de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged '室蘭' (Page 7)

あれから4年・・・。それから44年・・・。


今開催してるロンドン五輪・・・のその前が北京。2008年のことです。
そしてその年、日本では「崖の上のポニョ」が大ヒット。
そんな2008年は手動にとって忘れられない大変思い出深い年であります。

手動が「事業主みたいな人」になったのがまさしく2008年。
幾ばくの希望と、多大なる不安に苛まれ、心中穏やかじゃなかったけれど
そう思い立っちゃったんだから仕方ない。

北京五輪では(NHK中継で)「ギフト」(ミスチル)が流れ、崖の上の・・・では
大橋のぞみちゃんのあのあどけない歌声が流れていたのでありますね。
ふぅむ・・・・

もう4年なんだな、なんて。五輪イヤーが巡ってきてしみじみ感慨にふけってみたり。
最近、親しい知人がやはり「事業主みたいな人」(っていうかまさに事業主)になりました。
手動とは理念も事業分野もまるで違うけれど、偶然とは言え
「そうか、この彼も五輪の年に始めるんだな」
なんて意味不明に思いを重ねてしまうのです。
まぁとにかく、友人として彼のこれからの成功を願わずにはいられない。
俺如きにできることは知れてるけれど、まぁいつでも何でも言ってきてくれ。

さて。サッカーでは女子がブラジルを撃破。
男子も見事エジプトを撃破して目出度く準決勝進出とあいなった。
ちなみに準決勝進出は、あの釜本さんなんかが活躍したメキシコ五輪以来の44年ぶり。
これまた単なる偶然ですが、手動が生まれた年でもあったりするのです。
うひょひょ

普段ほとんど見ないサッカーだけれど、やっぱりこういう大会に限り気になっちゃうね。
とか言って、ボルトの方が気になってちらちらチャンネル切り替えながらの観戦だったけれど。

[ブリヂストン招待]
あれれ・・・・。石川遼が下げちゃいましたね。ふぅむ・・・・いやいや何の何の明日は大丈夫。
もちろん過去この大会で7勝もしてるタイガーだって盛り返すでしょうし。
とか言って、全英に引き続きL・ドナルドが一押しだったりもするし・・・とにかく皆さん頑張って。

[リノ・タホ・オープン]
WGCの裏側でしみじみ開催されてる米PGAトーナメント。
一流どころはみなブリヂストンの方に出払ってたりするけどこちらも必死の戦いが・・・・
繰り広げられてるんだろうなー。(なんか適当なことばっかし書いてますが)
とりあえず今田がカットオフという時点で三日目以降の興味は消滅。
ただ興味という点では黄重坤(ハン・ジュンゴン、去年のミズノオープンを勝った)が興味深い。
あくまで彼の独特なあのルックスが、というレベルの興味でしかないのだけど。
そして独特な・・・、と言えばジョン・デイリーが圧巻ですね。
ちなみにこちらは2日目を終えて7位。メジャー2勝の実力者でもあります。

[Meijiカップ]
今日はテレビ中継がなく残念だったけど、諸見里が久々の上位(2位T)につけてるようで
嬉しい次第。明日の最終日も頑張って下さい。

【札幌日経OP】
ひっさびさにスカッととった!
最近の悪い流れを断ち切るべく・・・ってワイドなんだけどね。とほっ
でも、メイショウクオリアとフミノヤマビコを一点で仕留めたのは会心であったよ。へへ
それと、この2頭を軸に少しだけ流していてルルーシュ(三連複を)もとれたから嬉しい。
なんて、新潟5Rの3000万円(三連単、公営史上最高配当?)なんて見えてしまえば
塵みたいな話なんだけど、そんなのはいいのいいの。
とにかく当たることは大事。

[室蘭]と[大牟田]について。
脈絡なく手動の大好きな二つの町について。
自身の生まれ育った場所と、そして今現在色んな形で関わりをもちつつある場所と、
色々思うところはあるけれど、何となく手動の中で重なることの多い二つの町。
そんな二つの町(他の同様の町についても取り上げられてますが)について
平修久さんという聖学院大学の教授が何年か前に下記のようなレポートを書かれておられます。
個人的に思い入れのある二つの土地が、こういう形で論考されていたのは驚きでした。

http://homepage3.nifty.com/ntaira/pdf/popdeclocalcity.pdf

見方によっては単なる「寂しい町」ってことで終わっちゃうけど、
でもそういうことじゃなくて各々の町の(そしてそれに続く他のよく似た町も)これからを考える上での
大事な前提や、そしてヒントがあるように思えます。

話変わって今住んでいる町について。
寂しい・・・・なんてことを言ったらそんなのどこだってそうだろって話。
今日打ちっぱなしに行った帰りに、ガソリンを入れなきゃって思いだして
普段立ち寄るガソリンスタンドに車を近づけてみて愕然・・・
解体工事に入ってました・・・って、ええ!?
(ENEOS系のスタンドでたしか小野商店ってところです)

