de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Archive by category '馬いっしょ的農水省への寄付'

昨今のあれこれ(35)

9月 20th, 2021 Posted in 馬いっしょ的農水省への寄付 Tags:

土曜の中京メーンはケフェウスS。
ん?ケフェウスってなんだべ。と思って調べたら星座でした。
ギリシャ神話に現れるケフェウス人(古代エチオピア人)の王様なのだそうだよ。
ほほぉ。
そんなケフェウスなるレース名はあまり見聞きした(買った)覚えがないけれど、
星座(ギリシャ神話)を冠したレース名はたくさんあるよね。
ちょっと思いつくだけでも、
ユニコーンS、アンタレスS、シリウスS。他にもアンドロメダ、オリオン、ペルセウス。。
アンドロメダだってあるけれど、こちらはケフェウス王の奥さんのことらしいからなかなかに複雑。

てな話はどうでもよくて、手嶋多一が強い!圧勝でした。

[日本シニアオープン]
優勝した手嶋多一をはじめ、4位の深堀圭一郎、6位T谷口徹など同年代の活躍がとても嬉しい。
3日間連続でエイジシュートを達成した高橋勝成はもう71歳だったりするわけだから素晴らしい。
そして素晴らしいと言えば、何と言っても8位Tの水上晁男アマ。
シニアOPにおけるローアマ最高順位とベストスコアの各々を更新したのだった。
いやはや。

唐突ですが、そんな水上さんのクラブセッティング。
☆2019年日本アマ出場時☆
※GolfStyle(vol.106)を参照

DR) SRIXON Z785 9.0度 クレイジー・リジェネ・ロイヤルデコレーションSX
FW) SRIXON Z-TX #3w 15度 ツアーAD クアトロテック65S
FW) SRIXON Z-TX #5w 18度 ツアーAD クアトロテック75S
FW) SRIXON Z-TX #7w 21度 Miyazaki クサラシルバー72S
#5~#9) SRIXON Z545 ツアーAD AD105
#9・PW) SRIXON Z-TZ
AW・SW) フォーティーンRM-22 52度・58度
PT) マクレガー ボビーグレースM8.5K GT
Ball) SRIXON ZスターXV

2年前の日本アマ当時のものですが、このヒトのセッティングの特徴は何といっても
ロフト違いのツイン「9番」でしょう。
このヒトはもうずいぶん前から全国クラスの常連(この2019年も日本ミッドアマで優勝)なので
こういった雑誌を通じてそのお名前(とセッティング)は幾度となくお見かけしておりました。
いい意味で変わらぬセッティング。まさに手に馴染んだ道具なのでしょう。
(コロコロ替える自分とは大違い。ホント見習いたいものです・・)
とにかく見事。素晴らしい活躍でした。

さて、そんな今年の日本シニアOP。
舞台はシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県北杜市)
以前から一度回りたいなーと思いつつ、韮崎ICまで足を延ばすのが少々億劫で、
結局まだお邪魔したことはないのだが何れ訪れたいですな。
シャトレーゼ。その名が示す通り、ここはあのシャトレーゼ(グループ)のゴルフ場。
ケーキやアイスなどのスィーツが絶品なあのシャトレーゼ。
ちなみに、さかえ屋(福岡)や亀屋万年堂(東京)なんかも系列らしいから驚き。
(亀屋と言えば、やっぱし王さんのナボナだよね)

と逸脱しつつ、シャトレーゼ系のゴルフ場では都留カントリーに度々お邪魔してます。
ランチどきやラウンド後のスィーツが楽しみなゴルフ場。
(有名な!?もみの木コースは回ったことはないけど)

話は旋回し、再びシャトレーゼヴィンテージゴルフ俱楽部。
このコースを設計したのは加藤俊輔氏。
もともと太平洋クラブ(御殿場だとか)の設計をしていた方で
その後全国各地で70あまりのコース設計を手掛けたコースレイアウトメーカー(?)

