de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'クラブセッティング' (Page 6)

どこさ行った!?


太陽。お日様。日光。日照。Sun。。
「元始、女性は太陽であった」by平塚らいてう。

などと、さっぱりわけがわからんけれど、それは毎度のこと。
つまり。もう随分とお日様を拝んでねーですな。。という話。
テレビのニュースだったか何だったかでは
「今週の日照時間は、わずか『6分』。。」
なんて言ってたような気もするけれど、そうか、そうなのか。
私の知らぬ間に『6分』もお日様は出てたのか。
と言うくらい太陽を浴びた記憶がないのですわ。ホントに。
いやはや。秋の長雨なんて言うけれど、もちっと何とかならんもんでしょうか。
真面目な話。そろそろ身体のどこか(特に脳みそ)がカビてしまいそう。。
とほほ

そんな日照不足の影響は、わが身のカビ問題より何よりも豆苗さまに影響し・・・
その後食してみたけれどやっぱり何だかいま一つ・・でありました。

数日間ありがとう。

さよならとうみょう

貴殿の成長を楽しみに水を換え続けられた日々は幾分の幸せでありました。

切断後の根。

切り落とされたとうみょう

ディスポーザの藻屑と消えました。さよなら豆苗。

そして、あり合わせで作ってみたのはカレー炒め(無難?)。

とうみょうカレー炒め

ソーセージとピーマンも和えてみました。
結論から言うとソーセージとピーマンだけのカレー炒めで全然OK!!
って別に・・・豆苗がどおこおってことじゃなく、やっぱり豆苗は豆苗だったのだが。
でも何だかね。やっぱり日照不足の発育不良!?細くて細くて噛み辛くて食べにくかったです。
歯応えもいまいち。
うーん。やっぱり人間であれ植物であれ生き物に太陽は必須なのでありますな。
などと自然の真理めいたことを心の奥底から痛感した次第。

[ツアーチャンピオンシップ]
PGA2015~16シーズンもいよいよフィナーレ。
絞り込まれた30名の精鋭が(残念ながらジェイソン・デイは腰痛で棄権しちゃったけれど)
しのぎを削っておられます。
そんな中、初日松山英樹が首位発進。2日目終わってもまだ3位Tだから素晴らしい。
首位ダスティン・ジョンソンとの4打差はけして小さくないけれど、どうか頑張ってほしいです。
と、そんなダスティンと言えば。。
前回のBMWからパターがスパイダーにかわってますね。(ジェイソン・デイ風の!?)
このヒトは長くキャメロンのピン型だったので少々違和感もありますが、
カップに入りまくってるから合ってるんでしょう。

[ポルシェ・ヨーロピアンオープン]
こちらは2日目途中でサスペンデッド。
暫定ながら2位と6打差の単独首位にはアレクサンダー・レビ。
2位Tにはマーティン・カイマー、ロス・フィッシャー、ロバート・カールソンが並びます。

[アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ]
ただ今第3R中。首位にはパチャラ・コンワットマイというタイの若人だけどよく知りません。
2位には小池一平。ANA6位T、フジサンケイ2位Tと好調の片岡大育は5位Tグループ。

[ミヤギテレビ・ダンロップOP]
こちらも第2R中。首位にはやっぱり(?)申さん。
2打差2位には香妻琴乃ががんばってます。初優勝なるでしょうか。
3位Tにはイ・チヒ。「ゴルフの真髄」のゲストだった三ヶ島かなは21位Tあたり。

で。。
そんな豆苗さまの発育問題を抱えていた(?)私にはもう一つ別の悩み。。
なんて大袈裟な話じゃないのだが、まぁ毎度のアレですよ。
性懲りもなく毎度のクラブセッティング問題です。
実は最近。「なんかもうこれでいんじゃね・・」的な、やや自暴自棄!?ともとれなくもない、
でも一方で、ああ、ホントに何だかとりあえず今はこのクラブで合ってるのかも。。
などとと思えるようになってきまして、何だ。そりゃそれで良かったじゃないか。
となるはずなのだが、そうなったらなったで浮き彫りになるのが
「これだけがどうしても下手」
という、わかりやすい浮き彫り問題に直面しちゃったり。
早い話がFWが下手。。って話だけれど原因も何となくはわかってたりするからもどかしい。
(以前のようにくるっと回れなくなって、腰を止め気味&やや手打ちで打ち込み傾向)
とかとか思いながら悶々としておる昨今です。

