de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Page 1036

第1話

7月 21st, 2010 Posted in 題名の無い連載小説

「はぁ・・・ なんかいいことないかな・・・」

霞のような白い煙のたちこめる狭い喫煙所の中で、2本目の煙草に火をつけて、
どこか外国の綺麗な青いビーチの写真がついているカレンダーを見ながら、
今日も室井三郎は「なにか・・・いいこと・・・」と1人呟いている。

彼は人生で何回この言葉を呟いたのだろうか。
時には天を仰ぎ、時にはうなだれながら、何度と無くこの言葉をため息まじりで
呟く三郎は決して不幸なわけではない。

普通のサラリーマン家庭に生まれ、普通の義務教育をうけて、いじめたりいじめられたり
することもなく、不良や非行にはしることもなく、普通に受験勉強をして
普通の国立大学に入学し、親のコネで普通の企業に勤めることができた。
学生時代は普通に女子にもモテてたし、普通に恋愛をして普通に結婚することもできた。
そう簡単に倒産する企業ではないし、毎年2回ボーナスも支給され、年功序列で昇給し
家族には社宅も用意してくれる。

この不況のご時世。第三者からみればとても恵まれた環境であることも三郎は理解しているし
いま自分が置かれている環境に不満はない。

しかし、三郎の心は満たされていない。

最近、胃袋が飛び出るほど、大笑いしたことがあるだろうか?
最近、声も涙も枯れるほど、大泣きしたことがあるだろうか?
最近、夜も眠れなくなるほど、ドキドキワクワクしたことがあるだろうか?

「俺って、いつから笑ってないんだろう?」

ヤニで茶色くなった天井をみながら、無意識に3本目の煙草に火をつけた直後に
業務開始のチャイムが鳴った。 あわてて煙草をもみ消し、職場へ駆け足で戻り
「おはようございまーす!」と、朝の挨拶をして、室井三郎の1日が始まった。

第1話 はコメントを受け付けていません。

やっぱり多摩川は・・・

7月 20th, 2010 Posted in 最近のできごと Tags: , ,

お久しぶりです。でどー(de-do)2号です。

しかし、梅雨があけて、本当に暑いですねー。
東京暑い。熱帯?亜熱帯?
むろさんの町、室蘭は少しは涼しいのでしょう。この時期は、羨ましい限りです。

今日は、以前日記に書いた”多摩川”について書きます。

熱帯魚が蔓延る、その名も東京のタマゾン川。
今年は、「コクチバス」が異常に増えているそうです。
※.コクチバスは、ブラックバスの仲間です。オオグチバスのほうが、有名かもしれません。

多摩川では、2007年に初めて確認されたコクチバス。突如、最近稚魚が大量に調査用の網にかかったのだそうです。
もともと居ない魚なので、誰かが放流しちゃったのかな・・・・。

バスの放流は、かなり昔から問題になっていて、バス釣り愛好者が放流して釣り場を増やしているということもありました。
今は、放流は”NG”ってことが、叫ばれているので、よほどのお○○出ない限り放流しないとは思うのですが、ホントのところは分かりません。

このままだと、ほんとに在来種がいなくなってしまいます。
稚魚が大きくならないうちに、駆除できればよいのですが・・・。

バス釣り愛好者のみなさん
多摩川のバスを釣って下さい。
けしてリリースしないようにお願いします。

やっぱり多摩川は・・・ はコメントを受け付けていません。

「さんぱち」といえば味噌?

7月 17th, 2010 Posted in らーめんDo Tags:

ラーメンの「さんぱち(中島店)」に行ってみましたよ。

「さんぱち」は北海道(札幌)を中心にチェーン展開しているお店です。

私はチェーン系列のお店は、なんとなく味の予想ができるので
あまり好んでいくことは無いんですけど、室蘭のラーメン店を全部食べる野望の
ためには避けては通れない道なので行ってみましたよ~

と、大そうなことを言ってしまいましたが、中島モルエで買物した帰りに
単純にお腹がすいたら近くにあったのでフラフラっと行ってみただけなのですww

20時頃の入店。
店内は明るく広くて開放感のある造りになってていいですね。
店員さんも元気で好感もてます。
お客さんは5~6人いました。

なんとなく、「さんぱち」といえば味噌ラーメンだろうとおもってたので
味噌にしようとおもったら、「超ミソ」という新メニューがあったので
それにしました♪

お腹が空いていたので200円プラスしてチャーシュー麺にしてもらおうと思ったら、
店員さんより、「超ミソのチャーシュー増しは200円で2枚。通常のチャーシューは4枚。
どちらにします?」と聞かれて、悩みました・・・・

ん~
悩んだ私は店員さんに「2枚200円ってことは1枚100円ってことでしょ?
ってことは、絶対美味しいんだよね?」と、よっぱらいオヤジみたいに
聞いてみましたw
店員さんは少々苦笑いしながら「はい。こっちの方が美味しいです」と言ってくれたので
超ミソ用の高いチャーシューにしてもらいましたよ♪

ほい。
相変わらず、前フリが長い書き出しとなりました。
こちらが「超ミソ+チャーシュー」ですYo!
超ミソラーメン
おぉ・・・

「濃厚なスープとそれに負けない太麺」がウリだそうで、その名に恥じない濃厚そうなみためです。

スープを頂いたところ・・・濃い!!!!!