自分が度々お邪魔している九州ゴルフ?楽部の小岱山コース(や八幡コース)も同氏の設計。
フェアウェイは絞られた上に、グラスバンカーや小さなこぶの傾斜があちこち配置され、
苛立ち(?)を禁じ得ない、いい意味で癖になるコース(←あくまでオレの私見だから)
まぁまぁいいとこ行ったな。なんて落下地点に行ってがっかりするのも度々でまこと油断禁物。

はともかく、他だと(近郊だと)都留の西東京ゴルフ俱楽部なんかも以前何度か行きましたっけ。
IC至近で便利、料金もお手頃なのだが、なんせ狭い(短い)。。
もう何年も行ってない(もう行かないと思う)けど、よく後ろの組から打ち込まれたのだった。。

あと、北海道での同氏設計コースと言えば北海道ゴルフ倶楽部(苫小牧)。
ライオンコースなんかはスコティッシュ風で相当にタフ。むずいっすよねー
ブッシュにボール入れるともう探せない。。

とか何とか、話は日本シニアOPです。
なかなか優勝に届かない清水洋一(谷口徹と並んで6位T)だけど頑張ってほしいです。
関係ないけど、清水と久保勝美とはどうにも体形、風貌が似通っていて
・・この最終日も同組で
テレビに映るとどっちがどっちだっけ?的にややこしいったらありゃしない。
(予めウェアも示し合わせて似たようなのを着てるらしい)

[ANAオープン]
優勝はスコット・ビンセント。
髪が伸び放題でかっこいいよね。このヒトってば。KBCオーガスタに続くツアー2勝目で絶好調。
それはともかく石川遼がクリーク(5w)のシャフト折っちゃって随分悔しがったらしいです。
5wだからツアーADのPT8Xが折れちゃった?てことか。
(先日も堀川未来夢のYouTubeで見たばかり・・このチャンネルなかなか面白いです)
最近は7wもバッグインさせたりしてるから、相変わらず試行錯誤の連続かつ進化途上の
石川遼だったりするけれど、そんな彼も30歳らしいから、勝手に(何故だか)感慨深いわ。
このヒトが生まれた頃、自分は社会人になったくらいだから。。あー30年か。

さて、そんなANAオープンと言えば、名門・札幌ゴルフ倶楽部の輪厚コースが舞台。
設計は井上誠一氏。ANAでの輪厚コースをはじめ、
日本シリーズJTカップの東京よみうりカントリー
(井上氏本人は設計意図と現状の乖離に少々不満だったらしい)、
や、過去の日本オープンや今年の日本プロが行われた日光カンツリーなど。
(今年の東京五輪会場だった霞が関カンツリーも競技を行ってない方の西コースは同氏の設計)
などなど説明不要の井上さん。

今年、孤独にラウンドした室蘭ゴルフ倶楽部(白鳥コース)だけど、
いま振り返ってもあれは相当に楽しめた気がいたします。
誰かと回ることが前提になってるゴルフだけど一人でいることでの緊張感。
ノイジーな情報も一切耳に入ってこないことで必然集中力も高まってたような。。
そして、その日は天候が素晴らしく(暑くも寒くもなく)時折涼やか&さわやかな風も吹き、
「なんであんな風車(風力発電機)建てちゃったかなぁ・・・」
とか何とか、その景観の切なさにも思いを馳せたりしたのだった。

そんな井上誠一氏のコースだけど、九州には二か所しかなく(私の知る限り)
鹿児島のいぶすきゴルフクラブ(過去にずっとカシオワールドOPの舞台だった)と、
佐賀カントリー倶楽部なのだが、そんな佐賀(と言うかほと久留米)で回る機会があり、
それはそれはとっても面白かったです。たぶん丘陵?なのだがやや林間ぽくもあり、
何より、小賢しさ感がなくて、正々堂々(?)と難しいのだった。

で、なんだっけ。
ああANAオープンでした。
地元北海道出身の片岡尚之(25位T)、植竹勇太(13位T)が各々善戦してくれました。
来年はどっちかが優勝してくれると面白いよね。