話は変わって「ゴルフ侍、見参!」。
一緒にラウンドする方の半数以上はこの番組見てるらしく必然話題にもよく上ります。
「トーナメントの中継は見たり見なかったりだけど「ゴルフ侍」は毎週見る!」
そういう方が多い。もちろん私だってほぼ毎週見ております。
そんな「ゴルフ侍」。私はこの番組中の1ホール目が終わったところのクラブセッティング紹介コーナー?
が好きで好きで好きなのです。

そしてそのコーナーを眺めては、その侍のプレーぶりと重ね合わせてしみじみ色々考えさせられちゃう。
やっぱりクラチャンクラスの方々は、そのセッティングにも十分な合理性(と同時に拘り)が見てとれて、
ホントに毎度毎度深く唸ってしまう次第です。

そんなわけで今回はお勉強がてら最近登場した何人かのお侍さんセッティングを挙げさせていただきます。
うりゃ

☆木村勝巳さん☆のクラブセッティング。
・BRIDGESTONE J815 9.5 ※Speeder661 EVO-S
・BRIDGESTONE J15F #3w 15
・Titleist 915H #2UT 18
・Titleist 915H #3UT 21
・Titleist 915H #4UT 24
・SRIXON Z745 #5~PW ※MODUSツアー120-S
・Titleist Vokey TVD 52
・Titleist Vokey TVD 56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・BRIDGESTONE ツアーB330X

佐久間肇プロとの対戦だったでしょうか(ってかこのヒトがこういうのに出るのは何だか意外だった)。
舞台は真名CC(千葉県茂原市)のこぶしコースでありました。
にしてもカッコよいセッティング。ロフト差の階段が美しいです。

引き続きまして。
☆富澤良二さん☆のクラブセッティング。
・Fourteen ゲロンディー CT-315 10.5 ※TourAD GP-6S
・Callaway Xhot #3w 15
・Callaway Xhot #5w 19
・Callaway XR #4UT 22
・Titleist 816H1 25
・Titleist VG3 #6~PW ※NS950GH-S
・AKIRA プロトタイプ TV-150 50
・AKIRA プロトタイプ H-554 54
・AKIRA プロトタイプ H-558 58
・ODYSEY メタルX ミルド#7
・SRIXON Z-Star XV

いやはや。やっぱりカッコよいセッティング。
舞台は東京五日市CC。中山徹との対戦だったかと思われます。
ちなみに中山徹プロのお姉さんは、あの中山律子さん。
って知りませんか?
あーそうですか。。
プロボウラーとして大活躍された中山律子さん。CMとかにも出てたと思います。
須田開代子さんなどと一世を風靡し女子ボウリングブームを巻き起こしたのでありました。
などと幼少当時のおぼろげな記憶だけど、ませガキのわたしには十分印象的な美貌でございました。
でへぇ
ってかその当時は「ボウリング番組」がやたらあちこちで放送されてたと思うのです。
その人気は昨今のp★リーグ的なそれとはまた違くて、とにかく凄い人気だったのだ。
などど話は逸れまくってるけれど#5アイアン替わりの816(25度)がかっこいいです。
ショートゲームへの戦略性みたいなものを勉強させられます。

そして最後は。
☆白石順一さん☆のクラブセッティング。
・TOUR WORLD TW727 9.5 ※VIZARD YC-65-S
・Titleist 915F #3w 15
・ONOFF フェアウェイアームズ TypeS #5w 17
・TOUR WORLD TW727 #3UT 19
・TOUR WORLD TW727 #4UT 22
・TOUR WORLD TW727V #5~PW ※MODUSツアー105-S
・TOUR WORLD TW727  52
・TOUR WORLD TW727  56
・Titleist ScottyCameron GoLo5
・Titleist ProV1x