あららら、とがっくりきつつ、その後近所のスーパーへ行こうと思って
やはりその途中、たまにゴルフ雑誌なんかを買う書店を覗いたら
なんとその本屋も貸しテナントに・・・。おいおい嘘だろ!?
と目を疑ったけど、やっぱり真光書店(南口店)はそこからなくなっておりました。
寂しい限り。

 

あれから4年・・・。それから44年・・・。 はコメントを受け付けていません。

お楽しみはこれから


いやー。五輪ですね。倫敦五輪です。
盛り上がってるのか盛りがってないのか・・・・・ちょっと微妙な感じもするけど、
でも「じゃあ盛り上がった五輪ってどれだよ」って話になるとちょっと困ります。
断片断片でしからその当時の雰囲気を覚えてないので特にどの大会とは言い辛いな。
強いて挙げるなら「長野五輪」か。(って冬季だろ)

なんてことはまぁいいや。
我らが日本、内村くんはよくぞプレッシャーに打ち勝ってくれました。
卓球では石川佳純も(よくあのひょろい身体で)頑張った。
(この子、けっこう好き。可愛いよね?)
錦織もやはりあの小さな身体で92年ぶりの4強入り・・・・はならなかったけど
92年前って何だかすごいです。
あとは水泳の方々も頑張ってますね。
特に女子は鈴木さんって人も凄いけど(銀と銅?)、手動は寺川が好きなので嬉しいです。
(美人だよね)
男子は北島が残念だったけどまぁいいじゃんってことで。
あとは乗馬の法華津さんが渋い。エレガント。ほんとかっこいいっす。
他では楽しそうにアーチェリーしてた彼女達とかね。

まぁとにかく。まだまだレスリングの吉田やら、陸上は福島千里ちゃん(腹筋娘!)、
ハンマーの室伏(もう37歳なんだね?)だっているし、
男女サッカーも女子バレーも楽しみっす。
そして。そしてゴルフだって・・・・ってこれは次大会からだけど。
(個人的には倉本と片山に出てもらいたいんだけど・・・・)

とまぁ、とにかく楽しみはこれから。と申し上げたいっす。

あ、あと柔道の松本薫ちゃんね。この子はすごいね。
あの歯をむいての気合の入れ方ってば野獣のそれだろって。
目のいっちゃった感だってかなりバンダレイ・シウバのそれに近かったし。
とにかくただもんじゃないな。
でも勝った直後のあの泣き顔とか、インタビューでのVサインなんかは何とも落差が大でよろしい。
かわいいよね。

そして楽しみ、と言えばブリヂストン招待(WGC)が始まりました!
どういうわけか、手動的にはメジャー大会より楽しみだったりして。
それだけ去年(4位に大健闘)の石川遼の印象が強烈だったってことか。
で、その石川遼だけど今日はいまいちだったみたいです。
でも明日以降絶対に巻き返す・・・と申し上げたい。
あとは、ラファエル・カブレラ・ベロを初めて映像で見たけれどなかなかいい雰囲気の選手ですね。
考えて見るとスペイン人選手って・・・・ヒメネス、ガルシア、キロス、とかなり個性的な人ばかり。
(そもそもバレステロスが強烈過ぎた?)

他にもタイガー、マキロイ、去年の覇者A・スコットなどなど錚々たるメンバーが参戦しております。
お楽しみはこれから。

などと、本当は今日は「室蘭」と「大牟田」のことについて書こうと思ってエディターを開けたわけだけど
まるで辿り着きませんでした。ははは

追伸
卓球って・・・・・。
結局どの国の代表を見ても(日本以外は)ほぼ中国系の(帰化?)選手ばっかしだよね?
気のせい!?

 

お楽しみはこれから はコメントを受け付けていません。

北の大地で63ホール


 どうなってんのかねー。九州の雨・・・。
おかしいよね?おかしいでしょ?絶対おかしいって。
なんて言ったところで相手は自然だからして、私如きにはどうすることもできないけれど。
とにかく困ります、って話。おまけに台風までかよ!って。

八女とか、熊本だとか、私にとっても少なからぬ縁のある土地のことだったりするから
本当にたまんないですよ。
死者、行方不明者も多数でてるけど、とにかく当該地域の方がはくれぐれも気をつけてほしいです。

 

先だって北海道に行ってきました。
千歳に降り立った日は生憎の曇り。
お、こりゃ全然ゴルフができちまうじゃん!
なんて思ったんだけど、苫小牧に着いたら大雨でした。
あーあ・・・・って。

でもね、周りましたよ。北海道ゴルフ倶楽部。
(クラブ一式をここに送ってたからとにかく行くしかなかった)
と言ってもハーフ。大雨にも参ったけれど途中からも風も強くなっちゃって
身体も冷えてきたのでやむなく断念。
雨中の景色しか見てないから何とも言えないけど、でも晴れてるときにもう一回行ってみたいよね。