[何とかかんとか東海クラシック]
こちらの舞台は新南愛知カントリークラブ美浜コース。
なのだが、このコースについて語る蘊蓄は何もございません。。
優勝は西村優菜なのだが、あたしゃ植竹希望を応援していたので大変に残念。
てか、男女で「ダブル植竹優勝」はどう?なんて夢想してたのだがそんな夢も潰えました。
今年は安定して上位で戦ってる彼女ですが、以前からテレビマッチの番組
(プロ予備軍も交えた企画もの?)でもよくお見かけしておりました。
一見、不安そうにも映るその表情(特に目元)だけど、話す内容はとっても意志鮮明。
強気な感じでとても魅力的。
何よりあのスイング。ダイナミックな美スインガーでかっこいいよね。
こういうヒトこそ海外でどんどん活躍してくれたらいいな。なんて勝手に妄想しております。
最終ホールでのティーショットは逆球?だったのか、スタンスと振りぬいた方向からして
捕まったフェードボールがフェアウェイ右サイド辺りに着弾するはずだったのだろうけど。。
まぁそういうこともゴルフなので次戦こそ優勝いただきたい。

とか何とか、ゴルフコース設計家の蘊蓄をもう少々。

東の井上、西の上田。の上田治氏。
いつぞや回った、くまもと中央カントリー。今年久々に回ることができてやっぱり面白かったです。
最終ホールのパーパットも心地よい緊張感。辛うじて80台で回れました。
そして北海道での同氏設計は樽前カントリー。こちらも以前から度々お邪魔してますが、
今年はどうにか100叩きを免れ、ホッとしたのだった。。
自分はこの2コースしか知りませんが、どちらもカッコ良い。
ちなみに。くまもと中央CCは、あの「オーイ!とんぼ」の舞台にもなったコースで
クラブハウス内にもちらほらポスターなんかが貼ってあったのだった。
なのだが、同コースを同伴した方にそのネタをふってはみるものの、
これまで(その漫画自体を)知ってるヒトは一人として存在せず。。ってそんなもんんか。
(そもそも週刊ゴルフダイジェストを買ってるヒトにほとんど遭遇したことがない・・)

そして最後に富沢誠造氏。
同氏の設計コースは、これまでにも(気付かずに)いくつか回っていて、
北海道だと以前よくお邪魔していた北海氏道ポロトゴルフクラブがその代表。
何といってもラウンド後の白老牛ステーキランチとモール温泉の心地よいお湯がたまらない。
(朝からスルーでまわってラウンド後にランチする、というパターンが多かったような)
関東だと武蔵野ゴルフクラブは今もちょこちょこお邪魔しております。(ここは改造の設計だけ)
九州では有明カントリー。
ここ数年で度々回る機会があって改めてその難しさ(狭さ)を思い知りに至り・・。
そしてそして、今年は熊本空港カントリーも回ることができました。
昨今ではバンテリンレディスOPの舞台として有名(なのかな)。
場所もまぁまぁ便利(熊本ICでも益城ICでも近い)。景観も美しくさすがはチャンピオンコース。
なのだが、あんまし印象には残らなかったりして。
(スコアも90ちょっとで回れて、思いのほかストレスもなかったような)
いや、印象と言えばそのバンカーの多さか?
グリーン周りのガードバンカー以外にも、これでもか!的にフェアウェイバンカーがあちこち点在し
ここら辺は同氏設計コースの特徴と言えるのかも知れません。

てな冗長蘊蓄話はやっぱりどうでもよかったのだ。

土曜の中京メーン、ケフェウスS。に話は戻って、
勝ったのはアラタ。
勝ちましたわー。アラタ!!
やっぱり強かった。次も頑張って。
そう申し上げたかったのだ。

なのだがくたびれたのでお終い。

この不思議で奇妙とさえ言える2021年も残すところ3か月だったりするから
何やら呆然といたしますな。

ある日、ある場所で見上げた空の写真です

何やら最近は、ふと気が付けば空ばかり見てたりして。。
(なんかヤバい!?)