増田哲仁との対戦は上総富士GC(千葉県君津市)の西コース。
ちなみに増田哲仁さんって「歩くように打つ」のレッスンプロ系な方ですよね。
それはともかく。白石順一さんのDR。なんと42.5inchの超短弱仕様!?だそうです。
紹介介ナレーションを聞いていて「ホンマかいな?」とか思っちゃったけどホントなんでしょう。
(じゃあ隣に並んでたスプーンって何インチにしてるんでしょう?)
にしても、仮にその長さだとしてあのティーショットの方向性(ラインだし)には納得。
それでいてあの飛距離なら・・短尺DRに大いなる興味がわいてしまいます。

とか何とか。やっぱり皆様とても素敵なセッティング。
体力なり?年齢なり?そしてクラブごとの意図がはっきりと表れた構成。
どういう距離をどう打ちたいのか。。みたいなことが想像できそうです。
そんな中でも特にウェッジ編成は参考になります。
PWの下に52度を入れながらも、その下には56度。4度ピッチです。
大抵のプロのように52⇒58と開いてないのがこれまた見習うべきポイント!?
もちろん富澤良二さんのように上の本数が減らせるなら50⇒54⇒58のような3本体制も理想的。
(PWのロフト差との関係もあるから一概には言えませんが)

うーん。とっても勉強になりました。
ってわけで、私のFW下手はどう解決を図るべきなのか。
答えは簡単。「使えないなら抜けよ」です。。
でへへへ

どこさ行った!? はコメントを受け付けていません。

そのネコはないていた


またまた困った台風が。今度は九州南部を直撃してとんでもない雨量。。
被害にあわれた方々にはほんとにお見舞い申し上げる次第です。
と言うか、こっちにも近づくようなのでくれぐれも注意いたしましょう。

さて。さらさらさらっと流してしまった週末の結果でしたが。

[日本シニアオープン]
最終ホール。バンカーからのチップインで終わらせるなんて・・・憎いヒトだわ。

☆プラヤド・マークセン☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・SRIXON プロトタイプ 9.5 ※Miyazakiコスマブラック6X
・Callaway BBスティールヘッド #3+ 15度
・Callaway BBスティールヘッド #5 19度
・Aグラインド UTプロトタイプ 19.5度
・SRIXON ZU45 #4/#5
・SRIXON Z945 #6~PW
・Cleveland 588RTX2.0PF 54度/58度/60度
・ODYSEY ホワイトホット#5
・SRIXON Z-StarXV
DRは565のプロトタイプだと思います。

ちなみに日本シニアを制した際のDRは、
・ゼクシオ ナイン 8.5度
だったようです。UTも
・Z U65 #4/#5
に変わってたみたい。

[ANAオープン]
手首の手術などで苦しんできたブレンダン・ジョーンズだったけど見事に3シーズンぶりの優勝。
よかったよかった。そんな彼もツアー通算は14勝目に。

☆ブレンダン・ジョーンズ☆のクラブセッティング。
※GolfStyle(vol.87)を参照
・Callaway XR 10.5 ←ツアーADのDI-7TX
・Callaway XR16プロ 18度 ←ウッドはクリークのみ
・Callaway APEX UT 20度
・Callaway APEX #4~PW
・Callaway MD3 52度/56度/60度
・ODYSEY タンク#1プロトタイプ
・Callaway クロムツアー
圧倒的な飛距離あればこそのセッティング。ウェッジが52からの4度刻みってのがたまりまへん。

ちなみにANAを制した際はDRが
・Callaway XR16 SUBZERO 9.5 ←国内未発売モデルですね。
アイアンが
・Callaway LEGACY #4~PW ←2010年モデル?上田桃子もこれでしたっけ?
パターは
・ODYSEY ミルドコレクション#2
とかだったみたいです。