一路、室蘭へ。
de-do#2ってば、むろさんがしょっちゅう書いてる「和さび」に行きたい!って言うんで
ちょっと行ってみましたよ♪
むろさん(似非むろさん)風に・・・・(携帯のカメラで申し訳ないけど)

 

何食べたっけ・・・・。何か色々食べたよ。
どれもそこそこに美味しかったです。ただ「穴子がいまいち!?」(たぶん写真中央か)だったかな。
っつぅか、北海道まで行って穴子とか頼んでんじゃねーよ!ってことだね。

翌日は曇り。
むろさんと二年越しの「悲願」の新茜ゴルフ倶楽部での(への)リベンジ。
って言ってもとにかく18ホールを周ること。これが最大にして唯一の目的。
(なんだよ、それ)
で無事に周りました・・・・

ただね。残念だけど悲しみに包まれてたよね。あそこは。
ゴルフ場そのものは本当に綺麗で素晴らしい・・・
特に噴火湾の青さをあんな風に拝めるのはありがたい限り
・・・けれど、けれどクラブハウスでの受付の対応や食堂、そしてカート寄せでの対応など
本当にどれもが悲しみに包まれてたよ。
どこがどおこおなんて細かくは言わないけれど、俺はもういいや。

とにかく、むろさんとは2年前の今頃、あえなくバテて途中で止めちゃったコースだったからね。
うんうん、たくましくなった(?)よ。二年越しの18ホール完走(周)を素直に喜んだ次第。

帰りは、みたら室蘭で海を眺めながら珈琲をすすったりしていい感じで疲れに浸ったりしてね。
(それにしても何であんなにパークゴルフって流行ってんの?)

夕食もむろさんの御招待で「わたべ」へ初めてお邪魔しました。
美味しかった。
魚は焼きも刺身もどれも(なぜだかメロンまでつけてくれたけれど)美味かった。
御馳走さん。

翌々日。やっぱり微妙に曇り。
でも、やはりむろさんと北海道ポロトゴルフクラブへ。
前日が前日だったから、ここではどれもこれもが嬉しかったぞ。
ああー、ゴルフ場ってこんな感じだったよなー、なんてしみじみ。
ゴルフ場って普通に応対してくれて、迎えてくれたスタッフの方が皆普通に挨拶してくれたり・・・
なんだー。やっぱりそういう場所だったじゃーん。なんて。
(それだけ前日の新茜が悲しみ深い状況だったってことです)
ここは500Yd超のホールもたくさんあって広いったらありゃしない。18ホールどれも心地よかった。

さて。むろさんとはここでお別れ。今年も懲りずにゴルフに付き合ってくれてありがとうございました。

そしてde-do#1&#2は登別温泉へ。ホテルゆもと登別泊。
いいお湯だったー。フロントなんかの対応もとても親切で良かった。
そして夕食の配膳をしてくれた仲居さんもかなり業務に忠実?な方らしく次々追い立てられて食べたりね。

翌々・・翌日。晴れ。
再び北海道ポロトゴルフクラブへ。がははは。アホだ。
この日は当初の予定にはなかったんだけれどでも思いつきでね。
でも楽しい楽しい、本当に楽しい18ホールであった。
ドライバーやミドルアイアンも至って好調。アプローチもそこそこだったし。
けれどパターが酷過ぎ・・・5パットとかあったかんね。悲しみパターでやんす。
・・・そしていまテレビでは桑田佳祐が「悲しい気持ち」を歌ってたりする・・・

まぁとにかく。楽しい北海道行脚でありました。

[ジョンディア・クラシック]
ストリッカーは四連覇ならず・・・・。
いぶし銀のZ・ジョンソンが優勝。(今年3勝目?)
調子いいよね。

[スコットランド・オープン]
勝ったのは・・・・何とかシンって人。知らない。
ただ16位Tには、L・ドナルドと、P・ミケルソンが並んでたりして。

さてさて、明日から全英OPだねー。
今回はドナルドを応援しようと思います。(今週の週間GDを読んだことの影響もあり)
彼の神憑ったアプローチやパッティングが炸裂する(はずだ)ぜ。
って勝手に思ってるだけ。

追伸①
室蘭ではモルエ中島(昔のホームストアだよね?)にも行ったんだけど
草太郎でバウムクーヘン(たたら?)買ったらめちゃくちゃ美味かった。
今度また、むろさんに送ってもらおーっと。

追伸②
うちのベランダのツルレイシ・・・ってわざわざ言うな。ゴーヤね、ゴーヤ。
小さいながら無事収穫ができて、今晩目出度くゴーヤチャンプルーと化したのです。
これまた、意表を突かれたけれどまったく普通のゴーヤチャンプルーで何だか驚いた。
美味かったっす。

北の大地で63ホール はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