昨今のあれこれ(35) はコメントを受け付けていません

昨今のあれこれ(34)


土曜の函館メーンはSTV杯。
今年は五輪のせいで札幌⇒函館⇒札幌と開催順も変則。

いつものデタラメ馬連ボックスでも買うか。
と何気に馬柱を眺めてみると、そこで目を引いたのが
アラタ(父キングカメハメハ・母サンシャイン)

アラタ?アラタかよ。。ふと知り合いのことを思いだしたりして。
(と同時にマウントアラタのことも少し思い出したりもした)

で。妙に「アラタ」に引っかかった手動さんはいつもの馬連ボックスに加えて
アラタの単勝を少々と、アラタからんお馬連総流しを追加。
そしたらまんまと勝ってくれちゃったから驚いた。それも余裕の勝ちっぷり。
3角から馬なりで楽々とあがると4角以降は余裕の押し切り。
なかなかの強さ。

驚きはその強さだけじゃなく、何と2着には人気薄のウィナーポイント!
を連れてきてくれちゃうおまけつき。(170倍とかついた)
思わずうへへへへ。と相成りまして候
・・と言っても毎度の通りで100円しか買ってねーんだけどな。

そんな次第でアラタの秋が楽しみです。
暮れまでに重賞も走って(何なら勝って)くれたりしたら嬉しいわ。

話変わって。
先だって久々に練習場へまいりまして、その時に持ち込んだクラブども。

DR
・PING G410 LST(TENSEI CK PRO ORANGE-60R)
・ONOFF KURO(2017 LABOSPEC TATAKI-50LONG)
・RODDIO COMPACT DR(RegioFormula B-55S)

FW
・PING G410 #3w(TENSEI CK PRO ORANGE-50S)

UT
・PING G410 #3UT(TENSEI CK PRO ORANGE HYBRID-70R)
・RODDIO ハイブリッドユーティリティ#4(24度 Stella-6)

アイアン
・PING G425 #6(MODUS 120-S)
・ONOFF フォージドKURO #5~PW(2014 MODUS 120-S)
・ONOFF フォージ 48度(2014 MODUS 120-S)
・ONOFF フォージ 52度(2014 MODUS 120-S)
・ONOFF フォージ 56度(2014 MODUS 120-S)

相も変らぬグダグダごちゃまぜのセットだが最近悩み深いのがドライバー。
他者にあれこれ言われ・・相手は良かれと助言してくれてるのだが
ちょっとだけ気にしてたら、大いに気になりだして
いつしかあれこれこんがらがって(?)
何やら中途半端で変ちくりんな(元からだけど)スイングに。
とりあえずは、ただ「振り切ってない」と言うことだけは判明していて
フィニッシュで体の正面が飛球方向まで向き切ってない。
スイングを当てるところでやめていたような感じで
(体を不自然に止めては)チーピンか、はたまた手先だけ合せては
開いて当たって情けないスライス。。
いつか来た道!?
って一体何度目の往復!?
こんな行ったり来たりをもう何年やってんすかねー。
とほほ

それは8番のティーショットから?と思ったよという話。
前の7番でバーディーとって、よし!これから。
というところでいけずなカラスの鳴き声。
一度は仕切りなおしたものの、二度目の鳴き声もこれまた絶妙に過ぎるタイミング。
もう仕切り直しはせずに放ったドライバーはフックしちゃって左ラフ。。
さらに2打目を枝に当てて。。
たらればはまったくの無意味なれど、何となくあそこから乗り切れず!?
のように見えたりもしたけれど、まーとにかく。
これ、五輪男子ゴルフ最終日でのお話。

コロナ陽性からわずか数週のぶっつけ本番で、
それもよりによっての決勝連日34度?5度の炎天下。
ダメだろ?こんな酷暑で五輪させちゃ。。的なコンディション。
それはそれは大変お疲れ様でございましたと申し上げたい。

で。
プレーオフ敗退後のインタビュー。
あーやっぱり松山っていいなぁ。素直でいいわぁ。。
と松山英樹らしさを勝手に再実感した次第。
何故だか、ふとほっとしたりもした瞬間。

そのたどたどしい(少なくとも昨今の諸アスリートのようには流暢ではない)
いつものややぶっきらな受け答え。でもその言葉の中には、
ただ悔しい。。と。
そこには(結局はメダル取れなきゃダメ、18番でバーディー決めきれなかった自分は下手)
みたいなこと・・()内は私の想像だけど・・がひしひしと伝わってきた。
「次に」とか「今後に向けて」とか、そういうことで目の前の不甲斐なさをごまかさない。。
最近はあまりに見(聞き)慣れ過ぎて、まるで誰の受け答えかもわからなくなるほどだけど、
多くの競技者の皆さんがお答えになる(答えさせられてる)
そんな予定調和型の受け答えに甘んじない。
とにかく悔しいのだ。と言いきってくれるのがただただなぜだかありがたい。
(卓球の伊藤美誠?だっけ。彼女にもそんなマインドを感じてしまいました)