[マンシングウェアレディース東海クラシック]
優勝はテレサ・ルー。ということはキャロウェイ同一週男女ツアー制覇。となりましょうか。
ちなみに4位Tに比嘉真美子。おおっと久々の上位です。復調気配なら何より。
何でも14年のフジサンケイ以来のトップ10だそうだから本当に久々だったのでした。

[エビアン選手権]
優勝はチョン・インジ。男女を通じたメジャー最多アンダーパー記録だそうでいやはやすごい。
今年もディフェンディングチャンピオンとして日本女子OPに参戦するらしいから楽しみです。

[イタリアオープン]
優勝はフランチェスコ・モリナリ。
2006年にもこの大会を制していたそうだから母国ナショナルOP2勝目。お見事。
にしても、またまたNIKE契約選手の優勝だったりするからほんとに今年はNIKEが好調。
撤退が決まったその年に。。何やら皮肉な感じもしなくもないけれどまぁともかく。
2位には1打差で敗れたダニー・ウィレット。3位Tにはクリス・ペイズリーとイグナシオ・エルビラ。
ヒメネス翁は38位Tフィニッシュでした。

[ネイチャーバレー ファースト・ティーOP]
チャンピオンズツアーは色々な試みがあって面白いです。
この大会も81名のプロと81名のジュニア、162名のアマチュアゴルファーが参加したそうだから凄い。
優勝はポール・ブロードハースト。2位Tにはさすがのランガー先生。そしてケビン・サザーランド。
クレイグ・スタドラーは79位だったけどまだまだ健在です。

で。先日行ってきたのは昭和の森ゴルフコース。
昭島の地を踏んだのはたぶん今回が初めてだったと思うのだがなかなか面白そうな一帯でした。
ゴルフ場周辺には、モリパークアウトドアヴィレッジやカインズホーム(巨大なホームセンター?)。
昭和飛行機さんの工場群なんかもあったりしたような気がいたします。
いずれゴルフとは関係なくゆっくり歩いてみたいと思った次第。

などと、そんな昭島ラウンドは先述のとおりで、心地よい前半と心地よくない後半とが混ぜこぜで
何だか微妙なラウンドとなりましたがまぁとにかく。
後半だったか、どこかのホールの茶店(か休憩所か)にはネコがおりましたわ。

みゃーお・・みゃーお・・

みゃーお・・みゃーお・・


昭島にゃんこは鳴き上手!?

昭島にゃんこは鳴き上手!?

そんなネコさん。大変ヒトに小慣れてるようでその鳴き声といったら絶妙な甘え声。
そりゃもう・・・ネコ好き手動にとってはたまらんわけです。でへぇ
みゃーお・・みゃーお・・。
その都度(少し岩合さん気取りで)はいはい。。はいはい。。うんうん。なんて相槌しちゃったりして。

などと昭島にゃんこのことはともかく。
お隣とせめぎ合っていて少々分かり辛いと思いますが此度の手動セッティングでございます。

此度のクラブセッティングどもでございます

DR Titleist 913D2 with TourAD BB6-SR
FW X2hot#4w(US) with TourAD クアトロテックMD6-S 17度
#3UT X2hot#3U with Aldira TOUR RED HY70R 19度
#4UT RC BBD 506V with GS85-S200 24度
#4 VaporFlyPro with MODUS120-S 21度
#5~#9 VR Pro Combo with MODUS120-S
PW VokeySM4 with MODUS120-S 46/08
SW VokeySM4(US)with MODUS120-S 54/11
LW VokeySM4 with WV115 60/04
パターは毎度の・・ SeeMore FGP。
俄かスリクソンファンになったこともあり(?)ボールはZ-Star XV。
と言っても型落ち輸入品の安いやつですけど。。

久々にDRをかえてみました。以前から持ってる913(de-do#2のお下がりです)ヘッドに、
BB6・・にしてもSRとはなかなか珍しいフレックスだよね・・を挿してみました。
重過ぎず硬過ぎず、なかなか降り易かったわー。これ、いいかも。