そりゃそうですよね。濃厚がウリなんですから^^;
あっさりが好みな私が濃厚ミソを注文する時点で矛盾してますからw
でも、いろいろブレンドしてるであろう味噌の香りが高くて美味しいと思います。

水菜とシラガネギが添えてあるのがGoodです。
これで少しサッパリ感がでるので助かりました♪

ほい。
アップ写真ですw
 超ミソラーメン あっぷw ←これが特製のチャーシューです。
脂身の多いバラ肉を丸めたタイプのチャーシューを炙っているようですね。
とても美味しそうな見た目です。
が!
固かったです><
私は柔らかいトロトロチャーシューが好きなので、ちょっと後悔しました^^;
でも、良く噛めば肉厚ジューシーで美味しいお肉であるともいえます(いちおうフォローw)

超ミソラーメン あっぷww ←麺をアップしてみましたよw
いやはや・・・すごい太麺でした。
黄色い玉子麺で、ものすごくコシが強いです。
たしかに、この濃厚な味噌スープにはこれくらいガツンとコシのある麺があってると思います。

店内の壁に「味が濃いと思われるお客様はスープをお出しします」という貼り紙がありました。
そのままの味を味わうのが私のポリシーなのですが・・・
やっぱり、味が濃すぎて食べるのが苦痛になってきてたので、スープもらって薄めちゃいました^^;

メンマもびっくりするほど猛烈にしょっぱくて、完食するのにかなり時間かかりました。
とにかく味が濃いという印象しかのこらなかった「超ミソ」でしたw

 

続きまして、嫁が注文したバターコーンラーメンです。

バターコーンラーメン

一口スープを味見させてもらいましたが・・・

これまた濃い!!
超ミソは猛烈に濃いけども、普通のミソもかなり濃いです!!
嫁もさっそくスープをもらって、薄めてました^^;
バターのおかげで、味がまろやかになってて、こっちのほうが美味しいと思いました。

ほい。
アップ写真。
 バターコーンラーメン あっぷ2 ←これはノーマルタイプのチャーシューです。
ん~
超ミソのチャーシューと比べて厚みはありませんが、そのぶん柔らかさを感じるので
200円で4枚のノーマルチャーシューか、2枚の特製チャーシューか?
を悩んだ私は、ノーマルにしておけば良かったと、改めて実感しましたよw

ちょっと辛口なコメントが続いていますね^^;
「やっぱりチェーン店だったか・・・」という、悲しい予想が的中してしまい残念な気持ちで
いっぱいになってしまったぶん、コメントが辛口になってしまってますがご容赦ください^^

そして最後の辛口コメントです・・・
水 お冷なんですけどね・・・

このお店のお水が・・・びっくりするほど・・・美味しくない!
猛烈にカルキ臭くてびっくりしました。
室蘭の飲食店でこんなに美味しくない水を飲んだのは初めてでした。
普通に水道水飲んでも、臭くないはずなのに・・・なぜこんなに臭いのか不思議でなりませんでした。

・・・といいながらも、濃厚ラーメンを食べるためにも、お水は半分くらい飲んでしまいました;;
店員さんにクレーム言おうかともおもうくらい、臭い水だったのですが・・・
嫁と相談して
「もうこの店には来ないだろうから、いちゃもんつけてお互い気分が悪くなるのも
 疲れるから、何事もなかったようにそっと店をでよう」
ってことにしました。
いやー本当にびっくりするほど美味しくない水でした。

 

 

いやはや・・・猛烈に批判的な日記になってしまいましてスイマセン・・・

最後に良かったことをちょこっとw
お会計をすませたら「これ、よかったらどうぞ」と店員さんがアイスクリームをくれました!
「え?いいの?」と驚きました。

私達の「味濃いよね」「水おいしくないよね」と言ってた声が店員さんに聞こえたので
お詫びの気持ちでくれたのかと思いきや・・・
「さんぱち」ではお客さんにこういうサービスをしているようです♪
食後のアイス(無料)
エスキモーのアイスバーで美味しかったです♪

 

おいおい・・・

らーめんよりもアイスのほうが美味しいと思ってしまったラーメン「さんぱち」
でどお?

「さんぱち」といえば味噌? はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