こんなご時世だからこそ、さもすると妙な同調圧力で言葉を選ばされかねない昨今だから
こういう肉声が・・負けて悔しがってるヒトには失礼かもだけど・・嬉しくもあります。

数年前の全米プロの最終日。あれよあれよと崩れて優勝争いから脱落した
あの日のインタビューでぼろぼろ涙を溢れさせて悔しがってる、
そういう素直(負けず嫌い)なヒトは、そのままひたすら素直に強くなって、
そしてマスターズ王者になった。
マスターズ王者なんだから(それも自国での開催なんだから)当然メダル獲る、結果だす。
(恐らく感謝の念が強い故、であればこそ結果で応えたい・・という循環?表現?がある)
・・と出せなかった結果に悔しがる。
そりゃね、マスターズ制覇するほどの「プロ」(結果がとても重要)でもあるわけで
それはそれはとてつもないプレッシャーを自らにかけてのプレーだったんじゃ。。
という私の妄想。

とか何とか詮無い妄想をあれこれ連ねたけれど、
感情表現は(する方も受け取る方も)各々の自由だからして、
プレーオフに敗れてしまった松山英樹に大いに感動したよ。と言う話。
わざわざ「感動や勇気を与えたい。」とか言わなくても(言わされなくても)
その必死さや真摯さに、周りは勝手に感動するのだった。

にしても松山のドライバー。
ZX5からZX7に変えてたらしいけど今回もよく飛んでました。
シャフトもそのユニフォームと同色のさわやかブルーなコスメが目を引きました。
(プロトタイプ?松山仕様?かは知らん)
グラファイトデザインのツアーAD「UB」とかいう最新モデル?
以前も一瞬「GP」などに変えたと思うけど、気が付くとまたDIに戻ってたりします。

さて。そんな豪華な顔ぶれで行われた3位決定プレーオフ。
勝ったのはマキロイ?でもモリカワ?でもなく・・
潘政琮(CT.パン)が見事に銅メダル獲得。
ちなみにこのヒトがホールアウトしたのって、たぶん松山(最終組)が13番あたり!?
を回ってた頃ではなかっただろうか。
何とも、長~い長~い(暑い暑い)一日だったことでしょう。
お疲れ様でございました。

これまた唐突に。
先だって某所でお見かけいたしましたヤモリ殿。

コイツの手と尻尾がたまらなく愛おしい。

昨今のあれこれ(34) はコメントを受け付けていません

昨今のあれこれ(33)


暑いよ。
暑いって、ホントに
ついこないだまでは毎日スコールか派手な落雷。
かと思えば梅雨明けして一気に猛暑。
もう・・・

そんな暑い日は

『DOSEE』(ドゥーシー)
オリオンビールが発売してるハードセルツァー(って何だ)
左がアセロラで右がシークワーサー。(グレープフルーツもある)
なかなか美味いです。てか面白い味(予想に反しパンチがない)
フルーツフレーバー付きのアルコール炭酸水。
アルコールも2%だからすっきりとした飲み口。やはりこの季節は炭酸系なのだ。

とか言いつつコーラは苦手。
炭酸清涼飲料ならせいぜいサイダー?を少々飲むくらい。
年に1本か2本か!?
つい先日も三ツ矢サイダーのペットボトルを買ったら「ソルティ」とのことで
塩味と強めの炭酸がきいた夏仕様(限定?)で美味かったです。

と。。
サイダーと言えば子供の頃はリボンシトロンとリボンナポリンが好きだった。
うちは父親が炭酸飲料が好きだったこともありいつも数ケース(当時は瓶のみ)
買いこまれてたのだった。
そんな次第で自分も幼少の頃は毎日ごくごくと飲んでいて、
今思えば、なんであんなに飲めたのだろう?とやや不思議。。
(その代わりではないけど今ではビールや発泡酒、ハイボールなどをごくごく)