にしても。お隣の「赤」が目を引きますね。
今回同伴いただいた方なのですが、嬉しいことに私と同様のNIKEフリーク。
アイアンも私の次世代モデル「VRフォージド PROコンボ」(シャフトはDGだったと思いますが)
だったりしたから勝手に嬉しくなっちゃった次第。
その方もNIKEのゴルフギア撤退を悲しんでおられましたわ。

そのネコはないていた はコメントを受け付けていません。

むろさんくす~2016(前編)


ホントにひどい台風だったんすね。。
ということを実際に北海道を訪れてみて痛感した次第。
とかとか思ってたその矢先、今度は稚内や利尻なんかでも凄い大雨なんでしたっけ。
何だかたまんないですね。。なんなんでしょ、いったい。
乾く暇もなく雨、雨、雨。いやはや。
とにかく、くれぐれもご注意いただきたいです。

てなわけで。
週末をまたぎつつ、またまたちょこっと行ってまいりましたよ@室蘭City。
此度もちょっとしたお仕事に絡めつつ圧倒的な私用・・・飲んでばっかりでしたけど。

[フジサンケイクラシック]
最終日は中継も見ておらず(自分もゴルフしてたから)結果だけあとで知ったわけだけど。
どうにかこうにか2位Tを死守したんですね、石川遼は。お見事お見事。
最終日はスタートでいきなりのボギー発進。どうなることかと思ってたわけだけど、
(スタートから数ホールだけホテルでチラ見してたのでした)
どうにか粘り抜いたのですね。よしよしよし。
優勝はチョ・ミンギョ(ミンギュ?)。ツアー初勝利。
タイトリストな彼は、ドライバーが新モデルの917D2だったみたいです。

[ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント]
いやー。やっと勝ってくれました!穴井詩。あないらら。
スポンサーが主催する大会での見事なツアー初優勝。よしよしよし。
申ジエ(2位)、イ・ボミ(3位)をよくぞ振り切りました。
そんな国内女子ですが、今週末はメジャーの日本女子プロ(コニカミノルタ杯)。
舞台は、あの(室蘭至近の!?)登別カントリー倶楽部。
今週ははるばる観戦に行く方もそうでしょうが、選手やツアー関係者などで
室蘭や登別のホテルは予約でいっぱいなんじゃなかろうか・・・なんて思うけど。
さて、そんな登別CCですが、手動は昨年初めてこのコースを訪れたのでした。
メジャー開催ということもあって、早々にコース改修に着手しておりましたっけ。
テレビ観戦は少々残念だけど、あのコースが映し出されるのは楽しみです。

[ドイツバンク選手権]
飲んでは寝過ごして。。という怠惰な週末・週明けだった手動。
テレビ中継なぞまるで見ることすらできなかったわけだけど、まぁともかく。
終わってみれば優勝はローリー・マキロイでややびっくり。おお、久々やね。
こういうヒトが「やっぱり強い」ってことを主張しれくれると楽しめますな。
2位にはポール・ケイシー。勝てば7シーズンぶり(2勝目)とかだったらしいけど残念。
3位ジミー・ウォーカー。4位アダム・スコット。
5位Tにはポイント首位のP・リードとJ・ハーン。そしてファビアン・ゴメス。
ゴメスと言いグリージョと言いアルゼンチン選手は引き続き大活躍中。
松山英樹はデイなどと並んでの15位T。次戦のBMWの結果を待たずに最終戦出場が確定。
3年連続のツアーファイナリストだなんて、お見事に過ぎますな。

[オメガ・ヨーロピアン・マスターズ]
優勝はアレクサンダー・ノレン。テレビ中継ではアレックス・ノーレンってな表記でしょうか。
まぁともかく。ノレンは今季2勝目にして通算6勝目。実は(?)強いのだ。
2位にはPOで敗れたスコット・ヘンド。
3位には全英ではBEEFとしてにわかに注目を浴びたアンドリュー・ジョンストン。
そして、いぶし銀のリー・ウェストウッドが4位Tで何やら久々。

