de-do | 室蘭情報 日日是好日

室蘭の良いところや、食事処を始めとした情報サイトです。
Home » Posts tagged 'クラブ' (Page 6)

重い心


重心。。。って重い心!?
wikiの説明によれば重心とは・・・
「力学において空間的広がりをもって質量が分布するような系において、
その質量に対して他の物体から働く万有引力の合力の作用点」
なんだそうですよ。
なぁんだ。そういうことなのね!
なんてさっぱりわかってないけれど、
とりあえずわかったフリして「つまりツボ」ってことにしておこう。

戯言はともかく、最近改めて実感したことをたらたら。

・BurnerSuperFast TP ドライバー
VC.1みたいなやや手元が撓るシャフトが自分には合いそう。てなことを先日書いたわけだけど
加えて自分には重心深度が深め。ってのもいいんじゃなかろうか。
なんてこともしみじみ思ってます。(そうすっと昨今の浅めのはやっぱりダメなんでしょうか。。)
で、普段何かとお勉強させてもらってるのが[ゴルフクラブ数値.com]さん。
分かり易くて大変参考になります。
そこの解説によれば、重心深度が深いことのメリットには、
・ヘッド左右慣性モーメントが大きくなり、オフセンターヒットに寛容なヘッドになること
・球が上がり易く高弾道になり易いこと
・球の捕まりが良くなること
とあって、その一方デメリットには、
・フェース上の重心がわずかに高くなってしまうこと
とありますが、そこはまぁ強いて挙げれば。くらいのことだそうで。
ふむふむ。重心深度が「深め」ってなんだかいいじゃん!なんて今更。
昨今は深重心はスピン量が増えて飛距離ロス。。なんてフレーズも多いけど、
そこは打ちたい弾道、風やボールとの関係から一概にデメリットとも言えない!?
一方、FW(自分だと初代RBZ)は重心深度が浅めで良かったじゃん!ってことも再確認。
と、これは重心距離との関係性の話でした。

・XhotアイアンとXP95
Xhotアイアンは見た目の通りで重心距離がなが~い。です。
一昨年大喜びで買ったAP1。これもちょっと長めでした。
(あくまで普段使いのVR Pro Comboとの対比上、の話)
上記の通りドライバーでは深度深めがよくFWだと深度浅めがよい。
つまりフェアウェイウッドって捕まりすぎちゃいけない。
とは、この重心距離と重心角との関係でもあったりします。
重心距離長めは(重心角の大小によるけど)私てきには「つかまらない」クラブ。
というか右に抜けやすいクラブ。となります。
あくまで私のスイングによれば、であってフッカーの方にはむしろ恩恵が大きいかも知れませんが。
そこで、私てきには「つかまらねー」Xhotアイアンなのですが、飛距離は魅力でもあるので
じゃあ捕まるシャフトを。。。ってことでXP95を挿してみたってわけ。
先中調子で跳ね上げてくれるシャフトは大いにこの手のアイアンを有効化してくれます。
なんて実験してみて痛感した今だから言えることなんすけどね。
まぁとにかくいい組み合わせでした。
これは裏返して考えるとMODUS120の挿ってるVR Pro Comboが思いのほか自分に良かったのは
手元が動いてくれて自然にタメてくれる、ことはもちろん、
重心距離短めなこのクラブではややひっかけも出易く(操作性がいいともいえます)
そういう意味では、その抑制もしてくれてるという恩恵も私には良かったのだね。
なんてやっぱり今更実感した次第。
ゴルフクラブ。いろいろ考えさせてくれて面白い。

[アーノルド・パーマー招待]
あらら。リョー・イシカワってばそりゃないじゃん。。。ってわけで最終日は+3で43位T。
とにかく次も頑張って。(シェル・ヒューストンOP?)
一方松山はやっぱし最終日に強い!4つ伸ばして21位Tフィニッシュ。さすが。
優勝はマット・エブリー。連覇達成。通算2勝が何れもこの大会。
ステンソンもちょっと伸ばしたけど2位まで。
キラデク・アフィバーンラトが6位Tで立派。
ザックなジョンソンもひっそりと9位T。マキロイ11位T。