あ、コーラはスターウォーズや、ヨーヨー、バンバンボール等が欲しくて
買うには買っておりました。

話変わって堀琴音が初優勝!
ずっと応援していた堀琴音がついに優勝。
てか復調できたようで何より。
持ち球だったドローをフェードに変えて飛距離も伸びたのではなかろうか。

当たらない予想です。

【函館記念】
◎ アドマイヤジャスタ
○ マイネルウィルトス
▲ ワセダインブルー
△ ワールドウインズ
△ トーセンスーリヤ
△ ディアマンミノル

【中京記念】(小倉での開催)
◎ ドリームソルジャー
〇 ロータスランド
▲ ダノンチェイサー
△ アンドラステ
△ カテドラル
△ ボッケリーニ

◎〇から三連複流し。▲から◎〇へワイド流し

【全英オープン】
◎ ルイ・ウーストハイゼン
〇 マルセル・ジーム
▲ コリン・モリカワ
△ ジョーダン・スピース

・・って馬券は買えないのだが。

にしてもウーストハイゼン(ウーストヘイゼン)てば、いつ見ても安定の美スイング。
無駄のない効率的なコンパクトスイング。
曲がんない。でもそこそこ飛ぶ。いやはや久々にメジャー制覇でいいんじゃないか
(2位多過ぎ)

対抗は、毎度まことにとっぽい(死語?)マルセル・ジーム様。
その美しいロン毛は相変わらず後ろに束ねられており風になびいてかっこいいのだ。

そんなウーストハイゼンに引けを取らない美スイングはコリン・モリカワ。
身体は大きくないけれど毎度見事なアイアンショット。
パターさえはまればメジャー2勝目も。。

本来なら対抗にすべきはジョーダン・スピース。
思えば、あのマット・クーチャーを10分だか20分だか待たせに待たせた
(アンプレ救済措置でツアーバンの後ろまで下がって起死回生ショットした)
あの2017年の全英以来の勝利が今年4月のテキサスOPだったのだから
それはそれは長いトンネルだったのだ。

そう言えば馬券。
こないだふと帝王賞(TCK)を買ったりしたのだが。。
そしたら馬連が当たってしまいちょっと驚いた。
勝ったのはテーオーケインズ(JRA所属・鞍上は松山)
2着がノンコノユメ(多い所属・鞍上は真島)
買っといてなんだけど、まさかノンコノユメが突っ込んでくるとは。。
(とは言えフェブラリーも勝ってるわけでそう驚く必要もないのだが)

唐突に。。



某月の室蘭ゴルフ倶楽部。
この日は一人予約。(で一人っきりラウンド)
さみしー・・
でも、これはこれで面白かったから自分でも意外だった。
ラウンド中、一人でブツブツ解説や感想等を交えつつ、すいすいと回り、
終わってみれば悲願の初・室蘭100切達成。

単なる言い訳だけど、なんせ練習場でさえほとんど打ったことのないクラブ
(北海道に帰った時だけ年に数ラウンド使うだけ)
で回るのはなかなかにハードルが高く、いつも100を打っていたのだが
この時は粘り強くボギーでしのげて一人悦に浸ったのだった。むふふ

そんな室蘭ゴルフ倶楽部。
今年が18ホール開場(井上誠一設計)してから55年とかではなかろうか。
(私よかちょっとだけ年上?)
いまの崎守移転以前はイタンキ(イタンキゴルフクラブ)だったそうだから
なかなかのリンクスコースだったと思われます。

そんなゴルフもここ最近はちょこちょこ80台で回ってたりもして、
お。やっと少しは上手くなったか?
などと油断すりゃ、まるで制御不能に陥ってあっけなく100叩きしてみたり。。

まぁ相変わらず進歩なきゴルフです。
てか、最近は回り続ける体力維持そのものも課題。
それはそれはブヨブヨと肥ってしまい、傾斜なんぞに打った日にゃ、
その登り下りの大変なこと大変なこと。。

昨今のあれこれ(33) はコメントを受け付けていません
supported by IT相談はインサイトアイ