音楽が、おそらくそっち方面の民謡なのかなー!?ってくらい)

まるで脈絡なく・・

ぺヤングのカレー焼きそばプラス納豆。という不思議な焼きそばです。
外装フィルムが金ぴかで店でもかなり目立ちます。
ってこの写真じゃほとんどその違いもわからんですな。。
(写真撮ろうと思った時にはすでに外装とか破ったあとだったのだ)

にしてもカレーに納豆。。
手動さんは昔からこの組み合わせが好きでカレーライスとしてはよく実践しておりますが、
焼きそばになってみると、うーん。。どうなんだろう。
別に合わさってなくてもいんでないの?
って感じもしなくもなかったけど、まぁ普通に美味しかったですわ。
ちなみに、カレーに納豆がめちゃくちゃ合うのだ!とテレビで力説(実演?)してたのは、
かの影山ヒロノブではないかと思うのだが、記憶もあいまい・・。
影山ヒロノブと言えばいまでもアニメソングの巨匠なんだと思うけど、やっぱりあたしにはLAZYなのです。
確か昨年は、そんなLAZYのデビュー40周年にあたる年だったはずで、いやはや感慨深い。
話は飛ぶけれど、先日九州某所のスナックで地元のお客さんと意気投合。
「赤頭巾ちゃん御用心」を一緒に熱唱しちゃいました。
他では何故だか「いとしのロピン・フッドさま」(榊原郁恵)なんかも・・。
などと話は逸れまくってますが、ぺヤングの焼きそばは大好き。
(そーいう話じゃない)

先日室蘭へ行きまして。
大寒波襲来中のそんな頃のことでした。
中島大通り(って言うんだっけ?グリーンベルトはまた別の道だっけ?)を入口方面へ車をトロトロと。

なんせ猛吹雪。ブリザード?

視界がほとんど利かずに怖いったらありゃしない。室蘭でもこんなになるんだっけ?
などと昨今の気象の節操のなさに今さら茫然。

んで翌日未明。ってか明け方。

ホテルの部屋から。めっちゃ美しい。素敵だ。。

そして朝。さわやかな快晴。

まるで関係ないけどホテルの朝食(バイキング)。

朝食の締め切り時間を数分過ぎてからしれっと入場してのこと。
おかず類はほとんど無くなっていて、それも遅刻の朝食だったから慌ててあるものだけ少量とりました。
でもね、ここルートイン東室蘭の朝ごはんってば、なぜだか毎度美味いなー。と思っちゃうのだ。
あーこりゃこりゃ。

レックスさーん はコメントを受け付けていません。

ほくりく 3rd


呑気なほくりく(北陸)の旅もこれでおしまい。

宇奈月温泉は延対寺荘さんに宿泊して朝起きたらこんなでした。

あらららら。

まるで水墨画!?

いやはや。一夜にしてすっかり降り積もった雪なのでした。

朝食をとって近所をお散歩。
温泉街から宇奈月温泉駅方面の坂を上ります。

すると富山地方鉄道は宇奈月温泉駅があります。

温泉噴水までついちゃってます。

さらにその少し上には黒部渓谷鉄道の宇奈月駅。

駅舎もすっかり雪化粧。
近所の黒部川電気記念館に立ち寄ったりして。

と、その帰り道。

坂の少し脇上の方に不思議な像!?単なる雪だるまか!?
これがいったい何なのか・・わかりません。
(一瞬ガチャンピンに見えたりもしたけど、違うよね?)

宿に戻って再び送迎バスで黒部宇奈月温泉駅まで送ってもらい新幹線に乗って帰京。
さらば、黒部。

ただただ真っ白。黒部宇奈月温泉駅の新幹線ホームから。

そんなこんなの弾丸北陸旅行だったけど、実はまだ数週前のこと!?
なんて思っちゃうほど、その後のドタバタ続きが記憶を遠のてけしまってます。

帰京後はまんまと風邪ひいちゃって少し熱もでて久々にダウン。
そうこうしてたら、発作的に室蘭に行っちゃったりして(まんまと大寒波に遭遇)、
さらにその翌週には福岡(大牟田)にも行ったりで一体何が何やら。
そうこうしてたら冬季五輪は開幕し、かと思えばもう終わっちゃったのね。

羽生結弦の圧巻の金メダル連覇ににわかに興奮しつつ、やっぱりカーリング女子の銅メダルに号泣した手動さん。
ってか、やっぱり藤沢五月さんのあの美しさには思わず目を見張ったりして。
目鼻立ちの綺麗さもさることながら、わたしは彼女の額=おでこが綺麗だなーと思うのだ。
ってか、そんなの大きなお世話はどうでもよくて、とにかくあのカーリングという複雑にして奥の深い・・
それはまるでダーツのようでポーカーのようでボーリングのようで囲碁のようでビリヤードのようで
・・まぁとにかく凄い競技なのだなー。としみじみ。
ここ数十年の冬季五輪の度にチラ見してたりしたこの競技だったけど、
いやはや、まことに今回はマジメに見入った次第です。
あーこりゃこりゃ。

日の丸の国旗掲揚もいいけれど、このチームには北見市の市旗を掲揚した方がしっくりきます。

ほくりく 3rd はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