[ファウンダーズカップ]
優勝はキム・ヒョージュ。昨年のエビアンに続くツアー2勝目。
ってかまたしてもコリアンパワー炸裂。すごいすごい。
ステーシー・ルイスはきっちり2位堅持。こうやって勝てない試合でもきっちりと結果を残します。
宮里藍は17位T。シャイアン・ウッズ24位T。野村敏京も。宮里美香37位T、上原彩子45位T。

[マデイラ・アイランドOP]
こちらはどうにもこうにも天候不良のまま結局中止に。おお、中止だなんて珍しい。
1stラウンド首位にたっていたヨキアムB・ハンセン(JB・アルバラドって表記もあったりする)
は、さぞ残念だったでしょうに。
年内に再開催されるよう関係者調整中だそうです。

・酔って記憶がなかった。。。
なんて記事が何かにでてたけど、この番組たまたま私も見てたのでした。
坂上忍がダウンタウンと昼からはしご酒をするという、相当面白い企画。
これ、ホントに面白かったです。(「教訓のススメ」とかいう番組だったのかな)
ってわざわざ酔っ払った姿をテレビでさらすのか?なんて向きもあるんでしょうけど、
そもそもスタジオに集まった芸能人たちが序列の上下みたいなのを誇張気味に
身内話に終始するような類のからしたら、こういうほうがはるかに面白い。。
まぁそこらへんはスポンサーが許容すりゃ何でもいいのでしょうが。
にしても坂上忍。テレビ収録における、酒の力を借りてのダウンタウンへの激しい当り(当たって砕けろ?)。
これにはなかなか共感を覚えましたな。
それ相応に思いの丈のある、でも距離感がなかなか詰め難いヒトに対して、
自分も昔はよくあんなことをやってたような気もいたします。
(きれいごとじゃなく、酒の力を借りる。って場面は現実にけっこうあったりしますね)
てなことはともかく、ダウンタウンの赤ら顔にもちょっと感動したりして。
浜田の「基本的にヒトって信じてないですから。。。」みたいなのもそうだけど、
松本の「弱い者勝ち?みたいな風潮に『女性は弱い側』って決め付けで、そこをたてにとって・・・云々」
正確な表現がどうだったか覚えてないけれど、とにかく言わんとすることはよくわかって溜飲下がりました。
そう。ああい素直な気分って言葉にしてもらうとぐっと聞き入ってけていいもんです。
多少の酔いはあっただろうけど、そもそも思ってもないことはヒトは言わないわけだからね。
何だかね。言葉が窮屈になっちゃってうざったい世の中でございます。

・枝垂桜

しだれ桜

総武線沿線の某所にて。
所要で立ち寄ったら早速咲いておりました。

重い心 はコメントを受け付けていません。

手羽先のカレー揚げ焼き。みたいな。


手羽先をカレーで。さくさくの長芋と。
オレンジページか何かのレシピをチラ見したde-do#2が作ってくれました。

オレンジページのレシピから

風味濃厚でこれがまた美味いんだ。かなりイケます。
大好きなアサヒOFF、思わずすすんでしまう。(ちなみに隣はカツオたたき)

【阪神大賞典】
やっぱゴールドシップだねー。阪神はホント強いですな。
にしてもこのタフなレースを三連覇とは恐れ入りました。

【スプリングS】
おー。勝ったのは北島サブちゃんの馬だった。キタサンブラック。
かなり強いですな。皐月賞はこれも買いますわ。

[Tポイントレディス]
いやはや。飯島茜ってばよくぞ耐え抜いた。そして全さんもよぉ頑張った。
2時間近くを同一ホール(それもパー5)でマッチプレー。
いい加減飽きたりしないもんなんでしょうか。。
何にせよお疲れ様でした。
ってかこの人は2010年以来の勝利って言うから実はなかなか勝ててなかったのだ。
一ノ瀬は復帰まもなくながら好調で3位T。上田、藤本も。