[マニュライフLPGAクラシック]
優勝はキャロライン・マッソン(ドイツ)。米LPGAでは初勝利でしょうか。
2位にはミンジー・リー、イ・ミヒャン、カリン・イシェールの3名。
アリヤ・ジュタヌガーン、リディア・コ、スーザン・ペターセンなどが5位T。
宮里美香26位T。宮里藍70位。

[ショーチャリティクラシック]
カルロス・フランコがツアー初優勝。パラグアイのヒトらしいけど知りませなんだ。
2位Tにはやっぱり!?なランガー先生。今年の賞金王もこのヒトで間違いなさそうね。
もう一人の2位Tはマイケル・アレン。
トム・ワトソンは26位T。最終日が67歳の誕生日だったというワトソン先生だけど、
見事に67でまわったそうであっさりエージシュート達成。
と思ったら初日(まだ66歳?)にも65でまわってたようで2度びっくり。いやはや。

[アルファクラブCUP・シニアオープン]
こちらは国内シニア。ファンケルに続き室田さんが優勝。今季2勝目。
2位には鈴木亨。3位田村尚之。うーん・・・早く勝ってほしいっす。
4位Tには友利、白浜、崎山、米山の4選手。
今週のコマツオープンも楽しみだったりします。

さてさて。そんなのらりくらりのまったり室蘭滞在だったわけだけど、
久々にお邪魔したのは室蘭ゴルフ倶楽部の白鳥コース。
運営元がかわってからは初めてのラウンドです。

台風の爪後はこんな風に刻まれてたのでした。

白鳥スタートホール手前の枝は折れまくり

スタートホール手前の通路沿い。凄い枝の折れっぷり・・です。

こちらはどこかのホールのティーボックスから。

白鳥コース遠くにうっすらと風車

遠くにうっすら風車が見えます。何気にあの風車はターゲットにも最適!?

そしてかわいそうな倒木です。

白鳥後半どこかのホールの倒木

桜の木、でしょうか。
にしても遠くの空が幻想的で素敵。ある意味室蘭らしい色とも言えます。

で。そんなこんなの此度の手動クラブセッティング。

此度のクラブセッティング@白鳥

知人宅に置きっぱの現地常備セット。
せいぜい年に3~4ラウンドくらいしか使わないので、普段使わないものの寄せ集め風!?
まぁね。どうせ下手だから何使っても大差はないんだけど・・・でも。でもね。
アイアンのNS950GH(S)は、さすがにいまのわたしにはどうにも辛いのです。
全然タイミングが合いまへん。。

DR TOUR BURNER(2008) with 純正RE*AX SuperFastのR 10.5度
FW Vスチール(2008?) #3w with N.S.GT600FW(S) 15度
FW SQ2マッハスピード #5w with N.S.GT600FW(S) 19度
#3 VR_S Covert2.0 forged(US) 20度
#4 VR_S Covert2.0 forged(US) 22度
#5~PW・AW VR_S Covert2.0 forged with 純正N.S.PRO 950GH(S)
AW VR forged with 純正N.S.PRO 950GH(S) 50度
SW VR forged with 純正N.S.PRO 950GH(S) 56度
PT METHOD MIDNIGHT 007

Burnerは安定感抜群。今回もよく飛んでおりました。
(さすがに純正シャフトが柔らかくてややフック気味だったけれど)
意表をついて?さらにいい感じだったのがSQ2。
後半は谷越えのパー3。180ydちょっとかそこらだったかな。
ピン横にぴたりとナイスオン。もちろんパー奪取。
ってかこの日の最初で最後の唯一のパーでかえって悲しいわ。
そんな有様だからして、久々の白鳥ではあったけどまたしても100叩き。

でも久しぶりに回ってみて改めて思いましたよ。
やっぱりこのコースは素晴らしいなー。と心から。
本当にいいコース。広くて難しくて綺麗でやっぱり難しくって・・・。
そして歩きのラウンドはやっぱり相当にしんどいなー。
てなことも再確認できた次第です。

むろさんくす~2016(前編) はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