[アーノルド・パーマー招待]
3日目、ステンソンが-16で頭一つ抜けました。HUGOBOSSのウェアも躍動。
冗談みたいなたっかーい弾道のショットは、やはり何かの冗談のようにピンを刺し。
久々に米で勝っちゃうかな。
M・ホフマンが2打差の2位。昨年の勝者M・エブリーは3位T。
B・マーティン、M・ジョーンズ、コクラックも。
石川遼は-8の17位Tでよーしよし。
普通の形のキャップ(?)と普通の裾幅のパンツ(?)がよく似合ってます。
最近よく履いてるスリム。あれは体型的にもなんだかね。。。って大きなお世話です。
と大きなお世話ついでに、あの髭ね。。。ぽしょぽしょのあのうっすーい。
なんてやっぱり大きなお世話だね。まぁとにかく久々の上位進出を楽しみにしております。
そして同じく17位Tには主催者アーノルド・パーマーの孫。サム・サンダースも。
松山英樹は53位T。リッキー・ファウラーなどもここ。
そう言えばこの大会。石川遼を筆頭に上位選手はCallawayが目立つかも。
ステンソン、エブリー、イングリッシュ(8位T)、ダニー・リー(12位T)などなど。

[ファウンダーズカップ]
3日目。首位にはキム・ヒョージュ。2打差2位にはS・ルイス。
やっぱり?リディア・コは5位Tに。
ダブル宮里は43位T。横峯さくらは予選CUT。また頑張って。

[マデイラ・アイランドOP]
早々に54Hへ短縮されてたこの大会。さらに天候不良で36ホールの超・短期戦。
今もサスペンデッド中なのか・・・何だかよぉわかりまへん。

・初代Xhotのアイアン。
いまさらだけど#4と#5。もちろんどっちも中古でバラバラに仕入れたもの。

今さらXhotのアイアン

標準のNS950からTrueTemperのXP95・・・ってWindowsの歴代のOS名か!?
・・にしてみました。うひょ

シャフトはXP95

長さは標準のと合わせて。
打感は相変わらずのXhotのまま(ってそりゃそうだよ)だけど以前にも増してよぉ弾くんだわ。
私なりに、だけどかなり飛びました。これは。
NSみたいな折れちゃう風も全然なくて振り切れます。
スチールでも先が動くの好き。または100g未満で軽く飛ばしたい。みたいな方(つまりオレか)
機会があれば一度お試しくだされ。

手羽先のカレー揚げ焼き。みたいな。 はコメントを受け付けていません。

さんご・じゅうご


[バルスパー選手権]
3Hに渡るプレーオフの末、ついにスピースがツアー2勝目。
思えば一昨年の初勝利(ジョンディア)以来、世界ランクは常にトップ10周辺、
メジャーでもあんだけ上位に絡みつつ、ツアーでも何度も優勝に手が届きかけ・・・
まだか?なぜまだ1勝なんだ!?なんて勝手に疑問に思ったりもしてたけど、
でもまだ21歳なんすよね。いやはや。すげーです。
・・と考えて尚更あの落ち着いた雰囲気(やや老けた風貌?)がミスマッチに映ったりもして。
なんて大きなお世話はともかく、見事な優勝でありました。
世界ランクも自己最高位の6位へ。

2位にはショーン・オヘアとパトリック・リード。
ちなみにリードの初優勝も一昨年のウィンダム選手権。
奇しくもこの時もジョーダン・スピースとのP/Oだったのでした。
4位にはヘンリック・ステンソン。5位にはまたしても善戦空しくライアン・ムーア。
お見事10位Tにはビジェイ・シン。ケニー・ペリーもソニーOP以来の47位T完走でありました。

[ツワネOP]
こちらはジョージ・クッツェーが優勝。
昨年のヨハネスブルグOP以来の、こちらもツアー2勝目でありました。

・柔道部物語
高校の頃だったかヤンマガに連載されていた小林まことの漫画。
当時友人が読んでるのをちょろちょろ読ませてもらってました。
で先日。たまたま近所のTポイントなお店にひょっこり立ち寄った折、
レンタルコミックの棚を見るともなく眺めてたら偶然見つけました。
はて?この漫画。果たして最終回まで読んだだろうか。。。
と最終巻を手にとってみたらやっぱり記憶にない。
ちなみに連載は85年から91年にかけて。ってことらしいので
なんだ、実はほとんど読んじゃないんじゃないの。と今更。
(何せ大学生の時分は漫画はほとんど読んでないので)
ってわけで借りてみました。文庫版で全7巻?
ついでにde-do#2もなんとかって漫画を。。。これが12冊で計19冊。
10冊超えたら料金(単価)も変らんのだろ。と思い込んでた私。
おもむろにレジに並んだら、
「19冊ですね。。。あと1冊、あともう1冊借りてくれませんかね?」
となぜだか懇願されてしまったので適当にもう一冊追加。
計20冊になるとまた単価も変るんだそうで一週間レンタルで1080円。だったかね。
まぁとにかく「柔道部物語」です。
三四郎もマイケルもマッコイも大好きだけれど、三五十五も大好き。
(って、電撃なんとかの芸人さんとちゃいまっせ。あくまでこの漫画の主人公です)
関係ないけど、あたしゃ本を読むのが遅くてさ。。。
返却のその日までに果たして無事最終巻へたどり着けるだろうか。。。

・2勝目と言えば。。。
そう。スピースの優勝はもちろん嬉しいのだが、そこでふと思い至ったのはファウラー。
思えばこの人もツアーはまだ1勝。。なのでした。
松山英樹の2勝目とファウラーの2勝目はどっちが先なんだろう。。。
いやいや、フューリックのツアー17勝目だって早く見たいずぇー。
とか何とか詮無い妄想。
まるで関係ないけれどPGAにおける[Greens in Regulation Percentage](パーオン率)
の堂々第1位は他ならぬフューリックだったりするから凄いのだ。
(3/16現在)

・やってみたらどうなんだ!?と思ってしまったこと
手持ちのVR UT#1(ロフト15度のUSモデル)。
何度かシャフトをとっかえたりしては、どうにか使えるようにならんかー。
と色々試みたりしたけれどまるで歯は立たず。あえなく純正VooDooの80X)に戻したのです。
が。再び無駄な抵抗がムクムクと沸き立ってしまって(往生際悪いっす)
「例えばインチ伸ばしてみたらどうなるんだ?」なんて思ったりしたのでした。
バカだね。
手元になぜか余ってたシャフトエクステンダがありまして。。。
これをグリップに追加して完成したのが42.5インチの長尺UT。(そこらへんのクリーク並です)
少しはH/Sも加速してそこそこいい当たりになるんじゃないか。。。なんて思って練習場へ。
なるほど。確かにHSも多少はあがったのか、ごくたまに何発かはガシッ!といい当たり。
従来のようなドロップもせず、棒球で低弾道。飛距離もそこそこです。
でも。。でも、やっぱ無理ですわ。
長いし重いし撓らないし・・・
手元側に鉛貼ったりしてバランス変えたりもしたのだが、所詮は絶対重量と絶対硬度には
立ちはだかる術も無く。結局はまるで撓ってくれないからね、
身体を無理に止めてはただただひっかけちゃうだけ(タメは一切なし)。。。
こりゃいかん。こりゃスイング壊すよ。っていうか身体壊しちゃうから終了。あえなく退散。
無駄な抵抗は、やはり無駄すぎる抵抗に終わったのでした。。
(グリップもったいない・・・)

唐突に植物公園バラシリーズ。。
「ローズゴジャール」。フランスの御出身。

バラ[ローズゴジャール]

やや痛みかけてますがピンクに白がなかなか鮮やか。
よく見ると微妙に模様も入ってたりするのです。

さんご・じゅうご はコメントを受け付けていません。
supported by IT相談はインサイトアイ